ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

只今雨が降っております。

お買い物に行こうと思いましたが面倒なのでやめましたjpslotusですみなさんどうもこんにちわ。

さて、日本ではこんなところへも行ってきました。
東京は新橋にあります、


















b0040606_1219781.jpg










Tamiya Plamodel Factory





まあファクトリーってもただのお店ですがね。いわゆる直営店です。
店内の面積はそれほど広いわけではありませんが、それでも現行で販売されているタミヤ製品はほぼ全てここで手に入りますからね。そりゃぁもぉプラモデルからTシャツまで。
で、コッチは地下のラジコンコーナー。



















b0040606_12231070.jpg






まあこうしてプラモデルやらラジコンなどを眺めながら童心に帰ったり・・・

いえ、帰りませんよ童心なんかには。
なぜならタミヤの製品は完全にこれ、

















大人の世界。





クルマのプラモなんかひとつみつくろってNZに持って帰ろうかと思ったのですが、あまりにかさばるのでやめときましたがね。でもこう改めてよく見るとタミヤの製品ってホント細かいディティールとかよく出来てますね。久しぶりにクルマのプラモなんか時間をかけてきっちり組み上げてみたくなりましたよ。


















b0040606_12371356.jpg






整然と並ぶラジコンのコレクションもまた圧巻。
こんなお店が新橋にある事自体、確信犯ですね。


仕事帰りのサラリーマンならちょっと立ち寄りたくなるでしょ絶対。

まあ営業の外回り中でも立ち寄るだろうがね実際。
罪なお店ですわまったく。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-28 12:37 | 日々の生活 | Comments(0)
さて、柴又帝釈天周辺をふらふらとお散歩していながら、ふと気がつくと既にオヒルどき。
どっかでメシでも食って帰ろーか?ってなもんです。

で、短い参道の中には何件かお食事処もあるのですが、せっかくだからちょっとフンパツしておひるゴハンに選んだのはココ。


















b0040606_16161654.jpg









老舗川魚料理 川千家




思いつきでふらっと立ち寄るようなお店とも思えませんが、とにかくいいモン食べたかったんです。(笑)
で、お店に入ると店内にはこんな中庭があったりして。


















b0040606_16202375.jpg







はい、とっても風流ですねー。
して、そんな雰囲気の中私がいただいたのは、


















b0040606_1624128.jpg








うな重と鯉のあらい。

ええ、非常に美味でございました。
そもそも鯉のあらいの味なんて知らねーし。(笑)


というわけで、今回はちょっと粋な下町風情を味わってみましたとさ。
あ、念のため言っておきますがこんなお昼をシャレ込んでても、




もちろん一人ぼっちですよ。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-25 16:34 | 日々の生活 | Comments(4)
さて前回、金町へ行ったことをお話しましたが、金町まで出かけたなら

やっぱり柴又もね♪

と相場が決まっておりまして、まあ東京周辺の人にしか理解できない法則ですが。(笑)
というわけで、柴又にもちょいと立ち寄ったりしちゃいました。

柴又と言えば、もちろん柴又帝釈天。
映画「男はつらいよ」シリーズでおなじみですね。




















b0040606_11514817.jpg





もちろん参拝してきましたよ、年明け早々でしたからね。
そして帝釈天参拝の後は、参道の商店街をふらふらと眺めたりして。



















b0040606_11541350.jpg






これがあの有名な寅さんの実家モデルになったとらやです。
もちろんとらや以外にもこの短い参道の中に下町情緒満載。



















b0040606_11564055.jpg







たんきり飴の実演販売。
包丁で板を叩くリズムに合わせながら出来立ての飴をきざんでいく訳ですよ。
昔懐かしさ100%ですが、
















平成生まれには解らんだろうね。(笑)



















b0040606_1203970.jpg








あとはお正月らしく、だるまが山積みで売られてたりして。
こんな昭和の雰囲気が満喫できる柴又、ワタクシ大好きです。
皆さんも機会があればふらっとお出かけしてみてくださいな。
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-23 12:07 | 日々の生活 | Comments(3)
はいどうもこんにちわjpslotusです皆さんお元気ですか?
さて、まだまだ続くよ里帰り記。


