ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

カテゴリ:じてんしゃ。( 157 )

世間では3連休の1日目と言う事らしいですが皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですこんばんわ。

誰かと一緒に自転車に乗りに出かける時は決まって会社の私設自転車部の面々になるのですが、今回も例に漏れず、そのお話になります。

昨年の10月くらいにも一度走りました、日光いろは坂。
今年も行ってまいりました。

なぜかわけも無くうちのメンバーのヒルクライム基準タイムがいろは坂だったりしまして、ワタクシが去年初めて登ったタイムが30分と36秒。
昨年のタイム短縮は当然のこと、30分を切るべく今年もいろは坂アタックと言う事です。



の前に。
















b0040606_19112470.jpg







Mさんのスペシャライズド・ルーベのホイールがいつの間に・・・




カンパニョーロ・シャマルミレになっとる。








b0040606_19136100.jpg





カーボンハブがステキ。
オイラもFFWDじゃなくてこっちにしとけばよかったかなぁ。(笑)




他人の散財を羨ましがりつつ、スタートです。









b0040606_19144688.jpg







去年一度登ってるから大体のコース取りは覚えているはず。
ムリに頑張ってペースを乱さず落ち着いて走れば30分切りは余裕のはず、だったのですが。
















途中で足攣ったwww





どうにも我慢できず足ついて小休止。











オレ的いろは坂TT終了。(笑)





一応ゴールの明智平でタイム確認しましたが、









b0040606_19211793.jpg






去年より速いワケねぇ。
足さえ攣らなきゃ余裕でタイム更新だったのに。はい、いいわけです。



傷心のまま(笑)、中禅寺湖まで下って記念撮影。











b0040606_1927776.jpg






ここでMさんはご家庭の用事で先に撤収。
ここから先は私とYさんの2人で更に奥日光へ進み、金精峠まで制覇すべく自転車を走らせたわけですが、大丈夫でしょうか。











ワタクシ足攣って立ち漕ぎ封印状態なのですが。(笑)




続く。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-16 19:34 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

先日ですが、昨年も行った神奈川県のヤビツ峠に行ってきました。
今年も富士スバルライン登ろうと思っているのですがその予行練習として。

その日は朝から曇り空でして、それでも天気予報では神奈川地方は夕方までは天気が持ちそうだったので行ってしまえとね。


で、昨年と同じく車で東名高速の秦野中井インターを降りて、近くに車を停めてヤビツ峠をヒルクライムとしゃれ込んだのですがね。

登り始めは確かにまだ雨の降る気配は無く、







b0040606_21334482.jpg





これなら何とかなりそうだ。
いや、10%勾配が何とかなりそうではなく、天気のお話です。(笑)



しかし。
















b0040606_2135528.jpg






やべー、降ってきた。しかも坂きつい。


そして市街地を抜け、山に入ると・・・
















b0040606_21361347.jpg






前見えねぇ。







b0040606_21363484.jpg







なんも見えねぇ。(笑)




それでもあきらめ悪く、とりあえずヤビツ今年も制覇。








b0040606_21373134.jpg







本来ならこのまま裏ヤビツ下って去年と同じくオギノパン行って、ついでにクロワッサン・ゼブラも寄って戻ろうかと思ったのですが、雨がやむ気配も無く、何よりレインジャケット持ってきてなかったので、このままおとなしく来た道戻って撤収しました。

が、

せっかくなので車でゼブラ行ってきましたけどね。






b0040606_2140015.jpg






b0040606_21401566.jpg




相変わらず美味しいコーヒーと美味しいクロワッサンに舌鼓。




b0040606_21405014.jpg






ちなみにオギノパンはおみやげに持ち帰ってきました。






b0040606_21413151.jpg







ものすごく不完全燃焼なヤビツ遠征でしたが、山の天気をナメていたボクが悪いんです。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-14 21:45 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

