ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

平日真っ昼間に更新です。
最近超忙しくて休日なんてやる気も出ないよ。(笑)


とは言え、先日よく晴れたお休みの日にちょっとジテンシャでふらふらお出かけしてました。
向かった先ですけど、日暮里界隈に位置します、谷中銀座。
















b0040606_14445360.jpg





いや、特に目的は無いのですが、なんかこう下町の風情ありそうな場所で、なおかつ行った事なかったモノでつい。












b0040606_1446239.jpg








b0040606_14465357.jpg







b0040606_14471088.jpg






風情あり過ぎて嬉しくなりました。(笑)




そんな谷中銀座から、ちょいと2軒ほどお店をご紹介。
















b0040606_14481948.jpg








やなかのしっぽやというバーケーキのお店。







b0040606_1449154.jpg





色んな種類のバーケーキ。
どれにしようか迷ってしまいます。
一本160円から200円くらい。
で、適当に2本所望してみました。







b0040606_14501189.jpg






左が季節限定のさくら。
右がチョコだったかと。
右のチョコのバーケーキに焼印されている猫の足跡がなかなかかわいい。

とても美味しく頂きましたが、買ったばっかりのほやほや温かいうちの方がもっとおいしかったかも。






そしてもう1軒。
















b0040606_14524950.jpg






アトムというパン屋さんです。







b0040606_14531769.jpg





こちらのパンも美味しそう。
ちなみにこちらさん、レジ奥すぐのところに石窯があって、その場でパン焼いている様が見れてなかなか楽しい。
石窯があるだけに、パンどころかピザまで焼いて売っている様子。
今度ピザ焼き上がる時間見計らって行ってみたいですけど。

で、こちらでも2種類のパンをお買い上げ。








b0040606_14561639.jpg






左がフランスあんぱんと言って、名前の通りフランスパン生地で作ったあんぱん。
それなりに食べごたえがあってとても気に入りました。

右は田舎パンというプレーンなパンなのですが、とってももちもちとした感触で、パンと言うよりおもち食べてるような不思議な感覚。
お味は全くプレーンな味わい。素材そのものを味わうというかね、なんか体によさそうな味と言うか。根拠はないですけど。(笑)


この2店の他にも、色々楽しげなお店が軒を連ねる谷中銀座。
JR日暮里駅西口から、東京メトロ千駄木駅方向にのびる小さな商店街。
規模は小さいながら、下町風情たっぷりでとっても楽しい場所でした。
また近々、再訪してみたいと思います。
皆さんも良かったら是非に。







b0040606_1523636.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2016-03-28 15:07 | 日々の生活 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですこんばんわ。


最近、特にわけも無く大衆食堂探しにハマってます。(笑)
昭和時代から営業しているような場末の中華料理屋とか、むしろそーゆーお店のほーが庶民的なお値段で美味いもん提供しているに違いないと思いましてね。

まぁボク的には荒川区町屋の光栄軒を超えるお店があるのか?という探究心が第一なのですが。



で、手始めに自宅近辺をうろうろ探しまわっていると、こんなお店を発見しました。

















b0040606_1825913.jpg







水元軒


東京都 葛飾区 東水元 4-4-15




先日ご紹介しました喫茶店、達磨堂珈琲のすっごい近くなのですがね、この外観、まさしく典型的な大衆中華料理屋と言うか、ご近所にはおなじみの店屋モノ感満載。


で、どんなものが提供されるのか、期待と不安を抱えながらまず、「麻婆豆腐丼」を注文してみました。
















b0040606_1829472.jpg






これがその麻婆豆腐丼。たしか700円だったかと。
で、お味なのですが、











美味い。




もちろん新宿パークハイアットのレストラン的な味なんて期待しているわけじゃないです。
大衆食堂の味わいとしての話です。
大らかで肩ひじ張る必要のない安心できる味と言うか。

なかなか気に入ったのでもう一度お邪魔してみました。
















b0040606_1833486.jpg





今度はカツカレー。





このお店で一番高価なメニューいっときました。(笑)



