ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

本日TOEICの試験受けてきました。久しぶりに脳みそフル回転で頭蓋骨ぷるんぷるんしてますjpslotusですどうもみなさんこんばんわ。


さて、今日も旅の続きです。

ゴアの町を後にして、次に向かった先はそこから車で1時間ほどにあるInvercargillの街。
ずっと前にご紹介した世界最南端のマクドナルドがある町です。
ここはニュージーランド南島でもほぼ最南端に位置する都市なのですが。
で、そんなインバーカーギルの町並みはというと、こんな感じ。


















b0040606_20293984.jpg





一応ニュージーランドの中では比較的大きな都市なのですが、それなりにのどかだったりします。
まぁ裏を返せば、



















見るべきモノなんてほとんどねぇ。(笑)



でも一応ガイドブックにも載っている町ですからね。ほんのちょっとだけご紹介すると、


















b0040606_2032257.jpg





これが街のシンボル、給水塔。
古き善き時代の面影を今に残す、歴史ある建物のようです。
そして街中を散策しているとStateという保険会社のビルの前には、


















b0040606_20334487.jpg





でっかい傘のオブジェ。
実際に雨宿りもできます、あしからず。
そしてここが街のインフォメーションセンター。



















b0040606_20344767.jpg





建物の前には銅像がありまして、そして中に入ってみるとなかなかきれい。お土産屋さんも完備。
思わずここでちょっとお買い物してしまいましたが。

まぁそんなインバーガーギルの街、次回はもうちょっと散策して見つけたマニア垂涎の逸品をご紹介します。
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-30 20:38 | 旅行 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

前回、「サッカー日本代表どーせ勝てねえよ。」的発言してしまいましたが、まさか本当に負けていたとは思いませんでした。
翌日結果知って開いた口がふさがらないというか、そんな日本代表でも一生懸命応援している人が不憫でならないというか。

まぁボクはスペインさえ頑張ってくれれば幸せですけど。(笑)


さてさて、旅行記の続きですが、前回ご紹介したバックパッカーのあるGoreの街をご覧に入れましょう。
まずこれ。


















b0040606_22322274.jpg




ギターの形をしたモニュメント。

NZ's central of country music
と書かれていますが、










ホンマかいな?


ってツッコミが思わず入るわけですよ、この何も無い町並みを見ると。
百歩譲って何か町にハクが欲しいがためのこじ付けかと。

そしてその向かい側にあるのがこんなの。


















b0040606_2235180.jpg




おそらくこの辺でよく獲れるんだと思いますが、大きな鮭のモニュメント。
でもこれ、チャーチ周辺にお住まいの方ならどこかで見たことあるような気が・・・


















ラカイアの鮭とそっくりやんけ!!(笑)









b0040606_22364591.jpg

                     ↑
                 ラカイアの鮭。



そしてそんなGoreの町並みはというと、こんな感じ。


















b0040606_2237598.jpg




何も言うまい・・・
所詮はただの宿泊地点だったということだ・・・。


旅はまだまだ続きます。
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-26 22:40 | ニュージーランド | Comments(2)
はいどうもみなさんこんにちわjoslotusです。

いやー、やっぱり日本だと更新にぶりますわー。ごめんなさいねー。
でもしょうがないじゃない、だって日本じゃ、


















プロ野球観れるんですもの♪(笑)


今日は阪神勝ちました、城島の犠牲フライでサヨナラ勝ち♪
ちなみに時を同じくして日本代表対韓国代表のサッカーやってたみたいですが、結果は知りません。

どうせ負けたでしょ、ご期待通りに。いつもの事ながら日本代表、「伝統の」あんなプレースタイルで世界と戦おうってほーがおこがましい。(笑)


まぁそれはおいといて、旅行記やります。


さてさて2時間でダニーデンとさよならしたワタクシ、日没まで走ってたどり着いた町に宿泊しようと決めました。

そうして日没には、更に南下して、Goreという町までやってきました。
このゴアと言うところ、一応それなりに人口が集まっていて町の体裁はちゃんと取れているのですが、知る限りはこれと言って何かがあるわけでもないんですけどね、いいんです、どうせ泊まるだけだし。

で、まずはマクドナルドで夕食を摂り、そこのカウンターのオバちゃんにどこか安く泊まれる場所を尋ねると、このゴアの町にはバックパッカーは1軒だけとの事。
否応ナシにソコヘ直行。

で、そのバッパーを尋ね、フロント、っていうかそこで床掃除してたオネエさんに宿泊の旨を話すと、シングルルームは60ドル、シェアルームは25ドルですって。

こう見えてあまり社交的で無いワタシ、60ドルのシングルルームをチョイスしました。
それがこの部屋。


















b0040606_2241039.jpg




たった1軒だけのバッパーということで殿様商売でもおかしくないのですが、なかなか意外と綺麗なので一安心。
ところが部屋の備品の取り扱いの説明中、オネエさんはこう言いました。



