人気ブログランキング |
ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2018年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

はい大晦日ですみなさんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

なんというか毎年なのですが、また無為な一年過ごしてしまいました。(笑)

別に婚活とか諦めているわけではないのですがなんでいまだに毎年同じ事くりかえすんでしょうねぇ。
あぁそおさ、どうせしがない小男さ。(笑)

とか年末にちょっとした愚痴などつぶやきながらご挨拶にやってきたわけですが、平成時代の年末も今年で終わりらしいですよ、奥さんご存知でして?


来年の5月までに死んでなければ3時代を生きてしまう事になります。あぁ時間とはかくも恐ろしいものなのか。


まぁ平成時代を振り返ると言っても学校行って就職して、仕事辞めてニュージーランド行って6年住んで、戻ってきて就職して、そして現在に至って全く進歩無し。イヤになちゃうわぁもぉ。

過ぎゆく平成時代、皆さんはどのような人生を過ごされましたでしょうか。

良い事も、悪い事もあったかもしれません。
ですが最後は笑って人生を締めくくる為に、来たる時代にも希望は持ち続けていたいですね。

ボクもとりあえずまだ婚活諦めずに頑張ります。(笑)





とは言え来年も婚活なんかとは全くカンケー無く今まで通り自転車と言うどっぷりつかった趣味にハマり続けるのでしょうが、仕方ないと思ってやってください。ハイエースも買っちゃったし。



というわけで、来たる新時代に何かいいこと起こる事を期待しつつ、年末のご挨拶とさせていただきます。

皆様、良いお年を。
来年も何卒よろしくお願い致します。





jpslotus
by jpslotus2000 | 2018-12-31 17:07 | 日々の生活 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

2018年も残すところあとわずか。今回はワタシの愛車ハイエースの今年締めくくりの快適化計画レポートでございます。


商用バンとして絶大な人気を誇るハイエース。
ワタシとしても自転車載せてお出かけするのにこれ以上ないくらい重宝しております。
しかし、積載となると室内は広いですがホントにがらーんとしていて積載物を「置く」事しか出来ません。

荷物を「置く」以外にも積載方法として一工夫欲しいところ。
というわけで、こんなものを取り付けてみました。














b0040606_18562270.jpg





パイプラック。

なんて事は無い、ただの長いステンレスの棒なのですが、これを室内左右の天井に取り付けておけば、適当なフックつけて積載物を「吊るす」事が出来る。











b0040606_18581924.jpg




というわけで、取り付け開始です。


まずは後席にあるアシストグリップを取り外します。





b0040606_1859094.jpg




これ。








b0040606_1859236.jpg



ここに隠れているボルト回せば簡単にはずれますので。







b0040606_1901141.jpg





はい外れました。
次に、天井の内張りを留めているキャップも外しましょ。







b0040606_1912868.jpg




で、グリップとキャップ外してどうするのかと言う事なのですが、そこにパイプのステーを取り付けるわけです。










b0040606_1922271.jpg





こんなの。

まずはグリップとキャップを外した内張りの裏側のトコロに、ボルト留め用のクリップを取り付けます。







b0040606_1941137.jpg





して、内張りを戻し、2分割できるステーの車体側を仮留め。







b0040606_1951213.jpg






そしてあらかじめパイプを通しておいたステーのパイプ側を車体側に合わせてボルトを本締めします。

するとあら不思議。









b0040606_1962596.jpg




パイプラックの完成です♪
もちろんパイプ両端には樹脂製キャップを忘れずに。







b0040606_1973698.jpg




ちなみに元々グリップのあった箇所にはホームセンターで適当な径の硬めのスポンジ見つけて巻いておきました。


で、このパイプラックに吊り下げたい数のフックつけるとこうなります。







b0040606_1995113.jpg






自転車のホイールバッグとかの積載にドンピシャです。

というわけで、止まる事の無いハイエース快適化計画。
来年も鋭意続けていきたい所存です。




おカネが続けば。(笑)
by jpslotus2000 | 2018-12-28 19:15 | 車好き。 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

つつがなくクリスマスも過ぎ、2018年も残すところあとわずか。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ワタシは本日お休みでして、めちゃくちゃ大掃除やってました。
2年前に買ったケルヒャーの高圧洗浄機が大活躍です。