こちら950円也。
カレーはまぁ、業務用モノでしょうからココイチのような専門店の方がはっきり言って美味しいかな。
でもこのボリュームは魅力。
カレーがかかってて分かりにくいですけど、カレーとライスの間には万遍なくカツが乗っており、このカツだけでもそーとーの食べごたえあり。


この手の大衆食堂へ行きたくなったらわざわざ町屋の光栄軒に通っていたのですが、近場でこれだけのレベルのお店見つけちゃったら、今度からどっち行こうか迷っちゃいます。

とにかく、この水元軒、わたしのよーなビンボー独り暮らしの外食先として素晴らしく手頃なので、とってもお気に入りになりました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-03-24 18:42 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

本日は、映画のお話をひとつ。
新作ではなく、レンタルDVDで観た映画なのですがね。

















b0040606_17515538.jpg







太秦ライムライト



2014年に公開された映画なのですが、大体的に公開された映画ではないので、ある意味知る人ぞ知る映画と言えると思うのですが、私的には、どうして今までこの映画の存在を知らなかったのか、悔しいというか何というか、当時知っていれば是非映画館で観たかったと思えるような作品でございました。






かつて「日本のハリウッド」と呼ばれた京都・太秦。

太秦の日映撮影所に所属する香美山(福本清三)は、斬られ役一筋のベテラン大部屋俳優だが、時代劇の減少に伴い出番が減ってきていた。
そんなある日、長年続いたテレビ時代劇『江戸桜風雲録』まで打ち切られ、主演の尾上(松方弘樹)は香美山に「また斬らせてくれ」と言い残して太秦を去る。
斬られ役としての出番を完全に失った香美山は、映画パークのチャンバラショーに出演することになった。


映像作品での出番がない日々を送るなか、香美山は新人女優のさつき(山本千尋)と出会う。

どんな状況でも稽古を怠らないその姿に惹かれたさつきは香美山に殺陣の指導を請い、二人はいつしか師弟関係となる。やがてさつきは時代劇での殺陣をきっかけに、東京で活躍しスター女優となる。


時が経ち、『江戸桜風雲録』の劇場版の制作が決定。さつきは尾上と共に主演に抜擢される。
久々の太秦での撮影を喜ぶさつきだったが、香美山は体調を崩して引退しており、いつの間にか大切なものを失っていたことに気づく。

さつきは香美山の故郷を訪れ、かたくなに復帰を拒否する彼に稽古を申し込み、映画への出演を懇願する。

一か月後、香美山は撮影所にいた。尾上との約束を果たすために。
そして、最愛の弟子さつきに斬られるために……。





みなさんは福本清三という役者さんをご存知ですか?
現在までおよそ半世紀もの間、時代劇の斬られ役などで数えきれないほどの出演歴を持つ「名も無き役者」でして、そのキャリアから畏敬の念を込めて、「5万回斬られた男」との異名を持つ大ベテラン俳優さんです。

その功績が注目され、ハリウッド映画「ラスト・サムライ」にも寡黙な侍役で出演歴もあり、そしてとうとうこの映画で役者歴50年にして初、そして唯一の主演を果たすことになりました。


で、この映画ですけど、その福本先生の半生の自伝のような、それともわざわざ福本先生に主演をやって欲しいが為に脚本書いたような映画と言うか、時代劇の斬られ役にスポットを当てた映画だけにもぉね、卑怯なまでに主演は福本先生以外ありえない。(笑)

衰退していく時代劇の中で、日に日に行き場を失っていく斬られ役の大部屋俳優たち。
あるものは東京へ、またあるものは役者の道を諦めていく中で、時代劇と共に生き続ける香美山。
実際の福本先生には仕事のオファーが無くなるなんてことは無さそうですが。(笑)


この映画の流れ全体からすると、多分もっと長い尺撮ってたと思うんですよ。
色んな理由でカットしちゃったとこあるんじゃないかな?と。
例えば、さつきが東京でトップスターになっているのもイキナリだし、あれだけ旧来の時代劇を毛嫌いしていたプロデューサーが、何で土壇場で考え変えちゃってるのか、そんなとこの流れが唐突な感じは否めない。
あと、「新感覚時代劇」とか言って昔の時代劇と対照的な脚本・ロケで番組をつくる流れがあるのですが、その意図的なダサさがちょっとやり過ぎかな。主演の若手俳優も、実際いくらなんでもこんなヤツいねぇよ。的な。