先月のお話になりますが、いつもの勤務先自転車部(?)の面々とサイクリングへ行ってきました。
今回は、裏磐梯です。
















裏磐梯のとあるコンビニからスタート、桧原湖をまるまる一周と秋元湖方面を大きく回って全行程およそ70km、獲得標高100mのまったりライドでございます。











b0040606_21451216.jpg





のっけからとてもまったり。





b0040606_21454328.jpg




しばらくすると桧原湖に到着する直前にこんな建物が。
磐梯山噴火記念館
というらしいですが。



そこからまたしばらく進み、スタートから約20kmの地点で一休み。







b0040606_2152998.jpg




道の駅 裏磐梯



b0040606_21524082.jpg





景色ははっきり言ってあまりよく見えませんが。。。
湖をバックに記念撮影もできないのでそそくさと出発し、途中の湖が良く見える道路脇にて記念撮影。








b0040606_21542576.jpg





その後もまだまだ進みます。




b0040606_21545991.jpg





秋元湖を周遊しているころ、ようやく骨のある山岳コースが姿を現し、えっちらおっちら登った先が今回のルート最高地点。
ここでも記念に一枚ぱちり。










b0040606_2157927.jpg






自転車側溝に落としてますけど。(笑)







b0040606_21575724.jpg







b0040606_21581398.jpg






後は景色を楽しみながら下って今回のサイクリングはちょっとあっさりしたままお開き。


ところで帰り道にこんな所に寄って遅いお昼を頂きました。










b0040606_21595766.jpg







河京 ラーメン館



福島と言えば喜多方ラーメンですからね。

で、ここのおみやげ屋さんに、







b0040606_2212214.jpg





こんな挑戦的な販促POPが。
なんかむかつくな・・・













b0040606_2231595.jpg








とは言え買ったんですけどね。(笑)




確かに大変美味しゅうございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-08 22:08 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

先日の横浜サイクリングの続きです。

目的だった横浜中華街の肉まんをゲットする前に、有名な「港の見える丘公園」をちょっと覗いてみたいなと思いまして、中華街からものの2~3分のところですが。

というわけで、港の見える丘公園、
















b0040606_165299.jpg






の直前に立ちはだかる激坂。(笑)




距離は短いけど斜度10%はあるかと。
気を取り直して、港の見える丘公園。
多分初めて行ったと思うのですが、
















b0040606_16534719.jpg







港なんてちょっとしか見えねぇwww



これで名所ですかそうですか。

ひととおり散策した後、お目当ての中華街へ。








b0040606_16551590.jpg





b0040606_16553061.jpg




人多いなオイ。
もちろん自転車は押し歩きで。
ってゆーか中華街にすしざんまいって。。。



b0040606_16562288.jpg




b0040606_16564414.jpg





して、適当な露天で肉まんをゲット。
せっかくなので、「ふかひれ肉まん」をフンパツしました。









b0040606_1658182.jpg






ふかひれが行方不明です。




大変美味しゅうございました。(笑)
肉まんで小腹を満たした後は、ちょっとばかり横浜の街を散策。






b0040606_16595630.jpg





b0040606_1701349.jpg





横浜スタジアム。





b0040606_1705036.jpg




赤レンガ倉庫。
完全観光客気分。




b0040606_1712829.jpg




b0040606_1714470.jpg




とまぁ、ひととおり海沿いを流した後、駅前にも行ってみようと思ったのですが、なんか見つけてその都度自転車停めるのもめんどくさくなったので(笑)、これにて撤収。


帰りも来た道を引き返します。
往復で約100kmくらいならもはやどってことないのですが、横浜までは常に市街地。
体力が持たなくなる以前に復路で結構飽きてきます。(笑)

しかもここまでで肉まんしか食ってないことに気付き、せっかく横浜まで行ったのにお昼ゴハンときたら、







帰り道の品川でラーメン食ってるとかもうねwww





b0040606_1765550.jpg





そんなどうでもいいヒマを持て余した独り者の休日サイクリングでした。
誰か助けてください。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-06-29 17:12 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんこんにちわjpslotusです久々の昼更新です。


先日、ちょっとわけもなく、











中華街の肉まん食いてぇ。



と思いましてね、行ってきました、横浜まで。











自転車で。(笑)



距離にして片道およそ47km。
ワタシがよく走る江戸川CRの関宿城までとか、荒川沿いに川越までとかと距離的にはさほど変わらず。
ですが横浜までのルートはオール幹線道路なので信号待ちもあるし、車にも気を付けないとだし、同じ距離でも時間は少しかかるかと。

ってゆーか、知らん人からすれば相変わらず自転車で100km走るってのがまずアホかと思われるわけですが。(笑)



