人気ブログランキング |
ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2019年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

どうもみなさんこんばんわjpslotusです。

本日お休みですが自宅での取りこみ事が多々あり、TV放送の高校野球を横目に引きこもっておりました。
いや、まさか習志野が星稜に勝つとは・・・美爆音効果だけでは無いはずですが、とても締まったナイスゲームでした。


それはいいとして。


ロードバイクに乗るとき、普段私は出来るだけ軽装で走りたい理由でバックパックなど背負わない主義です。
ツールケースとサドルバッグに入る物だけで何とかしてしまおうと言う。

ですがさすがに輪行や泊りでの遠征では最小限の着替えを持たなければならないので、バッグは必需品となります。
そんな時に使っているバッグがこちら。









b0040606_17361777.jpg




一応サイクリング用のバッグなのですが、アマゾンで買ったノーブランドの安物。
でもここ数年重宝してます。

が。

これでも着替えを入れるだけで一杯になって、遠征先のお土産とか持って帰れない。






b0040606_17384151.jpg





アマゾンでの説明だと20Lの容積らしいのですが、そんなんウソ。多めに見積もっても10~12L位の容量しかありません。
しかもご丁寧にダブルストレージなので容量がOKでも大きなものひとつだけとか無理。
そんなんなら潔く開口部一つだけでいいくらい。
なのでもう少し容量のあるバッグが欲しくなりました。


希望は20L位の容量で背中部はメッシュ。なおかつバッグ本体がかさばらず軽量であること。
そのうえで出来るだけ防水仕様。
色々アマゾンとかで探していたのですが、なかなかそんな都合のいいバッグが見つからずどうしたものかと悩んでいると、ふと立ち寄ったサイクルショップにそれは都合のいいモノが売られており即買いしてしまいました。それがこちら。














b0040606_17473757.jpg






CRAFTという北欧メーカーのサイクルバッグなのですが、見た目なかなかスタイリッシュ。
容量20Lでもちろん裏はメッシュ加工で文句なし。





b0040606_17484841.jpg





開口部は一つだけなので体積20Lのモノならがっつり入りそう。
ご覧の通りシンプルなので軽量この上なし。おまけにインナー防水加工でもぉ私の理想どストライクです。
ただし写真の通り、いかにもアウトドアでヘビーに使うような感じではないので耐久性はそういったスポーツ然としたバッグよりは一枚落ちるかもしれません。










b0040606_1753775.jpg





バッグのクローズは最上部のファスナーをしめてから2~3回折り返すタイプ。
メッセンジャーバッグ的な。


そんなワタシの新しいサイクルバッグ。
一度こいつを背負って試しにジテンシャ乗ってみましたが、全く文句なし。
とても気に入りました。


が。


そんなバッグにも一つだけ課題が。
今まで使っていたバッグに付属していたヘルメットホルダー。










b0040606_1756372.jpg





こうしてヘルメットも一緒に背負う事が出来ていたのですが、新しいバッグにはこの機能だけが無い。
まぁぶっちゃけこのバッグならヘルメットもバッグにぶち込んでおけるんですが、ヘルメットホルダーのようなものは何とか出来ないか、これからちょっと一思案してみます。
by jpslotus2000 | 2019-03-28 18:03 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

最近ようやく寒さもやわらいできたので久しぶりに河川敷100km走ってきました。
何度もご紹介しているいつもの江戸川サイクリングロードを関宿城まで。










b0040606_17474537.jpg




江戸川にかかる葛飾橋。
ワタシのいつものアクセスポイントになります。
ココから延々自転車こいで利根川との合流地点になる関宿城まで行ってまいります。







b0040606_1749860.jpg





武蔵野線の県境、流山橋を過ぎたら土手は辺り一面菜の花が真っ盛り。
いや、春の趣ですなぁ・・・








b0040606_17501635.jpg




なんて悠長なことは花粉症の方は言ってられないでしょう。(笑)

ワタシは花粉症とは幸いにも無縁なのですが、それでも本日は予防として持参しております。










b0040606_17514299.jpg




いやもう、気分的にマスクしないとこの一面菜の花の中を走る気にならない。
小さな虫もたくさんいるし。


そんな江戸川を北上する事しばし、野田橋を越えてしばらくするとオアシスが待っています。













b0040606_17533075.jpg





もぉホントここに休憩所作った人天才。(笑)


走行距離的に絶妙な位置にあるんですよ、この休憩所が。
少しばかり休んで、まだまだ進みます。











b0040606_17554718.jpg





庄和浄水場の桜はまだ季節前でした。
今月末頃には見ごろになるかと思われます。






b0040606_17564422.jpg





東武アーバンパークラインの鉄橋。
何がアーバンパークラインだ、野田線のくせに。(笑)