しかし福本先生が主演と言う事で、殺陣師の峰蘭太郎とか、松方弘樹さんとか、合田雅吏とか、多分出演オファーが来た時に一も二も無く即決快諾したんじゃなかろうか。そう思えるくらい、映画の中で楽しんで演技をしているのがよくわかります。

やっぱり殺陣のシーンですね。
終盤の松方弘樹の立ち回りと、福本先生が峰蘭太郎と木刀で稽古をつけるシーンなんて鳥肌モノのカッコ良さ。

そして主演女優の山本千尋がまたすごい。
殺陣もうまくこなしてるし、若手にしては時代劇の中でも全然違和感なし。
と思って調べてみたらこの人、太極拳の武術選手権でジュニアクラス世界一獲ってます。つまりガチアスリート女優。
そりゃ刀の扱い上手いわけだわ。この特技生かしていけば本格派アクション女優として間違いなく食っていける。
それに何より、アクションやってる時の目ヂカラがとんでもなくハンパない。
当時17、18歳かそこらのはずなんですけど、全然高校生の目ヂカラじゃねぇ。もうこの目のカッコよさだけでワタクシお気に入りの女優さんランキングに余裕でノミネートですわ。とにかくこの人カッコいい。


そんなわけで、長い事脇役としてのキャリアを積み重ねていた福本先生の唯一の主演作。
時代劇の斬られ役の悲哀やその裏に隠れた努力。
そして純粋な師弟愛などが詰め込まれた良作です。


当時なぜ大体的に公開されなかったのか、もっと中身のない退屈な映画もたくさんある中で、本当に邦画の良さを味わえるこの映画が、公開から2年過ぎた今となってもDVDなり何なりでもっと沢山の方々に是非知ってもらいたい。

この映画を観終わった時、心からそう思った次第です。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-03-18 18:47 | Movie | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

本日一日中雨です。憂鬱っすな。


さて、相当前に自宅近くにあるお弁当が底値レベルで安価い惣菜屋さんをご紹介した記憶があるのですが、その惣菜屋さんがですね、しばらく行ってないうちに、
















無くなっておりまして。




やっぱりムリがあったのか・・・

で、そうなると他に似たようなお店が近所に無いものかと探してみたくなるのですが、
















あった。(笑)



見つけたのは、京成線青砥駅前にございましたお弁当屋さん。

















b0040606_1929224.jpg








デリカぱくぱく 青戸店




青戸店というからには、他にもどこかにお店があるんでしょうが、少なくとも自宅から一番近いのはここかと。

で、肝心のお弁当ですけどね。
















b0040606_19315889.jpg






カツとじ弁当と言ったところでしょうか。
至ってシンプルなお弁当ですけど、これで250円なら文句ありませんな。


お味も値段を考えるとまぁまぁ及第点。
他にもいろんな種類のお弁当あります。

そしてさらに。

一品惣菜もいくつか販売しておりますが、私の目に留まったのは、でかいから揚げ。
どれだけでかいのかと言いますと、
















b0040606_19352687.jpg






となりのタバコの箱と比べるとその大きさが分かっていただけるかと。
これだけ食べごたえがあって、お値段たったの150円。


というわけで、ビンボー生活バンザイのワタシとしましては、また性懲りも無く休日のお昼ゴハン候補一番手のお店にノミネートさせて頂きます。
但しこのお店、店員のおにーさんが果てしなく無愛想なのでそこんとこだけご注意ください。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-03-14 19:40 | 日々の生活 | Comments(0)
え、みなさんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

先日、雨の日に車でちょっとお買い物に出かけていたら、運転中にこんなお店見つけました。

















b0040606_21231243.jpg








やすいよやすいよ青果店。











その自信は一体どこから湧き出てくるのか。




個人的に応援したくなります。
負けるな、個人商店。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-03-08 21:25 | 日々の生活 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

