ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

<   2005年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

昨日の日曜日、ここクライストチャーチのハグレーパークにおいて、ワイン&フードフェスティバルという催しがございました。

まぁその名の通りワインと食べ物の品評会だったわけですが、なぜ




酒飲めないオマエがそこにいるんだ!?というツッコみは固くお断りします(笑)。


いやぁイベント物に弱い自分なモンで・・・とにかく同行したのはKenちゃんとKeddy、それと途中からMasayoさんも偶然合流してフェスティバルを楽しみました。

会場入り口で入場料15ドル払うとワイングラスをひとつもらえてさぁいくか・・・と思ったらその他にチケットを買わないといけないんですね。こんなの。

b0040606_1615017.jpg


この券9枚で10ドル。

で、フェスティバルに出展しているお店はこんな感じ。

b0040606_16164672.jpg



このようなテント状のお店が所狭しと並んでいるわけですが、ワインを出展しているお店はそれ独特の雰囲気を持ち合わせていてなかなか趣があります。

出品地域も地元のカンタベリーやワイパラをはじめ、マルボロやホークス・ベイなど多種多様。
あ、自分お酒飲めないのは周知の事実なんですけど、最近はちこっとワインのテイスティングくらいはできるようになりました♪



ホメてやってください♪(笑)


我々が飲んでみたのは4種類。最近日本でも人気があるというワイパラのペガサス・ベイのピノ・ノワール(赤)も試してみました。が、ここは自分的にはあまり好みで無かったですねぇ・・・
なんていうか、オークチップの香りが強くって。
それが日本では好まれている、と言う話ですが。


それはさておき、ココに出店していた食べ物の中で自分的に興味をそそられるのはやっぱりコッチ系食材でしょ。





ダチョウのお肉♪

b0040606_16293249.jpg



いや~日本じゃほとんどお目にかかれませんからねぇ~こういった系の食材は。

でもこのダチョウの焼き鳥なんですけどね、一本でチケット4枚。
現金にして約4ドル50。はっきり言って高価い。

っていうか自分、缶コーラ買ったんですけどそれが一本、





チケット2枚ってどうなのよ!?


まぁお祭りだしいいっか♪





結局タダのお祭り好きなワケね自分(泣)・・・
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-28 16:37 | クライストチャーチ | Comments(6)
本日で2度目の学校通いも終了いたしまして、これから何をしようか考え中、
と言うよりも、




路頭に迷っている。


と言った方が若干正しい気分のjpslotusですみなさんこんばんわ(笑)。


さてさて最近は特に何処にも遊びに行かずにマジメにお勉強していたおかげでブログのネタにもちょっと困っておりますが、そんな時だってちゃ~んと御紹介しますよクライストチャーチのツッコみドコロ。


まずはコレ、アートセンターのフリーマーケットに出ていたお店ですけどね、

b0040606_17581664.jpg





生首なまくびぃ~!!


なんていうかこの、



ファンシーで狂ってる感じがたまらなく恐怖感を誘います(笑)。


続いてはコレ。

日本でも有名な、というかなぜか観光客は必ず足を運ぶOKギフトショップで売られていたコイツ。

せっかくのオーナーさんの人形なのにねぇ・・・


b0040606_183481.jpg




在庫一掃処分ですって。(笑)


でもはっきり言って、1ドルでも欲しい人がいるのかは疑問。

ってか、




通常価格6ドル80ってどういうコト!?(爆)


そんなこんなで街中をふらふらしてた時に見つけちゃいましたよスゲェのを。



b0040606_1818880.jpg






ちょっと待て待て待てえぇ~!!



アリですか、ねぇコレってアリですか!?

いまだかつて見たことありませんね、マネキンなのに






鶴拳で挑発してきたヤツは(笑)。
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-25 18:30 | クライストチャーチ | Comments(14)
さて前回御紹介しましたチャイニーズ系食料品店、三商にはチャイニーズ物によくありがちなイカサマな日本語で書かれた日本向け食品ももちろんございます。


まずコレ。

いかにも日本製!!ってカンジのおせんべいの裏に書かれていた商品の説明文なんですけどね、


b0040606_165137.jpg



本品は良質を使用し、・・・






良質のナニ使ってるのよ!!


