ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2005年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

さてさて、そんなこんなでやっとこNelsonへ到着した我々御一行ですが、到着した時には既に夕方、それから程なくして日没となったのですが、ホキティカに引き続きココでも夕焼けの写真を撮ってみました。



b0040606_17263873.jpg




まぁこれもこれでなかなかイイ景色ですねぇ~・・・



話は変わりますが、我々がこの旅行へ行っていた時、こちらではイースターという祝日間近でありました。

イースターの風習としてイースター・エッグという卵の形をしたチョコレートを食べる習慣があるのですが、やっぱり売ってるんですよ、そこかしこにこのチョコが。

ネルソンの町で見かけたその中でもひときわ異彩を放っているのがコイツ。



b0040606_17311714.jpg







力士のイミがわからん!!




ちなみにこのチョコですが、総重量1kg。

箱の側面には、



30分で食べろ!!





などと半ば拷問チックなセリフまで確認できたりします(笑)。




まぁそれはおいといて。




さてここネルソンでももはや当然のようにディナーは外食となったわけですが、ヨットハーバー脇のレストランで頂いた私の料理はコレ。



b0040606_17362117.jpg




なんてかNZなら定番ですね、フィッシュ&チップス。

でもここではおなじみのトマトケチャップではなく、マヨネーズとドレッシングで頂きました。
コレもまたオイシイ!!


でもねぇ~・・・



テキスト:グルメの旅。で御紹介したブラフ・オイスター。あれ食べれなかったってお話しましたよね?

実は種類は日本の牡蠣とほぼ同じだと思いますがここネルソンもネルソン・オイスターが有名。
なのでブラフでの借りを返すべく(?)メニューに載っているのを見つけるや否や、







おいすたぁ~!!


と、意気揚々と注文したの。




ですが、








NO!




と即答(笑)。





「オイスター切らしちゃったのよ~、ゴメンナサイねぇ~・・・」と、ミセのねぇちゃん。



結局牡蠣という牡蠣は、






2度までもオレを裏切りやがった。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-30 17:47 | ニュージーランド | Comments(2)
南島旅行記もあと少しという所まで進みました。

ホキティカで1泊した後、さらに向かう先はぐぅ~っと北上して都市としては南島最北に位置するNelsonです。

が、今日はそのネルソンへ向かう間の出来事を御紹介。


ホキティカからネルソンへ向かって30分ほど車を走らせたところに位置するのがウェストコーストでは最大の街であるグレイマウス


この町はクライストチャーチからアーサーズ・パスを経由する渓谷鉄道、トランツ・アルパインの終着点として有名、その他にNZの中でも非常に古い歴史を持つモンティースというビール会社の醸造所がある町としても有名です。


ところがここグレイマウスですが、我々が立ち寄る2週間ほど前だったでしょうか、不幸にも、







竜巻の被害に遭いましてですね、



一見被害が少ないように見えた街中ですが、やはりこんな光景が。


b0040606_17461856.jpg



工場らしき建物なんですけど、完全に屋根吹き飛んでます。


そんなグレイマウスを後にした我々、次なる観光地は昨年12月のテキスト:「パンケーキ・ロックからコンニチワ。」で御紹介したプナカイキ。


このパンケーキ・ロックの画像はその時のブログを参照いただきたく、よろしくお願いいたします。


それよりもついに、というか図らずも「いかにもNZ!!」と思えるような写真が撮れましたのでそれをお見せしたいと思います。


b0040606_17524020.jpg



どうです?NZのイメージそのままじゃないですか?羊以外では(笑)。



こんないいモン撮れましたけど、やっぱりそこはNZ、ちゃんとツッコみどころもそこかしこに準備してくれています(笑)。



プナカイキから更に北上してウエストポートという街で一休みしていた我々。
ちょいと食料のお買い物、と言うことでNew Worldというスーパーに入ったのですが、そこで思わずツッコんでしまいましたやっぱり・・・




スーパーによくある冷凍食品のコーナー。


b0040606_17581696.jpg




の上に・・・








b0040606_17585953.jpg





ナンで日用雑貨やねん!!(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-27 18:00 | ニュージーランド | Comments(2)
フランツ・ジョセフでの氷河ハイクを終えて、次に我々が向かった先は・・・

決まってるじゃないですか。







ホキティカですよ♪




何で太字なのか、解る人なら言わずとも解りますね?
何たって私にとってはホキティカは聖地ですから。
だってホキティカで何が出来るってそりゃぁもぉ、







グリーンストーン買い付け♪



ホキティカにそれ以外何があるのさ?(笑)


