人気ブログランキング |
ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2018年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

はい、それでは答えです。
恐らくもうお解りですね?新しいクルマは、コイツです。

















b0040606_1555887.jpg





トヨタ・ハイエースバン



そうです、昨年11月あたりに日塩もみじラインライド行った時にちょっと借り出し、使ってみた車です。

乗り換えた理由はもちろん、








ジテンシャいっぱい積めるから。




それ以外の理由は何もない。(笑)


ハイエースバンと言うと、塗装業者やら電気工やら、そういった人たちに人気の言わば商用バンなのですが、その圧倒的なスペース効率の良さに気がついた一般の方々にも大人気。
トヨタもそういった人たちの為に商用車然とした印象を限りなく無くした豪華装備の「スーパーGL」といった上級グレードでニーズに応えておりまして、ワタシが購入したハイエースバンもスーパーGLから更に特別装備を施した、「ダークプライム」というグレードでございます。










b0040606_1674848.jpg






これ、インパネ周り。
バンと言うイメージとは全然違いますよね。

バンなのにウッド調パネル。
バンなのにレザーコンビステア。
バンなのにLEDオートヘッドライト。
バンなのにレーダーセーフティー。
バンなのにスマートキー&プッシュスターター。
もはやバンじゃねぇ。(笑)







b0040606_16111769.jpg





フロントシートはもちろんのこと、リヤシートだってこのクオリティ。
乗用車となんら遜色なし。







b0040606_16122833.jpg





せっかく新車で買ったので、距離少ないうちにオドメーター撮っとこうかと。
40km乗っちゃったけどね。







b0040606_16135998.jpg





んで、肝心の積載能力ですが、もちろん以前借り出した時から同じ車だし変わっている訳ないのですが、











b0040606_16153131.jpg







やっぱり3台積んでみました。




いや、せっかく買ったので嬉しくて一人で盛り上がっちゃって。(笑)
実際改めて3台積んでみて、あと2台は確実にいける事も再確認。

いやー、ホントに買っちゃったよ。ハイエースバン。
by jpslotus2000 | 2018-03-30 16:22 | 車好き。 | Comments(0)
え、みなさんどうもこんばんわjpslotusです。

今年もやっぱりやらかしてしまいました。
相変わらず独り者なのをいいコトに、オノレの好き勝手やりたい放題。
まぁ言わば、














毎年恒例のご乱心です。(笑)




今年は早かったなぁ。。。


今までの数々のご乱心を紐解いていくと、
マセラティ購入。
マセラティから乗り換えたWiLL VSにフルラッピング。
AZ-1購入。
年に2台ロードバイク購入。
AZ-1売却して1台のロードバイク乗換え。車売って自転車買うと言うね。
そして昨年がロードバイク3台目をバラ完DIY。

と、狼藉の限りを尽くしてまいりました。

そして今回、ですが。
















b0040606_21143192.jpg






WiLL VS売っちゃいました。




つまりクルマ買い替えたってことなんですけどね。





b0040606_21155760.jpg





不人気車だけに購入時も安価だったし、ぶっ壊れないし、使い勝手も悪くなかったし、フルラッピングやってから結構気に入ってたのですがね。










b0040606_21172232.jpg






b0040606_2117362.jpg





190psのVVTL-iエンジンも良く回りました。







b0040606_21183614.jpg






とは言え17年落ちで11万kmも走っているので、乗り換えようと考える前から自分の手から離れる時にはもう廃車扱いで荼毘に付されるだろうなと思っていたのですが、なんとまさかのオートオークション落札。

まぁ落札額は知れたものですが、それでもまだ現役でいられるとは、ワタシとしてもとても嬉しい。
実は先月にトヨタ博物館までドライブしたのも、お別れ前のプチ旅行だったわけで。

とにかく、よく働いてくれました。
今までどうもありがとう。新しい土地でも元気でいてください。








b0040606_21235664.jpg






で、新しいクルマは何かって?
昨年秋ごろの記事にヒントがございます。
ヒントってゆーか、ほとんど答えが。


というわけで、答えはCMの後で♪(笑)
by jpslotus2000 | 2018-03-27 21:29 | 車好き。 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。

