ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2017年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

勤務先の自転車メンバーと車に自転車積んでどこかへサイクリングへ行くとなると、そのほとんどの機会に上司Mさんの日産・セレナが駆り出されます。
ミニバンですから車に自転車積めますのでね。いつもお世話になっております。

ですが、3人で自転車3台ならまだ快適ですが、4人で4台となるとさすがに窮屈。
2列目を出来るだけ前に出して、自転車も前後輪外して詰め込んで・・・と言ったところ。
セレナだけではなく、同じサイズのトヨタ・ヴォクシーや一回り大きいアルファードなんかもセミボンネットタイプのミニバンなので4人4台がおそらく限界。

ところが前回ご紹介した日塩もみじラインへサイクリングに行った時に、こんな車を借り出すことが出来ました。
















b0040606_22143460.jpg





トヨタ・ハイエースバン



セレナのようなミニバンと違い、こちらは完全なキャブオーバー1BOX。
早い話、キホン商用車です。
ですがご存知の方もいると思いますがこのハイエースバン、圧倒的な室内空間の為キャンパーやサーファーの強い味方でもあります。中には車中泊カスタムしている人も多いです。

それなら自転車趣味のローディーのトランスポーターとしても相当使えるはず、というわけで、せっかくお借りできたのでトランスポーターとしての能力がどんなものかちょっと調査してみたわけです。

まぁ調査と言ってもただジテンシャ積んで出かけてみただけなんですがね。(笑)
で、荷室に積まれた自転車3台。















b0040606_22204489.jpg






全然余裕。







b0040606_22212321.jpg




自転車の固定の為に前輪は外してますが、固定器具さえあれば前輪まで付けたままでも5台はいける。
しかも2列目シートも十分余裕、乗員が足をのばして寛げるくらいに。
それでいてボディが高さ以外は乗用車でいう所の小型車(5ナンバー)サイズ・・・
恐るべしハイエースバン・・・

しかも、このスーパーGLと言うグレードは内装の質も商用車と言う響きからくるバンのイメージを軽く覆すほどのクオリティ。










b0040606_22251941.jpg







b0040606_22253440.jpg




(※トヨタウェブサイトより転載)



どうです、普通車とほとんど変わらないでしょ?
乗り心地も最高とは言わないけど悪くないし、パワーの少ないガソリンエンジンでしたが必要にして充分な走りを見せてくれました。

いや、これ一台あったら自転車部メンバーとの遠征もすごく世界が広がる気がしますね。









というわけで、すっげー欲しくなったんですけど。(笑)



と思って調べてみたら、お値段およそ300万円。





・・・




スポンサー求む。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-11-27 22:36 | 車好き。 | Comments(0)
皆さんどうもお久しぶりですjpslotusですこんばんわ。

先月、紅葉を堪能しに奥利根をサイクリングした事をお話しましたが、今月上旬にも今年最後の紅葉ライドと言う事で、ちょっと鬼怒川あたりまで行ってまいりました。
もちろん会社の自転車メンバーと一緒に。

鬼怒川温泉からちょっと奥に進むと龍王峡という所があって、そこから日塩もみじラインと言う有料道路がございます。
もみじラインなんて言われていると言う事は、紅葉なんかも綺麗なんじゃないかと。











b0040606_21584215.jpg




して、ここが龍王峡にある道の駅。
ここに車を停め、もみじラインライドのスタートです。









b0040606_21595590.jpg





スタートからいきなり登りですが、全体的に緩やかなので初心者にもやさしい。
5分ほどで料金所に到着です。ですが入り口では料金は払わず、出口での清算となりますのでまずはスルー。

そしてほどなく進んだ見通しのいい場所まで来ると、















b0040606_2221715.jpg






おぉ、これは素晴らしい。




色とりどりの紅葉のパノラマが広がります。






b0040606_2232491.jpg





遠景だけでなく、木々の一つ一つも見もの。







b0040606_224911.jpg






b0040606_224251.jpg






そうこうしながらひたすら登りますが、相変わらず全体的に斜度は緩やかなので周りの景色を楽しむ余裕もバッチリ。
そういった意味では渋峠のように楽しんでヒルクラできるというか、速く登るなんてもったいないと言った気分にさせてくれます。






b0040606_2265652.jpg





b0040606_227139.jpg





そしてここがもみじラインの最高地点、標高1270m。
この先を下るとハンターマウンテン経由で那須塩原市へと繋がるのですが、我々は時間の関係で短いですけど今回はココまで。登ってきた道を引き返すこととなりました。

