ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

前回からの続きです。

ヨシさんからお預かりした自転車。
長い事メンテしていないと言うのでまずベアリング系はグリス切れてるだろうなと思い、ばらしてみると。

















b0040606_18431235.jpg





ヘッドは全くグリスの無い状態。






b0040606_18434027.jpg






b0040606_1844013.jpg




ハブベアリングも前後ともグリスがなんかゼリーみたいになっとる。
全部パーツクリーナーで綺麗にしてからグリスアップです。






b0040606_18451180.jpg





フロントのベアリングボールなんかは取り外して洗ったらこんなに綺麗になりました。

で、各部グリスアップ。










b0040606_1846511.jpg






こんなんして、






b0040606_18464238.jpg






またこんなんして、





b0040606_18473969.jpg





さらにこう。




各部グリス塗りなおして、手で回してみましたがこれだけでもやはり随分回転が滑らかに戻ります。
たかがグリス、されどグリスと再認識した次第。


もちろんこれだけではありません。
次回も人の自転車思いっきりいじくり倒してみます。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-03-28 18:52 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですどうもこんばんわ。

もうすぐ春ですね。
あとちょっと暖かくなったら、本格的な自転車、ヒルクライムシーズン到来です。
それまでに自宅の三本ローラーで体を作って・・・と思っていたのですが、





全然カラダ出来上がってませんねん。




いやね、トレーニングやろうと思ったんですよ本当に。
でも、実は新年からお友達から自転車のオーバーホール頼まれてまして、しかも3台。

というわけで、仕事から帰って夜な夜な自転車いじりーの、お休みの日にも自転車組み上げーのやっておりました。


一台目はクミコ嬢の長年ほっておいたらしきジャイアント。





b0040606_1814472.jpg




ばらしてー





b0040606_18151447.jpg




はい組んでー。


お次はアツシさんのGTのマウンテンバイク。







b0040606_18163526.jpg





ばらしてー






b0040606_181656100.jpg





はいまた組んでー。
って、この自転車ですけど90年代の当時では結構ハイスペックでとっても貴重なモデルです。

と、ここまでやって、最後に頼まれたのがこれ。











b0040606_18185112.jpg





こちらのバイクですが、クミコ氏の友人、ヨシさんのバイクなのですが、これも90年代前半くらいに組まれたものだと思います。
ギヤの無いシングルスピードで、しかも前後輪の大きさが違ういわゆるファニーバイク。
おまけにリヤがディスクホイール。よく見てみたら日本軽金属(日軽金)製のアルミハニカムです。超懐かしい・・・


とかなんとか言ってる場合ではございません。
これをオーバーホール頼まれたわけですが。









b0040606_18225963.jpg




とりあえず一通りばらしました。
しかし。

シングルスピードだから組みなおすのも簡単だろうと思っていましたが、これがどうにも。
まったくもって一筋縄ではいかなかった。


まぁ話せば長くなるんでまた次回聞いてやってくださいな。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-03-24 18:35 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんにちわjpslotusです。

最近、お休みには代々木上原にある友人のお宅に毎回足を運んでいる気がしてならないのですが、その近辺にはあの有名な下北沢が歩いて行ける距離に位置しております。

以前にも下北沢のカフェをご紹介した記憶がありますが、やはりあそこも良いカフェがちらほら。
というわけで、今回も下北沢にあるおススメカフェのご紹介。

















b0040606_1359392.jpg






BOOKENDS COFFEE SERVICE




東京都世田谷区北沢2-11-17



たたずまいは非常にこぢんまりとしていて、店内も5~6人も入れば一杯になってしまうような小さなお店です。

が、

どうやら結構人気のお店らしく、客足の途切れる事がありません。
ただほとんどがテイクアウトで買っていくお客さん。

なぜ人気なのか。
コーヒーを飲めばその疑問は一発で解決します。








このブレンドコーヒーがテイクアウト180円とかありえない。



コーヒー豆は有名なライブコーヒーから提供されているようなのですが、180円でこのコーヒー飲めるんだったらコンビニで100円コーヒー買うより断然こっち選びますわ。

それほどクセが無く飲みやすい、だがそれなのにコクが深く後味にキレがあって「本物のコーヒーを飲んでいる」感が凄く楽しめると言うかね。

ちなみに店内で飲むと200円、ストレート豆のドリップは250円。
それでも全然リーズナブル。








b0040606_1475394.jpg





テイクアウトでコーヒー飲みながら下北散策するもよし、狭いながらも雰囲気のある店内でコーヒーを愉しむもよし。

やっぱり下北もカフェのレベルが高い。
だから大好き。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-03-17 14:13 | Coffee | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

こんな早い時間の更新に特に意味はありません。(笑)
お休みなんだけど雨だし、寒いので外出てないだけ。

それはいいとして。

最近、仕事用の靴を買い足しました。
今まで使っている革靴3足あるんですけど、そのうち2足が結構痛んできたので。

で、日常生活の中でやっぱりビジネスシューズが一番よく使う靴なので、履いてて快適でないと意味がない。
色んなシューズ検索していて、最も私の希望にヒットしたのが、これ。
















b0040606_1101823.jpg





通勤快足というアサヒシューズブランドのものです。


まず絶対条件だったのが防水性。
そのうえで足ムレを防ぐ透湿性という相反する機能を備えている靴を探していたのですが、こちらはその条件を満たすゴアテックス採用。

もちろん抗菌処理のインナーソールです。


さらに。











b0040606_11645.jpg






ソールの最も体重のかかる部分には、ガラス繊維をベースにした強くて滑りにくいウェーブソール。
路面の凍った寒い日で効果を発揮します。




そして極めつけがこちら。










b0040606_1182698.jpg







最も消耗の早いヒールの部分。
この画像でこのヒール部だけ他とちょっと違うのが分かると思いますが、実はこのヒール、


取り外して交換可能。











b0040606_1110824.jpg






これが付属でついてきた交換用ヒール。
同じ素材ならこのヒール交換できると出来ないので単純に寿命が2倍になるってことですよ。
しかもヒール単体でも売ってます。
素晴らしい発想。なんで今まで無かったんだろうってくらい。
肝心の履き心地も、スニーカーでも履いているような感覚で超快適です。



