ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

カテゴリ:車好き。( 84 )

はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

こんな時間に更新と言う事は、とても平和な休日を過ごしていると言う事です。(笑)

それはおいといて。


前回、AZ-1のオルタネーターを自分で交換したお話したと思うのですが、さて、これで治った。
と言うわけにはいかなかったのですよ。


意気揚々とまたしてもテストドライブしていたのですがね。
今度は問題なく電力が供給されているのが確認され(車にバッテリーチェッカー付けとりましてね)、調子よく走らせていてしばらく、突然

大音響でベルト鳴き。


そしてその数分後、










ばつんっ!!





という音とともに、
















オルタベルト切れました。(笑)




おそらくベルトは交換しなかったので劣化したまま新しいオルタネーター付けた時、ベルトテンションを張り過ぎたのかと。



で、ベルト交換となるとちょっと面倒なので(オルタベルト交換するにはエアコンベルトも外さなければいけないため)、さすがにこれはマツダディーラー工場へ作業をお願い致しました。

















b0040606_1704580.jpg





あー無いわー、ベルトないわー



と思ったら、リヤサスアームになんか引っかかってます。
















b0040606_1714521.jpg






ベルトあった。
あー、切れてるわー。めっちゃ切れてるわー。



で、近所のマツダディーラーへ車を持っていき、2時間ほどで作業終了。







b0040606_1736100.jpg





いやー戻った戻った♪


その後また少し走らせましたが、今度こそは快調。
自分で出来るトコロは出来る限り面倒見たいけど、肝心なところはやっぱりプロに任せるのが一番ですね。

これ、今回の教訓です。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-01-27 17:07 | 車好き。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

前回、私のAZ-1の錆び取りをやったお話したと思うのですが、錆び取りだけでは終わりませんで。


そのあと気が付いたのが、

















オルタネーターぶっ壊れました。(笑)



オルタネーターというのは、エンジンの回転で発電するモーターみたいな部品でしてね、これが発電することで電装品やバッテリーに電力を供給しているわけです。









b0040606_2175169.jpg





ちなみにこの写真の真ん中にあるパーツがそれです。

もちろんぶっ壊れたのでバッテリーの電力がカラッケツ、それに気づかず走行中、立ち寄ったコンビニ駐車場で










瞬時にJAF呼ぶ事態が発生。年始早々に。





なんとかオウチに帰ったところで、ソッコーでオルタネーターをヤフオクにてゲット。












b0040606_2183590.jpg






中古のリビルド品ですが、新品のように綺麗で、出力も純正の50A(アンペア)から65Aにアップ。
こいつを自分で交換してみました。
そんなことがレンチ一本で出来るのもAZ-1ならではかと。(笑)
















b0040606_21102317.jpg






これが取り外したオルタネーター。






b0040606_21105471.jpg





ベルトをかけるプーリーは錆びてるし、長年のベルトカスがこれでもかと言うほどたまっていて、そーとーなくたびれ具合。まぁ、寿命でしょうな。









b0040606_21122587.jpg






こうして並べてみると、くたびれ具合が歴然。




というわけで、あたらしいオルタネーター組みました。






b0040606_21133910.jpg






めでたしめでたし。

















では終わらなかったんだわこれが。






もう一回続きます。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-01-22 21:19 | 車好き。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

本日、朝起きたら雪が積もっておりました。
久しぶりに雪積もるの見ました。
おかげで都内は交通マヒでございます。
丁度良い事にワタクシはお休みでございましたが。

それはいいとして。


先日、私の自転車、ピナレロとMTBをオーバーホールやった事お話したと思うのですが、もっとよく考えてみたら、
















更に面倒見なきゃいけないモンがあるんじゃね?




