ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

みなさんこんばんわjpslotusです。

昨日ですね、ちょいとレイク・テカポまでドライブに行ってきました。
つい1ヶ月前にも行きましたけどね、まあいいじゃないですか。(汗)


ご同行はMiyoko,Beth,みーあ。の総勢4人。
前回と同じく、いい天気でしたよマジで。
昨日のレイク・テカポです。






b0040606_17211791.jpg







で、前回と同じく足元だけ湖に浸かってみたんですけどね、いや気持ちい~わ・・・
ちなみに湖畔に腰掛けオッサンのようにくつろぐ三人娘の図。(笑)






b0040606_1725372.jpg





そしてホンモノのオッサン。(笑)








b0040606_1732301.jpg






して、この後当然のようにレイク・プカキにも行って来たんですけどね。







b0040606_17263824.jpg





1ヶ月前と同じじゃねぇかよ!!ってツッコミも入ると思いますが違う違う。
だって今回は、








b0040606_17275615.jpg









照り焼きサーモン丼ですから♪(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-27 17:34 | ニュージーランド | Comments(4)

トリノ・オリンピックで日本がついにフィギュアスケートで金メダル取ったらしいですね、嬉しい事です。ってもフィギュアスケートなんてビタイチ興味ありませんjpslotusですこんばんわ。

スケートならやっぱアイスホッケーだろ。



さて、この前シティーに行ってお昼ゴハン食べたんですよ、コリアン料理をね。


でもね、まず最初に行ったコリアン屋、その名も「コリアン・レストラン」ですけどね、いや、営業中でしたよ。だって「OPEN」のカンバンかかってたもん。

だけどね、







b0040606_1843493.jpg








真っ暗じゃねぇかよ!!



これがホントの開店休業。


一生閉まってろバカヤロー。(笑)




で、仕方ないので日本人にはおなじみ大阪屋の向かいにあるコリアン屋、「Sunshine」でお昼にしたんですよ。

ところでこのお店、親切にもメニューに日本語も書かれていたりするんですけど、そのメニューの中にある「うなぎ」を見るとですね、








b0040606_18102912.jpg







定食のほうが安価い。。。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-24 18:12 | 日々の生活 | Comments(3)
前回の続きですが、それでね、「あぁそうか、フラワーフェスティバルなんだ・・・」と思っていたらどこからとも無く現れたんですこんなの。







b0040606_19371267.jpg






背ぇたか~い!!


でもコイツらの不意を付いて









小外刈り。



とかやってみたらやっぱ、

「すって~ん!!」

って倒れるんでしょうねぇ(笑)。
まぁケンカになったら多分ボク泣いちゃうんでやらなかったですけど。


そしてまたふらふらお散歩しつつ、カテドラルから少し離れたヴィクトリア・スクェアには、






b0040606_19412417.jpg




こんなオブジェが飾られてたりしますし、花時計だっていつになく綺麗にお花が植え込まれておりました。






b0040606_1943390.jpg





まあ、フラワーフェスティバルですからね。

ちなみに現在もまだこのフェスティバルが行なわれているかどうかは、









オレは知らん。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-22 19:46 | クライストチャーチ | Comments(0)

昨日、友人ん家でカレーを作りました。そして喰いました。

ゴハン作る代わりにタダ飯いただけるのなら、






毎日だって作りに行きますわ。



jpslotusですみなさんこんばんわ(笑)。





さて、とある晴れた日曜日、久しぶりに街へ繰り出しました。
本当にいいお天気でしたのでね、車を降りて市内をふらふらお散歩。

市内を流れるエイボン川のベンチに腰掛けてひとときのまどろみを楽しむワタシ。
するとね、






どんぶらこ~、どんぶらこぉ~♪



と、流れてくるんですよ。







b0040606_17321942.jpg





ゴンドラが。(笑)





あぁそういえば、パンティングなんて乗ったコト無ぇなぁ~・・・
あぁそういえば、トラムにも乗ったコト無ぇなぁ~・・・



チャーチのことなら何でも知ってるようで実は何にも知らないんだな~・・・
なんてコトをほけーと考えながらまたふらふらお散歩しながらですね、カテドラル前に行ってみるとなんかね、








b0040606_17365317.jpg





こんなオブジェがあるんですよ。



「いつの間にこんなものが・・・」とか思ってよ~く辺りを見てみるとね、







b0040606_17381785.jpg








クライストチャーチ・フラワーフェスティバルですって。






そういえば去年もこんなのやってたよな~・・・とか思ったりして。





とにかくね、いい天気だったんですよ。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-20 17:43 | クライストチャーチ | Comments(4)

いや参りました週末だってのにヒマヒマです。ある意味超品行方正ですjpslotusですみなさんこんにちわ(笑)。

さて昨日のお話しなのですがオヒル休みにですね、ちょいとゴハンを愉しんでみるか、と思いまして。

かと言って別に、






レストランで優雅なランチタイム

っちゅうワケでもないんですけど。



このブログを長いこと愛読されている方ならお気付きになったかもしれませんが、昨年11月のテキスト:「ランチタイムの愉しみ方。」でご紹介したWaimakariri Riverでのお昼ゴハン。あれですよあれ。