本日はお日柄もよく、春らしい陽気がやってまいりましたので今シーズン初の山岳トレーニングをやってまいりました。

山岳と言っても関東平野のど真ん中に住んでいる私としては、山へ行くのもちょっとしたお出かけになってしまうのですが。
で、皆さんご存知の通り(?)、ワタシが山トレで向かう先となると奥多摩か、でなければ筑波山。

今回は朝遅かったこともあって車が渋滞にほぼ巻き込まれずに到着できる、筑波山へ行ってまいりました。
いつもの北条大池付近の駐車場に車を停めて、そこからスタート。
ルートはざっと、こんな感じです。











b0040606_1922086.jpg






筑波山ヒルクラルートで最もメジャーな不動峠。
道は狭いし舗装も荒れてますが、何より滅多に車が通らないのでクライマー天国です。
私以外にもローディーさんはちらほら。挨拶しながら登って行きます。


ですが。


今回はシーズン初めの山登りとあって、自分的にもまず「ヒルクライムの感覚を取り戻す」事をメインにゆっくりと走ろうと思ったのですが、









そんなん考えなくても速く走れねぇ。





オフシーズンを過ごしたブランクは大きかったです。
自分の身体の重さに愕然。おまけに心拍も久しぶりに上げたので肺から血の味がしてきます。(笑)






b0040606_1927376.jpg





やっとこ不動峠。
ベストタイムより2分以上も遅かった。。。

ここから更に上り続け、ロープウェイ乗り場のあるつつじヶ丘駐車場までひとっ走り。








b0040606_1929823.jpg








b0040606_19292885.jpg






いやぁ~、シーズン初めだからいきなり奥多摩よりも筑波の方がいいかと思っていましたが、筑波山でもきつかった。
やっぱり筋トレ必須ですな。思い知らされました。






b0040606_19312469.jpg





つつじヶ丘から少し下ったところの景色。
奥にうっすらと霞ヶ浦が見えたりします。



で、この後更に筑波山神社麓まで下って、その道をまた登り、最後に不動峠をもう一本。
とりあえず累積標高1300mは作って、シーズン初ヒルクラはこれにて終了。

まぁタイムもダメだし何より体が全然出来ておりませんので、これから少しずつコンディション作って行こうと思います。
by jpslotus2000 | 2018-03-23 19:38 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。


ウワサには聞いていたのですが、図らずも入手してしまいました。












b0040606_18315285.jpg




こんなパッケージの一品なのですが、これがうわさに聞いていたチョコレート。
チョコレートが一体何のウワサになってたんだ?と思われる方もいらっしゃると思います。

実はこのチョコレートですが、














b0040606_18335941.jpg







ボルトとナット。









b0040606_18344288.jpg






どうやら本当に締められるらしいんですわこれ。
というわけで、やってみるしかないでしょう。
















b0040606_18352318.jpg






うぉ、マジで寸法ドンピシャ。







技術大国日本の真髄を見た気がします。
(笑)






これ、今度キャンディーでも作ってくれねぇかな?
by jpslotus2000 | 2018-03-20 18:39 | 日々の生活 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

今回は久しぶりに映画のご紹介です。
今回は、こちら。















b0040606_16443072.jpg





15時17分、パリ行き




クリント・イーストウッド監督の最新作です。
2015年にヨーロッパ高速鉄道・タリス列車内で起こった無差別テロ事件がテーマのノンフィクション映画です。


列車内に乗り込んだモロッコ系イスラム過激派のテロリストに敢然と立ち向かった旅行中のアメリカ人青年3人組がこの映画の主人公。
この事件の凄いところは、乗客が500人以上もいる列車内と言う密室で起こった無差別テロにもかかわらず、誰一人犠牲者が出ることなく収束したところ。
損害は首を撃たれた客が一人と、青年一人が犯人制圧時にナイフで親指と後頭部を切りつけられただけ。

テロリストに勇敢にも立ち向かい、勝利した3人の青年たちはその後フランス大統領から名誉勲章を授与され、本国でも当時のオバマ大統領との面会や、地元サクラメントでは「地元の英雄」と大きな祝福を受けたそうな。