と言う事に気付き。(笑)



すっかり忘れられているかもしれませんが、ウチにはこんなやつもおりまして。

















b0040606_18233190.jpg







マツダ・AZ-1




2014年に購入して1年と数か月。
買った時から「いつかはやらにゃいかんなー」と思いながらも長い事放置していた懸案がひとつ。





ボディーの錆がすごいんですわこれ。




というわけで、実は年末年始のちょっとの連休の間、何処へも行かず、友人への新年の挨拶すら忘れつつ(笑)、AZ-1の錆び取りに没頭しておりました。

友人の皆さん、ボクから年賀メールが届かなかった理由はこーゆー事です。



で、ボディーと言ってもこの車は、他のクルマと違って外板はFRP、プラスチックざます。
「それじゃサビもなにもねーじゃん。」
と思われるかもしれませんが、錆の発生はその外板の内側。モノコック部分でございます。
ホントに特殊な車でしてね、そのプラスチックの外販、


自分で外せるんですわこれ。

















b0040606_18302611.jpg






というわけで、おおよそ外すとこんな感じ。(笑)








b0040606_1831274.jpg








後ろから見たところ。



この写真でも、バックパネルのところがそーとー錆びてるの解りますかね?




ちなみにこちらはドアのキーシリンダー付近。






b0040606_18321074.jpg










いやー、作業のし甲斐があるわー。







おまけ:取り外した外板。








b0040606_1833295.jpg








して、このボディーのさびさび、どうするのかというと、サンドペーパーでひたすらゴシゴシ削った後、サビ転換剤というものを塗布します。












b0040606_18352885.jpg





このサビ転換剤というのはですね、みなさんがサビというと思い浮かべるあの赤いヤツを、進行しないサビ・黒サビへと変換させてサビの進行を止める、というなんとも便利な錆止め剤ですの。



で、こいつをサビ部分に塗って、乾燥したらシャシーブラック吹いてコーティング。







b0040606_18393757.jpg






室内も、シート取り外して内貼り剥がしてサビ落とし。





というわけで、大概のサビ部分は大体こんな感じになりました。











b0040606_1841427.jpg






よく頑張った。オレ。




ですが、どーしても自分ではこの作業が出来ない部分がひとつ。


そう、フロア下です。




こればっかりはリフトアップしないとどーにもならん。
どこかで安くサビ落としてくれるお店は無いものか、今後の課題となります。

というわけで、年末年始休暇の数日間、元旦も例外なく含めこんな事を地味ーに作業していたワタクシでございました。


でもね、実はこれでも私のAZ-1、















まだメンドー見きれてません。(笑)





色々と問題が見つかるもので。

まぁ仕方ないよね、平成5年車だし。




続く。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-01-18 18:51 | 車好き。 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。

前回、ドライブで津久井湖近くでクロワッサン食ったお話しましたが、その時の続きです。

まぁせっかくのドライブと言う事で、実際に相模湖にも行ってきたんですがね。

















b0040606_1814876.jpg





これ、相模湖。
なんていうかね、ボク相模湖来たの多分初めてだと思うのですが、印象としては、

「なんだかなー・・・」って感じ。

だってね、湖畔のボート乗り場やらお土産やなんかがね、

















b0040606_1816456.jpg






b0040606_18162073.jpg





b0040606_18164264.jpg






昭和的な雰囲気を醸し出しているつもりなのでしょうが、






実際古いだけにしか見えないんですよ。




湖自体もあまり綺麗じゃないしねー


というわけで、場所移動。
先日、ヤビツ峠行った時に通った宮ケ瀬湖が、実は相模湖からも近かったりするので今回は車で再訪。
















b0040606_18212210.jpg






いやー、やっぱ自転車で来ても車で来てもきれいなものは綺麗だわー




もっとも宮ケ瀬湖には観光施設はほとんどないし、大きな公園はあるけどお土産屋さんが軒を連ねたりしていないのでただホントに湖の景色を楽しむ以外することないんですがね。

で、宮ケ瀬まで来たので今回も、もれなく行ってきました、オギノパン。
















b0040606_18245773.jpg






いや~、やっぱ自転車で来ても車で来てもうまいもんは美味いわー



さっきクロワッサン食ったばっかりだってのに。
おまけに今回は車と言う事で、せっかくなのでお持ち帰り用にいっぱい買いこんじゃいました♪

















b0040606_1827047.jpg






左上から、まるでパイのようなメロンパン、きな粉揚げパン、ミニ食パン
左下から、丹沢あんぱん・ミルク、丹沢あんぱん・こしあん、カレーパン



おうちに帰ってから何日かに分けて全部頂きました。
どれもこれもとても美味しー♪




津久井湖のゼブラといい、宮ケ瀬のオギノパンと言い、私の中で相模湖方面=美味しいパンと言う図式が完全に成り立った模様です。

そんなドライブでしたが結論としては、もはや私がドライブルート考えたら
















自転車乗ってる時と何ら変わらないプランが出来上がると言う事です。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-08-18 18:35 | 車好き。 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。


