ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

カテゴリ:旅行( 148 )

はいどうもいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。


旅行記も前回で一応終了ではあるのですが、今日はその旅行中に物色したお土産をご紹介しようかと。



まず、松山でのお土産ですが、愛媛みかんの他にもここには有名なお菓子が一つ。
松山に一六本舗というお菓子の老舗があるのですが、そこで有名なのが坊ちゃん団子と一六タルト。

そのうち、一六タルトを実家へのお土産に買って帰りました。
















b0040606_2193482.jpg






平たく言えば、クリームの代わりに餡を巻いたロールケーキなんですけど、これがなかなか絶品。
多分、東京あたりでも四国のアンテナショップとか行けば店頭前面にプッシュして売ってるくらい有名なお菓子です。
皆さんも機会があれば是非ご賞味あれ。


で、話は戻りますが、愛媛と言えばみかん。










b0040606_21123687.jpg




こんなみかん然とした箱の中に入っていたのは・・・
















b0040606_2113777.jpg






みかんまんじゅう♪




箱もそうですが、お饅頭のフォルムもなかなか可愛かったので、仕事場へのお土産に買って帰りました。
もちろんお味もなかなかのもの。




そしてこちらは、広島で見つけた一品。
















b0040606_21145199.jpg






広島カープワイン



広島県三次市の、その名も広島三次ワイナリーで生産された今年の企画ものワインらしいです。
ウェブサイト調べてみたら、限定生産8000本ですって。
カープですからね、赤ワインが良く似合う。
今年のカープのキャッチフレーズ、「常昇魂」とかラベルに入ってますしね、まぁAクラス逃しやがったけど。(笑)





そして最後にこれ。
















b0040606_2125367.jpg







しまなみ過所旗ステッカー。




なんのこっちゃ?と思われるでしょうが過所旗というのはですね、戦国時代の昔、瀬戸内海を支配していた村上水軍が発行していた渡航許可証のような物らしいです。

つまり過所旗があれば航行の安全を保障されていた。転じて交通安全のお守りとしてしまなみ海道のサンライズ糸山で売られていたのがこのステッカーというわけです。


お守りというからには、ステッカーと言えどちゃんと村上神社という神社で祈願されているそうですよ。
なのでボクも交通安全と、しまなみ海道を走った証として愛車のトップチューブにステッカーをぺたり。










b0040606_21361270.jpg







これで落車やパンクからも回避できるといいな♪(笑)



そんな旅行土産のご紹介をしつつ、本当に今回の旅行記を〆とさせていただきます。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-10-08 21:42 | 旅行 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

前回の広島記念公園のお話、場所が場所だけにかなりシリアスな雰囲気になってしまいましたが、平和な現代日本に感謝しつつ、気を取り直してもうちょっと観光を続けました。

前回ご紹介した原爆ドームは世界遺産に登録されておりますが、広島にはもう1カ所、世界遺産登録されているところがあります。言わずもがな、厳島神社です。

よく考えると、多分世界遺産登録が他国と比べて圧倒的に多いイタリア以外では、個別登録された世界遺産がこんなに近くに存在する場所って世界的にも稀ではないでしょうか。


例えば日光や奈良、京都などの寺院群は地域全体で一括登録ですけど、この原爆ドームと厳島神社は登録年こそ同じ(1996年)ですが、案件自体は全くの別物。
しかもそんな2つの世界遺産の距離がたかだか10~20km位。さらに言うなら、












広電乗ってりゃ世界遺産ハシゴできるんですわ。(笑)





但し私は車での移動ですがね。
というわけで、宮島口です。











b0040606_20124186.jpg






ここからフェリーに乗って宮島へ向かいます。
ちなみに運賃は、フツーのあなたの街のバス料金くらい。







b0040606_20131911.jpg





所要時間約10分。
あっというまに宮島です。






b0040606_201498.jpg




フェリーから降り立った宮島で真っ先に歓迎してくれたのは、

















b0040606_2016674.jpg







鹿。





どうやら宮島の鹿は野生らしいのですが、観光客に慣れきって人懐っこいこと。

かわい~♪

とか言いながらなでなでしていたまでは良かったのですが、あまりに人懐っこくていい加減うぜぇ。(笑)