まぁグリーンストーンについては昨年暮れに両親と旅行へ行った時にお話しましたので今回は割愛。


グリーンストーン以外何があるのさ?って今言いましたけど、実は前回訪問した時にできなかった事が他にひとつだけありました。

それは、夕日を撮ること。


ここホキティカは西海岸に位置し、東側のクライストチャーチではまずほとんど見ることの出来ない(実は見れるトコロ1箇所だけ知ってますが。)、海に夕日が落ちる風景を目にする事が出来ます。

前回は残念ながら曇り空で夕日を拝む事が出来なかったのですが、今回は大成功。


b0040606_18195244.jpg



欲を言えばもう少し雲があれば綺麗だったんですけどね、でもこれはこれで満足。



ところでこのホキティカの海岸は、オーストラリアからタスマン海を渡って流れ着く流木が漂着する場所としても有名。


こちらで流木アートを作っている人たちもホキティカまで拾いに来るとよく聞きます。


そんなホキティカなので街のレストランにもこんなモノがあったりして。


b0040606_18233372.jpg




流木製チェアー。


これ座ってると、





自分がオブジェになったよーな気がします。(笑)。



そしてもうひとつ、ホキティカが年に一度注目されるイベントがありまして、それがホキティカ・ワイルドフードフェスティバルというお祭りで、まあ早い話、ゲテモノ料理の祭典なんですけどね(笑)。


それでもここはそのイベントを誇りにしてる、というか心待ちにしている、というか、街中の塀にペイントされた宣伝ですが、



b0040606_1828120.jpg




・・・終わってるって。







未練がましい!!(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-25 18:32 | ニュージーランド | Comments(4)
えっとせっかくですから氷河ハイクやりましたフランツ・ジョセフ、この町がどのようなものかも御紹介しておきましょうか。

まずはコレが我々の宿泊したフランツ・ジョセフYHAです。


b0040606_18475989.jpg



テキスト:「家なき子。」で御紹介したテ・アナウでの宿泊場所もYHAでしたが、ココフランツ・ジョセフのYHAはテ・アナウのYHAより、といっては失礼かもしれませんが全然イイ!!


なんたって、







ちゃんとベッドありましたからね(笑)。



それは冗談として、ホントに従業員も丁寧だし、なんか知らんけど活気があるんですよホテルが。


鍵を貰って部屋に入ったら先客が一人。

まずは御挨拶という事でお話してるとその彼はフランスからやってきたその名はトーマス。

と、そんなトーマスとお話している間に宿泊客がもう一人御到着。

その彼もフランス人、しかもその名もトーマス。


フランス人ならアランとかフィリップとかフランソワ(?)とか、そんな名前だっていいのに、






何でオレ、ふたりフレンチ・トーマスと英会話やねん



なんかどっちをどうトーマスと呼ぶと解ってもらえるのかナゾになっちゃったのでとりあえず退席。

でもねぇ、戻ってきたら彼ら、やっぱりフランス語で会話してるわけですよ、当たり前だけど。







気を使われてたか・・・(笑)



まぁそんなYHAではありましたが(?)続いてはフランツ・ジョセフの町並み。



b0040606_18593055.jpg




町並み自体は非常に小さいですし、なんてことは無いのですがそこはかとなく清潔感があり、なかなかイイ町ですよ。

ここメインストリートですけどこれまたテキスト:「家なき子」で御紹介したテ・アナウより活気ありそうでしょ?


かといって別に、テ・アナウに対して、







ネに持ってるワケじゃないですけど(笑)。



さて、ここフランツ・ジョセフでの氷河ハイクを終えて次の目的地へ移動する前に、ちょっぴり腹ごしらえしたのがコレ。



b0040606_194116.jpg




ソブラキっていう野菜やらお肉やらを生地に巻いた食べ物なんですけど、
ちょっと食ってみようってなカンジでさほど期待してなかったんですけどなんの。







ホシ、みっつ★★★!!



でもねぇ、この写真とった後、それを見ていたお店のニィちゃん、



ウチのクルマをバックにもう1枚撮るかい?


って、






オレらを宣伝マンに使うんじゃない。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-24 19:11 | ニュージーランド | Comments(0)
さて昨日に引き続きましてフランツ・ジョセフ氷河の御紹介。

今回は氷河の表面をご覧頂こうかと思います。


昨日は氷河の全体の雰囲気わかっていただけましたかねぇ?
その氷河の表面がどのようになっているのかというと・・・



b0040606_18551144.jpg




この矢印が示しているモノですが、コレ人です。
それだけでこの氷河がどれだけ大きいか、御理解いただけましたでしょうか。


そして昨日少し御紹介したように表面は氷の壁や谷間がそこかしこに。
ウォーキングコースの途中にもその氷河の谷間・クレバスに橋が通されている部分がありますが・・・



b0040606_18584158.jpg








落ちたら死ぬって絶対・・・


いや、本当に氷河ウォーク中にこのクレバスに誤って落ちて亡くなった方がいると、終わった後で聞きました。









しかも前日に。




そういったコトは、








事前に教えてください!!(泣)