私が小学生の頃、ちょっとした用事があって家族でよく東京の金町周辺に出かけていたことがあるのですが、その金町駅前にあった和菓子屋さんの


アイスどら焼き


なるモノをよく食していたのを何の脈絡もなく思い出しましてですね、

「あの和菓子屋さんのアイスどら焼きはいまだに健在なのか!?」

というギモンが湧いてきまして。で、実態調査してまいりました。





そんなこんなでJR常磐線、金町駅前です。

















b0040606_13464119.jpg






して、ここから確か何分と歩かない場所にその和菓子屋さんがあるはず・・・
と、幼い頃のあいまいな記憶を頼りにそのお店を探そうとしたら、























あった。(笑)




すぐそこに。
ここだ間違いない。


















b0040606_1350127.jpg







和菓子処ゑびす





なんだ思いっきり駅前じゃねーか。
まあそれはいいとして。

問題は

アイスどら焼きは健在か否か

なのですよ。



いそいそと店内に潜入、常連らしきオバちゃんと店員が会話している横をかすめつつ物色していると、あったあったアイスどら焼きが。

チョコ、バニラ、ストロベリーなどの味のうち、チョコレートを選択、早速お勘定を済ませようと思ったが常連のオバちゃん、いつまで話し込んでんだよ。(笑)



まあそんな事もありつつ、なつかしのアイスどら焼きとおよそ20年ぶりの再会です。



















b0040606_1358230.jpg








懐かしさに浸りながら有難く食してみましたが、感想を一言で表せば、




















思い出は思い出のままの方がいい。






もうあの頃の純真な気持ちは戻らない・・・(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-20 14:04 | 日々の生活 | Comments(2)
日本で久しぶりに友人と会う時に必ず一度は行くでしょやっぱり。















居酒屋。







もちろん今回も行きましたよ。まあボクは飲めませんが。
しかしまぁ久しぶりに日本の居酒屋行くとやっぱりすごいね。



















b0040606_15515074.jpg








テーブルいっぱいの美味しそうな居酒屋メニュー。
まあチャーチにもそれなりのモノが食べられるお店はありますけど、断然高価いので滅多に行けるもんじゃないし。
それに、特にこんな物は食べられないしねー。


















b0040606_15522313.jpg













馬刺し♪





しかしこの居酒屋、自宅近くなのですが有名チェーン店とは言え、








中山競馬場のすぐ近く。





思わず勘繰っちゃうわけですよ。この馬刺し、



















もしかして廃用?





んなコトぁない。(笑)

ところで周知の通りボクお酒全く飲めないのですが、ノンアルコールの居酒屋ドリンクでこんな物がありました。ラムネで割って飲むんですけどね、



















b0040606_15531478.jpg













超豪華。






今度ウチでもやってみようかなー?
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-18 15:56 | 日々の生活 | Comments(4)
はいみなさんこんにちわjpslotusです。
本日クライストチャーチははっきり言って寒いです。
だってヒータつけたもん。


それはいいとして日本滞在記なんですけどね。
日本へ帰ったら決まってやっていること、色々ありますがその中のひとつとして、



















クルマの試乗。




があるのですが、今回はわざわざ新車ディーラーへ出かける必要もなかったですね。
里帰り時には必ず会っている自動車評論友達Nが、知らんうちに新車に買い替えておりまして、運転させてもらいました。

して、そのクルマとは、



















b0040606_1326661.jpg










三菱ランサー・エボリューションⅩ





なるほど前回のモーターショーで展示車しげしげ眺めていたわけだ・・・
まあ私もこんないい新車チャーチでは乗れる機会なんてほぼないですからね、有難くキーを預かりました。


して、地元近くの国道16号から水戸街道へ入り筑波、土浦を回って帰りは常磐高速を走ってみたわけですが、今回はその試乗インプレッションです。



まあ新車だけあってイマドキの外装、内装ですが、ボンネットにたくさん穴が開いてるクルマってそんなに趣味じゃないのは確か。(笑)
内装もインパネがなんてか、運転席、助手席側ともプラスチックの一体成型みたいなヤツはどうにも趣味に合わん。まあ最近のクルマってみんなそうだけどね。


でも肝心なのは「走り」の方でして。
まずシフトがSSTと言われる三菱独自のATモード搭載の2ペダルマニュアルなのですが、さすがにスポーツモードATと違ってシフトチェンジの反応の速さは素晴らしい。

