人気ブログランキング |
ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

カテゴリ:旅行( 160 )

はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

今回の伊豆大島ライドでも、せっかく行ってきた記念にちょっとお買い物をしてまいりました。

例えば、ライドが終わって岡田港待合所で頂いた大島アイス。











b0040606_1904126.jpg





美味しいです、確かに美味しいです。が。













b0040606_1911092.jpg






但し、あげ底。


これで300円ちょっとはやっぱり観光地プライスやね・・・


そうかと思えばこちらはわざわざ自宅まで持ち帰ったベーカーリー・ペルルのパン。











b0040606_1925955.jpg





チョリソーリングという名前のパンですが、パッと見デカいベーグルと言うか。
直径20cm位はありましょうか。
このパンの輪の中にまるまる一周、チョリソーが仕込まれておりまして。






b0040606_1944818.jpg




こんなかんじで。
これで確か280円だったと思いますが、買い得感抜群。
今までのペルルでのお買い物の中でコスパ一番の逸品でございました。

そして、いつものコロッケを頂く鵜飼商店でも。
ただしもちろんコロッケなんて持って帰れません。
この鵜飼商店、基本的にお肉屋さんなのですがこの小さな港の集落の中で、お菓子や食料品、日用品なども販売するまさに商店でございます。
そんな中から非常に興味を引いたこの缶詰、問答無用でお買い上げいたしました。









b0040606_1994873.jpg





道の駅・いちかわでも売ってましたがクジラの缶詰。
近場で買わずに伊豆大島でわざわざ買って帰るのもまた一興。シーシェパードかかってこい。(笑)


ええ、既に大変美味しく頂きましたとさ。
by jpslotus2000 | 2019-04-16 19:12 | 旅行 | Comments(0)
前回、前々回とお話してます沼津港深海水族館。

ひととおり見て回ったのですがまだお話は終わりません。

この深海水族館のお隣にありますハンバーガーショップにもちょっと立ち寄ってみました。












b0040606_18321594.jpg





沼津バーガー



なんでも、「深海魚バーガー」などと言うものが食べられると言うので、これはせっかくなので食べない手は無いだろうと。

お店の中に入ると、なんかやたらとアニメ推し。
最近のアニメにめっぽう明るくないので何が何だかわかりませんが、どうやらとあるアニメでここ沼津バーガーがロケーションされておるらしくてですね、そのおかげでなんでも深海魚バーガーが新しい沼津の名物になり始めているそうな。


まぁそんな前置きはさておき、早速深海魚バーガー頂きます。








b0040606_1836313.jpg






b0040606_18494174.jpg






ニギスというお魚が使われているらしいのですが、はっきり言って美味しいです。
美味しいんですけど率直な感想を一言で表すなら、







高価いフィレオフィッシュ食いました。(笑)




とまぁ、そんな感じで沼津深海水族館詣でを堪能したわけですが、もちろん記念にちょっとしたお土産もゲットしてきました。


まずは定番のこれ。









b0040606_18392094.jpg





シーラカンスのぬいぐるみキーホルダー。
もちろんもっとでっかいぬいぐるみもあったのですが、いずれ邪魔になるだろうしこのくらいで充分。(笑)


お次にこれ。








b0040606_18403274.jpg





かわいいかわいいメンダコちゃんがモデルのマグネット輪ゴムハンガーです。






b0040606_18411087.jpg





こんな感じで冷蔵庫にくっつけて只今重宝しております。
そして冷蔵庫あけるたびに癒されております。



そしてこれ。










b0040606_18422940.jpg





こんな迫力のシーラカンスのイラストが描かれた缶ケースに入っておりますのは、










b0040606_18432185.jpg






深海魚チョコレート。

もちろんシーラカンスだけではございませんで、








b0040606_1844065.jpg





オウムガイ。







b0040606_18442078.jpg





そしてダイオウグソクムシ。



大変美味しゅうございました。



というわけで、年甲斐も無く水族館でフィーバーしてしまったお話、ここらでお開きにしたいと思います。
沼津港深海水族館、皆さんも機会があれば是非お立ち寄りください。
by jpslotus2000 | 2018-12-12 18:50 | 旅行 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