でも昨日のランチ場所は私が休日になるとたまにドライブするSummit Roadです。

クライストチャーチを一望できる丘陵に走る峠道、それがSummit Road。シティーから車で何分とかからない場所に素晴らしい景色が観られる所があるのもクライストチャーチという街の良さでもあります。

このブログでもココからの景色は何度かご紹介していると思いますが、改めて昨日の画像をどうぞ。





b0040606_1704665.jpg




Summit Roadから望むLyttelton harbourからGovener's Bayにかけての風景。

いや~、おひるゴハン食べながらこんないい景色を愉しめるんですから、やっぱりここに住んでて良かった・・・



とか言っときながら食したおひるゴハンは、







b0040606_1745259.jpg







やっぱりマックだったりするんですけど。(汗)





またかよっ!!って思っちゃいましたもしかして?(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-18 17:10 | クライストチャーチ | Comments(9)




さて。(前々回から更に続き:笑)




先週のMasaさんBethちゃんのバースデーパーティーで作ったケーキ、前回のさくらんぼタルトだけでは終りません。

まぁ言っちゃあ昨年のクリスマスに作ったのとほぼ同じなのですが(笑)。


まず、卵白と砂糖をハンドミキサーにかける事数分、充分かたいメレンゲになるまで混ぜます。






b0040606_16504210.jpg





その後に卵黄と薄力粉、ベーキングパウダーを加えてへらでさっくりと万遍なく混ぜる。
そうして出来上がった生地を型に流し込み、160℃のオーブンで焼く事30分。



するとこうなります。






b0040606_16532322.jpg







して、出来上がったこのスポンジを上下に2等分して、その間に適当な大きさに切ったイチゴと生クリームをはさみ、更に生クリームを表面に塗りたくった後、カタチの良いイチゴを飾ってショートケーキの出来上がり♪






b0040606_16564422.jpg






お誕生日ですからね、お二人の名前をチョコレートで作ってみました。
本当はまさかココまでやろうとは思ってなかったんですけど(汗)。



でもなんてかケーキ作っててですね、ついつい










一人で勝手に盛り上がっちゃって・・・(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-15 17:03 | くっきんぐ。 | Comments(2)


でね、(前回からの続き。)



やっぱりバースデーケーキは私の担当ちゅう事だったんですよ。
そりゃもぉ喜んで作りましたよ、白木屋なみに。




前回、シンさんの誕生日の時に作って好評だったさくらんぼタルトを今回も製作。

まず例に漏れずタルト生地を作るんですけどね、それを型に延ばした後、アーモンドクリームを底に均すように敷きます。

ちなみにアーモンドクリームとは無塩バター、タマゴ1個、砂糖とアーモンドパウダーを練りにねった物です。






b0040606_16462542.jpg






して、これを170℃のオーブンで20分ほど焼くのですが、焼きあがる間にカスタードクリーム作っときましょ♪

カスタードクリームはシュークリームで散々作ってきましたが、今回はタルトに使うので切った時に流れ出ないように薄力粉を若干多めに加え、少し固めに作ります。かと言って多すぎると粉っぽくなっちゃうのでカンが必要(笑)。


焼きあがったタルト生地とカスタードクリームの熱を取っている間にいよいよさくらんぼの登場。
そのまま使うと食べる時に種が厄介ですからね、あらかじめ取っておきましょ。


さくらんぼの房を取り、その跡から細い串などを差し込んでですね、種の周りをぐりぐりするように回し、種を掘り出します。





b0040606_16561447.jpg



こんなカンジで。
実はこの作業が一番大変~ん!



でもってこのさくらんぼをきれいに飾って出来上がり。

なんですけど、

今回はさくらんぼが少なかった為、いちごとのミックスにしてみました♪






b0040606_1702981.jpg





いや我ながら相変わらず、





オトコっぽいですな。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-13 17:06 | くっきんぐ。 | Comments(6)
えっと昨日、先週誕生日を迎えたお友達のMasaさんとBethの合同お誕生パーティーがございました。


ご友人の多いお2人さん、全員でなんと18人も集まりまして。パーティーの模様はこんなかんじ。




b0040606_16324189.jpg




なのでお料理もスゴいのって♪





b0040606_16345162.jpg






そうして散々飲み食いおしゃべりしつつ、お二人の誕生日をお祝い。




b0040606_16395899.jpg








MasaさんBeっさん、お誕生日おめでとうございます♪
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-12 16:44 | 日々の生活 | Comments(5)
どうもこんにちわjpslotusです。

最近、全然街に繰り出してません。
夜も全然繰り出してません。
ありきたりの毎日を過ごしてます。


何が言いたいのかって?