なのでそそくさと厳島神社へ向かいます。



ここも私が小学生の時くらいに来たことがあるはずなのですが、大人になってから改めて来るとまた感動も倍増の美しさ。











b0040606_20195815.jpg






b0040606_20201615.jpg






b0040606_20204043.jpg






b0040606_20211215.jpg






b0040606_20221654.jpg






b0040606_20223515.jpg





素晴らしい造形です。
満潮時にはもっと幻想的な雰囲気なのでしょうけど、これでもさすが世界遺産に登録されただけのことはある美しさ。


しばし厳島神社の雰囲気を堪能し、足早ですがそろそろ宮島口へ戻らなければ。


その前に、お土産屋さん街で、広島名物の牡蠣を具材に使った牡蠣カレーパンなんてものを見つけましてですね、思わず衝動買いしちゃったのですが。











b0040606_20263172.jpg





ほら、おもいっきり牡蠣入ってます。

で、お味の程なのですが、はっきり言って牡蠣を使ったという物珍しさを前面に押し出しているあまり、カレーの風味の研究を怠っているようにしか思えませんでしたね。
中のカレーがね、フツーのカレーというか、カレーパンに使うカレーとフツーのカレーって基本違うじゃないですか。牡蠣を使ったからフツーのカレーの方が良かったのかもしれませんが、あくまでカレーパンなんだから、そこんとこもっと突き詰めてくれないと。











とか思いながら牡蠣カレーパン食っていると、いつの間にか、鹿に後方から回り込まれてカレーパン強奪される寸前。









オ前らホントうぜぇ!!(笑)




というわけで、今度こそ足早にフェリー乗って宮島を後にしたわけです。

して、宮島口に戻って何かお土産を物色していたら、なかなか楽しいソフトクリーム売ってたのでここでも衝動買い。










b0040606_2033504.jpg





もみじまんじゅうソフト、本物もみじまんじゅうのトッピング。





ビジュアル的にかなり楽しい事になってます。

で、お味の程もこれがまたすごい。アイスが本当にもみじまんじゅうの味がする。


牡蠣カレーパンと違って、こっちはガチで風味の研究されてる感じがします。そして美味い。
多分ここでしか食べられないフレーバーですけど、東京でもこれ食いてぇ。


そんな宮島を堪能したワタクシですが、ここから高速乗って帰るのもちょっと時間が早いかな?と思ったので最後の最後にまた寄り道。ついには山口県まで足を延ばしちゃいました。


宮島口から車を走らせることしばし、山口県は岩国の、岩国錦帯橋です。









b0040606_20403551.jpg






b0040606_20404935.jpg





おおお。
これもなかなか立派なもので。

この橋の上を歩くのに入場料というか、料金がかかりますがこの橋を維持するには必要な事でしょう。
言ってもボクは橋渡らなかったですけどね。
こうして橋を遠くから見ている方が綺麗だと思ったもので。


そんな寄り道を挟みつつ、そろそろ東京に帰る時間です。
3泊4日の瀬戸内海周遊旅行。しまなみ海道、とびしま海道を自転車で走り、マツダスタジアムでカープの試合を観戦し、道後で温泉を堪能し、広島市内で平和への願いと世界遺産を体験。
これほどいろんなものを堪能した旅行は今までの人生でもそうそう無いくらい密度の濃い時間を過ごしました。
また是非とも訪れたい、そんな気分120%の旅行でございました。





おまけ:

高速飛ばして帰る途中、事前に買っておいたお楽しみの夕ゴハンを停まったSAで。









b0040606_20511442.jpg







宮島のあなご弁当うめー!!(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-10-06 20:58 | 旅行 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。