というわけで、行ってまいりました。たかが肉まん食う為に。











b0040606_1324193.jpg






これはまだ走り始め。ですが横浜までほぼ全編こんな景色ばかり。(笑)







b0040606_1334589.jpg





スタート10分で荒川越え。






b0040606_1342269.jpg





さっさと隅田川も越えちゃいましょ。




日本橋あたりで国道15号(第一京浜)に合流。ここからひたすら第一京浜を南下すれば、いつかは横浜に辿り着きます。(笑)






b0040606_1365187.jpg






b0040606_1371380.jpg





b0040606_1372825.jpg





日本橋室町の高島屋前と、銀座通り。
今日めちゃめちゃ道路空いてねぇか?







b0040606_1384555.jpg





そうこうしているうちに、箱根駅伝で有名な品川の八ツ山橋交差点まで来ました。
ここまででおよそ1時間くらいだったかと。







b0040606_1310957.jpg




ルートのほぼ中間点になります、京浜急行・立会川駅前。





このパピヨンがナニ屋なのかご存知の方一報ください。(笑)











b0040606_13114779.jpg






えっちらおっちら自転車を進め、多摩川までやってきました。
ここから神奈川県に入ります。とうとう自走で神奈川まで来ちまった。


多摩川を過ぎたらそこは川崎。
ですがわき目も振らず横浜まで一直線です。


そしてついに、横浜到着。









b0040606_1314119.jpg





ここまでで約2時間半くらいでしょうか。
信号にはそれなりにつかまりましたが、追い抜く車にヒヤッとさせられることも無く、平和裏に到着できました。
ただ、第一京浜の新馬場~大森海岸あたりまでは路肩が狭く、特に注意が必要です。


さて、到着した横浜の街、そしてお目当ての中華街肉まんの話は、また次回。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-06-24 13:22 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。
梅雨の晴れ間の真夏日いかがお過ごしでしょうか。

さて、前回の続き、千葉県山間部ラーメンライドです。

養老渓谷を出発し、少しだけ来た道の県道32号・養老渓谷ラインを戻ったら途中の交差点で県道172号線へ入ります。
ちなみに養老渓谷で見かけたマンホール、







b0040606_192647100.jpg




なんかかわいい。(笑)


それはいいとして。
その県道172号、入りたては素晴らしく気持ちのいい道でして。
















b0040606_1851438.jpg




のどかだね~気持ちいいね~♪

なんてのんきな気分がものの5分で吹っ飛びます。
なぜならこの県道172号、大多喜町まで到着する間、延々とゴルフ場の裏ルート。
あっという間に無慈悲な激坂のオンパレードと化しますので。
















b0040606_18541121.jpg






平坦に見えますけど実はすっげー激坂。





b0040606_185515.jpg




下ったと思ったらまた激坂。
















b0040606_1855414.jpg





激坂頂上の藪の切れ目から見えるゴルフ場がわけも無くすっげームカつく。(笑)



そんな激坂を登っては下り、登っては下り・・・
大多喜町まで出たら今度は国道297号線・大多喜海道をしばし進みます。
途中で山内ダム方面の入り口を左折すれば、目指すアリランラーメンまであと少し。
















b0040606_1859187.jpg





こんなところにホントーにラーメン屋なんてあるのかよ・・・
と、不安になり始めたところで、そのラーメン屋が姿をあらわします。
ようやく到着。
















b0040606_190375.jpg






アリランラーメン 八平



千葉県長生郡長南町山内813-2


なかなか趣のある建物だこと。

ところでなぜこのラーメン屋さんが、日本一到達困難なラーメン屋さんと言われるのか。
ここまで今回読んでいただいたら、結構あっさりとご紹介してますけど実は、こんな凄いところにあるという説明が他のサイトにございましたので、文章を抜粋してご紹介いたします。


・最寄りのバス停から徒歩3分だけど、肝心のバスが土日は9時台と17時台の2本
(茂原駅発三川ゆき、上金谷で下車)→ 朝9時に着いたら帰りは夕方5時!

・最寄りのJR駅は茂原駅(約20キロ)。同駅からタクシーで30分ぐらい、運賃約5000円
→往復で1万円かかっちゃう! そのお金でフレンチのコース料理が食べられるよ!