ちなみにこの3人の青年

・アレク・スカラトス
・スペンサー・ストーン
・アンソニー・サドラー

ですが、この映画でイーストウッド監督は前代未聞のキャスティングを決行。
何と、






主演が本人。



しかも本人達にとどまらず、ほかの乗客や犯人制圧後に乗り込んだフランス警察も全員当事者、本人だそうです。
まさか犯人役も本人、とはいかなかったようですが。(笑)

演技力が不可欠(当たり前だけど)な映画の主役を全く素人の本人が演じるって、どんなんだよと思って観てきましたが、3人が幼馴染なこと、アレクさんとスペンサーさんは現役の軍人で、しかもアレクさんはアフガニスタン駐留経験もあり、二人とも筋肉隆々でテロに立ち向かうと言う話に充分な説得力をもつ体格であること、そして何より本人が演じる事で限りなくリアリティーが追求できること。

そういった条件でイーストウッド監督はキャスティングに前代未聞の決断を下したのではないでしょうか。
確かに演技力は見ていてお世辞にも高いとは言えないし、そういった意味では映画としての完成度も疑問を持たざるを得ません。

ですが事実として、この3人もそうですが他の出演者の皆さんもテロ事件と対峙した恐怖がトラウマにはならなかったのか、よくこのオファーを受けてよく演技が出来たものだとその精神の強さにただ感心。

首に銃弾を受けた最も重傷な被害者も本人だし、スペンサーさんだって実際犯人からナイフで思いっきり切り付けられてるのに。

キャスティングは確かにチャレンジングだけど結果的に本人が演じる事で興行としての映画ではなく、記録再現としての映画の価値をイーストウッド監督は求めたのでしょうか。
その意味では、おそらく当初は俳優の起用を当然考えたでしょうけど、多分本人達に会って事件の事実を取材していくにつれ、監督は「本人達にやってもらった方がいいだろう」と考えたのでしょう。
さすがと言えばさすがと言うか、イーストウッド監督らしいと言えば納得できるというか、そんな作品に仕上がっております。


ちなみに映画の最後のところで本人達がフランス大統領から勲章を授与されるシーンがあるのですが、その家族の映像は合成だと思うけど、基本これ多分当時の実写映像ですよね、スペンサーさんなんて負った傷で包帯とギブス姿なのに軍人らしく直立不動なのが何となくカッコいい。


これもまた、娯楽として鑑賞するにはちょっと無理がありますけど、無差別テロ事件という恐怖に立ち向かい、己の勇気をもって人命を救った青年たちに対する敬意としてとても印象に残る映画ではございました。
by jpslotus2000 | 2018-03-16 17:35 | Movie | Comments(0)
トヨタ博物館のお話、そろそろいい加減にしないといけないのですがどうにもご紹介したいクルマがたくさんあり過ぎて収拾がつきません。
全てトヨタ博物館のせいです。(笑)


というわけで、今回も続きなんですけど、この車から。















b0040606_21494448.jpg





現在も名前が残るトヨタ自動車の代表作、カローラの初代がこれです。
この頃はまだ大衆の憧れだったのか、それとも既に国民車として親しまれていたのか、ワタシにはわかりませんがとにかくあのカローラの名前を世に登場させた記念碑的なモデルである事だけは確か。








b0040606_21524971.jpg





こちらはイギリスのジャガー、MKⅡというモデルです。
ワタシがニュージーランドに住んでいた頃、知り合った方がこれ持っていて少し運転させてもらったことがあります。
60年代クラシックではメジャーな車ですが、どうです、この造形美。
ワタシもお金持ちだったらこの車一台、保存用に所有したいくらいです。





b0040606_21551552.jpg




ここにもありました、2000GT。
さすがトヨタ博物館、あの超貴重な2000GTがエントランスとここと2台も展示されてます。
まぁトヨタの工業遺産的な車ですからね、いくら見かけても拝見できるだけでありがたいものですよ。






b0040606_21574663.jpg





この車、なんだと思います?
車名だけを聞けばご存知の方は多いと思いますが、実は日産・シルビアです。
初代のモデルですが、実に貴重な車でして、生産台数わずか197台。






b0040606_21593067.jpg





クラシックカーオークションなんかでさえも滅多に出てこない超希少車です。
ワタシもここで初めて実物を見れました。
ちなみにバブル時代にバカ売れしたS13という型式のシルビアは数えて5代目にあたります。