形容詞のみで名詞が無い、まるでフィリピーナの日本語みたいになってますけど(笑)。


「御一家 つてのお茶うけに。」





つて!?


「お茶うけ」とか最近日本人でも使わなくなった言葉わざわざがんばって使ってるのに惜しいねぇ~♪(笑)


で、おせんべいなのに、






お果子。


って書かれてるとなんか甘いモンかと勘違いしそう。



続いてはピーナッツ系のお菓子なんですけどね、この矢印部分読んでみてくれます?


b0040606_16162915.jpg



コウヒンツツツコウゼガ。





読めねぇ、こんな日本語ないって!!(笑)


いや、中国語そのままカタカナにしただけで日本人に意味解らせようと思っても、




ムリ。



でもまぁしょうがないっすね、だってこのお菓子、


b0040606_16232176.jpg





ウっかせぃですから(爆)。






まぁそれ以前の問題としてこのお店自体使ってる日本語間違ってるけどね。


b0040606_16271413.jpg



メンドウがらずにちゃんと書こうぜ、






ゆうげ!!(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-24 16:32 | クライストチャーチ | Comments(4)
えっと、本日はずっと前から御紹介したかったのですがなかなか機会が無かったこのお店を御紹介いたします。

クライストチャーチ市内中心部から車で北西へ走る事約15分、Avonhead近くに店を構えるチャイニーズ系食料品店、その名も、



三商。


このブログを読んでいる方ならもしかして、「ついに出たか!!」と思われる方も多いかもしれません(笑)。

チャイニーズ系食料品店といえば、前に自分が何度か御紹介したアジアンフード・ウェアハウスは有名ですが(テキスト:「店頭売りドラッグ」参照。)、ココも負けず劣らずそこはかとなくアナーキーな香りが店中に漂います。


まぁなんたって店構えからして他と一線を画しますからね、

b0040606_18374388.jpg



もぉこの窓ガラスに張られている無数のポスターと張り紙からして、



一体ナニ屋だよ!!


と叫びたくなるようないかがわしさ充分(笑)。


なんかすげ~ド田舎に行ったらこんなカンジの、





農協の直売ストアーって見かけるけどね


で、中に入ったらコレがまた凄いの。

チャイニーズ、コリアン、ジャパニーズなどのアジアン食品はもちろん、
多分ホンモノなんだろうけど





どんなルートで仕入れられたのか全くナゾのサプリメント

なんかが品揃え豊富(爆)。


しかしワタシの目に留まったのはそんなOKギフトでも売っているようなサプリメントなどではなく、中国人用に品揃えされたチャイニーズ・ムービーレンタル。


思わず中国でもアダルトってあるのか探しちゃったよ(笑)。

で、そんなビデオレンタルもやっている三商ですから、店中チャイニーズ・ムービーのポスターがいっぱい。

例えば・・・


b0040606_1851841.jpg




何のスポコンものドラマやっちゅうねん!!(笑)


タイトル:「赤沙印記@四葉草」。

この、




@のイミが解らん。


続いては、


b0040606_18561984.jpg



・・・コレってもしかして、





チャーリーズ・エンジェルですかっっ!?


さすがですチャイニーズ、恐るべきチャイニーズ・・・

なんか最近のニュースで、ホンモノの日本製クレヨンしんちゃんグッズが中国で、



商標権侵害のため店頭から撤去。

なんてニュースもあったようですが、コレ見てるとそんな事も




中国では不思議ではない。という現実を認識せざるを得ない感じがしますね(笑)。
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-22 19:04 | クライストチャーチ | Comments(4)
こうしてRachelの21歳バースデーパーティー撮影は行われたわけですが、彼女の意向で出席者は皆仮面をつけての参加が条件。


もしくは仮装。


と、いうわけでパーティーに出席していた人達はこんなカンジ。

b0040606_17233931.jpg



これってつまり記念撮影って意味で言えば写真に写っているのが誰がダレだか解んなくってもカンケーないっちゅうコトですね(笑)?