「部屋を出る時は鍵はもちろん閉めてね、それとココがキッチンとダイニングルーム。」



















b0040606_22471680.jpg



ダイニングです。



「コーヒーは自由だけど、食器はこの洗剤で洗ってくださいね~♪
まぁもっとも、



















今日のお客さんはアナタしかいないけど。




・・・















それ先に言ってくれよ!!(怒)




知ってりゃわざわざ高価い部屋選ばねぇだろ。

いっぱい食わされた・・・


しかもおまけに夜になると、


















そのオネェさんまで消えやがった。



いや、まじで。
初です。いや、誰しも経験したこと無いのではないかと。
















バッパー1軒独り占め。



シャワーもコーヒーもTVも全て使いほーだい飲みほーだいです。
ディズニーランドひとりで貸し切るマイケルの気持ちが良くわかりました。(笑)

まぁ多分オバケが見える人とかにはオススメできませんが、広いバッパーにたった一人で宿泊と言うのも悪くありません。


そして翌朝撮ったそのバッパーの外観。


















b0040606_22534415.jpg






Fire station Backpackersという名前のバッパー。先の写真の通り、お部屋は悪くないし快適でした。
そしてココは名前にある通り、昔は消防署だったところを改装したバッパーらしいです。
ええ、快適に過ごしましたが、朝になってこの外観を見たら、

















本当にオバケ見なくてほっとしました。



なかなかオツな一日目の夜・・・
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-24 23:02 | ニュージーランド | Comments(2)
さてさて、ダニーデン市内観光の続きです。
前回に続きましては、この写真。


















b0040606_1925573.jpg




これが街のメインストリート、George Stです。


















b0040606_19261271.jpg





観光スポットでもなんでもないフツーの建物も風情があってまたステキ。



















b0040606_1927471.jpg





町の中心、オクタゴンよりダニーデン駅をのぞむ。




と、結構楽しんでいるように紹介してますが、実際のところこのダニーデン観光、


















2時間くらいで飽きちゃって。(笑)



なのでホントは一日目の宿泊をここダニーデンでとろうと思っていたのですが、急遽予定変更。



















走れるところまで走ろう。




これぞ一人旅の醍醐味。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-20 19:32 | ニュージーランド | Comments(0)
はいはいちょっとゴブサタしちゃいましたjpslotusですどうもこんにちわ。

早速ですが旅行記の続きに戻りたいのですが、どこまで行きましたっけ?
あぁ、ダニーデンに到着したばっかりでしたね。

さてさて、ダニーデンで世界一急な坂道を観光した後は、ちょっと市内をお散歩。
とは言え、ず~っと昔にココ来た時と同じような場所を見に行っただけですけどね、久しぶりに。
まず訪れたのが、


















b0040606_112528.jpg




ダニーデン鉄道駅。

とても立派な建物ですねぇ、はい。
現在では、タイエリ渓谷鉄道という観光列車の発着駅になっております。
ホームの様子はこんな感じ。


















b0040606_1143972.jpg





ちょうど列車が停まっておりました。
なかなかの風情です。

そのあとまた、てくてく歩いて立ち寄ったのが、ココ。



















b0040606_1155563.jpg







ファースト教会。


どちらも観光ガイドには必ず載っているような場所ですが、この2箇所の距離は歩いて200mもない位なので、ダニーデンにお越しの際には是非市内散策をどうぞ。


次回もダニーデン市内の散策記をお送りします。
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-18 11:10 | ニュージーランド | Comments(2)
はいどうもこんにちわjpslotusです。

本日は旅行記はお休みしまして、日本でのお買い物のお話です。

帰国してまず手に入れなければいけない物と言ったら、今や持っていなければお話にならなくなってしまった


携帯電話。


帰国2日目にして早速買いに行きました。
かと言ってどのキャリアのどのモデルが欲しいとか、明確なターゲットがなかったものですから、各社直営店ではなく、家電量販店へまっしぐら。

で、色々見比べていたのですが、当然ながら今やケータイでインターネットなど当たり前の時代。
私はず~っといままでケータイでそんな事が出来る環境とは無縁でしたが(笑)、便利にこした事は無いですからねぇ。
そんなこんな考え、通話、パケット代含めたプラン料金、そして端末の月割り価格等を考えた結果、私にとって最も手頃だったのが、結局コレ。



















b0040606_1616291.jpg






iphone



あいふぉぉ~ん♪


NZにいた時から気になっていたと言えばそうなんですが、いざ実際に使ってみると、こいつぁ便利だ♪
スマートフォンって色んな事が出来るのねぇ、ボク程度のPCの使い方の人なら、モバイルPCの代わりにだってなっちゃう。
早速App Storeでアプリたくさんダウンロードしてます。