b0040606_2223497.jpg




こちらはいすゞ・117クーペ。
ジウジアーロデザインの美しいボディーは未だその魅力衰えず。
この展示車両は丸目ライトやバンパー形状からすると初期型のハンドメイドモデルですね。ますます貴重です。
この117クーペもそうだし、先ほどの初代シルビアなんか見ても思うのですが、どうして今現在、こんなデザインのクルマを作ろうとしないのか。
ミニバン全盛でいかつい顔にすれば売れるとでも思っているようなデカい強面ばかりが目立つ昨今、こんなデザインのクルマを現代的解釈で作ってくれればどれだけ魅力的な事か。
実際シボレー・カマロとかフォード・マスタングとかレトロモダンで評価されてるじゃないですか。日本でもやってくださいよ是非とも。





b0040606_2294069.jpg




こちらは1970年代のアルファロメオ・1300Jr。
レトロ趣味ってわけじゃないけど、やっぱりこの頃の時代のクルマのカタチが大好き。
いーわーこのアルファも。






b0040606_2211545.jpg





こちらは80年代ハイソカーブームの火付け役、初代ソアラです。
当時の贅を尽くした高級ラグジュアリークーペです。なんたってシートベルトまで専用品ですからね。




b0040606_22134614.jpg




ほら、お判りでしょうか。
今見てもカッコいいわ。これとレクサスRC並べてどっちが欲しい?なんて聞かれても迷わずボクならこっち取ります。(笑)








b0040606_22152745.jpg





この車の登場まではトラックやジープだけだった4WDを乗用車に採用したことで歴史を作った名作、アウディ・クワトロです。

WRCラリーにも参戦し、連戦連勝。乗用車でも4WDがいかに有効かを世に知らしめた傑作であります。







b0040606_221842100.jpg





コチラも現在までその血脈が生きるトヨタの代表作、クラウンの初代モデルです。
「いつかはクラウン」という名コピーが誕生したのはこれよりずっと後の事ですが、この頃から既にゆるぎない高級車としての地位を確立しておりました。







b0040606_22203628.jpg






最後にご紹介するのは、トヨタが初めて作った純レース用車両、トヨタ7です。
この7というのは、当時の参戦予定だったレースカテゴリーに由来するのですが、初代モデルは3リッター、それからこの個体である5リッターノンターボ、最終的には5リッターターボへと仕様が変化します。



とまあ、4回にわたってトヨタ博物館の展示車両をご紹介いたしましたが、これ以外にももちろん沢山貴重な展示車両の数々。
全部ご紹介できないのが残念ではありますが、良かったら皆さんも実際に足を運んで観て頂ければと思います。

世界的にもこれだけの歴史的価値の高いクルマ達が一堂に会する博物館は珍しいと思いますので、是非ともお勧めいたします。







b0040606_22293641.jpg

by jpslotus2000 | 2018-03-13 22:34 | 車好き。 | Comments(0)
はいどうもjpslotusです。

トヨタ博物館まだまだ続きます。

今回は、この車から。















b0040606_17105864.jpg





アメリカのタッカーというメーカーのクルマです。
1948年製造なので車名もタッカー’48と言います。
と言う事は、ほぼこの年にしか製造されていないという事です。
しかもこのタッカーと言うメーカーさえ、ご存知ない方が多いでしょう。

それもそのはず、このタッカー、生産台数わずか50台。その50台目が完成した時には既にメーカーは解散されていたと言う悲劇のクルマです。
日本に現存するのはわずか2台、そのうちの一台がこの車でして、ワタシが今回トヨタ博物館まで来た理由の一つがこの車を直接見たかったからでもあります。

創業者のトマス・タッカーは野心的な人物で、当時アメリカの大メーカーが生産していた乗用車の安全性不足を問題提起し、この車を設計しました。
当時他のクルマにはないシートベルトを装備、エンジンをリヤに搭載し前方のクラッシャブルゾーン確保、運転はもちろんオーディオなどの操作系も全てハンドル周りに集中、フロント中央のライトはハンドル操作によって左右に後軸が可変し、万一の衝突時にはドライバーがフロントガラスに接触しないようにガラス自体が瞬時に外れる(!)など、エポックの塊のような車です。