ちなみにこの通勤快足ビジネスシューズですが、お値段2万円也。

決して安価くは無いですが、毎日使うものですし、これだけの高機能のオンパレードなら長く使えて結果的に満足感は高いのではないかと思います。



しかもmade in Japan





個人的には、ビジネスシューズの中の一つの到達点ではないかと思うほど気に入りました。
ビジネスマンの皆さん、これ絶対オススメですよ。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-03-14 11:19 | 日々の生活 | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです10日くらい空けてしまいました。
いや、3月は仕事が忙しい時期でして。

それはいいとして、本日3月11日に更新と言う事は、やはりこのお話に触れなければいけないと思いました。

そう、あの東日本大震災から今日で6年が経ちました。

地震、津波で一瞬にして住まい、それどころか家族を失った人も多いでしょう。
その後の原発事故で余儀なくほかの土地に移動された方も多いでしょう。

この話題に触れるごとに申しておりますが、幸運にも被災地から遠く離れた場所に住む私にとっては、実際にそうなってしまわない限り被災者の方々の苦労、境遇は推して知る術もありません。
でもだからこそ、今「故郷」と言う場所を失くし、そこにまた戻る為にあれから6年もの間の苦労に耐え続けている方々には畏敬の念を感じます。

今日までの間に自分も何か助けになる事はと考えても、一日も早い復興を祈る事しか出来ず、そして時間と言うものは過去の形をを少しづつ消し去り、今日のこのような区切りの時でなければもはや思い起こすことも少なくなってきてはいます。


ですが、あの未曾有の惨事を経験して、世の中は確かに強くなってきていると、実質的に災害対策のインフラや人々の心構えなども明らかに変わってきていると、そう感じているのはおそらく私だけではないはずです。

もちろん自然の脅威は時に我々人間の力の及ばぬほど強大で、今後も歴史において大きな爪痕を残す事態も起こり得るでしょう。

その脅威に立ち向かうのではなく、力では自然に勝つことの到底できない人間にとって、そうなった時の対応を構築する事は未来永劫決して忘れてはならない、そう思う次第です。


東日本大震災だけではない。
世界も、日本も、有史以前より自然災害、人的災害にかかわらず消されたものの上にまた新しいものを作り上げて今この時代に至っています。
だから6年たったあの地震からも、またもう少し時が経てば失った土地は必ず新しく生まれ変わる。

必ず訪れるその時まで、6年前の今日何が起こったのか、決して忘れずに苦労を分かち、ともにより良い日本と言う国を皆で再生していければと、そう思いながら今日と言う日を過ごしておりました。

なんでもない平凡な日常がどれほど幸せな事か、3月11日と言う日ほど今を生きる日本人として実感する日は他に無いのではないでしょうか。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-03-11 21:50 | 日々の生活 | Comments(0)
はい皆さんどうもこんばんわjpslotusです。
2017年もあっという間に2か月が過ぎましたね。

それはいいとして。

今、私がメインで乗っているロードバイクのキャニオン。
軽量級カーボンバイクだけに、そのカーボンを傷つけたり割ってしまったりしないように、フレームに取り付けるネジの締め付けトルクが厳密に定められております。

で、そんなバイクなので簡易的なトルクレンチが付属で付いてたりもします。















b0040606_22363744.jpg





こんなの。



締め込んで力がかかるとシャフトがねじれてその捻じれ量で締め付けトルクを計ると言うなんとも原始的なものです。

で、しばらくこれ使っていたのですが、簡易的な物だけにやっぱり使ってくると不便に感じるモノです。
なのでちゃんとしたトルクレンチを手に入れてみました。















b0040606_22393916.jpg






IRONMANというメーカーのトルクレンチです。
普通、この手のトルクレンチは一万円以上は平気でするのですが、海外サイトで6500円くらいで売っていたので衝動買いです。



で、これはどのようにしてトルクを計るのかと言うと、













b0040606_22411818.jpg





このようにゲージがあります。
レンチのグリップを回転させると赤いゲージが動いて、かけたいトルクの数字の部分まで合わせてネジを回すと、適正トルクまで力がかかったらレンチヘッドが

「こきっ♪」

と動いて教えてくれると言うね。
やっぱりモノもしっかりしてるし、ボルトのトルク管理が断然楽になりました。






b0040606_22443331.jpg





特に私のキャニオンはシートポストまでカーボン製なので、もうコイツがないと怖くてネジ回せませんわ。(笑)

手に入れてまだ間もないですが、既に超愛用品。

カーボンフレームのオーナーはもちろん、自転車を自分でメンテする方にはもれなくおススメの工具です。
それこそ自転車修理の指定工具として義務化されてもいいくらい。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-03-02 22:50 | じてんしゃ。 | Comments(0)