そんなこんなで少し向かい風の中、2時間ちょっとかけて関宿城到着。







b0040606_17582151.jpg




いつもの位置で、いつもの写真。
しばらくゆっくりして、またいつものように千葉側のサイクリングロードで戻ります。













b0040606_17593338.jpg





やっぱりこっちも菜の花すげぇ。(笑)


結局マスクは最後まで離せずじまい。
しかも途中で風向き変わって復路も向かい風と言うね。




b0040606_181977.jpg




武蔵野線の流山橋。
ココまで戻れば帰ってきたも同然。

というわけで、久しぶりではありましたがいつものようにいつもの江戸川サイクリングを楽しんだと言うわけです。
さて、ようやくシーズン到来かな♪
by jpslotus2000 | 2019-03-26 18:05 | じてんしゃ。 | Comments(0)
みなさんどうもこんにちわjpslotusです。

皆さん当然ご存知かと思いますが、前回の記事を更新したホント数分後に目を疑うような事件をニュースで知りました。

ニュージーランド、クライストチャーチでのイスラム教徒を対象とした銃撃テロ。

市内にあります2か所のモスクが襲撃され、死者は50人に上りました。
恐らくニュージーランド国内で起こった殺人事件としては史上最悪の犠牲者数かと思われます。

このブログをご覧になっている私のリアルな友人以外ではご存知ない方もいるかもしれませんが、ワタシも一昔前までクライストチャーチに住んでおりましたので、驚いたと言うか信じられないと言うか、日中の治安にほとんど心配の無かったあの街でなぜこんなことが起こったのか、もう一報を知った時には呆然でした。

犯人はオーストラリアの白人との事ですが、地元に住んでいたのか、それともこの為に渡航してきたの?
イスラムに敵対心があるのか、それとも増え続ける移民への攻撃なのか。

事件の続きを詳しく知らないのでそのへん私にはよくわかりませんが、礼拝時間を見計らって襲撃したこと、襲撃の様子を自らライブ配信したこと、複数個所を襲撃したことなど、完全に周到な計画の上での犯行であって、なおかつもし移民ではなくイスラムに対する攻撃であるとすれば、銃規制が緩い割に銃による犯罪の少ないニュージーランドの国民性と言うか、文化や固有の風土を逆手にとってテロの舞台としてわざわざニュージーランドを選んだであろう卑劣極まりない行為であり、増え続ける移民に対しての攻撃だとすれば犯人のターゲットはイスラム人だけでなく日本人をはじめとするアジア人が犠牲になっていてもおかしくは無かったはず。

そういった意味では移民に寛容な多民族国家が抱える闇を観ているような気がするし、2000年近くの間ほとんど単一民族で国家形成されてきた日本に他民族の流入が加速している昨今、このような事件が日本で起こってもなんら不思議ではないと思えたりもします。
何も外人は日本に来るなと言っているワケではありませんが。

とにかく、ワタシと少なからず縁のあるクライストチャーチで起こったこの事件。
8年前の大地震と肩を並べるくらいの衝撃でした。

この事件を受けてニュージーランドの銃規制が強化されるとの事ですが、二度とこんな惨劇が起こらない様ぜひそうするべきだと思います。
そしてこの事件によって命を落とした犠牲者の皆様に哀悼の意を表します。

こんな事で死んでしまうのが彼らの運命だったのですか?絶対そんな事あるものか。
by jpslotus2000 | 2019-03-20 17:37 | ニュージーランド | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

最近セブンイレブンにこんなアイスあります。















b0040606_13482783.jpg






さわやかすぎ~、て。


パッケージ下に、


「ミント味が苦手な方や小さいお子様は、十分ご注意ください。」

とか注意書きありますけど、どんだけミント盛ったんだよ。
ってゆーかミント苦手な人なら最初からチョコミントなんて食わねぇだろうに。(笑)


というわけで、食べてみた。










b0040606_13511880.jpg






確かに強い、ミント強い。







歯磨き粉だこりゃ。



ですが、フリスクやミンティアなんかに慣れていると全然なんてこたぁない。
ミントフレーバー大量投入なのもそうですが、チョコの割合を少なくしていると言うのもミントが前面に出ている理由かと。


というわけでこのアイス、チョコミントはチョコとミントの比率が大事であると気付かされる失敗作と結論づけましょう。(笑)
by jpslotus2000 | 2019-03-15 13:57 | 日々の生活 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

最近ラーメンづいてます。
今回も、ラーメンをご紹介にまいりました。こちらです。
















b0040606_1851670.jpg





麺屋 なごみ



東京都葛飾区青戸3-33-16



「めぇらん紀行」とか言っときながら全然自宅近所ですが、まぁいいじゃないですか。(笑)
こちらのお店は、青砥界隈では結構人気のあるお店のようで、わりと気がつかないような狭い路地に立地しておりますがお客さんの入りは上々。









b0040606_1885242.jpg




して、こちらが私の注文した白湯しょうゆらーめん。
鶏ガラベースの白湯ラーメンは青砥の駅をはさんだ反対側にも「煌」というお店がありまして、ワタシも結構好きなのですが果たしてこちらのラーメンはどうでしょうか。