本日、特に予定もなかったので自分の体調をはかる意味も込めて久しぶりに70キロほど自転車こいできました。
久しぶりだったんで足いたひ。明日筋肉痛大丈夫かしら。

それはいいとして。


以前にも色々ご紹介した記憶があるのですが、なぜか今住んでいるところの近所にはパン屋が多い。
本日はまたその中の1店、ご紹介します。

















b0040606_18211357.jpg







LYON Celeb 柴又




東京都葛飾区柴又2-10-4




前々から気になっていたパン屋さんなんですが、これもどうやらチェーン店みたいで。




で、どんなもんが置いているのかと店内散策したのですが、なかなか美味しそうなパンばかりで、とても迷っちゃう。

そんな中、3種類ほどチョイスしてみました。










b0040606_18252849.jpg







カレーパンと、ストロベリーデニッシュと、ごぼうおやき。




カレーパンははっきり言ってどこにでもあるようなカレーパン。もう少しパンチが欲しかったところ。
で、あとの2つがですね、














b0040606_18265552.jpg






ストロベリーと、カスタードと、生クリームのまろやかなこと・・・
甘いモノが好きな方にはたまりませんなこれ。




で、ごぼうおやき。










b0040606_1828670.jpg







パン生地の中に、まんまごぼうの煮物が入っています。
この中の煮物がね、ちょっと味が濃すぎるかな?と言った印象。
体裁としては「おやき」なので、煮物そのまま入っているというのはいいですが、ごぼうを具材に使うんだったら、煮物でなくマヨネーズ和えとか、そういった類の具材の方が良かったかも。
このままでは、「お子様も喜んで」とか、そんな味わいではない気がしますんでね、むしろ酒のお供とかに向いてる感じですので。


とは言え、なかなか良いパンを作っているお店だと思いますので、今度また何か違う種類のパン、買ってみようと思います。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-03-04 18:34 | 日々の生活 | Comments(0)
3月になりましたjpslotusですみなさんいかがお過ごしでしょうか。

最近忙しいのと、ちょっと体調を悪くしたのとであまり自転車乗れてません。
その代わりと言ってはナンですが、前回に続いてラーメンの話でも一つ。(笑)

今回ご紹介するのは、ベースはオーソドックスな東京とんこつなのですが、具材に豚の角煮が使われているという、なんとも味わい深いラーメン。

そんな角煮ラーメンを頂けるお店が、こちら。
















b0040606_1983429.jpg








ばんから 秋葉原店




チェーン店でしてね、色んなトコロにお店があるのですが、ワタクシの自宅から一番近かったのが、この秋葉原店。

まぁ秋葉原ですからね、カレーと並びラーメンもかなりの激戦区かと。
お店に入ると、店員の、特にラーメン作ってる方のテンション高いこと。
味だけでなく、ホスピタリティーもきちんとしてないと秋葉原ではやっていけないのでしょう。

で、お待ちかねの角煮ラーメンですがね。

















b0040606_19132339.jpg





角煮の他に、ノーマルのチャーシューも一枚乗ってまして、あくまでも角煮はトッピング扱いと言うかね。
で、お味の方ですが、この角煮のたれの味わいがとんこつスープと程よく混ざり、







この手があったか。



と思うような味わい。
なかなかオツなものです。
ただ、角煮の味わいを押し出したいためなのか、とんこつスープがちょっとあっさり目で私としては若干の物足りなさを感じます。
多分フツーのラーメン食べてみたら、角煮ラーメンほどの評価は高くないだろうなと。
まぁでも実際食べたのは角煮ラーメンなわけだし。(笑)


とても美味しくいただきましたが、ぶっちゃけこのラーメン食べるためにわざわざ秋葉原へ繰り出す気がおきるほどのものではないかな、残念ですが。

まぁ秋葉原で何か買い物があった時のついでにまた立ち寄るくらいなら悪くないかな。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-03-01 19:21 | 日々の生活 | Comments(0)