ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

はいみなさんこんばんわjpslotusです。

今回は、最近買った音楽CDのお話。

それ以前に、「オマエまだ音楽とかダウンロードじゃなくてCD買ってんのか」と思われるかもしれませんが、ほっといてください。(笑)

そもそも今回のはCDで買わないとむしろもったいない。

で、ダレのCDかと言う事なのですが、皆さんご存知でしょうか。

















b0040606_2034526.jpg







婦人倶楽部




なんかイロモノ的な感じするでしょ?
ちなみにメンバーはですが、

佐渡島で生活するごくフツーの主婦4人と、黒子ひとり。

それ以外の素性は全く明かされず、名前も主婦A・B・C・Dとかテキトーにも程がある。(笑)


ところがところが。

ワタシこれ初めて知ったのがYou TubeにあったPVなんですけど。

たらい舟にのって

というなんとものどかなタイトルですが、いざ聞いてみて驚いた。もぉ仰天した。







なにこの超カッコかわいいオシャレなポップ感。




一瞬にしてオレのハートをがっちりキャッチ。
とりえずその衝撃を受けたPVはこちら。


で、すぐさまウェブサイト探してみたら、婦人直売所というショップがありまして、そこでファーストアルバムとか売ってたんですけど、


婦人倶楽部が佐渡から直接商品発送!!


とかもぉわけわかんない。(笑)


というわけで、有無を言わさずポチりまして。
で、届いたのが、こちら。
















b0040606_2015911.jpg







婦人倶楽部1stアルバム・「フジンカラー」









b0040606_2016667.jpg






本当に佐渡から郵送してやがる。
てゆっかこの消印かわいい。

裏のあて名を見ると、
















b0040606_20171683.jpg





佐渡ヶ島 婦人倶楽部

と、もし事情の分からない同居人とかいたら在らぬ嫌疑をかけられそうな手書きの発送元名。(笑)
いやー、この封筒も捨てられないわー。



で、肝心の曲なんですけどね、
先程紹介した「たらい舟に乗って」がなんていうか、ピチカートファイブ的なポップ感。およそたらい舟という佐渡の伝統からは想像もつかないキッチュで、それでいてまとまったメロディーが素晴らしい。

佐藤望(ムッシュレモン)という方がプロデュースしているのですが、私はよく知らないですけどなかなか有名らしいですね、若いのに相当の実力をお持ちのようで。アルバムの中の曲全般に言える事ですが、Cメロで極端な転調を多用していながら全体に上手く纏まっていて、いや、この人天才かも。


「たらい舟に乗って」の他にも、アップテンポなリズムで佐渡島の名物をひたすら羅列する「グルメ紀行」、打ち込みのリズム感がとても気持ちいい「FUJIN CLUB」、まるで一昔前のアイドルソングを練り直したかのような「わたしお嫁に行くわ」、佐渡から東京まで出かけ、都会の雰囲気に戸惑う情景を描いた「東京カラー」。

どれもこれもオシャレで名曲ぞろいだし、何よりフツーの主婦にしては歌の上手さがハンパない。
もう皆さんに是非聞いてもらいたい。そしてアルバム買っていただきたい。もちろん佐渡ヶ島直送で。


というわけで、佐渡ヶ島からやってきた婦人倶楽部のアルバム、フジンカラー。
ちょっとでも興味のある方は、婦人倶楽部のウェブサイト、こちらからどうぞ。











b0040606_20401343.jpg









今、時代は佐渡ヶ島!!(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-26 20:46 | 日々の生活 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

前回足攣りながらもいろは坂登りましたが、更に足を延ばして奥日光まで。

中禅寺湖沿いを進み、竜頭の滝を越え、戦場ヶ原を過ぎると金精峠ふもとの湯ノ湖という湖に行きつきます。
















b0040606_18414594.jpg




ここからすぐに金精峠の登りが始まるのでまずはここで一休みして足の調子を確認すべく試にちょっと立ち漕ぎ。







やっぱ攣ったまんまだわこれwww




それでも坂道は許してくれません。
ダンシング封印のまま金精峠に挑みます。

が。













b0040606_18474278.jpg







いやー全然許してくれねぇわこれ。(笑)