亀老山を改めて制覇した後、広島市内へ向かいました。
かと言って広島市内をくまなく散策するつもりは無く、目的地はただ一カ所。
広島へ旅行に行ったなら必ず行きたかった場所、半ば義務感のように行ってきました。

どこかというと、








広島平和記念公園。





折しも今年は終戦からちょうど70年。
その昔、私が小学生だった頃にも一度行った記憶はあるのですが大人になった今、改めてどんな事を感じるのか。
















b0040606_21475593.jpg







というわけで、広島平和記念資料館です。



人類史上初めて核兵器を落とされた町、広島。
70年前の歴史上最も凄惨な未曾有の被害を今に伝える貴重な展示品の数々がここにあります。


ちなみに入場料はなんとたったの50円。
利益は運営費さえ賄えればそれでいい。それよりも一人でも多くの人にあの時広島に何が起こったのかを知ってほしい。
そんな思いがこの入場料からも感じ取ることが出来ます。











b0040606_2154242.jpg







b0040606_21542448.jpg





一瞬にして当たり前の日常から生き地獄と化した広島で、ただ生き延びる為にどれほどの苦痛があったのでしょう。
館内には外人さんも多数おりましたが、皆声もなく、ただ展示品の数々を目に焼き付けるがごとく見つめるのみ。
中には目を覆いたくなるような物もありましたが、あえて展示しているからには偽りのない事実を語り継ぎたいとの強い思いを感じます。
だからこそ、我々も目を背けることなくここにある展示品と向き合わなければなりません。
日本人だけでなく、世界各国からここに来ている人たちすべて。






b0040606_2215644.jpg



原爆の熱線でひしゃげ、溶けたガラス瓶と屋根瓦。
もちろんこれほどの熱線を体中に受けて、阿鼻叫喚の中おびただしい数の人々がなくなったと言う事です。







b0040606_2245138.jpg





これなんだと思います?
原爆が落ちた後、広島にしばらく降った「黒い雨」の跡が残った壁。

多量の粉塵と放射線を含んだ黒い雨の影響で後日亡くなった方もたくさんいたことでしょう。









b0040606_2271546.jpg






原爆の子」で有名な佐々木貞子氏が病床で折り続けた鶴がこれです。
紙が足りないから薬を包んでいたセロハンで折っていたというのは初めて知りました。
一つ一つが小さな、本当に小さな折り鶴に生きる希望を込めた佐々木貞子氏はその願いもむなしく被爆から10年後、12歳の若さで白血病で亡くなりました。


ですが彼女が小さな折り鶴に込めた願いは平和への祈りとなって今も、そしてこれからも人々の心に生き続けます。
その証拠が、資料館外の平和記念公園にしっかりとあるのです。









b0040606_22141044.jpg







そして、原爆投下から70年、一日も欠かさず広島の街を支えてきたシンボルがここにひとつ。
















b0040606_22154917.jpg







原爆ドーム。






b0040606_22211887.jpg







70年もの間、この痛々しい姿でここにある戦争の語り部。
原爆によって全くの廃墟となった街から、周りにはビルが建ち、繁華街ができ、大都市へと蘇った広島の街を見て、原爆ドームにもし心があるのなら、どんな気持ちでいるのでしょう。

戦争という負の歴史であるために、世界遺産登録には賛否両論ありましたが、私は登録されて良かったと思います。
この痛々しくも毅然な姿によって、戦争というものが如何に人類の幸福を奪い取るものであるのか、それをこの原爆ドームは身をもって教えてくれているような気がしてならないからです。



珍しく今回は真面目なお話になってしまいましたが、とにかく広島平和記念公園で感じたことの何と多い事か。
大人になった今、改めて広島に行って良かったと思うばかりです。
何事もなく、平和に暮らす毎日。それがいかに幸せな事か、もし皆さんが訪れる機会があれば、この平和記念公園できっと感じる事でしょう。










b0040606_22305750.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2015-10-03 22:38 | 旅行 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

夏休み旅行記も引っ張りにひっぱっちゃってますけど、やっとこ最終日の朝までやってきました。
道後の旅館で朝を迎え、ひとっ風呂浴びたらすぐに出発。

最終日の目指す先は、初日に訪れた広島市内をもう一度見学。


だがその前に。


松山から広島へ向かうとなると、結局しまなみ海道をもいちど縦断することになります。
それならちょっと寄り道というか、ぎぶみーわんもあちゃんす!!


