人気ブログランキング |
ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

Nelson紀行。④

Nelsonの街を中心とする南島北部の海岸沿いの地帯は先日御紹介しましたエイベル・タスマン国立公園をはじめ、色々な風景を堪能する事が出来ます。

今回御紹介するのはこれまたNZでは有名なマールボロ・サウンドです。

このマールボロ・サウンドはガイドブックをご覧になった事がある方なら御存知かと思いますが北部には珍しい氷河によって削られたいわゆるフィヨルド地帯でして、その複雑に入り組んだ入り江の造形はそれはもぉ一見の価値ありです。

Nelsonまでの往路ドライブで自分はPicton経由でわざと遠回りをしたのですがそれもこのマールボロ・サウンドを是非見てみたかったから。

PictonからHavelockという街まで続く峠道はQueen sharlotte soundというマールボロ・サウンドの中でも最大級の入り江及びMahau soundという2つの入り江に沿って道路が作られており、その道の途中にはこの入り江を一望できるパーキングも設けられております。

これがその駐車場から望むMahau sound。

b0040606_17142174.jpg


一見湖のように見えますが正真正銘海の水。

このマールボロ・サウンド全体にいえることですが、各々のフィヨルドへ向かう道のりは全くの山道。
ドライブしていてもこの山のすぐ先に海があるなど到底予想も付かないような場所に入り江が忽然と姿を現します。

Nelson旅行最終日の朝に一人でまた違う入り江に向かったのですが、そのときに撮った写真をご覧いただければ解りやすいかと思います。

b0040606_17193752.jpg



ここはTennyson inletという入り江なんですけど、



ほとんど秘境。

山道を下って下ってこの先の海岸にも行ってみたんですけどね、ホントに信じられないくらい透明な海水で思わず飲めるんじゃネェか?ってくらい。

そしてもうひとつ、こちらはCroisilles harbourという入り江です。

b0040606_1723473.jpg


天気があいにくの曇り空だったのが残念ですが、それでもこの景観の素晴らしさ、改めてNZの自然の懐の深さに畏敬の念を抱かずにいられません。
ただこのマールボロ・サウンド、観光ツアーですとボートで海上を移動して個々のフィヨルドを見て回るらしいですが、私に言わせれば時間はかかりますが是非とも車で回っていただきたい。
それほどこの山道とそこから姿を現すフィヨルドの光景のコントラストは素晴らしい。

ただしこの山道、常人には苦痛と言っていいほどの超ツイストロード。
さすがの自分も往路では、



おいおいマジかよぉ~!!なんて独り言いいながらドライブしてました(笑)。

でも帰りにはこの峠道を片手運転で、



動画撮りながらドライブしてたりして♪(笑)


はい、みーあ女史に言われましたよやっぱり、



「アンタいつか事故るわよ・・・」って・・・(泣)
by jpslotus2000 | 2005-02-13 17:36 | ニュージーランド | Comments(2)
Commented by みーあ。 at 2005-02-13 18:05 x
でも、やっさん。超ツイストロードの運転もうまいけど、あんた踊るツイストもうまいよっ。またやってくれっ。
Commented by jpslotus2000 at 2005-02-14 05:33
それを言うんぢゃない・・・