・最寄りの鉄道駅は小湊鉄道上総鶴舞駅。タクシーなどないので徒歩、山越えの10km
→疲れないで歩いた、と仮定しても片道2時間ぐらいかかります。干からびるわ……。

とまあ、公共交通機関で行こうと思うのは大間違い、という秘境なんですね。


どうです、これ読んでるだけでどれほど凄いところなのかご理解いただけると思います。
というわけで、ここへはマイカーかバイク、もしくは私のような物好きローディーくらいでしか到達できないと言う事なんですよ。







が。





到着した時には超満員。


もちろん皆さん車かバイクで。
もちろんお店の前には広大な駐車場。





b0040606_19102781.jpg






順番待ちをしている間、食べ終わった他のお客さんグループが、









「圏央道からもう高速乗っちゃう?」




とかフツーにそんな会話してますけど。(笑)




小一時間ほど待ったでしょうか、ようやく順番がやってまいりました。
















b0040606_19131235.jpg





お店の中はこんな感じ。柱が邪魔ですが。
昭和というか、田舎そのものの雰囲気と言うか、どことなくほっとする店内。
お店に入ってしばらくしても、店員さんオーダーを取りに来ません。

おや?と思って観察していると、ある一つの法則が見えてきました。
お店を切り盛りしているのはその時、女性2人だけ。
一人はラーメンをゆで、もう一人は具材を仕込んでいるかお会計をしている。
一度に何杯かのラーメンを作り、それを配り終えたら、「次のオーダーどうぞー」と、また数人分のオーダーを一気にとる。
そしてまた作り始める。

の繰り返し。

なるほど。
お客さんを待たせることにはなりますが、少ない人数で効率的に提供する為のアイディアですね。
それなら黙ってルールに乗るしかありません、「早くオーダー取れよ!!」なんて我儘なお客さんはこの時誰もいなかったし、みんなリピーターさんなのか、解ったように黙って待ってます。
アリランラーメン暗黙のルールここにあり。

で、いよいよお待ちかねのアリランラーメンです。
















b0040606_19144349.jpg





これ、アリランチャーシューメン。
濃い醤油ベースは一見竹岡式のようですが、ニンニクが効いたとてもパンチのある味わい。
具材はとろっと柔らかいたっぷりのチャーシューに、これまたたっぷりの大切り玉ねぎ、ニラ。
もちろんニンニクもごろっと入ってたりします。








b0040606_19182964.jpg






スープによく絡んだ太めの麺。
ニンニク醤油のパンチの後に、ほんのりと玉ねぎの甘みが残って絶妙な後味。
こんな秘境にありながら客足が途絶えない理由がよくわかります。

とにかく絶品。
到達困難の末に辿り着く味として、実に絶品、こんなところでもまた食べに来たいと思わせるに充分なラーメンです。そう、例え圏央道に乗ってこようが。

そんなアリランラーメンを堪能し、ロングウッドまで残り15kmを消化して今回のライドもお開きとなりました。



あ、最後に行っておきますけど、このアリランラーメン。
カーナビで住所検索して行くとね、







逆に道に迷うから。





どういう事か?

やってみればわかりますよ。
では、幸運を。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-06-17 19:38 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。



千葉県の中央、長南町と言うところの山深い場所に、日本一到達しづらいラーメン屋がある。と言う話を聞いたことがあり前々から是非行ってみたかったのですが、先日休日で予定も無かったので行ってまいりました。そのラーメン屋さんの名は、アリランラーメン八平

とは言え車で直行はもったいない。
せっかくなので車はどこかにおいて自転車で千葉の山間部をぐるっと周遊しつつラーメン食って帰ろうと思ったわけですよ。

というわけで、養老渓谷経由アリランラーメンライドとしゃれ込みました。










スタート地点は、千葉県長生郡長柄町のロングウッドステーション。

このロングウッドステーションですが、現在は大規模なイベントスペースとなっており、様々な催しやロケ、アーティストのPVなんかでも見かけたりする場所です。
でもイベントも何もないときはなんていうか、一言でいうと

廃墟と化した地方のアウトレットモール

みたいなノリ。




b0040606_19232426.jpg




ほらね。(笑)

車なんかとめほーだい。

で、ここからスタート。まずは養老渓谷を目指します。






ちなみにロングウッドステーションの周りは、ダム湖。



b0040606_19275817.jpg




走り始めてしばらくは、ゴルフ場わきとか、そんなところを延々進みます。




b0040606_192968.jpg



この右っかわは思いっきりゴルフ場です。
でも道は悪くないし、車の通りも少ないのでとても走りやすい。



b0040606_19301767.jpg




ゴルフ場が切れたらいきなり竹藪。
そしてまたゴルフ場の繰り返し。
みんなそんなにゴルフしてぇのかよ。(笑)



b0040606_19312630.jpg





ときにはこんな小道も走ります。






b0040606_1932962.jpg





途中でこんなお店見つけたんですけど。

BOOKS & 弁当  としまや。





BOOKS & 弁当。




アバンギャルドすぎる。(笑)