距離にしてほんの4~5km位だと思いますが、時々10%くらいの勾配はあるわ、平均もきつめだわ、なかなか骨のある山道。
うっかりするとすぐに足攣りがぶり返す恐怖と闘いつつも、何とか登り切りました。









b0040606_1851579.jpg






b0040606_1851267.jpg





b0040606_18514744.jpg





金精峠からの眺めをしばし堪能して、帰りは来た道を引き返すのみ。
いやー、あとは下るだけなんで楽だわー。


山を下って湯ノ湖に再び戻ると、ここでちょっと寄り道。
戦場ヶ原前の脇道を入り、光徳牧場へ向かいます。










b0040606_185598.jpg





脇道を入って1~2km程度なのですが、ココの道がとても走りやすくて特に気持ち良かったです。
で、到着した幸徳牧場ですが、残念ながらレストランは本日休業。

でもその横のアイスクリーム売り場は空いてましたので、せっかくなのでアイスクリームを所望。






b0040606_18572774.jpg






b0040606_18574531.jpg





さすが牧場の手作りアイス。大変美味しゅうございました。
でもできればソフトクリーム的な方が良かったな。。。


少しの間アイスクリームを堪能して、この後はノンストップでいろは坂ふもとに停めた車まで戻りました。
到着した途端、それまで持ちこたえていたお天気がついに雨模様に。
なんかついてるんだかついてないんだか・・・


というわけで、帰路に着いたのですが、結構速い時間での撤収だったので帰りは高速に乗らず下道で帰ろうと言う事になりまして、その途中で遅いお昼ゴハンとなりました。

下今市駅の近くにあります、こんなラーメン屋さんに入ってみました。








b0040606_1932236.jpg





餃子とラーメンの店 八海山




ここで頂いたのが、パーコーメンと餃子。







b0040606_1945638.jpg




やっぱり宇都宮近辺まで来て餃子は外せない。
そして期待を裏切らず、ジューシーでとても美味な餃子。
いや、ラーメンも良かったのですが、それ以上にやっぱり餃子が良かったモノで。


というわけで、美味しい餃子の余韻を楽しみつつ、今回の日光ライド終了となりました。
足攣りというアクシデントで不完全燃焼でしたが、まぁこんな日もあるさ。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-21 19:11 | じてんしゃ。 | Comments(0)
世間では3連休の1日目と言う事らしいですが皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですこんばんわ。

誰かと一緒に自転車に乗りに出かける時は決まって会社の私設自転車部の面々になるのですが、今回も例に漏れず、そのお話になります。

昨年の10月くらいにも一度走りました、日光いろは坂。
今年も行ってまいりました。

なぜかわけも無くうちのメンバーのヒルクライム基準タイムがいろは坂だったりしまして、ワタクシが去年初めて登ったタイムが30分と36秒。
昨年のタイム短縮は当然のこと、30分を切るべく今年もいろは坂アタックと言う事です。



の前に。
















b0040606_19112470.jpg







Mさんのスペシャライズド・ルーベのホイールがいつの間に・・・




カンパニョーロ・シャマルミレになっとる。








b0040606_19136100.jpg





カーボンハブがステキ。
オイラもFFWDじゃなくてこっちにしとけばよかったかなぁ。(笑)




他人の散財を羨ましがりつつ、スタートです。









b0040606_19144688.jpg







去年一度登ってるから大体のコース取りは覚えているはず。
ムリに頑張ってペースを乱さず落ち着いて走れば30分切りは余裕のはず、だったのですが。
















途中で足攣ったwww





どうにも我慢できず足ついて小休止。











オレ的いろは坂TT終了。(笑)





一応ゴールの明智平でタイム確認しましたが、









b0040606_19211793.jpg






去年より速いワケねぇ。
足さえ攣らなきゃ余裕でタイム更新だったのに。はい、いいわけです。



傷心のまま(笑)、中禅寺湖まで下って記念撮影。











b0040606_1927776.jpg






ここでMさんはご家庭の用事で先に撤収。
ここから先は私とYさんの2人で更に奥日光へ進み、金精峠まで制覇すべく自転車を走らせたわけですが、大丈夫でしょうか。











ワタクシ足攣って立ち漕ぎ封印状態なのですが。(笑)