まぁそんなコト業者は口が裂けても言わんと思いますけどね(笑)。



それでもこれほどの、というか氷河なんていうモノ自体日本ではまずお目にかかれませんからね、この氷河ウォーク、非常に貴重な体験だったと思います。


b0040606_1961016.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-23 19:09 | ニュージーランド | Comments(2)
さて本日は前回お伝えしたとおりフランツ・ジョセフ氷河観光を御紹介いたします。

ここフランツ・ジョセフでの氷河観光はもっともシンプルな氷河半日ウォークのほかに一日ウォーク、そしてヘリコプターで氷河へ向かい、そこから険しいコースをハーネスつけながらクライムするヘリハイクなどのコースがあります。

当然、といいますか、我々は最も手軽な半日コースやってきましたがね。

前日フォックス氷河を見学した時とは違ってこの日はホントにいいお天気。
氷河という事で防寒着を用意していったのですが必要ないくらい。むしろTシャツで全然OKでした。


そしてこれがフランツ・ジョセフ氷河の最終地点。


b0040606_17452569.jpg




ぱっと見何てことないように見えるでしょ?

ところが・・・



b0040606_17464197.jpg





この断面図ですが、地面から氷河表面までその厚さ目測30mはあろうかといったところ。

もちろん観光客は氷河ではないにしろその付近のガケ30m登っていくんですからね、氷河ウォークするために。

それこそ、







日本じゃ絶対認可されねぇだろこれ。



ってカンジっすよ実際。


だってね、たった半日の氷河ウォークなのに、




b0040606_1755123.jpg








ナンですか?この壁登るんですか!?



いや確かにスゴイですよ、自然の驚異を感じますよホント。

でも、







半日ウォークでよかった・・・(笑)




・・・つづく。
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-22 17:58 | ニュージーランド | Comments(2)
Haastの村で小休止した我々ではありましたが、気を取り直して(?)フランツ・ジョセフまで残りの道のりを再出発。

ウエストコーストの氷河地帯にはフランツ・ジョセフ氷河のほかにもうひとつ、フォックスという氷河が有名で、この2つの氷河でほとんどの氷河観光を行っております。

ちなみにフォックス氷河とフランツ・ジョセフ氷河の距離は車でおよそ30分程度。

我々が予定している氷河観光はフランツ・ジョセフにてだったのですが、せっかくですのでフォックス氷河の方もちょっとのぞいてみよ♪
という事になりました。

到着した時にはあまり天気がよろしくありませんでしたので少し残念だったのですが、それでも何てか、氷河ってヤツがフツーじゃない事は駐車場の脇にあった水溜りを見ても解りました。



b0040606_17534021.jpg







水が青いでオイ。


そして氷河へ続く歩道にはこんなモノも。



b0040606_17551970.jpg








恐山かよオイ。(笑)。



・・・ぜって~日本人だな、コレやったの。



で、肝心の氷河ですが・・・明日フランツ・ジョセフ見れますから・・・







まぁいいじゃないですか・・・(汗)



やがてフランツ・ジョセフに到着した我々、宿に到着した後、翌日の氷河ウォークに向けてスタミナ温存のため(?)、外食となりましたが私が頂いたのはコレ。


b0040606_1802586.jpg



素晴らしい仕事。

はっきり言って武蔵五日市駅前よりも劣るかもしれないほどの小さな町でこんな立派な料理を頂けるとはまさか思いませんでした(笑)。



そして更にYukiさんが頼んだデザートのアイスクリームがコレ。


b0040606_1845011.jpg




思えばこのフランツ・ジョセフのレストランで食べた料理が、我々の南島旅行が完全に、








グルメの旅に取って代わった瞬間だったかもしれません(笑)。
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-20 18:09 | ニュージーランド | Comments(6)
さて前回御紹介したレイク・ワナカから目指すフランツ・ジョセフへ向かう道の途中には、Haastという村まで国立公園内を峠道が走る箇所がございます。


さすが南島南西部の国立公園だけありまして、その道のりは自然いっぱい危険もいっぱい(笑)。

なんてかホントに、初心者お断りな急コーナーが連続します。


そんな峠道ですので途中の沿道にはこんな光景を目にする事が出来る箇所もあります。


b0040606_17184383.jpg




なかなか立派な滝なんですけどね、でもこの峠道ドライブしてて気が付いたのが、






こんなんフツーなんですわ。



そしてこの国立公園内の峠道を過ぎてHaastという村にたどり着けば目指すフランツ・ジョセフまではあとひと頑張り。



と、言うわけで、チョットここらで休憩という事になりました。


立ち寄ったのはHaastのインフォメーションセンター。
ここはただの案内所ではなく、Haastの歴史等を紹介するちょっとした博物館になっております。


b0040606_1726091.jpg




こんなかんじ。



近郊の川や海で見る事が出来る魚や鳥やその他生物の紹介、また先住民マオリの生活様式なども紹介されておりまして小さな村にしてはよく作られた博物館。


そんな中で見つけてしまいましたよこんなの。





Haastで元QUEENのブライアン・メイ発見!!






