人気ブログランキング |
ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

ひこーきバンザイ。③

航空博物館のお話、今日も続けちゃいます。

さて、館内更に奥へ足を踏み入れますと、いよいよメインの展示ホール。
そこには往年の名機がちらほら。
その中から少しだけご紹介させていただきます。

まずこれ、



















b0040606_14223798.jpg







ノースアメリカン・P51(Mustang)




ヒコーキ好きなら知らぬ者はいない名機中の名機です。
第二次大戦中ごろに開発され、前回ご紹介したロールス・ロイス マーリンエンジンを搭載したアメリカ軍の当時の主力戦闘機。
この戦闘機の登場によって最強を誇っていたはずの日本軍・零戦は一気に劣勢に立たされ、あっと言う間に制空権を失う事になります。
連合軍勝利の立役者とも言える戦闘機なんですよ。


続いてはヘリコプター。



















b0040606_14294686.jpg






ベル・UH-1(Iroquoi)




これまた軍用ヘリとしては傑作中の傑作。
1960年の運用開始から、一部の国ではいまだに現役で活躍している機でして、最もその姿が多く見られたのがベトナム戦争。
とにかく軍事的な凡用製が高い為、1万機以上の生産記録があります。運用国もライセンス生産された機を含めると数え切れないほど。
ベトナム戦争映画なんかでは必ずと言っていいほどその姿を目にする事が出来ます。



















b0040606_1437297.jpg







ダグラス・DC-3




民間旅客機史上最も重要な機体と言われるモデルです。
これ以前の旅客機はその運営コストを運賃収入だけで賄えず、米国政府から郵便輸送補助金を受ける事でなんとか経営していたのですが、このDC-3はそれまでの機体よりも定員5割増しとしながら、運行経費はたったの3%増でペイできた為、この「飛ばせば儲かる旅客機」の登場はその後現在まで続く旅客ビジネスの始まりと言っても過言ではありません。



















b0040606_14515920.jpg







イングリッシュ・エレクトリック キャンベラ




第2次大戦後、冷戦時代に開発された高高度爆撃機です。
この機もベトナム戦争はもちろん、イラク戦争、湾岸戦争、フォークランド紛争などに実戦配備され、大きな戦果を残しております。
また、その性能の高さから爆撃任務のみならず、高高度偵察、低空戦術爆撃、更には練習機などの派生型も存在するとのこと。


いやとにかく、このように歴史に残る飛行機たちが一堂に展示されているクライストチャーチ・エアフォースミュージアム、ワタクシ十二分に堪能いたしました。
ナニが一番堪能したかってそりゃぁこれだけ楽しんで、


















入場料タダですから♪(笑)






皆さんも機会があれば是非足を運んでくださいな。
















b0040606_1543027.jpg

by jpslotus2000 | 2010-02-27 15:08 | クライストチャーチ | Comments(0)