深海水族館の続きです。

ここには生体の他に透明標本と言う珍しい展示がございまして、この透明標本とは、特別な薬剤で筋肉部分を透明になった標本の事なのですが、百聞は一見にしかず。早速ご覧ください。
















b0040606_22171088.jpg





コチラはエイの一種。
この透明標本が学術的にどのような効果があるのかは知りませんが、とても綺麗な事は確か。







b0040606_22182441.jpg




こちらはハリセンボン。
個人的にオブジェとしても欲しい気がしますが、透明標本にするのにどれくらいコストかかるんでしょうね。


さて、お次は剥製のご紹介です。








b0040606_22202030.jpg




こちらはミツクリザメという名の深海サメ。
なかなかアグレッシブな格好してます。(笑)
深海魚と言う意味でなかなかお目にかかれないサメのようですが、実の所ここ沼津が面しております駿河湾の深部には普通に生息しているらしく、東京湾で捕獲された例もあるそうです。







b0040606_22225982.jpg





こちらはメンダコという深海タコの剥製。
深海から地上に上げてしまうと体の柔らかさから自重に耐えられずこのようにぺしゃんこになってしまうらしいですが、実際海の中にいる時がですね、そりゃぁもぉかわいいのなんのって。










b0040606_22245412.jpg





これが生きているメンダコ。
超かわいー♪

ちなみに私が行った時には生体標本も展示されておりまして、可愛さ堪能しましたが、残念ながら撮影禁止でしたのでこちらは他サイトからの転載です。



さて、お次は知る人ぞ知る深海の人気者、ダイオウグソクムシです。











b0040606_22265499.jpg






超でけえ。



手前に私の手を並べてみましたが、実際は遠近の関係で私の手の2倍くらいはある大きさ。
およそ30~40センチくらいはあるでしょうか。
さすがダイオウと名乗るだけの事はある。


さて、それではいよいよお待ちかねのシーラカンスに行きましょうか。










b0040606_2229158.jpg





まずはこんなシーラカンスの魚拓が展示されていたのですが、1982年にコモロ諸島で撮られたモノらしく1.8mくらいの大きさがあります。魚拓だけで大迫力。

さて、それでは冷凍標本のお目見えです。















b0040606_22304646.jpg






すげえ・・・




常時マイナス20℃の冷凍室の中にあります2体のシーラカンス。
剥製よりも更に生きたままの姿のシーラカンスがここにあります。






b0040606_22324267.jpg




恐竜の、更にその前の時代から変わることないこの姿で、今もどこかの海の底で悠然と泳いでいるであろうシーラカンス。

その何億年と言う時間の流れを想像しながらとても有難くこの冷凍標本を拝見致しました。

本当に行って良かった・・・
by jpslotus2000 | 2018-12-10 22:39 | 旅行 | Comments(0)
はいみなさんjpslotusですいよいよ師走に突入してしまいましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

先日のお話ですが、またしてもお出かけしてました。
しかも前回に続き、自転車ライドではございませんで。










b0040606_16425365.jpg





クルマに乗って東名高速を飛ばし、辿り着いた先はココ。











b0040606_16434882.jpg






沼津港深海水族館



水族館大好きと言う方って結構多いと思いますが、ワタシも実は大好きでして。
とは言えあまり行く機会も無いのですがこの沼津港深海水族館はいつか絶対観に行こうと心に決めておりました。
そして今回、意を決してついに辿り着いたと言うわけです。

なぜここには絶対行こうと思っていたのか。
実はこの水族館、深海水族館と言うだけに深海魚がメインのみならず、日本に2体しかないシーラカンスの冷凍標本が2体ともあるというここでしか見れないプレミアム感満載でして。

というわけで、いい歳こいてワクワクを抑えきれないまま、いざ入館。







b0040606_16495252.jpg





入場して真っ先に出迎えてくれるのは、アブラボウズ。
水深200m前後に生息するお魚です。






b0040606_1651352.jpg




とてもカラフルなこちらもこれで深海魚のようです。
名前は知らん。(笑)





b0040606_16574472.jpg





こちらはカワテブクロと言う名のヒトデの一種。
その名の通り革手袋に形が似ているからと言う事らしいですが、足の一本だけを見るとチ〇コに見えなくもない。てゆーかチ〇コだろこれ。(笑)