b0040606_17302186.jpg





・・・






・・・もしくは元F-1ドライバーのアラン・プロストでも可。(笑)





似てない?
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-19 17:33 | ニュージーランド | Comments(0)
本当にクイーンズタウンでは何もしませんでした。
しいて言えばYHAで、






お洗濯したくらいっすかね♪


なので次いってみよー次。


クイーンズタウンから出発して次の目的地はぐっと北上して、ウエストコーストまぢかのフランツ・ジョセフ
今回もかなりの長旅になりましたので途中数箇所で休憩しながらのドライブとなりました。
そのドライブ中に立ち寄った場所を今回は御紹介したいと思います。


まずはクイーンズタウン~ワナカ間に位置するCardrona Hotel
ゴールドラッシュ時代の雰囲気を色濃く残す建物で、NZのSPEIGHTSというビールのCMにも使われていたりします。


b0040606_17594893.jpg




位置する村もその名の通りカードローナというのですがすぐに解りますよ、だって、






このホテル以外何もねぇから。



そんなカードローナ・ホテルから更に30分もドライブすれば、ガイドブックにも乗っている観光地、レイク・ワナカに到着。


ここレイク・ワナカは特に最近、リゾート地として注目され始めたらしく、中心地周辺には建設中の住宅地が目立ちます。
地元の人たちにもなんてか、リトル・クイーンズタウンと呼ばれているとかいないとか。

そんなレイク・ワナカ湖畔ですけれども、



b0040606_1862598.jpg





良くも悪くも山中湖なんだよなぁココ(笑)・・・



もっとはっきり言っちゃいましょうか?








面白くもなんともねぇ。(笑)







そんなワナカにも名物は一応ありまして、というかなぜか日本人だけに大人気な名物があります。


それがバナナクリームパイというシロモノ。






それならとりあえず食ってみないと気が済まない自分もやっぱり日本人ですが。


御紹介しましょう、これがバナナクリームパイです。




b0040606_18121490.jpg





・・・



・・・いや良いんですよ別に、でもねぇ、この2層になっている上のほうの白いの、コレ全部、







生クリームざんす。


はい想像しただけでリヴァ~スな方いらっしゃいますね?多分。


でも味自体はマジメにおいしいですよ。しかもこれで$5ですからお得といっちゃぁお得ですね、









メシ代わりとしては。(笑)。



いや確かに美味しいんですけどこれだけのボリュームですからね、食ってて最後の方は、








ほとんど意地になります。



Rikaさんにも少し手伝ってもらいつつめでたく完食したのですが、この親の敵のような生クリーム食している間、すっかり忘れていたのがですね、








このあと峠越えドライブが待っているっていう事実。(笑)。
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-17 18:24 | クライストチャーチ | Comments(8)
素晴らしい大自然の光景を見せてもらったダウトフル・サウンドに別れを告げて、次に我々が向かった先はNZ観光旅行地の中では非常に有名なクイーンズタウン


ちなみにクイーンズタウンへ向かう途中に、









スピード違反で捕まったコトは既に御紹介したとおりですが(笑)。



まぁそれはともかく、
自分が前回旅行した時にはバンジージャンプ、ジェットボート、ゴンドラなど、色々遊びまくりましたが今回は雨が降っていたせいもあり、クイーンズタウンははっきり言ってただの宿泊地として滞在しただけになりました。

まぁこれはこれで、







かなり贅沢なクイーンズタウンの過ごし方のような気がしないでもないですが。



でも実際到着した時には何となくここで何か遊ぼうって気にもなりませんでしたけど。

だって、



b0040606_18113966.jpg





全面工事中。でしたから(笑)。



と、言うわけでここでは食事をしたあとでなぜかスカイシティ・カジノへ向かい、YukiさんとRikaさんはスロットへ、自分はカジノにいたのにず~っと、








テレビ観てました。


あまりに贅沢なクイーンズタウンの過ごし方(笑)!!



しかしここクイーンズタウンはアウトドア・アクティビティー天国ながら、夜の風景もなかなか捨てたモンじゃございません。



昼間は観光客でごった返すモールも夜になれば、



b0040606_18162086.jpg




ね?なかなかイイカンジでしょ?


レイク・ワカティプ湖畔だって、


b0040606_18172712.jpg




ほら、この通り。



何一つクイーンズタウンらしい事はしませんでしたが、こんな楽しみ方もアリかな?とこの夜景を見て感じた次第でございます。
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-04-15 18:20 | ニュージーランド | Comments(4)