でもこれ、DSG系2ペダルマニュアルとティプトロ系スポーツモードATはまったく別のものだと解っちゃいるんだけど個人的にマニュアルってヤツはちゃんとHゲート切れてないと「シフトチェンジしてる」という操作感に乏しいんだよなぁ・・・それならず~っとATで走らせていた方がラク。それ言ったら元も子もないんですけどね。(汗)


アクセルワークに話を変えてみると、街乗り程度だと当然思いっきり踏む事なんてできないのですが、それにしても発進時の加速感に乏しい。恐らくアクセル半開では危機回避の目的で意図的にそうしているのではなかろうかと思います。試しにほんの一瞬だけ全開に出来るチャンスがあったのですが、そりゃもぉ文字通り、「身体がシートに押さえつけられる」程のパワーでしたよ。


それだけのパワーを受け止めるブレーキの性能もさすが、というかこういったクルマにはもはや定番のBrembo製ですからね。ですが、やっぱり街乗りだとこれがかえってオーバースペックに感じるわけです。しょうがないけど。
効きが強いので低速での制動、特にクルマが停止する瞬間のブレーキリリースなんかが逆に神経使いますよ。意識してコントロールしないとほぼ間違いなく「カックンブレーキ」ですからね。


で、最も気になったのは足回り。
ランエボといえば当然スポーツ走行に特化したクルマであることには間違いないのですが、それにしてもこれは硬過ぎる。17インチのグリップの高いタイヤ履かせて、なおかつスプリングを締め上げてコーナーリングフォースを高めているわけですが、その分路面のギャップを拾った時のピッチングによる不快感は犠牲にしてます、はっきり言って。

本来の乗り心地は犠牲にしてでも硬い足と扁平タイヤで「安易に」トガったセッティングを演出しているようですが、そんな低い次元で「これがスポーツカーです。」と言われても納得出来ませんよ。まあ確かにそのおかげで超クイックなハンドリングにはなっているのですが。

但しダンパー自体の動きは非常にいいですね、特に戻り側のダンピングが速いので安定してます。これでスプリングがもう少し柔らかければ腰下のバタバタ感も薄れると思うのですが。

高速走行はなんてか、安楽そのもの。
車幅のおかげでトレッドもワイドだし、ボディーの剛性も高いし、トップギアに入っていれば時速120km/h程度ならエンジン回転に無理ないし、走ってて「どんな危機も回避できる。」みたいな安定感があります。惜しいのはそのボディーの剛性感のアピールの仕方がまた露骨というか、サスが硬いのでムリヤリそれに負けないように作ったみたいな印象を受けるんですよ。その点はドイツ製のクルマにはかないませんね。


色々文句ばっかり言ってしまいましたが、全体的な性能を含めて言えば、

「こんなクルマが400万前後も出せば買えちゃうんだからやっぱりニホンシャってすげーな。」

って感じ。電子制御システムてんこ盛りで、しかもコレだけパワフルなエンジンと強力なブレーキと、(ヘンな方向ではあるけど)それなりに金かけて作った足と、剛性の高いボディー。輸入車だったら恐らく1000万は越えるくらいの装備と性能を持っているわけですからね。うらやましいですよ実際。


もし自分がず~っと日本にいたままだったら今頃、同じくらいの値段の車乗ってたりするのかな~なんて思わず考えさせられましたね。

まあ何を持って幸せと思うかは人それぞれ違いますけどね。
それにしても値段を考えるとつくづくスゴい車だと思います。ボクは買わないと思うけど。(笑)



長々と専門的で、クルマに興味ない方にはくだらないお話してしまいましたが、最後まで読んでいただいた方、どうもありがとうございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-16 14:42 | 車好き。 | Comments(0)
はいみなさんこんにちわjpslotusです。

里帰り記まだまだ続きますよ。なんたって最近の私生活は質素そのものですからね。(笑)


日本滞在中のある日、友人Oと出かけていたのですがお昼になって、何か食おうかと言う事になったんですよ。
で、何を食べようかなーとそこらにあるお店を物色していたのですが、その中であったあった、せっかくの里帰りにふさわしいモノ食わしてくれるお店が。



















b0040606_12365932.jpg





牛タンと山芋専門店


とろんしゃん




そーいえばチャーチで無性に麦とろ食べたくなった事があったなー・・・
そんな事を思い出したので、この店見つけた瞬間にオヒルごはんケテーイ♪



席に着くなりスタンダードな牛タン麦とろ定食を注文し、期待に胸を膨らませていたのですが、来ました来ました。



















b0040606_12415728.jpg











やべぇ~うめぇ~・・・






食はやっぱ日本のほーがいーわー。
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-13 12:49 | 日々の生活 | Comments(2)
日本へ里帰りした時に楽しみなのはやっぱり、