というわけで、初日走った時に足攣ってタイムトライアルどころではなかった亀老山に再挑戦。


今回は体調充分、気合十分。
またしても今治のサンライズ糸山に車を停め、来島海峡大橋を渡って今治大島の亀老山へまっしぐら。


ってゆーかその時点でしまなみ海道ではハイライトのはずの来島海峡大橋がもはやただの足慣らし扱い。(笑)


それだけ前回の”亀老山ヒルクラ足攣り事件”が悔しかったと言う事なんですけどね。



というわけで、ヒルクライム再挑戦したわけですが、体調万全であっても亀老山はやっぱりキツかった。(笑)


それでもなんとか耐えに耐えて、今度こそは足つき無しでの完登達成。
















b0040606_22524899.jpg






亀老山とったどー!!






もちろん展望台からの景色も、前回と比べて曇ってはいますが相変わらずの絶景。









b0040606_230173.jpg








して、タイムなんですが、しまなみ海道正規ルートの交差点からは18分41秒。
そこから林道入り口まで約3分くらいだったので、林道入り口からは15分30~40秒くらいですか。

基準タイムがわからないので早いのか遅いのかイマイチよくわかりませんが、今の私の実力がこの辺と言う事。

多分速い人は交差点からでも余裕で15分切っちゃったりするんでしょうね。


というわけで、旅行最終日のラストチャンスに心残りを埋めることが出来ました。



さてと、広島いこ♪







b0040606_2259693.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2015-10-01 23:02 | 旅行 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。
なんか世間では、福山雅治結婚などという核爆弾級ニュースが投下されて世の女性たちは大騒ぎのようですが。(笑)
男のボクからすれば、というかボクからすれば、前から噂はあったけどお相手が吹石一恵ってのがなんだかんだ言って福山さんもいいとこ突いたなというか、とても悪い気がしないんですけどね。ピュアにしあわせになってほしいと感じます。

それはおいといて、カンケー無く旅行記の続きやります。(笑)


えっと、松山城見学して揚げ鯛食ったところまでお話しましたっけ。

で、この日の宿は松山の温泉と言えば、言わずもがなの道後温泉。
道後の旅館にお邪魔することにしまして。
なので、松山市内の後は、道後温泉周辺を散策。


当然ランドマークはここ、道後温泉本館








b0040606_21571277.jpg




ジブリアニメ、「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルとなったことでも有名ですが、当然その昔から有名な建物です。(笑)
まぁ平たく言えば日本一有名な銭湯ってことなんですけどね、でもこの立派な建物、当然ながら重要文化財の指定を受けてます。




b0040606_2201414.jpg




せっかくなのでここで温泉に入りたかったのですが、この時着替えを持っていないうえ、「どーせ旅館にも同じ温泉引いてるんだろ。」と投げやりな思考により断念。(笑)
ちなみにみんなやっぱりこの道後温泉本館が目当てらしく、ワタシが泊まった旅館のお風呂は見事にガラ空き。ほとんど貸切状態でございました。



そんな道後温泉本館から少し歩くと、伊予鉄市内線の道後温泉駅前に到着するのですが、そこにもいくつかの観光スポットが。
















b0040606_22565.jpg





ぼっちゃんからくり時計。

これもそれなりに有名ですが、なんてゆーか、道後温泉本館あたりと比べると、いかにも観光客に媚を売っているがごとくのイロモノ具合なので、なんだかなーって感じです。










b0040606_227271.jpg





これは「ぼっちゃん列車」と言いまして、あの夏目漱石がここ道後で「坊ちゃん」を執筆した当時に市内を走っていた蒸気機関車の復元モデル。
これも期間限定でたまに市内線を走るらしいです。実際に走る姿を見てみたかったですね。
もっとも蒸気機関ではなく、ディーゼル駆動らしいですが。