続く。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-16 19:34 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

先日ですが、昨年も行った神奈川県のヤビツ峠に行ってきました。
今年も富士スバルライン登ろうと思っているのですがその予行練習として。

その日は朝から曇り空でして、それでも天気予報では神奈川地方は夕方までは天気が持ちそうだったので行ってしまえとね。


で、昨年と同じく車で東名高速の秦野中井インターを降りて、近くに車を停めてヤビツ峠をヒルクライムとしゃれ込んだのですがね。

登り始めは確かにまだ雨の降る気配は無く、







b0040606_21334482.jpg





これなら何とかなりそうだ。
いや、10%勾配が何とかなりそうではなく、天気のお話です。(笑)



しかし。
















b0040606_2135528.jpg






やべー、降ってきた。しかも坂きつい。


そして市街地を抜け、山に入ると・・・
















b0040606_21361347.jpg






前見えねぇ。







b0040606_21363484.jpg







なんも見えねぇ。(笑)




それでもあきらめ悪く、とりあえずヤビツ今年も制覇。








b0040606_21373134.jpg







本来ならこのまま裏ヤビツ下って去年と同じくオギノパン行って、ついでにクロワッサン・ゼブラも寄って戻ろうかと思ったのですが、雨がやむ気配も無く、何よりレインジャケット持ってきてなかったので、このままおとなしく来た道戻って撤収しました。

が、

せっかくなので車でゼブラ行ってきましたけどね。






b0040606_2140015.jpg






b0040606_21401566.jpg




相変わらず美味しいコーヒーと美味しいクロワッサンに舌鼓。




b0040606_21405014.jpg






ちなみにオギノパンはおみやげに持ち帰ってきました。






b0040606_21413151.jpg







ものすごく不完全燃焼なヤビツ遠征でしたが、山の天気をナメていたボクが悪いんです。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-14 21:45 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

先月のお話になりますが、いつもの勤務先自転車部(?)の面々とサイクリングへ行ってきました。
今回は、裏磐梯です。
















裏磐梯のとあるコンビニからスタート、桧原湖をまるまる一周と秋元湖方面を大きく回って全行程およそ70km、獲得標高100mのまったりライドでございます。











b0040606_21451216.jpg





のっけからとてもまったり。





b0040606_21454328.jpg




しばらくすると桧原湖に到着する直前にこんな建物が。
磐梯山噴火記念館
というらしいですが。



そこからまたしばらく進み、スタートから約20kmの地点で一休み。







b0040606_2152998.jpg




道の駅 裏磐梯



b0040606_21524082.jpg





景色ははっきり言ってあまりよく見えませんが。。。
湖をバックに記念撮影もできないのでそそくさと出発し、途中の湖が良く見える道路脇にて記念撮影。








b0040606_21542576.jpg





その後もまだまだ進みます。




b0040606_21545991.jpg





秋元湖を周遊しているころ、ようやく骨のある山岳コースが姿を現し、えっちらおっちら登った先が今回のルート最高地点。
ここでも記念に一枚ぱちり。










b0040606_2157927.jpg






自転車側溝に落としてますけど。(笑)







b0040606_21575724.jpg







b0040606_21581398.jpg






後は景色を楽しみながら下って今回のサイクリングはちょっとあっさりしたままお開き。


ところで帰り道にこんな所に寄って遅いお昼を頂きました。










b0040606_21595766.jpg







河京 ラーメン館



福島と言えば喜多方ラーメンですからね。

で、ここのおみやげ屋さんに、







b0040606_2212214.jpg





こんな挑戦的な販促POPが。
なんかむかつくな・・・













b0040606_2231595.jpg








とは言え買ったんですけどね。(笑)




確かに大変美味しゅうございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-08 22:08 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