先日、友人アツシさんが新車をご購入したというのでちょっとドライブに連れて行ってもらいました。
どこ行ったのかというと、神奈川県の相模湖方面。

それもまぁ、ワタシが行きたかったお店がそっち方面にあったのでついでと言ってはナンですがコース勝手に指定しちゃったよーなもんですが。

で、車を走らせ東京から相模湖方面に向かうと、相模湖の一つ手前に津久井湖という湖があります。
そのほど近くに、私の行ってみたかったその店はありました。

















b0040606_21554540.jpg






Coffee & Croissant ZEBRA



神奈川県相模原市緑区中野1890-1



早い話、ベーカリーカフェです。
何でこんな店知っているのかというと、これまた自転車関係になってしまうのですが。
結構有名なお店らしくて、相模湖方面を走るローディーにはかなりの人気らしい。
ちなみにお店にはこれまたバイクラック完備。しかも店内に。
クロワッサン食っている間にバイク盗まれることも無いですね。
















b0040606_220507.jpg







b0040606_2231099.jpg




店内は「ブルーボトル」的な倉庫を改装したようなたたずまい。
まぁブルーボトル行ったことないですけどね、あんな意識高い系がたむろするとこなんぞに。


それはいいとして。
















b0040606_2233682.jpg





ワタシが所望したのはカルゾネというクロワッサン生地の中にピザの具を挟み込んだような一品。
サクサクのクロワッサンの中からとろけ出るチーズ、絶妙なハーモニー。
これは超おいしー♪









b0040606_226937.jpg





アイスコーヒーもまずこうして出てきます。
挽きたての豆をプランジャーポットでしっかり落としてアイスカップに注ぎます。
コーヒーも本格の味わい。


あまり頻繁に来れるトコロではありませんが、また是非お邪魔したいお店です。


そんなオシャレな店内で美味しいクロワッサンとコーヒーが頂けるカフェ・ゼブラのこれまたオシャレなウェブサイトはこちらからどうぞ。








b0040606_22114751.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2015-08-14 22:15 | 車好き。 | Comments(0)
どうもこんばんわjpslotusです。


先日ご紹介しました愛車2号、AZ-1ですが、この車もそれなりに歳とってるわけでしてね、持病と言われるものがいくつかあったりします。

AZ-1オーナーの中で最も有名な持病が、ガルウイングドアのエアダンパー。

















b0040606_1955689.jpg






このドアを支えている棒のようなパーツなんですがね、どうやら2年くらいで劣化してくるらしい。
こうして写真を撮っている時にも、片手でドア支えてないと実際落ちてきます。

というわけで、速攻ドアダンパー交換です。

















b0040606_1982647.jpg





納車される前に既に新品ドアダンパー仕入れちゃってました。Yahooショッピングで。
で、自分で交換してみたんですけど。

















b0040606_19101093.jpg






上が今までのドアダンパー。
下が新品。

ちょっと径が違いますけど、れっきとした専用ドアダンパーです。
で、ドア片側で2本、合計4本自分で交換してみました。

















b0040606_19112380.jpg







今ではドアノブ引いただけで自動ドアのようにガルウイングが開くようになりました。
めでたしめでたし。
[PR]
by jpslotus2000 | 2014-10-30 19:15 | 車好き。 | Comments(0)
はいそれでは答えです。