b0040606_1711884.jpg






あらかわいい、チンアナゴさんだわ♪
かと思ったらその向かいには、







b0040606_1722658.jpg





ヌタウナギ。
全然かわいくない。むしろ海で出くわしたらトラウマ必至。






b0040606_1734968.jpg




季節がら、クリスマスツリーの飾られたこの水槽の中で泳いでいたのは、








b0040606_1744831.jpg





まるでクリスマスベルのようなコンゴウフグと、






b0040606_1752131.jpg





サンタクロースそのもののエビ。

なんかすごくおめでたい感じー。







b0040606_1764941.jpg





こちらは食材としても有名なタカアシガニ。実際生きてるの見ると迫力満点。







b0040606_1775038.jpg




こちらはかなりハデ目のイガグリガニ。
自分自身がうっとうしくならないかなこれ。






b0040606_17114885.jpg





そしてこちらは有名な生きた化石、オウムガイです。
ワタシこれ実際に生きているの見たのは初めてかもしれません。
水槽の中を悠然と泳いでおりました。
何億年も姿を変えることなく生きてきたオウムガイ。
今や水槽の中で平和な時を過ごしております。



というわけで、もちろん次回に続く。
by jpslotus2000 | 2018-12-05 17:19 | 旅行 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

少し前のお話になりますが、ちょいと紅葉でも見に行こうかとお出かけしてました。

向かいました先は、北茨城にあります袋田の滝。

袋田の滝へは確か2年前に那須烏山からの紅葉周遊ライドで訪れた記憶がありますが、今回は自転車はお休み。愛車ハイエースで紅葉ドライブとしゃれ込みました。

なぜ自転車じゃないか?
いやね、御同行が珍しく、














オレの両親。




ハイエース買ってからこっち、一度も乗せたこと無かったですし、せっかくなので紅葉見たいって言うから。
まぁちょっとした親孝行みたいなもんです。(笑)



というわけで到着しました袋田の滝。







b0040606_17281258.jpg




駐車場に車を停め、滝の入り口まで10分くらい歩きます。
で、入り口で入場料を払うと、滝の前まではずっとトンネル。










b0040606_1730625.jpg





このトンネルを抜けた先に、袋田の滝はあります。








b0040606_17305355.jpg




行ってみたは良かったが、紅葉のピークは少し過ぎており、滝の水量もちょっと寂しい感じ。





b0040606_1732710.jpg





b0040606_17322622.jpg





遊歩道にあるつり橋からの景色の方が綺麗だったかな・・・

さて、つり橋と言えば袋田の滝から車で20~30分ほどの所に竜神峡というダム湖がございまして、そこには観光の為の大吊り橋がかかっております。
もちろん2年前にもご紹介しましたが今回も、もれなく行ってまいりました。







b0040606_1735443.jpg




袋田の滝より標高は低いので、こちらの紅葉はまだ綺麗に残っておりました。







b0040606_173614.jpg





b0040606_17361994.jpg




とまぁ、茨城まで紅葉見に両親連れてドライブと言う恐ろしく平和な休日を堪能致しました。
ちなみに両親も私のハイエース、なかなか気に入ってくれたみたいで私としても嬉しい。(笑)






b0040606_17403582.jpg

by jpslotus2000 | 2018-11-30 17:41 | 旅行 | Comments(0)
神津島旅行2日目。

宿で一晩を過ごし、午後のジェット船で帰る間にもう一カ所、シュノーケリングポイントへ行ってみました。

前日の赤崎遊歩道は島の北側ですが、南側にある千両池と言うポイントです。
宿からほんの3kmちょっとの場所にありますが、短いながらも結構キツい坂道を登らなければなりません。







b0040606_183658.jpg








千両池へ向かう途中には「ジュリアの十字架」というモニュメントがございます。











b0040606_1851488.jpg






江戸時代の始まりのころ、キリシタンだったジュリアおたあと名乗る徳川家康の大奥に仕えていた女性がキリシタン弾圧の折に捕えられ、ここ神津島に流されその生涯を閉じたそうです。
そのジュリアおたあを祀る為にこの十字架が建てられたとのこと。
もちろん最近になって作られたものだと思いますが。







b0040606_18105844.jpg




海の青さに十字架の白がよく映えるとても美しいモニュメントです。





b0040606_18114188.jpg





ジュリアの十字架を過ぎたら千両池のポイントまであと少し。






b0040606_18133077.jpg





入口には小さな駐車場があるのですが、車や自転車で来れるのはそこまで。
その駐車場から千両池までは道なき道のような断崖を10分ほど下らなければ辿り着けないちょっとした秘境ではあります。

