人気ブログランキング |
ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

2015年 09月 28日 ( 1 )

はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。
なんか世間では、福山雅治結婚などという核爆弾級ニュースが投下されて世の女性たちは大騒ぎのようですが。(笑)
男のボクからすれば、というかボクからすれば、前から噂はあったけどお相手が吹石一恵ってのがなんだかんだ言って福山さんもいいとこ突いたなというか、とても悪い気がしないんですけどね。ピュアにしあわせになってほしいと感じます。

それはおいといて、カンケー無く旅行記の続きやります。(笑)


えっと、松山城見学して揚げ鯛食ったところまでお話しましたっけ。

で、この日の宿は松山の温泉と言えば、言わずもがなの道後温泉。
道後の旅館にお邪魔することにしまして。
なので、松山市内の後は、道後温泉周辺を散策。


当然ランドマークはここ、道後温泉本館








b0040606_21571277.jpg




ジブリアニメ、「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルとなったことでも有名ですが、当然その昔から有名な建物です。(笑)
まぁ平たく言えば日本一有名な銭湯ってことなんですけどね、でもこの立派な建物、当然ながら重要文化財の指定を受けてます。




b0040606_2201414.jpg




せっかくなのでここで温泉に入りたかったのですが、この時着替えを持っていないうえ、「どーせ旅館にも同じ温泉引いてるんだろ。」と投げやりな思考により断念。(笑)
ちなみにみんなやっぱりこの道後温泉本館が目当てらしく、ワタシが泊まった旅館のお風呂は見事にガラ空き。ほとんど貸切状態でございました。



そんな道後温泉本館から少し歩くと、伊予鉄市内線の道後温泉駅前に到着するのですが、そこにもいくつかの観光スポットが。
















b0040606_22565.jpg





ぼっちゃんからくり時計。

これもそれなりに有名ですが、なんてゆーか、道後温泉本館あたりと比べると、いかにも観光客に媚を売っているがごとくのイロモノ具合なので、なんだかなーって感じです。










b0040606_227271.jpg





これは「ぼっちゃん列車」と言いまして、あの夏目漱石がここ道後で「坊ちゃん」を執筆した当時に市内を走っていた蒸気機関車の復元モデル。
これも期間限定でたまに市内線を走るらしいです。実際に走る姿を見てみたかったですね。
もっとも蒸気機関ではなく、ディーゼル駆動らしいですが。












b0040606_2293778.jpg





日本野球の父、正岡子規の像。



そーいえば、ということは松山が日本の野球発祥の地になるんですよね、坊っちゃんスタジアムという立派な球場もあるし、アイランドリーグだけでなく、松山フランチャイズのNPBチームがあってもおかしくないですけどねぇ。










b0040606_22121410.jpg






そしてこれが伊予鉄松山市内線、道後温泉駅です。
駅舎も街中の風景に溶け込むよう、ちょっぴりレトロな趣。

ついでと言ってはなんですが、用もないのに市内線乗ってみました。





b0040606_22135183.jpg





広島の市内線もそうですが、路面電車に乗る機会なんて東京じゃほとんどないですからね、都電荒川線の、それも飛鳥山ー大塚駅前間か、世田谷線の一部くらいしか。

路面電車ステキ。




で、用もないのに市電に乗ってまた道後温泉に戻ったのですが、そこのコンビニね、

















b0040606_22162225.jpg








PONグミ祭り開催中。




愛媛と言えばそれだけかい。(笑)



そんなこんなで、夕ご飯のお時間。
今夜のご飯は、道後商店街にある、ココ。

















b0040606_22175429.jpg







道後 魚武




愛媛県松山市道後湯之町13-19




一見、居酒屋さんみたいな感じだったのですが、食べログで調べてなんかおいしそうだったので入ってみました。


で、所望したのがこれです。










b0040606_22205836.jpg






鯛釜めし御膳。


お昼の揚げ鯛に続き、鯛づくし。
特産ものですからね。

釜めしと言い、お刺身と言い、とても美味しくいただきました。
いやー、贅沢三昧♪

そんな感じで道後の雰囲気を堪能した旅行3日目でございました。
by jpslotus2000 | 2015-09-28 22:27 | 旅行 | Comments(0)