もちろん今まで登ってきた道を引き返すので道路自体は同じなのですが、登りで見てきた反対側を目にするわけで、これがまたね、下りの景色のほうが凄いのって。










b0040606_22114496.jpg







うわぁ~こりゃあキレイだ!!







b0040606_22123661.jpg







b0040606_22125511.jpg





素晴らしい・・・


紅葉以外の季節では多分これほど感動するような場所ではないかもしれませんが、一年のうちでわずかではあってもこんな景色が見られるのなら、もみじラインと呼ばれるだけの事はありますね。
そして自転車の通行料は、わずか50円。







50円でこの景色楽しめるんですよ。




この近辺の紅葉スポットと言えば、日光いろは坂から中禅寺湖あたりが全国的にメジャーで、紅葉狩りドライブするにも大渋滞覚悟になりますが、このもみじラインはこんなに綺麗でも車が渋滞していて進まないなんて事は無く、自転車でも気持ち良くライドを楽しめました。
日光近辺の紅葉スポットとしてはかなりおススメ。
もっとも平日だったからという理由もあるかもしれませんが。(笑)

そんな今年最後の紅葉狩り遠征でございました。






b0040606_2221279.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2017-11-23 22:24 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

この前、久しぶりにアメ横行ったんですよ。
いや、別に何も買い物とかではなく、ちょっとふらっと。

で、久々に訪れたアメ横ですが、キホン昔から何も変わっていないのですが、知らないうちにちょっとした一角が、中華屋台村のようになっておりまして。















b0040606_20594814.jpg





ちょうどお昼時だったからせっかくなので、ここで何か食べていこうかしら?
と思って、この中の一軒に寄ってみました。
と言ってもどこがナニだかさっぱりわからず、この中の席の空いているトコロにお邪魔したわけでございます。

席について一息する間もなくおねぇさんが無言で差し出すメニュー表。









b0040606_2125027.jpg






レパートリー多すぎだろ。



これももぉ、何が何だかさっぱりわからないので、定番の小龍包と、隣の人が食べていて美味しそうだったので、鶏肉巻と言うモノを所望しました。









b0040606_2151066.jpg





見た目はちょっとインスタ映えしませんが(笑)、お味の方はなかなか美味な小龍包。これで4個400円なら悪くない。









b0040606_216418.jpg





こちらが鶏肉巻。
簡単に言うと鶏肉が粗く刻まれた棒棒鶏が多分ライスシート?にくるまっているモノ。
これもこれで外れでは無かったです。とっても美味しく頂きました。

ですが、この屋台風のエリアでこれらを食している間、聞こえてくるのは絶えず中国語、中国語、中国語・・・











もはや日本じゃねぇ。






日本にいながらこれだけアウェーの気分を味わえるのはココか富士山五合目くらいなものです。(笑)


本場の気分を雰囲気だけ味わいながら庶民的な中華料理を楽しめると言うなかなか屈折したコンセプトを持った場所だと思います、結果的に。
でも、食べ物のお味はいいと思います。ワタシもまたお邪魔したいと思ってます。






但し本場も同じだと思いますが、潔癖症の方には絶対オススメ出来ませんので。
それが中国屋台。





b0040606_21184247.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2017-11-17 21:19 | 日々の生活 | Comments(0)
前回からの紅葉狩りライドの続きです。