まぁそんなわけですから「どうやって撮ったらいいんだよ・・・」と半ば困り気味の自分の背中から声が。


あのコたちカワイ~から撮ってあげて♪


Rachelの御友人、かわいい天使に仮装のお嬢方大きいのと小さいの(笑)。

b0040606_17301410.jpg



こう見えて小さい方の彼女も21歳ですって。




ビバ!!21歳!!(笑)


しかし!!彼女たちはどぉでもいい!!


自分が撮影中に見つけた会場中に食べ物をサーブして回ってた女の子。

b0040606_17324733.jpg



自分にも「Would you like some?」と食べ物を勧めてきたわけですが、





自分、仕事っすから・・・(笑)


と、お断りしたときに少し不安げな表情で「Are you sure?」と上目遣いで聞き返してきた時にオレは思ったね。







やべ、オレのストライクゾーンど真ん中♪



あぁパーティー撮影なんてどうでもいい(笑)!!
もう一度「おひとついかが?」って聞いてきたら答えてあげよう、






アナタをいただきます・・・と。(笑)



あなたの笑顔を見ているとアナタの白い歯からこぼれる、







矯正器具さえ愛らしい。(笑)



このjpslotus、





君のためなら死ねる。(笑)


実際そんなんムリですが(爆)。



まぁそんなワケで、自分の人生で初めて日本人以外のオンナノコがオレのハートを打ち抜いたひとときでございました(笑)。



でもあとあとよ~く考えてみると自分の好みのタイプって、




すげぇ~フツーのオンナノコなんだな。


と改めて自覚した次第でございます。

・・・

・・・


仕事はど~した!!(爆)
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-21 17:46 | クライストチャーチ | Comments(11)
みなさんこんにちわjpslotusです。

一昨日、昨日は忙しいのでブログ書けません宣言いたしましたが、一体何をしていたかと言うと・・・



NZ初仕事。(笑)


まぁそれはちょっと極端ではありますが、実はウチの学校のマネージャー、Paulの妹さんRachellの21歳の誕生パーティーの写真を撮って欲しいと頼まれまして、やってまいりました。

日本で仕事してたときはほとんどが結婚披露宴のスナップだったので、誕生日ってどぉ撮ればいいの?なんて思っていたのですが依頼主である学校のオーナー殿曰く、「どぉせ皆飲んで踊るだけだから気楽にやってや♪」と言う事だったのでまぁなるようになるだろ?
と実際ノンキに構えていました。


実際始まったパーティーもコレと言って特別な儀式なども無く淡々と、




飲めや食えやの集い。

でもねぇ・・・カメラマンの立場から言わせて貰うとね、こういったノンキなパーティーの写真撮るのが、



一番厄介なの(笑)。


だって、だってね、コッチで21歳の誕生日っていうと日本の成人式と同じで人生の中でも重要な





オトナへのメタモルフォーゼなのに・・・(笑)

それなのに、そんな可愛い妹の大事な成人式なのにPaul兄ちゃんってば、


b0040606_1520136.jpg




スピーチ中にビール飲むなっっ!!


あ、Takaさんこんな感じでいいですか?お宝写真(笑)。




まぁパーティーはこんな感じでのらりくらりと進んでいったわけですが実はこの前日、ノンキに構えていたワタシに向かってオーナーさんがおっしゃった痛恨の一言。


「まぁまぁ気楽に、




『展覧会開けるような写真も撮っといてよ♪』。」





え"え"え"え"~っっ!!(泣)



っくしょぉ~!!これでどぉだ~!!

b0040606_1533319.jpg


b0040606_15335525.jpg


次回へ続く・・・
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-20 15:38 | クライストチャーチ | Comments(5)
さてさてNelson旅行はもう2週間の前の話になりますが未だに引っ張ってしまっているのでここらでいい加減お開きにさせていただきたいと思います。

で、旅行記のシメは何か?って決まってるじゃないですか。
行く先々で、



ツッコみ入れないでどうする!!ってコトですよ(笑)。


まずはエイベル・タスマン国立公園入り口の村、Marahouで見つけたこの彫刻。

b0040606_1655651.jpg




うゎ、コワっ!!