我々も自転車を置き、断崖を気を付けながら少しづつ下りていきます。
すると。












b0040606_18161712.jpg






見えました、千両池。
こうしてみると本当に池のようですが、写真には写っていない更に右奥が外洋と繋がっており海には変わりない。
ですが岩に囲まれているため波が入ってこず、流れを心配することなく安心してシュノーケリングを楽しめます。









b0040606_18191257.jpg






ここで少しの間シュノーケリングを楽しんだのですが、実は前日で私のスマホ防水ケースが壊れてしまい、残念ながら水中の写真は撮れずじまい。
しかしとても透明が高く綺麗なポイントでございました。
もちろんお魚もそこかしこ。

そんな千両池をシュノーケリングしていたら、岩の隙間になんか赤い物体を発見。
近寄ってみると、なんと伊勢えび。




わぉ~、伊勢エビじゃ~ん♪


と、そ~っと近付きつかみ捕ったまでは良かったが、













b0040606_18235672.jpg






残念ながら抜け殻でした。




でも綺麗に脱皮するもんですね~、あまりに完全な形だったので思わず写真撮りました。
もちろん持ってる事はせず、この後海に帰してあげました。



まぁそうこうしながら帰りの便の時間が近づき、1泊2日の短い時間ながら自転車メンバーと行く神津島旅行、充分に堪能致しました。








b0040606_18274433.jpg





2年前には伊豆大島、そして今年は神津島と伊豆諸島を再訪という形ではございましたが、夜にフェリー乗って寝てれば朝には到着するし、海はきれいでのどかだし、その気になればヒルクライムだってできちゃう(笑)。

パスポートのいらない海外みたいな気分で、夏場の伊豆諸島はまた行きたいお出かけ先の最有力かもしれません。
by jpslotus2000 | 2018-09-21 18:36 | 旅行 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


神津島シュノーケリング旅行の続きですが、自転車での周遊ライドも一通り満足しましたので、シュノーケリングポイントの赤崎遊歩道へ戻ってまいりました。













b0040606_17421027.jpg





遊歩道と言うくらいですから断崖に木製の歩道が作られており、入り江をまたぐ橋の上から飛び込みも出来ます。
10~20代と思わしき若者がイキオイ飛び込んでおりましたが。
ワタシはもぉオジサンなのでそんな過激な事したらどうなるか解らないので遠慮しときました。(笑)









b0040606_17451774.jpg






しかしまぁ海の美しい事。
この透明度がいかにも離島の海岸といった風情を醸し出します。


というわけで、メンバーと合流し早速海に入ってみました。










b0040606_17473756.jpg







いきなり魚いっぱいおるやん。




持ってるカメラが防水ケースに入れたスマホしかなかったのではっきりと海の中を撮ることが出来ずちょっと後悔。






b0040606_17495379.jpg





でかいさかな発見♪



シュノーケリングポイントで悠々と泳いでいるので多分人間に慣れているのでしょう。
写真を撮っているのに気付いたのか、この後こっちに振り向き思いっきりガン飛ばされた。(笑)









b0040606_17521479.jpg







いやー、シュノーケリング楽しー♪




と、南国的色合いがオシャレなお魚たちと夕暮れ間近まで楽しんでおりました。








b0040606_17543138.jpg





その後、予約していた宿まで自転車を走らせたのですが、到着直前に温泉でひとっ風呂。






b0040606_17555023.jpg






神津島温泉保養センター


東京都神津島村字錆崎1-1 2




コチラの温泉では、露天風呂に浸かりながら海に沈む夕日や星空を眺めたりできます。
但し露天風呂は水着着用。







b0040606_17585953.jpg





我々も夕暮れ時から暗くなって星が見える時間まで、ここでのんびり一日の疲れを癒しましたとさ。



続く。
by jpslotus2000 | 2018-09-18 18:04 | 旅行 | Comments(0)
神津島旅行の続きです。

シュノーケリングポイントでひとまずメンバーと別れ、ひとり島ライドとしゃれ込みます。
とりあえずフェリーを降りてから走ったルートは記録しましたが、全体的にこんな感じです。












b0040606_16405595.jpg





まずは神津島最標高地点の天上山ヒルクライムから。
とは言え自転車で行けるのは約600mある天上山の6合目、およそ340m付近まで。





b0040606_16452357.jpg



まずは天上山へ続く林道目指して県道を少しばかり戻ります。






b0040606_16521112.jpg




少し坂を上って下を見るだけでもうこの海の美しさ。





b0040606_16543571.jpg




ここが林道入り口、さて、ヒルクライムのスタートです。

が。











b0040606_16562547.jpg






いきなりヤベぇwww



上り坂の斜度はほぼ常に10%超えですが所々に平坦になる箇所があり、傾斜断面は階段のようなイメージ。
かなりきついですが平坦部で一息入れることが出来るので助かります。