ところが。

ちょいと不満なのが端末そのものの素材感。
安っぽいとかそういうことではなく、

手指の脂が目立つ。

表面のタッチパネルは当たり前だからいいんですけど、裏面。



















b0040606_16232927.jpg




うっかり手が滑って落としそうなほどツルツル素材、しかも黒。
指紋つきまくりです。
「こりゃぁ何とかせにゃならん!!」
と、イキオイに任せてカバー買いに行ったのですが、どうにも気に入った物がなくて・・・なんせマニアなモンで。(笑)


で、色々探し、ネットでようやくワタシの趣味に合うやつ見つけました。
それがこのカバー。



















b0040606_16273041.jpg






表面つや消し仕上げで指紋がつかない。
しかもこれ、



















モノホンのカーボン。


もちろんドライカーボン。
見つけた先は、Parts 4 euro.comというアメリカのウェブサイト。
本来はヨーロッパ車のパーツを売っているところのようですが、なぜかこのカーボンiphoneケースが・・・
さすがにカーボンだけあってお値段US$67と高価ですが、








そんな事でマニアが諦めるもんか。(笑)




即買い。
そして親切な事にこのお店、ナゼだか

海外でも送料無料。

ありがたや。

というわけで、iphoneとそのカーボンケース、とても満足しております。

ちなみにParts 4 Euro.comのウェブサイトは、こちらからどうぞ。
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-14 16:41 | 日々の生活 | Comments(7)
はいどうもみなさんこんにちわjpslotusです。

この2日間、超久しぶりに履歴書書きやらナンやらで神経すり減らしぐったりでした。
しゅーしょくかつどーしなくっちゃだわなので。

まあそれはおいといて、旅行記の続きやります。

モエラキ・ボールダーから初日の宿泊予定地であるダニーデンまでは小1時間ほどのドライブ。
クライストチャーチからダニーデンまでの道程は険しい山道もさほど無いので比較的余裕なんですけどね。
で、やっとこ到着したダニーデンの街。ここは南島ではクライストチャーチに次ぐ第2の人口を抱える都市であります。

そんなダニーデンのなかで私がまず最初に訪れたのがココ。



















b0040606_13145513.jpg







Baldwin Street


この標識の下に何か書かれてますねぇ?



World's steepest street


そーです。ここは、

世界一急な坂道。

ガイドブックにも載っているような、ダニーデンの町の中でも結構有名な観光スポットだったりします。
どれくらい急なのか、写真では解りづらいと思いますが、とりあえずどうぞ。


















b0040606_1318323.jpg





実際肉眼で見るとねぇ、
ほとんど壁。



そして登りきったところからの眺めがコレ。


















b0040606_13195588.jpg







よくがんばった、オレ。(笑)
バカにしてはいけません。どれくらい急なのか、実際上ってみた人でないとこの坂の凄さはわからん。


で、

この坂の上り口にあるお店で、坂を上った証明書が2ドルで売られていたりするんですけど、私は買いませんでした、あしからず。














その2ドルでコーラ買って飲んだ。




スカッとさわやか。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-12 13:27 | ニュージーランド | Comments(2)
さてさてワイマテから再びダニーデン方面へ車を走らせ、しばらくすると世界でも珍しい奇岩を観察できるモエラキ・ボールダーという場所があります。

ここはかなり昔に一度ご紹介した記憶があるのですが、およそ5年ぶりにまた立ち寄ってみました。
その奇岩とは、こんな感じです。



















b0040606_18593254.jpg





この画像で確認できるでしょうか。
本当に真ん丸い岩が点在している世にも珍しい光景です。


















b0040606_1911392.jpg




当然、作られたものでも何でもありません。

全て自然のものですよ。

どうですか?
一体どうやって出来たんでしょうねぇ・・・
自然界は我々にはまだまだ解らない事でいっぱいです。

そんなモエラキ・ボールダーでしげしげとこの奇岩を観察しながらひとり感心してたんですけど、こんな珍しい場所なのに近くにそれほどお土産やさんとか、特別に観光地化されているわけでもないのがまた凄いところでもあります。
これからもこの自然を是非とも守り続けていただきたいものです。

ですので観光に来られる方々も、



















b0040606_196043.jpg






こーゆー事は絶対にやめていただきたい。




キブン悪くなりますね・・・
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-09 19:09 | ニュージーランド | Comments(2)
はいどうもみなさんこんにちわjpslotusです。

ようやくというか、いい加減帰国前のドライブ旅行のお話をしないとネタが腐ってしまいますので(笑)、今回から最後の南島旅行記、どうぞお付き合いくださいな。


クライストチャーチを朝9時ごろに出発し、一路ダニーデン方面に車を走らせていたのですが、ステートハイウェイ1号線をちょっとそれてワイマテの街に寄り道。
この頃になるとちょうどオヒル時だしね。

そんなわけで立ち寄ったワイマテの街ですが、


















b0040606_15542985.jpg






おいおい誰もいねぇよ。



見かけたモノと言ったら、



















b0040606_15554547.jpg





こんなオッサンの銅像のみ。
オトコらしい街という事だけはわかった。(笑)


で、そんな寂れた街の更に寂れたバーを見つけ、テキトーな食事をとったんですけど、客オレだけだし。
思わずアムロばりに、




















食事できますかぁ?