そうこうしているうちに、小湊鉄道の線路に出くわしました。





b0040606_19351625.jpg





のどかだねぇ・・・
なんてのんびり写真撮ってたら、運よく電車がやってきてしまいました。(笑)






b0040606_19362782.jpg





b0040606_19364085.jpg





何分に一本、何時間に一本なのか知りませんが、ガチローカル鉄道なので確かに運は良かった。


そしてまた自転車を走らせます。






b0040606_19375216.jpg





のぼってー。





b0040606_19382076.jpg





くだってー。






b0040606_1940413.jpg



お、なんか渓谷っぽくなってきた。


そしてまたのぼってー、くだってー、くだりかと思ったらまたのぼってー。

を何度となく繰り返した先に、養老渓谷はありました。







b0040606_19401542.jpg






小湊鉄道・養老渓谷駅到着。








b0040606_19421093.jpg







のどかだねぇ。。。


駅前でしばしの休憩の後、ちょっとそこらを散策して、またすぐ自転車を走らせることとしました。




続く。









b0040606_19435693.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2016-06-12 19:46 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

先日の富士五湖周遊の続きです。
なんだかんだで休憩もしっかり取らず走り続けていたおかげで、気がついたら西湖で撮った写真の次はもう精進湖でした。(笑)









b0040606_204777.jpg





精進湖って多分、富士五湖の中では一番小さいと思うのですが、湖畔にはなぜか西湖や本栖湖よりも旅館・ホテルの数が多い。






b0040606_20513768.jpg




但し廃墟的な香りが漂いまくり。(笑)



精進湖をかるく一周した後、最も西側の本栖湖へ向かいます。





b0040606_20541674.jpg





西湖を抜けてから精進湖経由、本栖湖までの間は国道を通ります。
道は悪くないのですが、トラックの通行も多く注意が必要です。ご通行の際は、お気をつけて。

そして到着した本栖湖ですが、これがもうね、
















b0040606_2111344.jpg







碧い。



これはきれい。




b0040606_21143056.jpg




日が陰ったら陰ったで、色の深さもなかなかのもの。


そんなこんなで富士五湖をぐるっと回り、ひとっ風呂浴びて帰ろうとしたわけですが。










b0040606_212608.jpg





「野天風呂 天水」という露天風呂なんですがね、まさか風呂場にカメラ持ち込むわけにもいかなかったので入り口だけですが。(笑)
なかなか気持ちのいい温泉でございました。


で、メシ食ってお開き。
もちろん河口湖ですから、例のココ。







b0040606_21382628.jpg






甲州ほうとう 小作






b0040606_21402389.jpg






相変わらず、美味しゅうございました。

なんかすっごい駆け足になっちゃいましたが、そんな富士五湖サイクリングでございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-06-09 21:43 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


先日も会社の自転車仲間に遠征連れてってもらいました。
今回は、山ではありません。










富士五湖周遊100kmライド。



です。



河口湖畔からスタートしてまずは山中湖へ。
山中湖をぐるっと一周してからまた戻り、再度河口湖経由で西湖、精進湖、本栖湖を周遊。
で、河口湖まで戻るという結果全行程106kmのライドでございました。

メンバーは、いつものMさんとYさん。

今回は登りはほとんどないまったりライドなので、セカンドバイクのベラーテ・スチールフレームを持ち出しました。








が。





オルベア乗りだったYさん、なんと新兵器投入しやがりました。

















b0040606_20304964.jpg





LOOK 695




なんとフレームだけで48万円とかそこらしちゃうブルジョワバイクざます。
Made in おフランスざます。
どこからそんなお金が出てくるのか聞きたいざます。

いや、持ってみて軽い。
ちょっと乗せてもらってみて軽くてしなやか。







このまま乗り逃げして富士スバルライン登ってこようかと思った。(笑)