それはいいとして。


先月のアタマに幕張で開催されたサイクルモードへ行った時にチャプター2と言うニュージーランドのバイクメーカーで見つけたバーテープ。













b0040606_19455254.jpg




こんなの。



ニュージーランドにかつて住んでいたワタシとしてはとても気になる逸品でして、自分のキャニオンに是非とも巻いてみたかったわけですよ。


それからと言うもの、どうしようかと悩んでいたのですが案ずるより産むが易し。イキオイでゲットしてしまいました。












b0040606_19474646.jpg





しかも水色。(笑)



いや、この色がニュージーランド特産のジェイド(翡翠石)みたいだし、レイクテカポの水の色にも似ていて黒よりニュージーらしさがあっていいかなと思って。









b0040606_19494421.jpg





それに今までのバーテープも黒だし、気分変えてみよーかなと思って。

というわけで、巻いてみました。











b0040606_1950472.jpg






真っ黒な車体にバーテープの水色がアクセントになって自分的には悪くないと思いますけどいかがでしょう?










b0040606_19513473.jpg






そしてマオリの民族柄。









b0040606_19521544.jpg






ニュージー魂。(笑)




でも、すぐ汚れが目立っちゃいそう。
by jpslotus2000 | 2018-12-26 19:55 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさん3連休の初日いかがお過ごしでしょうかjpslotusです当然私はお仕事です。

さて、伊豆大島ライド今回も続きます。

鵜飼商店のコロッケを堪能し、今度は島の南から西側を時計回りに進みます。










b0040606_223812100.jpg







b0040606_22383419.jpg





途中ちょっと寄り道しながら。







b0040606_2239613.jpg




ちょっと寄り道したこの浜、断崖がこのようにはっきりとした地層になっているのが見えます。
そして地層と言えば、2年前にもご紹介しました地層大切断面と言う場所がございます。








b0040606_22423545.jpg




見えてきました。






b0040606_22432674.jpg





この綺麗にそろった地層面が500~600mに渡って広がります。
非常に雄大で、そして有史以前からの長い年月をかけて形成された自然の営みを感じます。

そしてここから御神火スカイラインの入り口、元町までは自転車で20~30分くらい。









b0040606_22464497.jpg





ゆっくり走ったつもりでも、とても景色がよく走りやすい大島周遊道路。
あっという間に元町港に到着。

ところでここから先、フェリーを降りた岡田港まで戻る予定でいますが、ここ元町港も天候によってはフェリーの発着港なので念のため、帰りのフェリーの出発港をスマホで確認すると、
















b0040606_2250466.jpg






出発:元町港。








あぶねー!!




気がつかないまま岡田港まで戻っていたら、来るはずの無いフェリーを待ち続けて帰れなくなる所でした。(笑)。




というわけで、岡田港まで走ると帰りに間に合わない。かと言って元町でじっとフェリーを待つには長すぎるくらいの時間が余ってしまいました。


なので。


ワタシが事前に伊豆大島を調べていて、ちょっと寄ってみたかったお店へお邪魔してみました。
それがここ。












b0040606_2253360.jpg






ベーカリー ペルル


東京都大島町元町字仲野199-4




なんでも伊豆大島唯一の手作りベーカリーだそうです。
それでいてなかなか評判も良く、それならちょっとそのパンを味わってみようかと。


お店の中にはとても美味しそうなパンがたくさん。
その中から、ワタシがチョイスしたのはこちら。









b0040606_22562245.jpg





左から、ソーセージロール、あんぱん、お土産に買ったよくわからないパン。(笑)







b0040606_22572414.jpg




それをこんな景色が見えるベンチを見つけて堪能致しました。






b0040606_2258310.jpg




美味しい、とてもおいしい・・・

中のソーセージも味が良く、あんぱんの中の餡も間違いなく手作り。
お土産に買ったパンも自宅でとても美味しく頂きました。
伊豆大島という場所でなくても充分人気店になれるだけの実力があります。

伊豆大島名物と言えばくさやとべっこう寿司ですが、鵜飼商店のコロッケと同じくここのパンも超おススメ。
むしろべっこう寿司なんて食ってる場合じゃねえ。(笑)


ちなみにMさん、クリームデニッシュを食べていたのですが、曰く







今までの人生で最高のクリームデニッシュ!!