b0040606_174268.jpg




先日の台風の影響か、登って行くにつれ路面には落ち葉、折れた枝が散乱し、いきおいダンシングで登ろうとすると後輪がスリップしてバランスを失う為、シッティングで我慢しながらゆるゆると進みます。










b0040606_176332.jpg







地獄の斜度19%ゾーン。(笑)




でもここまで来たらあともう少し、のはず・・・












b0040606_1781534.jpg






ついたー!!




ここから先は登山道。もちろん自転車では進めません。
来るだけ来て満足したので下ります。(笑)

登山道には何もありませんが、山道の途中には美しい風景を堪能できるスポットがちらほら。










b0040606_17164133.jpg






b0040606_17172592.jpg






b0040606_17183022.jpg





天上山を下ったらまた少しきつい登りが続き、フェリーを降りた多幸湾を再度訪問。







b0040606_17214456.jpg





ここまで戻ってきたのはちょっと理由がありまして、それがこれ。








b0040606_17224936.jpg





多幸湧水といいまして、日本の名水100選にも選ばれているらしい、つまり








おいしい水。(笑)







b0040606_17274423.jpg






マジでおいしい水。



しかも自然に湧き出ているとは思えないくらいにキンキンに冷えていて気持ちがいい。
出来る事なら何とかして持って帰りたいくらいの流石な名水でございました。





お水飲んで一息入れたら今度は島の南側にある神津島空港をかすめつつ、シュノーケルポイントへ戻ります。






b0040606_17311624.jpg






b0040606_17313838.jpg




あー登ってるわー、めっちゃのぼってるわー(笑)








b0040606_17324440.jpg





そりゃーあんだけ登ればこんな景色にもなるわー。





b0040606_17361794.jpg





神津島空港。
当たり前ですがとても小さな空港です。
この時は駐機している飛行機さえありませんでした。
さて、戻りましょうか。


というわけで、神津島をひととおり自転車で走ってみたわけなのですが、気がつくと






累積高度1000m超えてました。




周囲22kmぽっちの島のくせに恐るべし・・・

続く。







b0040606_17402117.jpg

by jpslotus2000 | 2018-09-14 17:45 | 旅行 | Comments(0)
はい皆さんどうもこんばんわjpslotusです。

ちょっとお出かけしてました。
相変わらず当社自転車部のメンバーと出かけてきたのですが、今回は自転車がメインではありませんで。

何をしてきたかと申しますと、









シュノーケリングです。





b0040606_2171296.jpg



なぜか今年からウチの自転車部が夏場のシュノーケリングにハマってしまい、ワタシももちろんシュノーケリングデビュー。
というわけで、シュノーケリングセットもゲットしてたりします。
で、何処へ行っていたのかと言いますと、









神津島。




それどこ?と言う方にご説明。
神津島は伊豆諸島の新島より更に南にある島でして、東京の竹芝フェリーターミナルからフェリーで9時間ほどのところです。






b0040606_2193610.jpg





この地図の一番下にある島が神津島です。







b0040606_21101470.jpg





と言うわけで、竹芝。
夜11時のフェリーで出発、仕事が終わって自転車で竹芝直行です。
そう、自転車も輪行で持っていきます。移動手段として。
メンバーはいい加減おなじみ過ぎる自転車部Mさん、Tkさん、Kさん、Iさんと私の5名。




b0040606_211223.jpg







b0040606_21122385.jpg






さらば大都会、しばしのお別れです。
とか言いながら、ひそかに神津島が携帯圏外なのを期待してたりします。(笑)








b0040606_21135941.jpg







b0040606_21142015.jpg






出港5分でレインボーブリッジ通過。
フェリーのデッキで1時間ほど酒盛り(ちなみにボクはドクターペッパーw)した後は、朝までぐっすりおねんね。
おやすみなさい・・・












・・・








b0040606_21155666.jpg






おはよーございます。(笑)