藤原ダムからさらに奥へと進むと、いよいよ紅葉が本格化してまいります。








b0040606_1056812.jpg







b0040606_1056384.jpg




まるで燃えるような鮮やかなオレンジ。
そしてまた少し走ると、藤原ダムの比ではない程の大きなダムが見えてきました。










b0040606_1059490.jpg




これは奈良俣ダムと言いまして、奥利根のダム群の中で最大級。
堤の高さは何と160m近くもあります。
間近で見るとすごい迫力。










b0040606_1114280.jpg





我々がここで休憩している間にも、次々に車が止まって記念撮影してました。
ですがまだまだ道は続きます。








b0040606_113028.jpg






b0040606_11314100.jpg





b0040606_1133032.jpg




あまりに綺麗だったので、自転車と一緒にパチリ♪

ですがここから坤六峠まで途切れる事の無い山道。
景色は綺麗ですが、峠道も本格的なヒルクラコース。







b0040606_1154124.jpg




標高が1400m超えたところから紅葉は終わり、ここまで来るとピークまであともう少し。
そして坤六峠に到着です。標高は1620m。








b0040606_1175072.jpg






ここから先、尾瀬片品方面へ下り、国道401号と県道64号のヒルクライムをクリアして紅葉ライドも無事終了。








b0040606_11101849.jpg






b0040606_11104043.jpg





わざわざ紅葉を見に朝早くから出かけての100kmライドでしたが、この季節ならではの絶景、そしてダムの見える自然と建造物のコントラスト、ライド中のどこを切り取っても絵になる素晴らしいコースでございました。







b0040606_11133331.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2017-11-14 11:15 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

先月のお話ですが、会社の自転車部メンバーと紅葉を堪能しながらの100kmライドを行ってまいりました。
紅葉ライドと言えば昨年は福島県の磐梯吾妻スカイラインを走りましたが、今年は奥利根、尾瀬にほど近い武尊山をぐるっと回る距離110km、獲得標高2400mの山岳ライドでございます。















スタート地点は、川場田園プラザという道の駅。








b0040606_20235893.jpg




ちなみにメンバーは、毎度おなじみMさんとTkさん。
早速スタートです。









b0040606_20245236.jpg







b0040606_20251427.jpg






b0040606_20253882.jpg




走り始めて少しすると、日当たりによくない所では先月この時期に通過した台風のせいか、道路が泥で覆われている所もあり。
前の写真のリンゴ畑よく無事だったなぁ。






スタートからおよそ20km、水上温泉の街に入りました。
ここのファミリーマートでちょっと休憩。
コーヒーなんぞを飲みながらちょっとゆっくりしていたのですが、その時こんな所が目に飛び込んでまいりました。













b0040606_20293239.jpg






なにこれ!?




遠目から見てもフツーじゃない斜度の激坂。
これは行ってみるしかないでしょう。
というわけで、ちょっと登ってみた。










b0040606_20305251.jpg






うわ、こりゃやべぇ。(笑)



瞬間斜度19%、距離は100mそこそこだと思いますが道幅狭く見通しも良くないので体感的にはそれ以上に見えます。
いわゆる「壁坂」に認定。

そんなお遊びもありつつ、また先へ進みます。









b0040606_20333066.jpg





幹線道路を外れ、ここから今回のライドのピーク、坤六峠(こんろくとうげ)までの山道に入ります。

山道に入ると、奥利根のダム群の近くを通る事になるのですが、早速見えてまいりました。









b0040606_2036215.jpg





大自然の山の中に忽然と姿を現す巨大建造物。








b0040606_20371469.jpg





奥利根ダム群のひとつ、藤原ダムです。
このあたりから紅葉もぽつぽつ見えるようになってきました。









b0040606_2038720.jpg





ですが登りはまだ始まったばかり。
まだまだ先へと進みます。







b0040606_20384786.jpg







b0040606_203974.jpg





さあ、いよいよ紅葉の景色が本格的に始まります。
この先にある景色への期待に胸を膨らませ、まだまだ先へと進みます。







b0040606_20423576.jpg






次回へ続く。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-11-10 20:45 | じてんしゃ。 | Comments(0)
前回のサイクルショーの続きです。





b0040606_1833481.jpg





こちらは超高級メーカー、サーヴェロです。
チーム・ディメンションデータのエース、マーク・カヴェンディッシュ選手が実際にレースに使っているモデル。
カラーリングが超カッコいい。








b0040606_188758.jpg




こちらは人気のイタリアメーカー、クォータのクレヨンと言うモデル。
かつてのカルマエボと言うモデルの後継なのですが、去年からか今年からか、大きくモデルチェンジしてこの形になってますが、はっきり言って昔の方がカッコ良かったな・・・





b0040606_18115247.jpg





こちらも去年ご紹介したと思います、アルゴン18。
もともとこちらのトライアスロンバイクがこのメーカーの得意分野。








b0040606_18131028.jpg




フランスのメーカー、ラピエールです。
こちらのメーカーのバイクの特徴は、シートステーがシートチューブをまたいでトップチューブに直接繋がっていること。
そうすることでシートステイの柔軟性が増し、衝撃吸収性が高くなることが狙いのようです。