その軽自動車とは。




















b0040606_2085279.jpg






マツダ・オートザムAZ-1



ご存じない方もいらっしゃいますかね。
マツダが作った軽ピュアスポーツカーざんす。

こんな車知らねぇよなんてのも当然だと思います。
何せ20年以上も前に作られた軽自動車。
おまけに総生産台数5000台にも満たないわけでして。

しかし。

なんてゆーか、さすが「ガラ軽大国」日本のクルマというか、20年前には軽自動車でも自由な発想が許されていたというか、良くも悪くも唯一無二。


まず、あくまでも運転そのものを楽しむ”だけ”のクルマですから、エンジンはレーシングカーのように座席の後ろ、つまりミッドシップです。

















b0040606_20174397.jpg





ちなみにボンネットの中はこんな感じ。

















b0040606_20182787.jpg






ジャッキと、黒いプレートの下にはラジエーター。


そしてこのAZ-1の軽自動車史上唯一無二たらしめる機能がこれ。



















b0040606_20192568.jpg







なんとガルウイング。
しかもこれ、ただのウケ狙いではなく、スポーツカーらしく車体剛性を高めようとボディーをあれこれやっていたら、フツーのドアだと極めて乗り降りがしにくいことに気付き、







そんならガルウイングにすればいいんじゃね?





という発想でこうなったと言うんだからこの頃のマツダ、そーとー狂ってます。(笑)
ちなみにそこまでしてスポーツ性を追求したこの車の乗り味たるや、更に狂気。
ハンドルなんてちょっと手首を返すだけでスパッと反応するし、「これが軽自動車か?」と思えるくらいボディーしっかりしてるし、ターボが効くとあっという間にのびるのびる。
高速道路なら軽自動車のスピードリミットまで簡単に届くイキオイ。ナイショですけど。(笑)
















b0040606_2024060.jpg






室内を見れば、純正装備でフルバケットシートなんてのも国産唯一。
しかも運転席はかろうじて僅かに前後スライドしますが、助手席はそんなことさえ出来ません。
フロアに直ボルト留めでやがんの。

















b0040606_20262713.jpg






その助手席から見た足元スペース。
足を延ばせないどころか片足分のスペースしかない。
一応座席2こあるんでね、2人乗りですけど。
でもこの車はこー言った意味では1人乗りが基本。
こんなんでドライブデートとか行ったら土日のディズニー以上に別れる原因になることうけあい。(笑)


















b0040606_20302680.jpg







インパネ周り。
ボディ同色のステアリングは前のオーナーが交換したものでしょう。
シフトは5速マニュアル。オートマなんてあるわけねぇ。
ついでに言えばパワステもねぇ。パワーウインドウもねぇ。そもそも窓なんて10cmくらいしか開かねぇ。
ETC必須。この前係員に直接料金払う駐車場でウインドウからお金払えなかったのでドア開けたらめっちゃ驚かれた。(笑)


というわけで、こんな20年オチの軽自動車買っちまいました。

なんでそんなクソ古い軽自動車なんて買ったんだよ。

と思われるかもしれませんが、ずっと欲しかったんです。なぜなら唯一無二だから。
キホン軽自動車なんかにまったく興味ないのですが、こいつだけは別。
それでもギモンな方は、カーセンサーネットなんかでこの車検索してみてください。
20年落ちと言う事を考えたら、きっとビックリするはずですから。



で、以前のWiLL VSはどうしたのかって?

















まだあるよ。

















b0040606_2040637.jpg






WiLL VSは実用。
AZ-1は完全趣味。



ついに2台持ち始めました。
こんなことができるのも、WiLL VSがまるっきりぶっ壊れない優良車であるおかげです。
マセラティと大違いで。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2014-10-22 20:50 | 車好き。 | Comments(2)
え、どうもこんばんわjpslotusです。



今となってはちょっと前のお話になっちゃうのですが、未だ持って独り者のワタクシ、好きほーだいな毎日を送っているのをいいことに、またしても自分の趣味をこじらせてしまいました。


まぁよーするに、



















クルマ買っちゃいました♪





ええ、ええ。2台目ですがなにか。



とは言え今度は軽自動車ですけどね。
軽自動車って、基本的にボク興味ないんですけど、その中でも唯一欲しかった車を買ってしまいました。
ええ。例に漏れず衝動買いざます。


で、その軽自動車とは・・・


















答えはCMのあとで♪




まぁフツーじゃないんですけどね。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2014-10-21 19:01 | 車好き。 | Comments(2)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。
世間では4連休中ですかそうですか。