って叫ぼうかと思ったもん。
解る人しか解らんセリフ。(笑)


というわけで、何ひとつ見所の無いワイマテの町でブログアップする価値すらない昼食を頂いてさっさと退散しましたとさ。(笑)


さあ、旅は始まったばかり・・・
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-07 16:03 | ニュージーランド | Comments(0)
本日関東地方は夏日と言ってもいいくらいの暑さですjpslotusですどうもみなさんこんにちわ。

前回もお話したとおり南島ドライブ旅行記をはじめたいのですが、今日も日本での話題をお送りしたいと思います。なぜなら旬なモノで。

昨日ですが、20年来の車好き友人Nと再会したんですけどね、やっぱり話題はクルマの話。
というわけで、例に漏れずちょいとディーラー行ってクルマの試乗やってきました。
しかも今が旬のこのクルマ。



















b0040606_161793.jpg







ホンダCR-Z



新発売されたばかりの話題のハイブリッド・スポーツカーです。
巷ではかなりウワサになっているこのクルマ、マニュアルシフトも選べるハイブリッドカーという事でもなかなかの意欲作だと思います。
して、その実力やいかに・・・


というわけで、試乗してまいりました。
まず走り出しの前に車体を色々観察してみましたが、いかにも先進的なデザインではありますが、室内のインパネやドアトリムなどはプリ〇スみたいないかにも安っすい感じはなく、限りある生産コストの中での最大限の努力を見てとれます。
まぁ外観はパネルとフロント・リヤランプの繋ぎ合わせとか、ハッチゲートのヒンジとか、そういったトコロに組み立てのアマさが垣間見れますが、このクラスのクルマならほとんど似たようなモンですからまぁ目をつぶりましょ、実家のトヨタ・ラッシュのほーがビンボーくさいしね。(笑)

で、肝心の走りの方ですがこのクルマ、ATに試乗したのですがスイッチひとつでノーマル・スポーツ・エコの3タイプの走行モードが選べまして、これがもぉエコモードだとかったるいのなんのって。
NZと違ってノロノロ運転が多い日本の都市圏でさえこのフィーリングじゃ全く使えねぇ。
むしろスポーツモードオンリーで走っていた方がムリに踏まないぶん燃費いいんじゃねぇか?と思うくらい。

それにハンドリングなんかもスポーツカーとしては全然詰められてないですね。スローと言うわけでは無いけど、しゃきっと気持ちいい感じでも無い。インテ/シビック・タイプRというFFの傑作を作ったメーカーの新型スポーツとはとても思えん。

一昔前のホンダ車と比べると車体剛性は格段に良くなっておりますが、そうなるとサスペンションとタイヤフィーリングが気になってきます。
たいして固められているわけでも無いのにあれだけ路面のギャップがいちいちシートやステアリングまで伝わってくるのは恐らくタイヤサイズがサスに合っていないのでしょう。もうちょっとハイトの高いタイヤの方がイイですね、もっともこれは車の個体差もあるかもしれませんが。

というわけで、結論。
もし私が250万で買えるクルマを狙うとするならば、


















コイツは候補に入らん。


やっぱその価格帯ならイイ中古車狙うわオレ。

でもココだけの話、この日のお出かけに使ったクルマが悪かったのかもしれません。
それがこの車。


















b0040606_1646755.jpg







日産スカイライン・GTS-tタイプM(R32)



1992年式。友人Nの愛車ですけど、これがもぉね、アホほどのグッドコンディション。
20年近くも前の車とはとても思えないほど内外ともよ~く整備されてて文句なしですよ、友人のひいき目でもなんでもなくホントに。
なのでこの伝統のRB20・2リッター直6ターボの走りを味わったあとでは小排気量エンジンのハイブリッドなんて気持ちよく感じるわけ無いじゃないですか。

ちなみに彼、この車は大事にとっておいて、日頃のアシは

ランエボX

です。
マニアは楽じゃないですよ。(笑)

というわけで、久しぶりの試乗レポでした。
[PR]
by jpslotus2000 | 2010-05-05 16:59 | 車好き。 | Comments(2)