食。

だと思うんですけど。

というわけで、「日本で食べるもの」も里帰りの予定の中につつがなく組み込んでおいたわけです。用意周到ですね。



















b0040606_12511372.jpg









日清のカップヌードル。
















b0040606_1252494.jpg





カレー。

















b0040606_12524325.jpg






シーフード。

















オリジナル3制覇。(笑)




最近ではミルクシーフードなんてのもあるらしいですが、オリジナル3以外はカップヌードルじゃねぇよ。




せっかく日本へ行ってたのにムダな食生活とか言わないように。
















これがオレの生き様。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-11 12:56 | 日々の生活 | Comments(4)
ついさっき気がついたらこの10日間、私の出したゴミがスーパーのビニール袋一個分に満たず、なおかつその中にまったくと言っていいほど生ゴミの無い事が発覚しましたjpslotusです超無駄を省いた生活してます。千利休も真っ青です。(笑)



まあそれはいいとして。



お台場ヒストリックガレージを後にして、高速道路を挟んだ向かい側のモール、アクアシティお台場にも立ち寄ってみました。

全開も行ったのですがここには昭和の町並みを再現した「台場一丁目商店街」という駄菓子屋モールがありましてね、こんかいもそこでちょいと遊んできましたよ。
まあほんとにちょいとだったのですが、



















b0040606_1620411.jpg






こんな10円ゲームに燃えてました。



そんなこんなで日もとっぷりと暮れ、




















b0040606_16205661.jpg





レインボーブリッジも綺麗にライトアップ。

そしてアクアシティお台場の屋上で見つけた、



















b0040606_16234349.jpg












とってつけたよーな神社を参拝しつつ。(笑)





そんな盟友ケースケ氏との再会でございました。


あ、


このあと神社のおみくじ引いたんですけどね、また図らずもおみくじを結びつける時に、



















ぶっチギっちまいました。







今年もボク大丈夫でしょうか。。。(汗)
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-08 16:27 | 日々の生活 | Comments(2)
はい、お台場ヒストリックガレージ。今回はガイシャ特集です。

輸入スポーツカーの花形と言えば、もちろんフェラーリ。
そのフェラーリも当然の如く鎮座ましておりました。



















b0040606_13594174.jpg




まずこれ。世界に数ある車の中でもワタシの中では1,2を争うほど大好きなクルマ、ディーノ246です。

いやー、ほんとかっこいいわー、最新のフェラーリに見える作為的なデザインのダサさに比べると雲泥の差ですね。やっぱりフェラーリはエンツォが生きていた時までに限る。
惜しいのはこれがタルガトップのGTSではなく、ノーマルルーフのGTであればなお嬉しかったのですが。



















b0040606_1444120.jpg





こちらもフェラーリ。512BBと言うモデルなのですが、246と同じく1970年代の作品です。
スポーツカーの、というかクーペボディーのお手本のような造形ですね、ちなみにこれは世界で初めて最高時速300kmを公言したクルマだったりします。
手前の赤が前期型で、奥の黄色いのが後期型だったと思います、確か。



















b0040606_1410188.jpg






これは1960年代のフォード・マスタングです。
PONYの愛称で本国(アメリカ)では絶大な人気を誇ったモデル。
現在でも世界中に熱狂的なマニアがいるくらいでね、まあなんていうか、いかにも古きよき時代のアメリカらしい雰囲気を持ってます。



















b0040606_1415311.jpg





映画「バックトゥー・ザ・フューチャー」で一躍有名になったDMCデロリアンです。

見た目なんてか「カッコいいのかコレ?」みたいな印象を受けるのですが(笑)、これもある意味アメリカらしい名作ですね。

このドアなんですがガルウイングと言いまして上に跳ね上げるタイプなのですがね、このクルマそのままだと1mとちょっと位の非常に低い全高、だけどドア全開にするとドアの位置が2mくらいになっちまうというものすごく理にかなっていないムダな機能を持ってます。


だ が そ れ が い い 。 (笑)



というわけで、ヒストリックガレージを堪能した我々でございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2009-02-05 14:26 | 日々の生活 | Comments(1)