との言葉を残し、自転車乗ってもうひとつ買いに行ってました。(笑)

そんなおいしいパンを楽しんだら元町港へ戻り、自転車を輪行パックして着替えたら、今回も伊豆大島とこれでお別れ。








b0040606_2334457.jpg






楽しかった、実に楽しかった・・・

綺麗な路面で登り応えのある山道、走りやすくて島を一周できる道路、そして絶品のコロッケと手作りパン。
多少季節外れではありましたが、往復4000円なら何度だって自転車持って走りに行きたいです。

伊豆大島サイコー♪







b0040606_236588.jpg

by jpslotus2000 | 2018-12-22 23:13 | じてんしゃ。 | Comments(0)
伊豆大島ライドの続きです。






b0040606_1692627.jpg




前回からご紹介してます伊豆大島の御神火スカイライン。
平均斜度9%とキツめながら非常に綺麗な路面ですので景色を楽しむ余裕も持てると言うものです。





b0040606_16105569.jpg




それでも眼下にさっきまで登ってきた道が見えると結構ゲンナリしますけどね。(笑)
というわけでそうこうしているうちに、












b0040606_1612614.jpg





ついたー♪

三原山駐車場に到着。







b0040606_16124954.jpg





駐車場からはヒルクラ開始地点の元町が見え、天気がもう少し良ければ伊豆半島と、富士山が見えていたはず。
曇り空がちょっと残念。

そして全員無事に登り切ったのを待っていつものポーズで写真を撮ってもらいます。












b0040606_161507.jpg






伊豆大島とったど~!!(通算2回目。)


皆さん一休みした後は、大島温泉方面へ向かうのですが、ちょっと走ると三原山の全景が綺麗に見える展望スポットがございます。









b0040606_16171077.jpg





いかにも大自然!と言った感じの景色が素晴らしい。
この三原山の風景を眺めているその横で、











b0040606_16181669.jpg




なぜここで朝めしタイム・・・(笑)



はいはい次行きますよっ


島の東側まで下り、ここから南側まではちょっと登ってちょっと下っての連続。







b0040606_16201182.jpg






b0040606_162030100.jpg





筆島が見えました。
ここから島の南側、スタート地点の岡田港とド反対に位置する波浮港までもう少し。







b0040606_16213438.jpg





というわけで、波浮港にやってきました。
この波浮港で一軒、絶対に立ち寄りたいお店がございまして。






b0040606_16224198.jpg





入り江になっている漁港をぐるっと回り、こんな風情のある細道のつきあたりにそのお店はあります。
それがここ。











b0040606_16233799.jpg






鵜飼商店



東京都大島町波浮港1



こじんまりしたお店ですが実はこのお店、伊豆大島ガイドには必ずと言っていいほど載っている人気店。
一体何が人気なのか、それはですね、









コロッケ。





伊豆大島で、しかも漁港のお店でコロッケ?
と、知らない方は疑問に思うかもしれませんが。
実際行ってみるまで私もそうでした。
ですが。












b0040606_16271155.jpg







ヤベぇ、超うめー!!




注文してから揚げるので時間は少しかかりますがあつあつのホクホク。
ソースとか、調味料なんてひとっつも要らない。コロッケそのまんまで幾らでもいけます。
なので我々5人で、








b0040606_16292097.jpg





こんなに頼んじゃいました♪
それでもあっという間に完食。
しかもコロッケはいっこ60円。
そしてコロッケ以外にもメンチカツやら串揚げやら、色んな揚げ物レパートリー。
そんな中でもこのジャンボから揚げは迫力満点。






b0040606_16312687.jpg





どうです、このローストチキンと見紛うような骨付きからあげのボリューム感。
これで確か350円だったかな。
もちろんお味も文句なし。

唯一惜しいのは、このお店のこのコロッケが、わざわざ伊豆大島へ行かなければ味わえないと言う所でしょうか。
こんなお店近所にあったら週3ペースでコロッケ買うわ。(笑)

そんな鵜飼商店にお世話になった後、引き続き自転車を走らせます。
コロッケに後ろ髪引かれる思いで。(笑)



続く。
by jpslotus2000 | 2018-12-18 16:39 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんこんばんわいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