今回は久しぶりに愛車WiLL VSのお話です。
今回は、そーとー思い切りました。

このWiLL VSが販売された当時、この車のデザインのイメージは、

















ステルス戦闘機





だったそうで。

















b0040606_21454488.jpg







これがそのステルス戦闘機。F-117A 通称「ナイトホーク」です。
まぁそれはいいとして、






b0040606_21472164.jpg








こちら、あちきのWiLL VS。
まぁ確かにエッジの効いたデザインは似てなくもない。
少なくともイメージ的には確かに合ってないわけではないかなと。

それならばいっそのこと。

















更にステルス戦闘機に近づけちまおうかと。(笑)。






というわけで、こんなんやってみました。





















b0040606_21502828.jpg









ど う よ 。







一面マットブラック。艶消し黒。
でもね、これ塗装じゃないんです。
ラッピングと言いまして、早い話薄ーいシール貼り付けている感じ。
ボンネットとか、ルーフとかの部分ラッピングなんかもできるし、このようにフルラッピングで全体のイメージを変えたりできます。
もちろんシールなので種類も豊富。
このマットブラックをはじめ、カーボンパターンとか、自分の好きな色とか、極端なところでは鏡面仕上げの金ぴかにだってできちゃう。

で、もちろんシールなので剥がせば元色は残ったまま。
飽きたら剥がせばいい。(笑)



まあそんなこんなで、よりステルス戦闘機っぽく仕上げてみました。
















b0040606_21573196.jpg








まぁ自分がやった無駄使いの中でも、今んトコ他人ウケが最も良いのでやってよかったと思ってます。
ホントだよ。
だってショップの人の話だと、預けている間にこの車観て「ウチもマットブラックのラッピングやってみたい。」って言ってくる客が続出したらしい。(笑)

そのせいかどうか知らんがオイラのWiLL VSの写真、このショップのラッピングの仕上がりイメージサンプルになってるらしい。

















b0040606_2253786.jpg






一番好きなアングル。
ええ、100%自己満ですが何か。




でも、ふと気が付いたんですよ。

















買った時の車両価格よりラッピング代の方が高価い事に。






ほんっと馬鹿だわ。
でもそんな自分が好き。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2014-05-04 22:11 | 車好き。 | Comments(0)
どうも2日連続更新ですjpslotusですこんばんわ。

連休だってのがばれるわさ。

さて、今回は愛車WiLL VSのお話を。

もうそれなりに年月経ってるクルマですから、新車当時の装備も今となっては古臭いパーツもあるわけで。
その一例がヘッドライト。
当時でもHID(キセノン)ライトは普及していましたが、この車いまだにフツーのハロゲンライト。
















b0040606_18103872.jpg





こんなの。まぁよくある電球ですよ。
装備として古臭いし、何より暗い。
こいつを何とかしたかったのですが、かと言ってHID化するにも金かかるし、何よりハロゲンライトとは比べ物にならない出力が要るので改造がめんどくせぇ。

ところが最近、やっと出てきました。
















LEDヘッドライトバルブ。




LED(発光ダイオード)は、消費電力や発熱量が少なく、耐久性もあるので次世代ヘッドライト素材として期待されていたのですが、いかんせん発光量に問題があるので今までごく限られた車種にしか純正装備されていませんでした。
ちなみに初めてLEDヘッドライトを純正装備したのは、2007年のレクサスLS600h。それも光量を稼ぐため3連ヘッドライトでした。

と、前置きはいいとして、そのLEDヘッドライトバルブ、最近やっとこ一般市場に出回るようになりました。
その性能やいかに。


というわけで、これが凡用LEDヘッドライトバルブです。

















b0040606_18235276.jpg





ハロゲンの電球然とした形とは違い、見た目が目新しさ満点。(笑)
で、後付HIDと違い、面倒な手間をかけず、本体とバルブの間に付属のコントローラーをつなげるだけ。
















b0040606_18262081.jpg






楽勝です。
で、バルブ交換後ですが、
















b0040606_18271155.jpg






ハロゲンよりは明るいけど、まだHIDの明るさには届いてない。
そんな印象。
でも、一昔前の車に乗ってる身としては、
















最先端のパーツ付けただけで満足。(笑)





ほら、自己満足の世界ですから♪
[PR]
by jpslotus2000 | 2014-02-20 18:33 | 車好き。 | Comments(0)