タッカーはこの車を大衆車基準にすると言う壮大な野望を抱いて自動車業界に殴り込みをかけるわけですが、出る杭は打たれる。あっけなく大メーカーの政治的圧力に屈する事となり、わずか50台の生産でその幕を閉じます。




b0040606_1727047.jpg




ちなみに肝心の乗り心地ですが後年テストが行われた際、当時の技術を鑑みると驚異的な運転のしやすさと快適性だったそうな。




b0040606_17292147.jpg




続いてはコチラ。
トヨペットSA。
現在のトヨタのディーラーのひとつ、トヨペット店の名前のルーツがこの車です。
今でも車名が残るカローラ以前の大衆車候補として開発されましたが、実際には失敗に終わり、少量が生産されたのみ。






b0040606_17311345.jpg




こちらはポルシェ・356です。
911以前のヒット作です、確か生前のジェームス・ディーンがこれのスパイダーに乗っていたような。
今でも個人コレクターの手には結構な台数の356が現存しておるはずです。




b0040606_17352617.jpg




こちらは超有名、ベンツ・300SLガルウイング

この車が後にやってくるスーパーカーブームの先駆けと言ってもいいかもしれません。
ガルウイングドアもさることながら、大胆な造形のフェンダーアーチが強烈なインパクトを与えます。




b0040606_1737485.jpg





b0040606_17382646.jpg




そしてこちらは、キャデラック絶頂期の代表作、エルドラド
50~60年代の「自由の国・アメリカ」と言った風情がこれでもかと感じられます。
まぁその頃自由だったのはまだ白人ばかりだったでしょうけど。



b0040606_17415390.jpg



唯一無二の特徴的なテールフィン。
このムダ以外の何物でもないトコロがいかにもアメリカン。





b0040606_17463054.jpg





代わってこちらは徹底的に無駄を省いた日本を代表する大衆車、スバル360です。
ご存知ない方はいませんね、今更説明の必要も無い”ザ・国産車”の代表格。





b0040606_17464911.jpg



こちらも徹底的に無駄を省き、国産大衆車の座を狙ったフライングフェザーですが、小さなメーカーだった事による品質の乏しさで残念ながら成功とはならなかった車です。
しかし、戦後の国産大衆車の黎明期においては意欲作としてその歴史に名を残します。








b0040606_17511320.jpg





こちらは大衆車よりも更に小型なキャビンスクーターと呼ばれるジャンルの開拓を狙って作られた、フジキャビン


住江製作所でフライングフェザーを設計した富谷さんというデザイナーが富士自動車(現在の富士重工とは無関係)に移って作ったのがこのフジキャビン。

やはり当時、商業的には失敗だったそうですがフライングフェザーと同じく、少ない生産数と個性的なところから、現在では国産クラシックカーマニアの間で知らないものはいない程有名。





b0040606_1822575.jpg




今回のトリを飾るのは、この車。
シトロエン・DS
前回ご紹介した世界初のFF車、11CVも画期的でしたがこちらも更にスゴい。
前輪駆動は継承し、そこからさらにサスペンションにバネを使わず液体を用いるハイドロニューマチック・サスを搭載。そしてまるで宇宙船のようなデザインは1955年当時、本当に未来からやってきたクルマのように見えた事でしょう。

エンジン自体は平凡だったようですが、前衛的なスタイリングは空力性能が高く、高速でも安定し、何よりハイドロニューマチックサスの乗り心地は別次元だったとのことです。
大きな車体だけにお世辞にも小回りが利いたとは言えなかったそうですが、その乗り心地と安定性、信頼性はラリーレースにも多く使われ、果てはこの車をいたく気に入った当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴールの大統領専用車両にもなりました。





いや、どうでもいいですけどホントにお宝満載でまだまだトヨタ博物館のお話は続きます。
というか続けさせてください。(笑)
by jpslotus2000 | 2018-03-09 18:27 | 車好き。 | Comments(0)
トヨタ博物館のお話、まだ当分続くので覚悟してください。(笑)


続いてはコチラのお車。













b0040606_1822884.jpg






1929年に始まった世界恐慌以前、第一次大戦後のアメリカのスーパーバブル時代は「狂乱の20年代」と言われ、現在コレクターの垂涎の的であるクラシックカーが多く登場するのもこの時代のもの。