b0040606_2293778.jpg





日本野球の父、正岡子規の像。



そーいえば、ということは松山が日本の野球発祥の地になるんですよね、坊っちゃんスタジアムという立派な球場もあるし、アイランドリーグだけでなく、松山フランチャイズのNPBチームがあってもおかしくないですけどねぇ。










b0040606_22121410.jpg






そしてこれが伊予鉄松山市内線、道後温泉駅です。
駅舎も街中の風景に溶け込むよう、ちょっぴりレトロな趣。

ついでと言ってはなんですが、用もないのに市内線乗ってみました。





b0040606_22135183.jpg





広島の市内線もそうですが、路面電車に乗る機会なんて東京じゃほとんどないですからね、都電荒川線の、それも飛鳥山ー大塚駅前間か、世田谷線の一部くらいしか。

路面電車ステキ。




で、用もないのに市電に乗ってまた道後温泉に戻ったのですが、そこのコンビニね、

















b0040606_22162225.jpg








PONグミ祭り開催中。




愛媛と言えばそれだけかい。(笑)



そんなこんなで、夕ご飯のお時間。
今夜のご飯は、道後商店街にある、ココ。

















b0040606_22175429.jpg







道後 魚武




愛媛県松山市道後湯之町13-19




一見、居酒屋さんみたいな感じだったのですが、食べログで調べてなんかおいしそうだったので入ってみました。


で、所望したのがこれです。










b0040606_22205836.jpg






鯛釜めし御膳。


お昼の揚げ鯛に続き、鯛づくし。
特産ものですからね。

釜めしと言い、お刺身と言い、とても美味しくいただきました。
いやー、贅沢三昧♪

そんな感じで道後の雰囲気を堪能した旅行3日目でございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-09-28 22:27 | 旅行 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

巷で大騒ぎになっていると思うので皆さんご存知かと思いますが、ラグビーW杯、日本対南アフリカ。
信じられない。とても信じられない。
ワタシもかつてラグビー大国、ニュージーランドに住んでいたので興味はあったのですがまさか勝っちゃうとは。

そのお話もしたいのですが、それは間もなく始まる2戦目、スコットランド戦を見てからにしたいと思います。
というわけで、今回も旅行記の続きを。


台風から命からがら抜け出し松山に帰還したワタクシ。
まずは特に意味もなく、松山坊っちゃんスタジアムに行ってみたりして。










b0040606_21565649.jpg





な~んのイベントもやってなかったので当然球場内に入れるはずもなく、ぐるっと一周してみただけです。
ただ行ってみたかっただけです。(笑)



そして松山と言えば、松山城。
もちろん行ってまいりました。



松山城の天守へ行くには、まずロープウェイに乗るのですがね。








b0040606_21592033.jpg





ちなみにこのロープウェイの車内では、
















b0040606_21595571.jpg







ダイソンがなかなかファンキーな使われ方をしております。(笑)




それはいいとして、天守に到着。






b0040606_221493.jpg






b0040606_2212244.jpg





さすが現存天守、威風堂々のたたずまい。



b0040606_2224328.jpg





天守の中からは、松山市内を一望できます。







b0040606_222224.jpg






このお城が機能していた昔の時代は、いかにも城下町な風景を拝めたのでしょう。




などと松山城の雰囲気を堪能した後、天守近くにあったお土産屋さんにこんなのありました。


















b0040606_2244933.jpg







蛇口からみかんじゅ~す♪♪





素晴らしい。愛媛県の都市伝説を逆手に取ったナイスビジネス。だってこれ蛇口ひねらないワケにいかねーだろ。(笑)