今年もあっという間に年の暮れですが、わが社自転車部も冬季休部となりました。

休部前に、今年の締めくくりとしてどこかに走りに行きたいねと部員間で話していたのですが、さすがにこの時期は山へ行こうとなってもとっくに冬季閉鎖されているか、それでなくても標高1000m超えるとさすがにヤバいという話になりまして。

「それじゃもぉ南のほう行くしかないじゃないですか、伊豆大島とか。

と、半ばふざけて話していたらですね、うちの部員は優秀です。「こんなの見つけた。」と、緊急連絡が入りました。















b0040606_18524469.jpg






Mさん:「というわけで、伊豆大島行き決定な。





マジっすか。(笑)





b0040606_18544264.jpg





ロードバイクで出勤し、仕事終わりに竹芝桟橋直行。
フェリーターミナルで輪行パックし、メンバーと合流。
もちろんいつものMさん、Tkさん、Iさん、Kさんの計5名で伊豆大島行フェリー、さるびあ丸に乗り込みます。









b0040606_18571218.jpg






しかしいくら往復4000円といっても、12月なんて季節外れにわざわざ伊豆大島まで遊びに行こうなんて物好きは我々くらいのモノで。








b0040606_18583633.jpg





ガラ空き。
この4000円コースは座席が2等の椅子席以外選べないのですが、ここまで空いてると一列占領で横になって眠れます。


ですが一眠りする前にMさんが、

「じゃ、ちょっとデッキ上がって一杯飲るぞ♪」

と、就寝前の小宴会を開催いたしました。


皆から少し遅れて船の展望デッキに上がるとですね、











b0040606_1933383.jpg






ちょwww




展望デッキのイベントステージに上がり込み、車座で既に宴たけなわ。
しかも周りはがらんと何もなく、遠目からはとてもシュールな光景で他人だったら確実に引いてるわこれ。(笑)









b0040606_1961627.jpg






もうこれ食ったら寝るからな!!

と言う事はワタシももちろん参加してたんですけど。





b0040606_198187.jpg



まぁそうこうしているうちにフェリーに乗る事8時間、伊豆大島に到着です。







b0040606_197456.jpg




朝の6時に伊豆大島到着。船を降り、桟橋で自転車を組み直しているうちに丁度良く日が昇ってまいりました。









b0040606_1992615.jpg





フェリーを降りた伊豆大島の岡田港からまずは元町方面へ。
そこから御神火スカイラインのヒルクライムで三原山へ。
その後大島温泉経由で島の東側へ下りほぼ一周するコースを引いてみました。
2年ぶりの伊豆大島ライド、スタートです。








b0040606_1912244.jpg







b0040606_19124441.jpg




まずはそそくさと元町方面へ。





b0040606_1913208.jpg




元町にあるこの大島椿(椿油で有名な。)の建物が見えたらその向かい側が御神火スカイラインのスタートです。







b0040606_19143389.jpg





b0040606_1914491.jpg





この御神火スカイラインは毎年、サイクルイベントの伊豆大島ライドでも御神火ヒルクライムというレースが行われており、距離およそ6km、平均斜度9%という距離はそれなりながらかなりの勾配で有名。

前回訪れた時にもココは登ってみたかったのですが、実はその頃大規模な土砂災害で通行止めでございました。
なので今回、満を持して御神火ヒルクライムの初チャレンジです。

登りはじめはまだまだ緩やかな勾配ですが、1.5kmくらいを過ぎたところから平均9%はダテじゃない事を思い知らされます。










b0040606_1920456.jpg





きつい・・・
ちなみにこの地点瞬間14%。


ですがね、

ヘタレながらもいろんな山道登ってきましたが、ここは勾配が鬼であるにもかかわらず気分的にすごく登りやすい。

それはなぜかと考えたら、答えはすぐにわかりました。








路面だ。




土砂災害でほぼ全面道路敷き直したから路面がすごくきれい。
アスファルトのヒビも轍が出来ているような劣化も無く、超スムーズ。
路面がフラットで綺麗な事で自転車が前に進む感覚が実際の斜度よりラクな感じがします。






b0040606_1926322.jpg





おかげで他のメンバーも、激坂にもかかわらず景色を楽しむこの余裕。
もちろん速くはありませんが。

いや、斜度10%を超えているのに平気な顔してヒルクラ楽しめるなんて初めての事かもしれません。
もちろん速くはありませんが。
道路の舗装が綺麗であればロードバイクも速く走れるのは当たり前ですが、これだけキレイだとヒルクライムでも全然ラク。