フェリーは竹芝を出ると朝5時に伊豆大島、そのあと利島、新島、式根島と寄港し、最後に行きつくのが神津島。
朝9時に到着します。







b0040606_21191829.jpg





神津島に近付いてきました。
写真で見ても海の青さがわかると思います。
こりゃー年甲斐も無くテンション上がるわー♪



b0040606_21212148.jpg





神津島が見えました。
この島最高点の天上山から一気に断崖の迫力の光景。
海原にある小島ですから、こういった断崖も当然と言えば当然ですけどね。

して、神津島の東側、多幸湾に到着です。






b0040606_21391293.jpg







b0040606_21243494.jpg




輪行袋の自転車を組み、まずは島の北西にあるシュノーケリング目的地の赤崎へ。








b0040606_21265159.jpg






ってゆーかいきなり激坂。(笑)






b0040606_21293513.jpg


えっちらおっちら登ってー、登ったと思ったら下ってー、島の西側、前浜海岸まで来ました。
ここから西側の海沿いを少しばかり走ると、目指す赤崎はあります。





b0040606_21291384.jpg







ここが赤崎のシュノーケリングポイント。
ここの駐車場に自転車を停め、みなさん早速海へまっしぐら。





ですが。




せっかく自転車も持ってきてると言う事で私は一人、みんなとお別れしてしばらく島内をサイクリングとしゃれ込みました。
もちろん神津島最高地点の天上山ヒルクライムもやってみようと思います。


というわけで、次回に続く。
by jpslotus2000 | 2018-09-10 21:40 | 旅行 | Comments(0)
前回までの佐渡島のお話ですが、やっぱりここまで来たからには何か美味しいものは無いかと探しておりました。

しかも滞在中ほぼ一人で行動しておりましたので、誰に気兼ねすることなく探しほーだい選びほーだいの佐渡グルメ。

して、お昼ごはんに立ち寄ったのがここ。











b0040606_19173782.jpg






すしや まるいし 両津店


新潟県佐渡市加茂歌代477


まあ回転ずしですけどね。
とはいえお魚処の佐渡ヶ島ですから、回転ずしと言えども地魚に違いないと思ってお邪魔してみました。
それでそのお寿司なのですが、







b0040606_19195729.jpg






美味い!!






b0040606_19222974.jpg





やっぱり違う!!



新鮮そのもののネタはやっぱり地魚なのでしょう、それでいて値段もお手頃♪
もはや佐渡に来て寿司食わない理由が無い。ヒルクライムのきつかった思い出も吹っ飛ぶ美味しさ。(笑)
大変ご馳走様でした。



そして帰り際、フェリーの搭乗までに少しばかり時間があったので、フェリー乗り場向かいの喫茶店でスイーツでも。










b0040606_1926797.jpg





カフェテラス ROYARY


新潟県佐渡市両津湊135-1


先程喫茶店と言いましたが、ええ、カフェテラスなんてモンじゃないです。昭和そのものの喫茶店の風情。
出港までにちょっとパフェ食ってくるとメンバーに話したら、オレもオレもと参加者しめて4人。
全員なぜかパフェを所望したのですが、みんなにうっかり言い忘れてました。















b0040606_19294224.jpg






こんなメガパフェであることを。



目の前に運ばれてきたパフェと対峙するメンバー全員絶句。みんなごめん。(笑)






b0040606_19314036.jpg





パフェパフェパフェのアンサンブル。
インスタ映えしますね。(笑)


大変美味しいのですが何せこの量のため、押し黙ったまま黙々とパフェを食するおっさん4人。
知らん人が見たらなかなかシュールだったと思われる。
しかしこれで600円ですよ、お得感があふれます。
こちらも大変ご馳走様でした。



して、フェリーに乗り新潟港へ到着したのですが、帰りに高速乗る前に立ち寄ったコンビニで最後の新潟ご当地グルメをひとつ。








b0040606_19372850.jpg






もも太郎


というシャーベットアイスなのですが、自転車乗ってる時に立ち寄ったコンビニで目について気になってました。
せっかくなので食してみたのですが、もぉまんまガリガリ君の桃味って感じ。
でも味と言い、パッケージのローカル感といい、なかなか侮れない。
まず全国展開する事は無いと思いますが、またいつか新潟遠征した折には所望したい逸品でございます。
お値段も確か70円。






b0040606_19421195.jpg



そんなグルメも満喫した今回の佐渡遠征でございました。







b0040606_19423392.jpg

by jpslotus2000 | 2018-08-29 19:43 | 旅行 | Comments(0)