もちろんジュースそのものも100%でとても美味しくいただきました。





そんなこんなでまた城下に戻って通りを散策していたら、こんなお店がありました。












b0040606_2283048.jpg







松山発祥 揚げ鯛




愛媛県松山市大街道3丁目4−1




名前の通り、鯛フライを食べさせてくれるお店なのですが、よく考えたらすげーネーミングセンスだよな。
まるでそのままというか、むしろお店の名前なのかなんなのか解んなくなる。

地元の人たちがココ行くとき、

「発祥いこーぜ♪」

とか言うのかしら。(笑)


というわけで、ご自慢の揚げ鯛、頂きました。










b0040606_22122867.jpg






いわゆる、フィッシュ&チップスの鯛バージョンというところなのですが、いや、これはとても美味しい。
衣はカリカリ、鯛はホクホク、いくらでも行けそうです。やだ、また太っちゃうわ。




そんな松山発祥 揚げ鯛ですが、ウェブサイトもありました。
気になる方は、こちらからどうぞ。




今回はとりあえずここまで。まだまだ続きます。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-09-23 22:18 | 旅行 | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

シルバーウィークですか5連休ですか。皆さん楽しんでますか。
いいもん、この前連休もらったもん。

というわけで、旅行記の続きです。(笑)


旅行2日目、とびしま海道を走った後は尾道に宿を取りました。
旅館とかってほら、夕ご飯にたいそーな料理出るじゃないですか。それも悪くないんですけど、せっかくだからその土地の名物とか食べたいわけですよ。

そういった意味で前日広島市内泊まった時もお好み焼きなんて食ってたわけですが、やっぱ名物はB級グルメに限る。


というわけで、ここ尾道での夕ご飯は、尾道ラーメン頂きました。









b0040606_227415.jpg




あっさりとしてながらも味わい深く、とても美味しかったです。
ですが、私が入ったお店があとからよく見てみると、
















b0040606_2284069.jpg






お店の名前のトコロになんかちっちゃくね、












って書かれている気がするんですけど。(笑)




とても美味しかったんですけど、なぜだか損した気分・・・



まぁそれはいいとして。

尾道の旅館でぐっすり休んだ後、3日目の朝にはまた車でしまなみ海道を渡り、四国へ再上陸。
この日の目的地は、愛媛県の佐田岬です。

どこかって?






b0040606_22135012.jpg





ここ。



愛媛県、っていうか四国の最西端。
この西にびよーんって長くなってるとこです。

ココの先端にある灯台。
途中にある道の駅から自転車で佐田岬までサイクリングしようという寸法です。

ところがこの日、

















ガチ台風。



尾道を車で出発し、松山まで来た頃には雨も止んで風もそれほど感じなかったので、

もう台風過ぎたんじゃね?

と思ってそのまま車を走らせていたのですが超ポジティブ過ぎました。





佐田岬半島に入った途端、
















b0040606_22183087.jpg







うゎ、木っ端が、木っ端が!!




そうこうして当初のスタート地点と思っていた道の駅・瀬戸農業公園に到着すると、下界がもぉね、
















b0040606_22203931.jpg






冗談じゃねぇ・・・


この写真撮ってるまさにその瞬間も、ほとんど立っているのがやっと。このままスマホ動画モードにして台風中継やっときゃよかったと後悔してる。(笑)





ココの駐車場にはこんな看板。









b0040606_2223014.jpg





「あなたはもう風を感じましたか」





感じた。




イヤというほど感じた。






もう勘弁してくれってくらい感じた!!





ホントにこのまま台風に身をさらしていると命の危険さえ感じたので(マジで)、自転車どころではなく早々に退散。

残念ながら佐田岬には向かわず、松山へ引き返すことにしました。

その間、サービスエリアでちょっと休憩。
















b0040606_22271517.jpg





愛媛と言えば、ポンジュース。
ポンジュース・スパークリングをぐいっと飲り、(ムダな自殺行為から)生きて帰った充実感を味わいましたとさ。


続く。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-09-19 22:33 | 旅行 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。

