人気ブログランキング |
ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

日本滞在記2009。⑫

はい、先史時代の資料のほかに、もちろん書物や仏画などの歴史資料も博物館の中にはてんこ盛り。


まずこれ。



















b0040606_9555395.jpg







不動明王絵図


かなり退色が進んでしまっているのが残念ですが、それでも紅い炎を背景としたの迫力ある不動明王を見て取れます。これも確か国宝だったと思います。


















b0040606_9592172.jpg







こちらは戦国大名、明智光秀肖像です。

そしてこの明智光秀肖像のある部屋にはたいへん貴重な戦国時代の鎧の数々が。



















b0040606_1041778.jpg






この他にも数組の鎧(当世具足と呼ばれる戦国時代の防具一式)が陳列されていたのですが、その全てが国宝、または重要文化財。


そしてそんな軍事資料の中でも最も貴重なのがこれ。



















b0040606_10112179.jpg







正宗 無銘大磨上(国宝)




鎌倉時代の伝説の刀工、正宗作の数少ない現存太刀のひとつ。
その正宗作と伝えられる刀はこの博物館に三振り所蔵されているのですがこれはその中の「観世正宗」と呼ばれる物です。

実際に間近でみると圧倒されます。吸い込まれるような迫力です実際。





というわけで、まだまだ続きます。
by jpslotus2000 | 2009-03-08 10:20 | 日々の生活 | Comments(4)
Commented by yuka at 2009-03-10 15:15 x
すげ~!!
美しい刀ですね☆
前の記事の土偶・・・(^艸^)
なんだか,小学時代を思い出します☆
Commented by jpslotus2000 at 2009-03-11 16:35
attn:yukaさん。

なんていうか、日本刀ってタダの武器以上の存在な気がするんですよ。
西洋の刀でもそんな文化があるのかは解りませんが、製作者とそれを所有する者の魂がこもっていると言うか、むしろそれがないと刀じゃないと言うか、そんな精神的なものを感じるわけですね。

Commented by ohse at 2010-10-07 05:46 x
これは「大磨上」なんだから、太刀じゃなくて刀ですね。
元々は太刀サイズだったものを、磨いて寸を詰めて刀サイズにしたものですよ。
Commented by jpslotus2000 at 2010-10-08 23:00
attn:ohseさん。

おっしゃるとおりです。
説明不足でした。
磨いて寸を詰めているので現存する正宗には銘が無いと言うことも合わせて補足させて頂きます。