オトコの方のマオリ風TATTOOのリアル加減もさることながらオンナの方の髪の毛の描写がどことなく、



五輪真弓なのがまた恐怖感を増幅させます(笑)。


続いてはネルソン市内で見かけた、


b0040606_16115523.jpg



似てねぇエルビス。

エルビスというかこれ、



尾藤イサオじゃねぇの!?(笑)


しかもこのギターの持ち方、




田端義夫!!

・・・注:ボクまだ一応20代です(笑)。


そして最後にこのマネキン、なんか彼女と目が合ってしまったらその瞬間に、


b0040606_16192794.jpg



石にされてしまうんじゃないか?と思うと恐くて恐くて夜ココの前歩けませんでした(笑)。



以上、ネルソン探訪の旅コレにて終了いたします。

あ、そうそう、明日ボクワケあってちょいと忙しいので多分ブログ書けません。


明日待ってろよPaul師匠、

オレの底力見せてやる!!(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-18 16:28 | ニュージーランド | Comments(7)
みなさんこんばんわjpslotusです。
さてさてお話はNelson旅行記に戻らせていただいて、今回は自分の中で旅行へ行ったらまずは恒例としているものを御紹介したいと思います。

自分がどこかへ出かけたら必ず写真に収めているあるものがあります。
さて、それはいったいなぁ~んだ?


なんてミニクイズ出さんでもいいですね(笑)。

実は・・・




教会。だったりします。

元の仕事が仕事だからどうしても気になっちゃうんですよね・・・
と、言うわけでここNelsonでもとりあえず撮ってまいりました。

クライストチャーチやダニーデンなどの比較的大きな都市には必ずと言っていいほど教会と言うよりももう一回り大きい大聖堂が建てられております。

ココNelsonも例に漏れず、市街地の小高い丘の上にそびえる大聖堂は街のランドマークとして存在しております。

b0040606_1652101.jpg


クライストチャーチのカテドラルの尖塔などとは少し趣が違っており、こうして各々の地に建てられているカテドラルを見比べてみるのもまた旅行の良い思い出になると思います。

ちなみに中はこんな感じ。

b0040606_1654423.jpg


大理石の重厚な柱で支えられた聖堂の向こうに位置する十字架と祭壇。
写真でみると綺麗にライトアップされているように見えますが実はコレ、全て自然光だったりします。

つまり建物自体がこのように祭壇部分だけ光が入り込むようにステンドグラスと天窓の位置が設計されており、いかなる天候の場合でも聖堂内の雰囲気は変わる事が無いように造られているんですね、この工夫は自分が訪れた他のどこのカテドラルにも無い演出で、非常に感激いたしました。

もちろんダニーデンと同じくドネーションも寄付してきましたよ、しかも今度は、




ありったけの小銭ゼンブ♪(笑)


あ、そうそう忘れてた。
話はがらっと変わりますが、いい加減毎度おなじみElle姉妹のブログ、『エルとみーあ。のAO-TEA-ROAdeティータイム』内のねるそん・まとめま章の中で紹介されていたレストランの料理について3日ほど前にコメントを丸投げされたので御説明いたします(笑)。


b0040606_1774614.jpg



ココのレストランはNelsonの海岸沿いにあるレストランで、Koichiさんオススメのシーフードやさん、ただし名前は覚えてません(笑)。

えっと、Miyaの言ったとおり営業時間は深夜までになっておりますが夜9時を過ぎるとオーダーストップがかかるようで、つまりナンでしょ、夜9時に仕事が終わればそれからオウチに帰っても、




横浜ー中日戦ならまだ中継してる。


という目論みだとおもいます、多分(笑)。

まぁそんなわけで(?)9時半過ぎに到着した我々に対しての冷遇がMiyaの乙女心(笑)を刺激したらしくあちらではあまり良い印象ではないようですが、偏見なく料理の感想を申し上げますと、

いや、なかなかのモノでしたよ、ただし値段に対してのバリューという点で言えばまぁevenってところでしょうか。
ちなみにメイン1品に対してのプライスおよそ$30。

まぁ自分的に言えばココの料理がどうのとか営業時間がどうの言う以前に若干取りみだし気味の、




み~あのドライビングの印象の方がデカいんですが(笑)。
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-16 17:26 | ニュージーランド | Comments(2)
Nelson旅行記はまだまだ終了ではありませんが本日はいったんお休みして、今日の出来事を書かせていただきます。

