ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


ニュージーで撮った写真を改めて見ていたのですが、こんなの見つけました。

あっちで暮らしていたとき、外でタバコ吸いたくなった時に、

「あ、ライター無ぇや。」

って、思わずよく買っちゃったりしたのですが、ある日気がついたらそのライターをよく買うシェルのガソスタ、お店ごとにライターに店名プリントされてんですよ。

というわけで昔、そのシェルのライターわざわざ集めてました。(笑)
画像が小さくてよく解らないと思いますが、


















b0040606_2225988.jpg







左から:

Shell Lancaster
Shell Carlton Corner
Shell Riccarton Road
Shell Shirley
Shell Bryndwr
Shell Brougham
Shell Linwood
Shell Ferry Road
Shell Burnside

チャーチにお住まいの方は、さぁ地図を広げてみよー♪

当時はあと2,3こ他にあったような・・・
せっかくライター買いに行ったのに店名プリントされてないトコもあったり。

ほんとは日本に持って帰りたかったのですが、



















空港であぶないヤツ扱い




されてはかなわんので、泣く泣く処分してきました・・・



今となってはいい思い出です。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-11-25 22:34 | クライストチャーチ | Comments(2)
ネットでこんな画像見つけたんですど。

スペイン恐竜博物館ってすげー行ってみてぇ。









ティラノサウルスの、



















b0040606_1117544.jpg









交尾を再現した骨格模型。
















フ ァ ン キ ー !!
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-11-22 11:20 | 日々の生活 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

日本では本日0時より、



















ボジョレー・ヌーヴォー解禁!!



などとこの時期に限ってワイン通ヅラした人たちの興味を引くような感じで毎年のようにボジョレーの赤ワインが話題を振りまいております。

まぁ日本人は季節モノとか限定モノに弱いですからね、ワインと言えば?なーんて質問したらボジョレー・ヌーヴォーって返事がたくさん返ってくるんでしょ。

まあいいですけど。


でもボジョレー・ヌーヴォーって何で解禁時期があるのか知ってますぅ?

「ヌーヴォー」ってーのは砕いて言うと、「新作」って意味なんですけどね、つまりフランス・ボジョレー地方で産出されるその年のワインの



















試飲サンプル。





その年のワインの質を予想するためにまずは先を切って流通させるわけで、あくまでワインつーかその年のブドウの出来具合を測るためのもの。強いて言えば



















熟成作業すっとばした未完成品。




なわけですよ。

まぁそれでホントーに「今年のボジョレーはいい出来栄え。」とか解ってりゃ良いんですけど、


















解禁日にボジョレー飲んでそれで満足。





とか片腹痛いですな。(笑)

無理やり解禁日に合わせた薄っすいワインがうまいうまいってもてはやされてんだから、、メルローとかシラーの重厚な味わいなんてヌーヴォー好きの日本人にとっては


















醤油みたいなもんでしょうね(笑)





まぁお好きな方は今年も話題に乗れて満足。
生産者は手間のかかってないただのサンプル品飛ぶように売れて満足。
平和だわ。


まぁお好きな方は手に入らなくなるうちにお急ぎになったほうが良いですよ、なんたってサンプル品ですから。
まぁそんなこと言ってる俺も、そもそも


















ほとんど酒飲めねーけどな。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-11-18 19:21 | 日々の生活 | Comments(2)
日本はめっきり冬ですjpslotusです皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、クライストチャーチでお世話になりましたシリーズ第2弾のご紹介にあがりました。

今回は、ちょっと(というかかなり)ゼータクな気分でお邪魔していたクライストチャーチのお寿司屋さん。



















b0040606_18322246.jpg







Sushi DiningKinji


599,Colombo St Christchurch


若いオーナーのKinjiさんがクライストチャーチで本気で営む本格寿司屋。
魚資源が日本と比べてはるかに乏しいニュージーランドで奇跡のような日本料理の数々を提供しておられます。


















b0040606_1836282.jpg




ランチメニューにはこのような鉄火丼。

夜のメインはもちろんお刺身とおすしなのですが、


















b0040606_18365714.jpg

















b0040606_18372939.jpg





どうです、あの魚と言えばサーモンかフィッシュ&チップスしか知らんニュージーランドと言う国の中でこの刺身とお寿司の数々。(笑)


更に私が最後に訪れた時にキンジさんが薦めてくれたのが、


















b0040606_1841171.jpg




超期間限定:スチュワート島産生牡蠣。










ブラフオイスターを超えてる!!