これなら全然余裕で三原山駐車場まで行けそうです。
もちろん速くはありませんが。(笑)




続く。
by jpslotus2000 | 2018-12-14 19:38 | じてんしゃ。 | Comments(0)
前回、前々回とお話してます沼津港深海水族館。

ひととおり見て回ったのですがまだお話は終わりません。

この深海水族館のお隣にありますハンバーガーショップにもちょっと立ち寄ってみました。












b0040606_18321594.jpg





沼津バーガー



なんでも、「深海魚バーガー」などと言うものが食べられると言うので、これはせっかくなので食べない手は無いだろうと。

お店の中に入ると、なんかやたらとアニメ推し。
最近のアニメにめっぽう明るくないので何が何だかわかりませんが、どうやらとあるアニメでここ沼津バーガーがロケーションされておるらしくてですね、そのおかげでなんでも深海魚バーガーが新しい沼津の名物になり始めているそうな。


まぁそんな前置きはさておき、早速深海魚バーガー頂きます。








b0040606_1836313.jpg






b0040606_18494174.jpg






ニギスというお魚が使われているらしいのですが、はっきり言って美味しいです。
美味しいんですけど率直な感想を一言で表すなら、







高価いフィレオフィッシュ食いました。(笑)




とまぁ、そんな感じで沼津深海水族館詣でを堪能したわけですが、もちろん記念にちょっとしたお土産もゲットしてきました。


まずは定番のこれ。









b0040606_18392094.jpg





シーラカンスのぬいぐるみキーホルダー。
もちろんもっとでっかいぬいぐるみもあったのですが、いずれ邪魔になるだろうしこのくらいで充分。(笑)


お次にこれ。








b0040606_18403274.jpg





かわいいかわいいメンダコちゃんがモデルのマグネット輪ゴムハンガーです。






b0040606_18411087.jpg





こんな感じで冷蔵庫にくっつけて只今重宝しております。
そして冷蔵庫あけるたびに癒されております。



そしてこれ。










b0040606_18422940.jpg





こんな迫力のシーラカンスのイラストが描かれた缶ケースに入っておりますのは、










b0040606_18432185.jpg






深海魚チョコレート。

もちろんシーラカンスだけではございませんで、








b0040606_1844065.jpg





オウムガイ。







b0040606_18442078.jpg





そしてダイオウグソクムシ。



大変美味しゅうございました。



というわけで、年甲斐も無く水族館でフィーバーしてしまったお話、ここらでお開きにしたいと思います。
沼津港深海水族館、皆さんも機会があれば是非お立ち寄りください。
by jpslotus2000 | 2018-12-12 18:50 | 旅行 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

深海水族館の続きです。

ここには生体の他に透明標本と言う珍しい展示がございまして、この透明標本とは、特別な薬剤で筋肉部分を透明になった標本の事なのですが、百聞は一見にしかず。早速ご覧ください。
















b0040606_22171088.jpg





コチラはエイの一種。
この透明標本が学術的にどのような効果があるのかは知りませんが、とても綺麗な事は確か。







b0040606_22182441.jpg




こちらはハリセンボン。
個人的にオブジェとしても欲しい気がしますが、透明標本にするのにどれくらいコストかかるんでしょうね。


さて、お次は剥製のご紹介です。








b0040606_22202030.jpg




こちらはミツクリザメという名の深海サメ。
なかなかアグレッシブな格好してます。(笑)
深海魚と言う意味でなかなかお目にかかれないサメのようですが、実の所ここ沼津が面しております駿河湾の深部には普通に生息しているらしく、東京湾で捕獲された例もあるそうです。







b0040606_22225982.jpg





こちらはメンダコという深海タコの剥製。
深海から地上に上げてしまうと体の柔らかさから自重に耐えられずこのようにぺしゃんこになってしまうらしいですが、実際海の中にいる時がですね、そりゃぁもぉかわいいのなんのって。










b0040606_22245412.jpg





これが生きているメンダコ。
超かわいー♪

ちなみに私が行った時には生体標本も展示されておりまして、可愛さ堪能しましたが、残念ながら撮影禁止でしたのでこちらは他サイトからの転載です。



さて、お次は知る人ぞ知る深海の人気者、ダイオウグソクムシです。











b0040606_22265499.jpg






超でけえ。



手前に私の手を並べてみましたが、実際は遠近の関係で私の手の2倍くらいはある大きさ。
およそ30~40センチくらいはあるでしょうか。
さすがダイオウと名乗るだけの事はある。