・・・


スープを一口、わりとあっさり目の印象。
もう少しこってりしててもいいかな?と思いましたが、麺を食べてみたら実はこの口当たりが絶妙な事に気付きます。

細麺にスープが程よく絡み、食べ応えのよろしいこと。
これならいくらだって行けそうです。
実際大盛りを頼まなかった事を少し後悔。
「煌」よりこっちの方がいいかも。
具材は柔らかめのチャーシューと穂先メンマ、たまごに青菜。
全て文句ありませんが、特に青菜のちょっとした青苦さがいい味出してます。

この白湯と、更にあっさり目の清湯というスープもあり、そのうえ醤油か塩かも選べる。
今度は塩ラーメンにぜひ挑戦してみたいです。

とにかく口当たりの良いラーメンでこれはくせになりそう。
小さいながらも人気店である理由がよく解りました。
by jpslotus2000 | 2019-03-12 18:21 | 日々の生活 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

めっきりジテンシャでお出かけとかゴブサタになっておりますが、それでも自宅界隈をぶらっと回っていたりはします。

そんな昨今、結構前から気になっていたカフェが近くにありまして、先日ようやくお邪魔してみました。それがココ。
















b0040606_19215158.jpg







アオトコーヒー


東京都葛飾区青戸7-3-2



青戸にあるお店だけに、扉が青い。(笑)

まぁそれはシャレにしても、こぢんまりとかわいい店構えです。
店内に焙煎機があるのが外からも見えるのですが、もちろん自家焙煎のコーヒーを頂けます。

このお店の前の道をよくワタシは通るので、焙煎機を外から見つつ以前から気になっておりました。
そして今回、思い切ってこの青い扉を開けてみたわけです。












b0040606_19281349.jpg





お店の中はこんな感じ。

白基調の小さいながらこぎれいな店内に、ひときわ目を引く焙煎機。
写真から切れている右側がカウンター席になります。

ここで頂けるコーヒーは、数種類のオリジナルブレンドはもちろん、自家焙煎のストレート豆も種類豊富。
ちなみにブレンドコーヒーは、
・アオトブレンド
・カメアリブレンド
・タテイシブレンド

など、ネーミングも葛飾区の地名そのまま。
ちなみに上から軽め~深めのブレンド順になります。

ここでワタシはタテイシブレンドをチョイスしたのですが、ひとくち程よい苦みからふんわりと優しげな香味が後からやってきて、とてもコクのある飲み口。
これは気に入りました。


そしてこちらのマスターも、とても腰据えてコーヒー屋さんをされているなと言った印象。
ハリオのドリップで淹れるのですが、ワタシのコーヒーをドリップ中に他のお客さんがお会計をしようとしても、ドリップが終わるまでは決してケトルを置かないし、コーヒーから目を離さない。
それまでお客さんは会計を待たないといけませんが、本気で美味しいコーヒーを淹れる気構えを感じます。

カウンター席に座った事もあり、色々とお話をさせて頂いたのですが、かなりこだわりを持って経営されているのかと思ったら、「珈琲はかくあるべし!!」みたいな感じとは全然違って、コーヒーが好きならその人の好き好きに楽しめばいいし、美味しいコーヒーの種類とか、砂糖ミルク入れる入れないとか、そういった事は人の好みだからそれぞれ楽しんでもらえればいいんです。的なスタンスでいらっしゃいました。

どうやら本音は、こだわった豆だけを売っていられればカフェはついでにやるくらいの経営がしたいとの事です。

そんなアオトコーヒーさん、もちろん自家焙煎のコーヒー豆を購入もできます。
ワタシもひとつ所望してみました。









b0040606_1954849.jpg





シバマタブレンドという、最近作ったブレンド豆らしいのですが、これは柴又が国の重要文化的景観に選定された記念に、依頼されて作ったとのこと。
柴又と言えば、参道でお店が並ぶおだんご。
そのおだんごのあんこに合うような味わいを考えてブレンドしたそうです。

早速自宅で頂いてみましたが、ズシッとインパクトのある深いボディ、苦みと言うよりコクがかなり強くて確かにアマいあんことよく合います。私はおだんごでは無くてどら焼きで試してみましたが。(笑)

でもこれは朝起き抜けで飲むとちょっと胃袋がビックリしそう。(笑)
午後から夜にかけての時間帯の為のブレンドですな。


そんなアオトコーヒーさん。
お店はオシャレだし、マスターも気さくで小さいながらも居心地の良い空間。
自宅近くだし、必ずまたお邪魔したいと思います。
なんなら常連化させて頂きたいくらいのイキオイで。
by jpslotus2000 | 2019-03-08 20:16 | Coffee | Comments(0)
はい皆さんどうもこんばんわjpslotusです。