と言うのも本日、友人のTakaさんが日本へ帰るためにここクライストチャーチから飛び立ちました。

自分が今の学校に入学してからずっと一緒に勉強したTakaさん、7ヶ月の間色んな話をして、色んな所へドライブもして、確かに最初はお互いちょっと敬遠したかもしれないけど、でもこの7ヶ月間、ホントに楽しかったです。

土曜日には皆そろって送別会も開きました。
b0040606_1727199.jpg


自分たちが3週間かけて作ったプレゼント、気に入ってくれましたか?

我々もTakaさんがよく作ってくれた料理、美味しく頂きました。
自分よりもずっと年下ですが見習うところも多く、それだけでもいい出会いだったと思います。

But...

We're sure that you'll be back soon.
You should to be back here.
Because you should to be true your dream.
Of course we know,you can do it,you have the worth for it.

It's not a lie that we gave messages to you in the film.
We really hope that your dreams come true.
And...to good to meet you again in Christchurch...I also do the best as I can untill I meet you again.

I hope what you and I were meet in here is a providence...
So I really promise you...



See you again sometime!!



b0040606_17534539.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-14 18:07 | クライストチャーチ | Comments(9)
Nelsonの街を中心とする南島北部の海岸沿いの地帯は先日御紹介しましたエイベル・タスマン国立公園をはじめ、色々な風景を堪能する事が出来ます。

今回御紹介するのはこれまたNZでは有名なマールボロ・サウンドです。

このマールボロ・サウンドはガイドブックをご覧になった事がある方なら御存知かと思いますが北部には珍しい氷河によって削られたいわゆるフィヨルド地帯でして、その複雑に入り組んだ入り江の造形はそれはもぉ一見の価値ありです。

Nelsonまでの往路ドライブで自分はPicton経由でわざと遠回りをしたのですがそれもこのマールボロ・サウンドを是非見てみたかったから。

PictonからHavelockという街まで続く峠道はQueen sharlotte soundというマールボロ・サウンドの中でも最大級の入り江及びMahau soundという2つの入り江に沿って道路が作られており、その道の途中にはこの入り江を一望できるパーキングも設けられております。

これがその駐車場から望むMahau sound。

b0040606_17142174.jpg


一見湖のように見えますが正真正銘海の水。

このマールボロ・サウンド全体にいえることですが、各々のフィヨルドへ向かう道のりは全くの山道。
ドライブしていてもこの山のすぐ先に海があるなど到底予想も付かないような場所に入り江が忽然と姿を現します。

Nelson旅行最終日の朝に一人でまた違う入り江に向かったのですが、そのときに撮った写真をご覧いただければ解りやすいかと思います。

b0040606_17193752.jpg



ここはTennyson inletという入り江なんですけど、



ほとんど秘境。

山道を下って下ってこの先の海岸にも行ってみたんですけどね、ホントに信じられないくらい透明な海水で思わず飲めるんじゃネェか?ってくらい。

そしてもうひとつ、こちらはCroisilles harbourという入り江です。

b0040606_1723473.jpg


天気があいにくの曇り空だったのが残念ですが、それでもこの景観の素晴らしさ、改めてNZの自然の懐の深さに畏敬の念を抱かずにいられません。
ただこのマールボロ・サウンド、観光ツアーですとボートで海上を移動して個々のフィヨルドを見て回るらしいですが、私に言わせれば時間はかかりますが是非とも車で回っていただきたい。
それほどこの山道とそこから姿を現すフィヨルドの光景のコントラストは素晴らしい。

ただしこの山道、常人には苦痛と言っていいほどの超ツイストロード。
さすがの自分も往路では、



おいおいマジかよぉ~!!なんて独り言いいながらドライブしてました(笑)。

でも帰りにはこの峠道を片手運転で、



動画撮りながらドライブしてたりして♪(笑)


はい、みーあ女史に言われましたよやっぱり、



「アンタいつか事故るわよ・・・」って・・・(泣)
[PR]
by jpslotus2000 | 2005-02-13 17:36 | ニュージーランド | Comments(2)