つまり









ネタがなくなりました。(汗)





そんな時は久しぶりにご紹介します。

伝説の日本語フレーズブック。


さて今日はここから。






b0040606_1762141.jpg





ガイジンさんに「マジ?」と言われるのは微妙に気に入らない(笑)。



続いてコレ。






b0040606_179134.jpg






私はとても遠くから来たの・・・








状況が状況ならすげぇ恐えと思う。(笑)






そしてですねこの本、日本語での日常会話を紹介しているはずなのに、










b0040606_1713099.jpg






すげぇハイレベル。







無理!!(泣)
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-10 17:15 | 日々の生活 | Comments(0)


全ては勝利の為に





b0040606_171675.jpg






世界中のマスプロメーカーが生産した車の中でこれ程までにエポック・メイキングな物を私は他に知らない。


このランチア・ストラトスのルーツは1970年トリノ・ショーで発表された1台の奇妙なコンセプトカー。
空気を切り裂くかのような楔形デザイン、極端に低い全高、そしてその低さの為サイドドアは存在せず、大きく開くフロントウインドーからフェンダーとダッシュボードをまたいで搭乗しなければならないレイアウト。

そのコンセプトカーを元にストラトスは開発されたわけであるが、その開発目的はこの当初からはっきりしていた。
それは当時行なわれていた公道レース、すなわちラリーが1973年よりFIA統括によるWRC(ワールド・ラリー・チャンピオンシップ)として選手権化されるに伴い、それに勝てるマシンを作り上げる事。

つまりこのランチア・ストラトスという車は「レースの為に作られた市販車」であり、ツーリングカー・レースではよくある「市販車をベースにしたレーシングカー」とはそのコンセプトが根本的に異なる。
それはボディーサイズを見ればすぐに解るほど、常軌を逸している。


車幅は1.75mと3ナンバーサイズであるにかかわらず、全長はわずか3.7m。ホイールベースに至っては何と2.2m弱、現在の軽自動車よりも短い。

これは何を意味するのか?車の高速での直進安定性はホイールベースが長いほど良い。逆にホイールベースを短く、、厳密には4輪のトレッド比(左右の車輪の間隔とホイールベースの長さの比率)が1:1に近ければ近いほど直進安定性は悪くなるが、その分コーナーリングの鋭い車が出来上がる。公道を走るラリーシーンにはサーキットでは有り得ないような鋭いヘアピンカーブやガードレール、木立によって先の見えないブラインドコーナーが連続する箇所など当たり前のように存在する。そのような状況下でのレースは高速安定性よりもコーナーリングと危険回避の為の鋭い反応が重要視される。そのためストラトスは一般の市販車のような安定性は求めず、あくまでラリーでの優位性の為だけに恐ろしく敏鋭なハンドリングを手に入れた。
その操縦性は一流のドライバーをもってして「全ての道がコーナーであった方がむしろ運転しやすい。」と言わしめた程トリッキーであったが、その運動性能から現在でも「ストラトスがベストのラリー・カー」と賞賛の声を惜しまないラリー・ドライバーも多い。




b0040606_17531925.jpg




ミド・マウントに搭載されるエンジンはフェラーリ製2.4リッターV6。10月のテキストで紹介したディーノ246に搭載されていたエンジンと同じ物である。実はフィアット・ランチアグループはこのディーノそのものをその素性の良さからラリーで使用する事を検討したが、あくまでもレースでの勝利をより確実な物にする為あえてストラトスを開発したのだと言われている。ディーノを使えば開発費用は大幅に削減でき、しかも当面の成功は約束されていたにもかかわらず。である。


当時の規定で連続する18ヶ月の間に市販車の総生産台数500台を満たさなければ参戦の承諾は下りなかったため、ストラトスのWRCデビューはチャンピオンシップ創設2年目、1974年開幕戦のモンテカルロ・ラリーとなった。実はこの時までにも生産台数は500台を僅かに満たしていなかったのだが、当時のフィアット・ランチアグループのラリー界での政治的影響力はそのような事は問題にしなかった。



勝つことだけを目標に作られたストラトスは当然ながらライバルメーカーを全く相手にせず、’74年、’75年、’76年と3年連続でメイクス・タイトルを奪取したばかりでなく、ワークス活動を停止した後もプライベーターによって数え切れないほどの勝利をもぎ取り、1982年まで実に9年というレーシングカーとしては信じられない程の長い期間を第一線で活躍し続けた。


その一方で前後オーバーハングを延長してフロント、リアウイングを装着。更にターボチャージャーを搭載しパワーアップされたバージョンのストラトスもサーキットで使われた事があるが、ラリー・フィールドとは反対にそれはさほどの成功を収めるには至らなかった。





b0040606_1825350.jpg





全てはラリーに勝つ為だけに作られたストラトス、その圧倒的なパフォーマンスはまさに異次元。
「stratosfera」(イタリア語で「成層圏」)から採られたその名前はこの車にとって、それ以上相応しいものは無い。
[PR]
by jpslotus2000 | 2006-02-08 18:51 | 車好き。 | Comments(4)