本当に最近自転車乗れてません。
それならせめてシーズンが始まるまでにカラダ作っとこうと筋トレやってたら腰ひねって只今療養中です。
人生詰みました。


それはいいとして。


ワタシのように自転車や車をちょっといじる方や日曜大工が趣味の方とかには必ず起こるであろうハプニングのひとつに、


ネジ山つぶしちゃった。


という事例があると思います。
そんな時みなさんどうやってその山のつぶれたネジを取り出しますか?

むりやりドライバーを押し当てて力いっぱい回すとか、ネジ山とドライバーの間に輪ゴムや摩擦増強剤を噛ませるとか、そんな方法も確かにございます。

ですが。


最も簡単確実につぶれたネジを回せる超便利なブツがございまして。
今ではかなり有名なのでご存知の方も多いと思いますが、これ。














b0040606_19175659.jpg






ネジザウルス



一見ただのペンチのようですが、噛み口先端が縦横に溝が切れており、どんな締め付けの固いネジを回しても全く滑らない。

ワタシの持っているこのネジザウルスGTというグレードの品は、更にねじ山がほとんどないくらい薄いネジや、平ネジにも対応と言う優れもの。

このネジザウルスさえあれば山のつぶれたネジはもちろん、錆びて固着したネジ、折れてしまったネジ、そしてねじ山が特殊形状のモノでもなんでもござれ。

スプリングが見えるあたりに誇らしげに「Made in Japan」の文字が見えますが、大阪府のエンジニアと言う工具メーカーの製品です。
このネジザウルスそのモノも、手にした時のずしっとした重量感やピボット部分の工作精度の高さとか、さすが日本製と言いたくなるくらい見事。工具フェチとか喜びそうな。(笑)

先日、上野の科学博物館で開催された「千の技術博」をご紹介しましたが、なんならこのネジザウルスも展示されていてもぶっちゃけおかしくなかったとすら思います。


このネジザウルスGT、ホームセンターで一本2000円くらい。
決して安価くは無いですが、もしもの時の為に一家に一本あってもいいと思います。
ねじ回し以外としてはっきり思い浮かびませんが、使い方としてはもしかしたら災害時に何らかの役に立つ事もあるかもしれません。



ちなみに株式会社エンジニアさんのウェブサイトは、こちらからどうぞ。
by jpslotus2000 | 2019-03-05 19:38 | 日々の生活 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

なんか久しぶりに、すっげーラーメン食べたくなりまして。
いや、ラーメンは好きですからよく食べることは食べるのですが、なんか知らんが異常にラーメン以外ありえない胃袋になったわけですよ。

かと言ってどこのラーメン食べようとか、そんなあても無く自宅界隈をふらふらしていたのですが、なんとなく目についたこのお店にお邪魔してみました。














b0040606_185032.jpg






東京油そば 味のとんちん軒




東京都葛飾区東金町1-22-7



ラーメンじゃなくて油そばじゃねぇかというツッコみもあるかと思いますが、まあいいじゃないですか。(笑)


「創業38年の味」とか看板に書かれてますけど、そんな昔からココにあった記憶はない。
それはいいとして。


他のよくあるラーメン屋さんのように、まずは券売機で前払いするシステム。
ですがコチラさん、気持ち良いまでにメニューが油そばオンリー。
他にはチャーシューなどのトッピングと、付け合せのライスくらいしか販売しておりません。
今日び吉野家だってもっとメニューありますわ。
ですが逆にそのおかげで全く迷う必要ございません。

して、その油そば。











b0040606_18133196.jpg






オーソドックスな具材に特に文句なし。
油そばなのでまずは全部混ぜ込むわけですから、チャーシューの代わりに肉そぼろ使っているんでしょうね。
ひととおり混ぜ混ぜしてから、頂きます。


うん、美味しい。
美味しいですけど、良くも悪くもオーソドックス。
悪く言えば感動的なトコロも特になく、全く可もなく不可も無くのアベレージレベル。
よく言えば、無難で間違いのない味わいだし、これで650円ならコスパ的に有り。しかも大盛り無料。

ですが油そばの大事な部分、後から継ぎ足すラー油が残念なクオリティだったのはいただけません。
あと50円くらい高くてもいいから、使うラー油にもこだわって欲しいと思います。

そうか、それなら自分でラー油持っていけばいいのか、Myラー油。
油そば自体は悪くなかったから、今度行ってホントにやってみるのもいいかも。怒られなければ。(笑)
by jpslotus2000 | 2019-03-01 18:27 | 日々の生活 | Comments(0)