そんな20年代クラシックカーの中でも特に人気の高いキング・オブ・クラシックがこのデューセンバーグ。

もちろん現存しないメーカーなのでご存知ない方も多いと思いますが、クラシックカーを語る上で絶対に外せない名前です。
トヨタ博物館にあったこのモデルはツインカウルと言われる、全席と後席が完全分離したタイプ。
なかなか珍しい車体です。




b0040606_1829879.jpg





デューセンバーグがクラシックカーの王様なら、こちらはクラシックレーサーの最右翼。







b0040606_18302290.jpg





ブガッティ・タイプ35。
1920年代に無敵を誇ったレーシングカーで、いくつかのタイプがありますが全てのシリーズ合計で生産台数は300台を超え、勝ったレースは1000を超えるというまさに独壇場。





b0040606_1838530.jpg





レーシングカー史に残る戦績もさることながら、この造形の美しさもまた見事。








b0040606_18391150.jpg




ブガッティがフランスメーカーの代表なら、こちらはイタリアのクラシックレーサー代表、アルファロメオ・6Cです。
天才エンジニア、ヴィットリオ・ヤーノの傑作です。






b0040606_1844164.jpg





ようやく日本車の登場。
この車は筑波号と呼ばれておりますが。この小さなサイズにクラシックスタイルのデザインが今では逆に新鮮に見えます。
現在、軽自動車枠でこんなの作ったらそーとー楽しいと思いますけど、そんな遊び心は今のメーカーさんにはないのかな?




b0040606_18462852.jpg




こちらもこの車抜きには自動車史を語れない傑作。
シトロエン・11CV。
世界初のFF(前輪駆動)車です。
この前輪駆動が実用化されたおかげで、乗員の居住性と低重心による車体安定性が飛躍的に進歩しました。
コンパクトカーをはじめとした、現在生産されているファミリーカーの利便性はこの車が出た事に負う所が大きいです。







b0040606_18511969.jpg





こちらはなかなか珍しい。
アメリカのコードというメーカーのモデルです。
このコードと言うメーカーの経営方針は単純明快で、

「変わったモノを作れば売れる」

という考えだったようです。
なるほどクラシックスタイルで開閉式のヘッドライトは他に無い斬新さですね。
もっとも今日までこのメーカーが存続しなかったのは、その経営方針が多数の賛同を得られなかった、と言う事でもあるのでしょうが、発想が自由であることは悪い事ではないと思うし、車に限らずチャレンジングなモノを作るメーカーがあると言うのは刺激的で面白い世の中になると思いますけどね。






b0040606_18574645.jpg





さて、前回にも一台ご紹介しましたが、この時代にも相変わらず世界最高級車メーカーの雰囲気を漂わせます、ロールスロイス・ファントムⅢです。

これオリジナルのペイントだったら当時、すごく華やかだったでしょうね。
まさに限られた一握りの人たちの為のクルマと言った風情が数十年を経た今でも感じ取られます。









b0040606_191358.jpg






この美しいエアロフォルムのクルマは、フランスのドラージュ。
恐らくレコードブレーカーと呼ばれる最高速記録用モデルでしょう。
それにしてものびやかで美しいフォルムです。全長は目視で6m超えるくらいのサイズに感じます。






b0040606_1933423.jpg




先程のロールスロイスが限られた一握りの人たちの為のクルマなら、こちらは文字通り、たった一人の為だけのクルマ。

ルーズベルト元アメリカ大統領専用車のパッカードです。
もちろん防弾仕様。

アメリカ大統領専用車が、博物館展示とは言え日本にある事自体が凄い。
いや、もうここにあるクルマすべてがとても貴重なモノばかりで、全部ご紹介できないのが残念なくらい。

ですが、まだまだお見せしたいクルマはたくさんありますので、次回も続きます。
by jpslotus2000 | 2018-03-06 19:15 | 車好き。 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。

名古屋ドライブの続きです。
ワタシが名古屋までドライブに行った一番の目的が、ここ。















b0040606_20435568.jpg





トヨタ博物館


その昔、20年くらい前に名古屋へ行った時にも立ち寄ったトヨタ博物館。
今回また行きたくなりまして。
昔から更に自動車の知識は増えているので、今回行ったらもっと楽しめるだろうと。