夏休み旅行記まだまだ続きます。

安芸灘とびしま海道の折り返し地点、岡村島まで到着しましたが、来た道をそのまま引き返すのも芸がないので(?)、戻り途中の大崎下島を往路は北ルートでしたが、復路では南側を走ってみました。

大崎下島に入ってすぐ南ルートに入り、間もなくするとこんな果物の卸会社(?)があるのですが。








b0040606_21445640.jpg





最初は何てことなくスルーしたのですが、通り過ぎ際になんかフツーに店開いてる感があったのでUターンしてちょっと寄り道。

一般顧客向けにその場でしぼりたてジュース売ってました。一杯100円で。






b0040606_21474067.jpg






これ、いよかんジュース。



肝心のお味ですが、サイクリングで汗をかいた体に心地よくしみわたる爽やかさ。

さすがみかんの郷。これ蛇口から出てこねぇかな。(笑)



いよかんジュースでさっぱりした後、またしばらく自転車を走らせると、とびしま海道随一の観光スポットとも言える御手洗地区に到着です。


この御手洗地区は、江戸時代より瀬戸内海交通のの中継港として栄えた歴史があるらしく、江戸時代当時から昭和時代の家屋がそのまま残っており、重要伝統的建造物群保存地区として国から選定も受けているらしいです。


そんな情緒あふれる御手洗の風景をご堪能ください。







b0040606_21561220.jpg




b0040606_21563110.jpg




b0040606_21565052.jpg




b0040606_21571141.jpg




b0040606_21572563.jpg




b0040606_21575480.jpg




何も言う事はありませんね・・・
古き良き時代の面影を残す建物たちにしばし時間を忘れて見入ってしまったワタシ。

そしてここにはこんな物も。








b0040606_21591271.jpg






中村春吉碑



この方の事を私は存じ上げなかったのですが、碑文によると、


1872年・日本初の自転車による世界一周旅行者」とのこと。


日本全国のローディーの先駆けのような存在ですね。
そんな中村氏の出身地が、この御手洗とのことで。
偉大な先達に敬意を表しつつ、記念撮影。




b0040606_222503.jpg





そんな御手洗に別れを告げ、大崎下島の南ルートを進むのですが、この南側は、




b0040606_225848.jpg




このように絶えず海沿いを走るため、ず~っと素晴らしく美しい風景を堪能することが出来ます。
但し、とびしま海道の正規ルートは北側のため、ルートガイドの青い線が無いうえ、自販機さえひとつあったかどうか。

何かトラブルがあってもしばらくはほぼ自力で何とかするしかないのであしからず。


そんなこんなで大崎下島を抜け、豊島にある唯一のコンビニでちょっと休憩したのですが、広島ローカルなこの飲み物がなかなか出色。








b0040606_2291697.jpg





ひろしまの藻塩レモン水



レモン水の爽やかな味わいの上、失われた塩分まで補給できちゃうローディーにとっては聖水と言って差し支えなし。

あ、間違ってもヘンな意味じゃないですよ。(笑)



そしてとびしま海道もゴール近く、蒲刈大橋にほぼ隣接する休憩スポットがここ。






b0040606_2216341.jpg




であいの館



広島県呉市蒲刈町向985-1



観光スポットというか、休憩所というか、お土産屋さんというか、そんな感じ。
かと言ってどこがどう「出会い」なのかイマイチ不明ですが。(笑)

そんな出会いの館でも、豊島のコンビニよろしくレモンものプッシュしてました。





b0040606_22182459.jpg




Hiroshimaまるっとレモンアイス


ご覧のとおり、アイスの上にはレモンピールが乗せられ、見るからに爽快な雰囲気のアイスですが、一口食べての感想が、











これもぉまんまレアチーズケーキだわ、味が。



いや、いい意味でですけど。
レアチーズケーキをそのままアイスにしたような味わいで、まろやかな風味が口の中で溶けていくさまは絶品の一言。これ何とかして全国区で売り出せねぇものかな。