最後まで死ぬほど堪能しました。
キンジ大将、お見事です。

つーかこれ書いてたら、行きたくなった。
Kinji行きたくなった。
寿司食いたいんじゃないんだよ。


















Kinjiの寿司が食いてーんだよ・・・(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-11-16 18:47 | クライストチャーチ | Comments(4)
実家の近くにあるお店の看板なんですけどね、






















b0040606_13183756.jpg











そんな抽象的な・・・
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-11-12 13:20 | 日々の生活 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

最近、更新している頻度でいつが自分の休日なのか皆さんに思いっきり悟られてる気がしてなりません。(笑)


さて、それはおいといて。

久しぶりにクライストチャーチ関係のお話を。

ず~っとフラット住まいの独り身だったもので、やっぱり外食にもよく行きました。
そんな中で最もお世話になった日本食屋さんがココ。



















b0040606_1722244.jpg









Tanakaya





125 Gloucester St, City, Christchurch




オーナーのタナカさんと、そこでお仕事しているメグミ氏にはホント色々お世話になりました。
ふらふらと何度もあしげく通った挙句しまいには厨房顔パスでくつろいでました。(笑)

お客さんも在住者からワーホリまで、まぁ日本人の憩いの場みたいな感じでしたねぇ。

そんなタナカヤで一番多く食したのはたぶん、


















b0040606_17274837.jpg







チキンからあげ丼だったと思う。




タナカさんのおかげで独りでもちゃんと栄養取れてたと思います、多分。
メグミ氏もデンさんも元気かなぁ・・・


まぁそんなわけで、現在チャーチにお住まいの皆様、どうぞたなかやさんをご贔屓にお願いします。
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-11-10 17:32 | クライストチャーチ | Comments(2)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。
日本もぐっと冷え込んでまいりました。

ぐっと冷え込むと日本人にとって恋しいのは大勢で囲むお鍋か、あったかい温泉。

というわけで(?)、今回ご紹介するのは千葉県は浦安にあります温泉テーマパーク、



















大江戸温泉物語 浦安万華郷





大江戸温泉物語と言えばお台場にもありますが、浦安はお台場の後に作られた施設。
まぁ色々楽しめるテーマパーク的要素が強いので、

「ホントーに全部天然温泉なんだろうなぁ、あぁ!?」

なんて野暮な突っ込みは無しということで。(笑)

入場料はおよそ2000円弱。
館内に入ってすぐには、


















b0040606_17505385.jpg





こんな食べ物処、お土産処が並んでおり、まずはひとっ風呂浴びたところで、


















b0040606_17523467.jpg






昼間っから焼肉いただきました。(笑)



本当は館内くまなくご案内したいところなのですが、風呂場にカメラ持ち込んだ罪で捕まりたくないので気になる方はこちらをクリック。


さて、そうは言っても出来るだけ写真でご案内。
こちらは水着着用義務なのでそれなりに写真撮影も出来るゾーン。


















b0040606_1756385.jpg





夕方に撮ったのでなかなかいい雰囲気でしょ?
中央に流れている川も、なんと足湯。ざぶざぶ入っていけます。
その気になったらホフク前進も許されます。(笑)


















b0040606_17582675.jpg






こんな大きな岩風呂?もあったりして。
ただしココに見える滝は進入禁止。ただの飾りです。
どうせなら打たせ湯にすれば良いのに。

そんな水着ゾーンでちょいと遊んでその後、本格的に韓国アカスリまでやってきたんですけどね。
アカ面白いくらいに落ちてます。
担当してくれた韓国人のおばちゃんだったんですけど、途中カタコトの日本語でぽつりと、


