今月の2日から、自転車好きには見逃せない映画が公開されておりまして。
なので本日、映画館へ足を運んでおりました。
その映画とは、これ。

















b0040606_17405094.jpg






疑惑のチャンピオン



ランス・アームストロングと言う名前を誰でも一度は耳にしたことがあると思います。
自転車の事など興味ない人でも大体知っているツール・ド・フランスという自転車レースの世界一大イベントがあるのですが(ちなみに今現在開催中。)、そのレースを1999年から2005年まで7連覇を果たし、ロードレースファンから神と崇められた彼ですが、その後ドーピングの使用を認めたことによりその記録は剥奪、自転車競技会からも現在は追放されている人物です。


プロ選手となって間もなく癌に侵され、生存確率が僅かなところから奇跡の復活。
そしてツール7連覇までの間に行われた能力向上のためのドーピング、そしてそのドーピング疑惑を追うジャーナリスト。
ランスの現役時代のいわゆる「闇の世界」がとても生々しく描写されており、本当に自転車が好きで、本当にスポーツが好きな人にとっては「もうやめてくれよ。。。」って思うくらいにグロテスクなカネと勝利と名誉の為に魂を売った一人の男の物語です。


昨年末に観た映画、「PANTANI~海賊と呼ばれたサイクリスト~」も、サイクルロードレースに絶えずついて回るドーピングの疑惑がテーマになっていましたが、ドキュメント映画だったあの映画と違って、今回の映画はノンフィクションと言えども作られた脚本なので多少表現が過剰な演出もあると思います。
ですがかつてランスが所属したチームが完全に「彼の為のチーム」だったこと、チームが組織ぐるみでドーピングを行い、巧妙な計画で検査をすり抜けていたこと、絶対無敵の存在に上り詰め、そこからの転落を恐れた挙句、後戻りできなくなったというか、しようと考える事すら無く悪魔に魂を売り続けた描写は秀逸。


実際ランスが活躍した時代、TVで観ていた私にとっても彼は無敵の存在で、憧れであり、神のような人物でした。
そんな彼の走りをリアルタイムで観ていた世代だからこそ、この映画でベン・フォスターが演じるランスの人生の経緯は事実であっても、実際の彼は映画で描かれているドーピングに対して罪悪感を微塵も感じないただの欲望の亡者でなく、実際は少しでも薬物に関して後ろめたさは有りながらもそれを絶つことが出来なかったむしろ一人の弱い人間であってほしい。
もっともどちらにしろ取り返しのつかない事をしていたことには変わりないのですが。


彼が現役だった頃のあのツールでの絶対的強さは観る者に衝撃を与え、その後長い年月を経てドーピングの使用を告白した時は多くの人々を失望させました。
そんなランス・アームストロングと言う人間を知る者、そして自転車を愛する全ての人々に観て頂きたい。

そしてこの映画を観終わった後、おそらく皆さんこう思われるはずです。







スポーツとはまず何よりも、楽しむ事が一番の目的でなければならない。」と。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-04 18:23 | Movie | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


昨年末クリスマスくらいの時期に、コイケヤのポテトチップスでこんなの紹介した記憶があります。
















b0040606_22232216.jpg





b0040606_22233613.jpg





ポテトチップス・みかん味といちごのショートケーキ味。


この時もコイケヤの斜め上を行く攻め具合に度肝を抜かれましたが、最近スーパーへ買い物に出かけたらですね、こんなのがありまして。

















b0040606_2225512.jpg








ポテトチップス・トースト味











な ぜ だ !?





新しいフレーバーを開発するのはいい。
それがポテトチップスの味としてかけ離れたものでもその努力は認められるべきだと思います。
しかし、








ポテトチップスにトーストの味を期待している消費者など誰一人としていないのではないか。


と言う疑問は隠せない。



というわけで、食べてみました。(笑)








b0040606_2229880.jpg





見た目はなんとなくうすしお的なあっさり系の印象。
で、お味ですけどね。





トーストと言われればなんとなくそんな感じ。



ですが、何の先入観も無くこれ食べたとするとワタシ個人的にはトーストと言うより、












塩焼き鳥に近い感じがする。





トーストか塩焼き鳥?
解りにくいですよね。
ええ。とってもわかりにくい味わいでした。(笑)


確かに不味くはない。
だが2度目も無い。
おとなしくコンソメ味とか食おうぜ。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-07-02 22:35 | 日々の生活 | Comments(0)