・・・さて、出発です。
スタート地点の河口湖畔の駐車場。
すぐそこに河口湖大橋が見えます。






b0040606_20371410.jpg






山中湖までは旧鎌倉街道を走るので交通量多め。車に気を付けながらしばらく淡々と進めばすぐに山中湖。










b0040606_20355942.jpg




b0040606_20373849.jpg




悠々自適なスワンを横目に、記念撮影の後は山中湖をまるまる一周。






b0040606_20393264.jpg





富士急バスにもごあいさつ。
でもって湖畔の風景はとりたてて観るべきものの無い(笑)山中湖をさくっとまわり、また河口湖へ戻ってちょっと休憩。










b0040606_20411055.jpg





しかし河口湖の繁華街はなんていうか、観光地の風情が薄れたというか、なんとなく変な雰囲気でしたね。
ってゆーか中国人多すぎ。


去年富士山5合目登った時もそうでしたが、もはや日本じゃねぇ。(笑)


河口湖もね、この繁華街界隈じゃなくて西湖に近い西側の方が落ち着いていていいですよ。
というわけで、ここも早々に離れて西湖へ向かいます。

河口湖は東西に長い形の湖でして、西湖へ到着するまでほぼ延々湖畔の道を進みます。
そのあとちょっとした激坂を挟んですぐに西湖に到着。

で、そんな西湖近辺で見かけたのですが、











b0040606_20464458.jpg






これはかかしのジャンルですか?(笑)


そしてこれ。











b0040606_20472285.jpg








何やってる会社ですかねこれ?



ひねりもなにもねぇ。



というわけで、西湖に到着また記念撮影。






b0040606_2048478.jpg





まったりとして、それでいて淡々と富士五湖を制覇する周遊ライド。
もちろん次回も続きます。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-06-06 20:53 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。

前回の鶴峠の続きです。

一休みした後また出発。
ちょっと進むとまた登りが始まります。
ここの登りのピークが本当の鶴峠と言う事らしいのですがね。
















b0040606_2040649.jpg






ちょっと登っただけでもうこんなんですわ。






b0040606_2040564.jpg





こんな山道を往く。
登り区間4~5kmくらい。もちろん途中には瞬間斜度10%超えというね。

で、ここまで来て気がついたのが、この鶴峠区間、標高は高くないけど3つのピークを登って下ってまた登って。。。









都民の森行くよりきつくね?



今頃気づきました。(笑)

それでも何とか、

















b0040606_20442793.jpg







鶴峠とったどー!!



え、なぜバス停なのか?



バス停以外に鶴峠の標識が無いからです。(笑)


おまけに何ひとつ見晴し的な物も無く。

ところでこのバス停。
















b0040606_20472233.jpg





バス本当に来るんすかね?

まぁそんなこんなで鶴峠も下り、戻りは奥多摩湖から裏風張峠登って都民の森経由が一般的なのですが、今回はそのまま青梅街道走って梅ケ谷峠経由で武蔵五日市まで戻る事にしました。

そして鶴峠から奥多摩湖までの間に、こんなお店があります。








b0040606_2050297.jpg




手づくりチャーちゃんまんじゅう。





b0040606_2051402.jpg




これがそのチャーちゃんまんじゅう。いっこ120円。
色々種類があるらしいのですが、これはヨモギ皮にあんこ。
正直、とっても美味しいです。
運動した体にあんこの糖分が行きわたります。

チャーちゃんまんじゅうを堪能した後はひたすら青梅街道をひた走ります。
でもって、梅ケ谷峠も近くなったところで気がついたら既にお昼時もまわっており、自主トレも終わりに近づいてはいますが、せっかくなのでどこかでお昼ご飯をと。
















b0040606_20554685.jpg







お食事処 かじか


東京都青梅市柚木町1-53-2



どうやら老夫婦が2人で切り盛りしているお料理屋さんのようで。
お昼営業終了ギリギリくらいになってしまいましたが、快く迎えてくれました。





b0040606_20581335.jpg





ほぼ店内全て座敷席。
カウンター席もありますが、今やお店の食材置き場と化していた。(笑)

一人客なんてあんまりいないんでしょうね。
















b0040606_2059403.jpg






から揚げ定食と、調子に乗ってもりそばもオーダー。
ちょっと多いかと思ったのですが、とっても美味しかったこともあり、フツーに平らげた。
満足満足。また来たいなココ。


美味しいお昼を頂いた後、武蔵五日市までは残りわずか。
最後の梅ケ谷峠をゆるゆると越え、今回の自主練お開きとなりました。

今度来るときは鶴峠プラス裏風張ルートも制覇したいと思います。







b0040606_214046.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2016-05-26 21:07 | じてんしゃ。 | Comments(0)