で、今回、このラピエールのゼリウスと言うモデルを試乗してみました。

乗ってみての印象ですが、言われているほど衝撃吸収がすごく良いとは感じなかったです。
いや、正確には良いのでしょうが、自分のキャニオンの方が快適性は高いように感じました。
ですがそれ以上に印象的だったのは、スタビリティが高いこと。

いや、ちょっと乗っただけなので確実なことは言えませんが、なんていうかハンドリングがしっとりとしていて安定感があり、コーナーで安心して車体を傾けられる。そんな感じですね。

自分の乗っているキャニオンが絶対的な軽さのおかげでヒラヒラ感が高く、荷重移動に対してシビアなのと比べると、このラピエールはどちらかというと万人向けですね。
総じて悪くは無いですが、突出した特徴も少ないかと。











b0040606_18232943.jpg






そしてもうひとつ試してみたのがこの楕円チェーンリング。
固定ローラーに乗って回してみたのですが、ぺダリングしているクランク1回転の間のどこでトルクをかけて、どこで力を抜くべきかがよくわかります。
慣れてくると無駄の無い綺麗なぺダリングが出来るのでしょう。なかなか面白い経験でございました。







b0040606_18264015.jpg




ニュージーランドに、ニールプライドと言うメーカーがあるのですが、そこの創始者ニール・プライドとその息子、マーク・プライドが経営権を売却し、全く新たに立ち上げたチャプター2というメーカーが出展されてました。
バイクの全体を撮影するのを忘れてしまいましたが、極めて機能的なエアロフレームのデザインもさることながら、ニュージーランドメーカーのアイデンティティとしてフレームにマオリ模様のペイントが施されており、元ニュージー住まいの私としては実に応援したくなるメーカーです。

デローザ買う前に知っていればこっちのフレームにしてたかもなぁ・・・





b0040606_1831204.jpg




日本は埼玉県のメーカー、ボーマ。
このバイクもなかなかカッコいいですね。
ところでこのボーマ、昨年もご紹介した記憶がありますが、なんとカーボンの積層が西陣織というとんでもなくオシャレなトラックレース用フレームを出店しておりましたが、今年ついにそのロードフレームが登場。








b0040606_18335331.jpg





これがその西陣織カーボンロードフレーム。
こうしてみるとフツーのカーボンフレームのようですが、アップにしてみると、はい、どんっ。









b0040606_1834552.jpg





いやー、こいつは超絶オシャレですわー。
ところでお値段50万円ですって、フレームだけで。


・・・


残念ながら私には手の届きそうもないフレームです。
でもいいなぁ・・・
ピナレロのK10買えるだけの余裕があったらこっち買いますけどね。(笑)


まぁそんなわけで、今年のサイクルモードも思う存分堪能致しました。

今から早くも来年が楽しみです。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-11-06 18:41 | じてんしゃ。 | Comments(0)
3連休ですみなさんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですこんばんわ。

普段は週末の方が忙しいお仕事してますが、そんなワタシもこの3連休で今日だけお休みを頂いておりました。

もちろん目的あっての事ですが、何がしたかったのかと言うと今年もやってきましたこのイベント。
















b0040606_18293440.jpg





サイクルモード2017


いわゆる、自転車ショーざます。
有明のビッグサイトではモーターショー。
幕張メッセではサイクルショー。
で、どっち行くかを選んだら、というか間違いなく即決でサイクルショーだったわけで。(笑)








b0040606_18321214.jpg




さて、今年も色々ご紹介しましょう。
まずは入口真ん前の一等地に鎮座しますピナレロ。







b0040606_18334877.jpg




相変わらずオシャレでセンスのいい、それでいて性能ももちろんトップクラスで、しかも高価い。(笑)
このモデルはK10s DISCと言うモデルです。
電動コンポ専用になるとフレームだけでなんと92万、チ~ン¥¥¥