さて、それではいよいよお待ちかねのシーラカンスに行きましょうか。










b0040606_2229158.jpg





まずはこんなシーラカンスの魚拓が展示されていたのですが、1982年にコモロ諸島で撮られたモノらしく1.8mくらいの大きさがあります。魚拓だけで大迫力。

さて、それでは冷凍標本のお目見えです。















b0040606_22304646.jpg






すげえ・・・




常時マイナス20℃の冷凍室の中にあります2体のシーラカンス。
剥製よりも更に生きたままの姿のシーラカンスがここにあります。






b0040606_22324267.jpg




恐竜の、更にその前の時代から変わることないこの姿で、今もどこかの海の底で悠然と泳いでいるであろうシーラカンス。

その何億年と言う時間の流れを想像しながらとても有難くこの冷凍標本を拝見致しました。

本当に行って良かった・・・
by jpslotus2000 | 2018-12-10 22:39 | 旅行 | Comments(0)
はいみなさんjpslotusですいよいよ師走に突入してしまいましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

先日のお話ですが、またしてもお出かけしてました。
しかも前回に続き、自転車ライドではございませんで。










b0040606_16425365.jpg





クルマに乗って東名高速を飛ばし、辿り着いた先はココ。











b0040606_16434882.jpg






沼津港深海水族館



水族館大好きと言う方って結構多いと思いますが、ワタシも実は大好きでして。
とは言えあまり行く機会も無いのですがこの沼津港深海水族館はいつか絶対観に行こうと心に決めておりました。
そして今回、意を決してついに辿り着いたと言うわけです。

なぜここには絶対行こうと思っていたのか。
実はこの水族館、深海水族館と言うだけに深海魚がメインのみならず、日本に2体しかないシーラカンスの冷凍標本が2体ともあるというここでしか見れないプレミアム感満載でして。

というわけで、いい歳こいてワクワクを抑えきれないまま、いざ入館。







b0040606_16495252.jpg





入場して真っ先に出迎えてくれるのは、アブラボウズ。
水深200m前後に生息するお魚です。






b0040606_1651352.jpg




とてもカラフルなこちらもこれで深海魚のようです。
名前は知らん。(笑)





b0040606_16574472.jpg





こちらはカワテブクロと言う名のヒトデの一種。
その名の通り革手袋に形が似ているからと言う事らしいですが、足の一本だけを見るとチ〇コに見えなくもない。てゆーかチ〇コだろこれ。(笑)









b0040606_1711884.jpg






あらかわいい、チンアナゴさんだわ♪
かと思ったらその向かいには、







b0040606_1722658.jpg





ヌタウナギ。
全然かわいくない。むしろ海で出くわしたらトラウマ必至。






b0040606_1734968.jpg




季節がら、クリスマスツリーの飾られたこの水槽の中で泳いでいたのは、








b0040606_1744831.jpg





まるでクリスマスベルのようなコンゴウフグと、






b0040606_1752131.jpg





サンタクロースそのもののエビ。

なんかすごくおめでたい感じー。







b0040606_1764941.jpg





こちらは食材としても有名なタカアシガニ。実際生きてるの見ると迫力満点。







b0040606_1775038.jpg




こちらはかなりハデ目のイガグリガニ。
自分自身がうっとうしくならないかなこれ。






b0040606_17114885.jpg





そしてこちらは有名な生きた化石、オウムガイです。
ワタシこれ実際に生きているの見たのは初めてかもしれません。
水槽の中を悠然と泳いでおりました。
何億年も姿を変えることなく生きてきたオウムガイ。
今や水槽の中で平和な時を過ごしております。



というわけで、もちろん次回に続く。
by jpslotus2000 | 2018-12-05 17:19 | 旅行 | Comments(0)