ちなみにこのトヨタ博物館、展示されているクルマはトヨタ車ばかりではなく、世界各国、様々な年代に渡る貴重な名車の数々を手に触れられそうなほどの距離で拝むことが出来ます。実際は触れてはいけないのですが、その代わり写真撮影も自由。
それでいて入場料たったの1000円は維持管理を考えるとほとんどボランティアですわ。






b0040606_2050232.jpg




というわけで、入り口を入ってすぐのところには・・・









b0040606_2050399.jpg





2010年前後に限定生産されたレクサスLF-A。
当時3000万円だったか。
そしてトヨタの新旧スーパーカーそろい踏みとばかりに隣には・・・そうです。












b0040606_2052786.jpg






トヨタ・2000GT




自社生産モデルとは言え、最初からいきなり文字通り博物館クラスの名車が見学者を迎えてくれます。
それにしてもなぜ輸出仕様なのだろう?まぁいいけど。

この1階のエントランスからエスカレーターを上り、2階から本格展示のスタートです。
展示車の年代が順路に沿って徐々に現代に近付いていくような配置なのですが、最初はもちろん、この車から。













b0040606_20572044.jpg






ベンツ・パテントモトールヴァーゲン


カール・ベンツが作ったガソリンエンジン車第一号のレプリカ。
現在世の中にある全てのエンジン式自動車の祖であります。






b0040606_20591716.jpg





レプリカとは言え、オリジナルに忠実に作られ、自走も可能なようです。
1000cc単気筒。シリンダーが直接べベルギヤを回すような構造ですね、車体と水平にある、この特徴的な赤いホイールは恐らくバランス用のジャイロでしょう。今で言うカウンターシャフトのような役割だと思います。








b0040606_2135178.jpg




こちらもベンツと同じ年、1886年にゴットリーブ・ダイムラーによって作られたダイムラー・モーターキャリッジのレプリカ。
こちらは4輪自動車の第一号と言いましょうか。







b0040606_216178.jpg





ベンツとダイムラーがガソリンエンジンで初めて自動車を作り上げた時代、機械動力の主流は蒸気機関でした。
こちらは自動車の歴史のうえで語る事を外せない名車、スタンレー蒸気自動車です。

化石燃料、蒸気機関ときてもう一つ、人間の生活に欠かせない動力を使った自動車がこんな時代に既に存在していたのを皆さんご存知でしょうか。









b0040606_2112992.jpg






ベイカー・エレクトリックという自動車ですが、そうです。
100年以上も前からあったんです、電気自動車が。





b0040606_21133347.jpg






説明によると、時速40kmで一充電80km走れたそうですが、自動車黎明期にはこれでガソリンエンジンよりも実用性はあったのでしょう。

その後ガソリンのインフラや機械技術の進歩などでガソリンエンジンが動力の主流へと時代が流れていきます。







b0040606_2117127.jpg




自動車の大衆化を加速させたフォード・モデルTが現れる前、同じアメリカのオールズモービルが制作した傑作がこれ。
カーブドダッシュと呼ばれる、綺麗に湾曲した車体先端が特徴的。







b0040606_21195911.jpg




こちらは無く子も黙る(?)、ロールスロイス初期の傑作、50HPです。
これでもか!と言うような金メッキのきらびやかなこと。
それでいて華美と言うよりも上品に見える所がクラシックカーのデザイン的価値だと思います。





b0040606_2122289.jpg





この頃からロールスは間違いなく、お抱え運転手つきのセレブ御用達だったのでしょう。






b0040606_21233793.jpg




自動車を大衆のものにした最高傑作、フォード・モデルTがこちらです。
自動車そのものだけでなく、ベルトコンベアーによる流れ作業、シフト制勤務形態、定額給与制の安定雇用など、この車によって社会の仕組みすら変革を遂げる程、世界に影響を及ぼした車です。

ちなみに展示されているこの個体、オリジナルだとするならモデル末期のものですかね、モデルTはコスト削減の為、車体色はほとんど黒しか無いはずですので。



こんな名車の数々が所狭しと展示されているトヨタ博物館、お話はまだまだ続きます。
by jpslotus2000 | 2018-03-01 21:37 | 車好き。 | Comments(0)