お客さん、運動してる?いいカラダしてるねぇ~




などとつぶやいてきたのですが、他意はないのは解っていますが、現在自分の置かれている



















一糸まとっただけの全裸。





と言う状況もあいまって、アカと一緒に変な汗まで落ちてきました。(笑)
アカすられただけでつつがなく終了したのは言うまでもありませんが。


まぁとにかく、温泉と言うものに絞ったテーマパーク、大江戸温泉物語 浦安万華郷。
なかなかオツなものでございました。
温泉やアカスリだけでなく、ほかにも色々なリラクゼーションを用意してますので、毎日に疲れた方はどうぞリフレッシュに足を運んでみてくださいな。
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-11-05 18:14 | 日々の生活 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

超久しぶりに映画のご紹介。
いや、久々に映画館行ってきたもので。

で、その映画ですが、



















b0040606_17421763.jpg







Airton Senna



アイルトン・セナ -音速の彼方へ-


1980年代から90年代にかけてF-1の世界に君臨した「音速の貴公子」ことアイルトン・セナの生涯を追ったドキュメンタリー映画です。
とにかくワタクシを含め、リアルタイムでセナの走りを見た車好き世代にとってはなつかしの映像満載。

当然日本のほとんどのF-1ファンはフジテレビが87年に全戦中継をはじめてから知った方だと思いますが、その当時から観戦していた人にとっては、88年モナコ、89年鈴鹿、91年ブラジル、92年モナコ、そして運命の94年サンマリノ。そんな「こんなことがあった」的な懐かしい映像がこれでもかとばかりに記録されており、フジTV以前のセナの若かりし頃の姿も余すところ無くたっぷりと鑑賞できます。

ただ、セナを中心としたドキュメンタリー映画なので当然ではあるのですが、製作過程であまりにもセナを神格化させ過ぎなんとちゃうか?と思っちゃうような映像の切り方なのがちょっと納得いきません。

インタビューでセナが言った、「カート時代の、金や政治のしがらみが無かった、純粋にレースをしていた頃に戻りたい。」というセナの気持ちは確かにピュアで、スポーツの原点はそうでなければならないのは解ってます。でもプロストやシューマッハのようにサーキットの外で行われる政争に対してクレバーでいられる強かさも、その世界ではもはや必要な要素の一つであるのもまた事実。
そこをあたかも邪悪であるかのような描き方をされていることの方が歪んだ物の考え方であるのではないか、と。


まぁそれは各々の捉え方次第ですから、鑑賞された方がどう思われるかは自由と言うこと。
そんなストーリー付けはさておき、映像的にはセナ世代のF-1ファンにはお宝です。
84年モナコで2位に入った時の映像とかやっぱりセナのドライビングすごいです。
フツーじゃあり得ない走り方してますから。大雨の中で。

そして94年のサンマリノの時、セナの死を伝えるフジテレビの映像が使われているのですが、あの時の三宅アナ、今宮さん、川井ちゃんとか、観てた人はみんな絶対憶えてるんだろうなぁ・・・


とにかく、あの頃を知っている人は必見。
もっと若い、セナを知らない世代の方々には、「こんなすごいレーサーがいた。」という語り部としてもこの映画は良いと思います。

ただ、ドキュメンタリー映画なので、娯楽として全般的に映画好き、と言う方にとっては退屈でしょう。
思い入れが無ければタダの古いクルマ動画ですから。(笑)

そういう意味ではこの映画、87年にフジが作った「グッバイ・ヒーロー」となんら変わらんコンセプトで成り立ってます。(笑)



ちなみに私ですか?
楽しめましたよ、セナ満載ですから。
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-11-01 18:18 | Movie | Comments(0)