日産マーチくらい普通に買える値段でしかもフレームだけというね。






b0040606_18385957.jpg




数年前、超軽量カーボンフレームで自転車界に殴り込みをかけたヨネックスは、今年ディスクブレーキ仕様をラインナップ。





b0040606_18403730.jpg





こちらはLOOK。
765ヒュエズというヒルクライム仕様のモデルは今年の新作。
機能を突き詰めたようなシンプルなデザインで見た目軽々と山岳を登って行きそうな印象ですね。それでいて一目でルックとわかるカラーリングはやっぱりカッコいい。




b0040606_1843417.jpg




こちらは名門デローザ。
スカンジウムと言うモデルはその名の通り、スカンジウムという金属を配合したアルミフレームです。
アルミなのに溶接後を徹底的にスムージングしておりまして、これはこれでそーとーフォルムがエロい。(笑)






b0040606_1846163.jpg




こちらはお初にお目にかかりまして、この見た目極太で縦に扁平したダウンチューブが印象的ですが、RAGAというアルミフレームモデルのようです。しかもなんとキッズモデル。
けしからん、子供にデローザなどけしからん!!(笑)







b0040606_18511370.jpg




今年も相変わらずオシャレなモデルばかりのデローザですが、唯一このカラーリングだけは生理的に受け付けません。なんかジンマシン出そう。。。








b0040606_18523853.jpg





こちらはワタシも愛用しているサドルメーカー、フィジークの新作。
より快適に、より軽く、サドルも年々進化するものです。






b0040606_18541555.jpg




スポーツフルのこのジャージかっこいい。
来年の春はこれ買っちゃおうかしら?


さて、自転車を展示しているのはなにもメーカーばかりではありません。
東京サイクルデザイン専門学校の作品もなかなか見ごたえがあります。









b0040606_18572948.jpg



この自転車、ペダルをこぐと後輪の他に車体中央の大きなジャイロが回転します。
このジャイロの回転で車体が安定し、超低速でも倒れないとのこと。
ワタシ自宅で3本ローラー乗ってるので原理としては解るけど、ホントかなぁ・・・?







b0040606_18593477.jpg





こちらは足で地面を蹴って走る、いわゆるキックバイクですが、こんなデザインならカッコいいですね。




そんなサイクルショー漫遊記(?)、次回も続きます。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-11-03 19:06 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

今回は、ちょっとランチを食べに行ったお店をご紹介。
世界には、各国独自の料理と言うものがあります。
日本なら和食、中国は中華料理、そのほかフランス、イタリア、スペイン料理などなど・・・

そんな世界各国の料理を食べられるレストランも東京にはそれこそ星の数ほど。
そんな中、この大都市東京でも食べたいと思えばここに行くしかない!!と言った唯一無二のレアもの料理がございます。





それがブータン料理。




そのブータン料理を提供しているお店が、ここです。









b0040606_18561574.jpg





ガテモタブン


東京都渋谷区上原1-22-5


代々木上原駅から歩いて5分とかからない場所に、その店はありました。
ところでブータン料理と言いましてもなんかピンときませんが、どのようなモノなのかちょっとググってみるとですね、









トウガラシを野菜のように食う。




とか、なんか狂気に満ちた事書かれてますけど。

そんなん辛さ殺人的に決まってんじゃん。



というわけで、そんなトウガラシ料理、じゃなかった。ブータン料理がこちらです。












b0040606_1931271.jpg




ランチメニューのパクシャパという豚肉と大根の炒め物。
それに野菜スープとサラダ、白米のセットでございます。

このパクシャパ、一番上になんか赤いの見えますよね。










b0040606_195030.jpg






トウガラシでかくね?


さすがトウガラシが野菜扱いのブータン料理。
相手にとって不足はない。

とにかく意を決して、いただきます。もちろんこのトウガラシから。



・・・



・・・辛い。


からいよ。










でも美味いよ!!




確かにピリッとした辛さはあります。
ですが恐れていたほどでは無く、本当に程よい辛さ。
おそらくモノホン追求するとかなりヤバくなるので日本人向けにマイルドな辛さにしているモノと思われます。
ですがそれはそれで素材本来の味を楽しめるのでよろしい。
そう、素材本来の味を楽しめる感じです、余計な調味料は使わず、トウガラシの辛さと、その他の食材の素の味わいがうまくミックスされていると言いますか。

このパクシャパも良いですが、野菜スープの味わいもなかなか。
これがブータン料理か・・・


あとあと調べてみたらこのお店、以前に「孤独のグルメ」でも紹介されていたらしいですね。
まぁブータン料理食べたくなったらココ行くしかないわけですから、有名と言えば有名なのでしょうけど。



というわけで、東京でもレアなブータン料理の紹介でございました。
また行きてぇ。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-11-01 19:19 | 日々の生活 | Comments(0)