人気ブログランキング |
ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2019年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

はい皆さんどうもこんばんわjpslotusです。

わたくし、カップ焼きそばが結構好きでして、食べるならカップラーメンよりも焼きそばのほうが多かったりするのですが、そのカップ焼きそばにもペヤングだの一平ちゃんだのUFOだの、数々の種類があるのは皆さんもご存じのことと思います。

で、そのカップ焼きソバの中でも私のお気に入りというと、実はマルちゃんの












やきそば弁当





だったりします。






b0040606_21244742.jpg





こんなの。

ご存じない方も多いと思います、それも当然です。
何を隠そうこの焼きそば弁当、

北海道限定

ですから。


他のカップ焼きそばと何が違うのかって、例えばペヤングよりも油分があっさり、なおかつソースもさっぱりしていて食べやすいこと。
ペヤングよりもあっさり目なのはUFO寄りかと。
ただそれに加えて焼きそば弁当の唯一無二なところが、普通では全部捨ててしまうはずの戻し湯を利用して、中華スープを作れちゃうこと。

この中華スープがまたいいんだこれが。。。

とはいえ北海道限定商品。東京住まいの私としては、どこかのモールで北海道フェアやってたりとか、もしくは筑波へ遠征したときにセイコーマート寄って見つける事くらいしか入手方法は御座いません。まぁネットで取り寄せるという技もありますが、何となくそれでは有難みがなくて。あぁ我ながらめんどくせぇオトコ。(笑)



ところが。



先日近所のイオンまいばすけっと(イオンの小規模スーパー)へ行ってみたら、売ってるのよやき弁。なぜだか。


喜び勇んで2個買っちゃいましたよ。








b0040606_21345466.jpg






ほんとは段ボールひとケース大人買いしたいくらいなのですが、それなりに小心者で・・・(笑)


でですね、さらに最近また行ってみたらまだ売っていたどころか、












b0040606_21364473.jpg






ペヤングに超大盛なんてサイズがありますが、まさかやき弁にもビッグサイズがあるとは知らなんだ。
うれしはずかし即買いです。









b0040606_21381190.jpg







でけぇwww




普通盛りの2倍サイズだそうです。
まだ食しておりませんが、焼きそば弁当にビッグサイズがあることを発見しただけでもう満足です。(笑)
by jpslotus2000 | 2019-11-08 21:44 | 日々の生活 | Comments(0)
はい皆さんどうもこんばんわjpslotusです。

もう数日前のお話になりますが、無事閉幕しましたね、ラグビーワールドカップ。
数々の熱戦が繰り広げられ、幾多のドラマが生まれた今大会、終わってしまうとそれはそれで少し寂しくもあります。

開催前は日本で盛り上がるのかと懸念されていた向きもありますが、いざ始まってみれば開幕戦の日本の快勝もあり、大きな盛り上がりを見せてくれました。
いや、開幕前から各国代表のキャンプ地の皆さんのおもてなしから既にこの大会は成功だったのでしょう。

そしてこのワールドカップ開催の象徴だったのが、釜石で行われた試合だったのかと。
お世辞にも交通の便がいいとは言えない、興行としての利益だけを考えたらまず開催地候補には上がらないはずの場所ですが、それよりも釜石という場所でラグビー最高峰の試合が行われるという事の意味に重きを置き、実際に運営して見せた釜石の関係者の心意気や努力には頭の下がる思いです。

残念ながら台風の影響により、カナダ対ナミビア戦は中止となってしまいましたが、さらに驚いたことはその試合が中止となり落胆していたであろう両国の選手たちが災害救助ボランティアまで行ってくれたというにわかには信じがたい事実まで残り、他人に無関心な時代になってしまった昨今、こんな素晴らしい事が起こりえるとは、これがラグビーというスポーツの精神なのか、只々日本でこのワールドカップが行われた事がうれしい限りです。

そして我が日本代表の戦いぶりはもちろん、他国代表チーム、特に強豪国のプレーそのものの素晴しさも(ノーサイドの精神も含め)、観ていてとても楽しかった。
もちろん私も日本代表を応援し、そのあとはやっぱりオールブラックス。そして決勝は日本を破った南アフリカに肩入れしておりましたが、その南アフリカが優勝したことでも幸せな気分になりました。

南アフリカの黒人として初のキャプテン、シヤ・コリシ選手がカップを掲げる姿そしてそれを囲むメンバー。白人も黒人も関係ない、南アフリカも日本と同じく「ONE TEAM」で戦っていた事をよく示していたのではないでしょうか。

1995年の南アフリカ初優勝の時、たった一人の黒人選手だったチェスター・ウィリアムズ。
日本大会直前に不幸にも若くして亡くなってしまいましたが、彼もきっとこの光景を見ていた事でしょう。


まぁグダグダとしたことをお話ししましたが、とにかくワールドカップ日本大会、私としては今まで行われた世界の大きなスポーツイベントの中でこれほどまでに爽やかな印象を持ってその時間を過ごした事はかつてなかったと思います。
まぁその中でも眉を顰めるような出来事も無くはなかったですが、この大会で実際に日本に足を運んでくれた海外のラグビーファンはもちろん、TV観戦で日本という国を見てくれた海外の方々も、日本という国に好印象をもって頂けたならそれこそ大成功ではないでしょうか。


1か月半もの長い間、ラグビーワールドカップという地球規模のイベントを楽しめて幸せでした。
そしてその運営に尽力頂いた全ての関係者の方々、本当にお疲れさまでした。
by jpslotus2000 | 2019-11-05 19:41 | 日々の生活 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

確か2か月ほど前、ラグビーワールドカップが始まる前に、赤城乳業のチョコアイスバーがオールブラックス仕様になっていたことをご紹介した記憶がございます。













b0040606_14221663.jpg






こんなの。

まあ、この日本大会のキャッチフレーズも、「4年に一度じゃない、一生に一度だ。」などととても熱く盛り上がりましたからね、このラグビーブームに乗ってこの企画、確かに良いとは思いました。ブラックス残念ながら準決勝で負けてしまいましたけどね。

ところがそんなオールブラックスにあやかっていたのは赤城乳業さんだけではありませんでした。

またも近所のスーパーで見かけたこいつ。











b0040606_14265159.jpg








おまえもかドリトス・・・




だがこれもカッコいいので許す。(笑)

この後美味しくいただきました。
そしてアイスのパッケージと同様、記念に保存して御座います。
by jpslotus2000 | 2019-11-01 14:30 | 日々の生活 | Comments(0)