っていうかネット通販してるの見つけたけど、10個セットで3500円(送料別)はさすがに考えるわー・・・
東京で食べたけりゃポチるしかないんだけどさー。
でもホントーに通販でも買っちゃいたくなるくらいの見事なアイスでございました。


そんなこんなで安芸灘とびしま海道も制覇。
前日のしまなみ海道とほとんど同じく、全行程約80kmの海道サイクリングでございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-09-14 22:31 | 旅行 | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

ここ数日の大雨の影響で、茨城・宮城に甚大な被害が出ております。
色々と心配ですが、被災者の皆さんにはお見舞いを申し上げるばかりです。


さて、本日のお話ですが、夏休み旅行記の続き。しまなみ海道の豊島という島までやってまいりました。
この豊島は、小さいながらも漁港がありましてね。なかなかのんびりしたところですがいい雰囲気。






b0040606_19533053.jpg






で、この漁港のほぼ真上にあるのが、次に渡る大崎下島と豊島にかかる豊島大橋。




b0040606_19555598.jpg





で、漁港を過ぎてすぐに橋へのアクセスポイントがあるのですがこれがもうね、

















b0040606_19564670.jpg





斜度が鬼畜。(笑)






右の岩んトコなんか巻貝みたいになってんぞオイ。



短いながらもそーとーなパンチ繰り出してくれます。
して、豊島大橋を渡り、大崎下島に入ってすぐこんなのあるんですけど。








b0040606_1959773.jpg






これなんだと思います?






実は、日本一巨大なジャングルジム。


高さ13メートルだそうです。
ただ、かなり錆が進行しているため今は立ち入り禁止になっているのか、周りにはうっそうと草が茂り、長い事誰も遊んでいないような感じでした。もったいないですね。



その後大崎下島の北ルートを回り、愛媛県今治市管轄になる岡村島へと渡るのですが、そこにある岡村大橋。







b0040606_2041496.jpg





ここを渡ると愛媛県。
つまりこの橋の真ん中が広島県との県境と言う事になります。
なので記念撮影。









b0040606_205145.jpg









県境またいだったwww




ところで愛媛県と言えばみかんが有名ですが、ここ岡村島周辺も例外ではなく、周りにはミカン畑ばっかり。
なので、道沿いにはこんなものがいくつか見られます。








b0040606_2072876.jpg





最初「なんだろこれ?」と思っていたのですが、おそらく急斜度のミカン畑での収穫の為にカートを走らせるレールだと思います。
さすがはミカンどころ。


さて、そんなこんなでしまなみ海道終点の、岡村港へ到着です。







b0040606_2010996.jpg





b0040606_20102749.jpg




のどかだねぇ・・・


そして岡村港から見える瀬戸内海の風景。




b0040606_2011881.jpg





遠くにうっすらと見えるのが、前日走ったしまなみ海道の来島海峡大橋になります。
あー、昨日はあそこ走ってたのねー。



岡村島でしばし休憩した後、またまた復路を走ります。
というわけで、復路のお話もありますので次回へ続く。(笑)






b0040606_20132297.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2015-09-11 20:16 | 旅行 | Comments(0)
はいみなさんこんにちわjpslotusですここ最近雨です。憂鬱すな。

そんな本日も旅行記の続きです。
ここまででまだ初日の話しかしてない。(笑)

1日目の夜を広島で過ごし、2日目の朝は呉市に飛びます。
広島市内から小一時間ほど車を走らせ、呉市についた私のお目当てと言えば、

















相変わらず自転車なんですけどね。





前日は、尾道~今治のしまなみ海道を走りましたが、ここ呉市にももう一つ瀬戸内海で有名なサイクリングスポットがあります。

そのサイクリングコースが、安芸とびしま海道。


しまなみ海道ととびしま海道の位置関係は、こちらです。






b0040606_14425825.jpg





この地図内でのとびしま海道ルートに青い線がありますが、これは船ルートなのでサイクリングはできません、あしからず。
なので呉の下蒲刈島から、愛媛県今治管轄の岡村島までの橋で渡れるルートがサイクリングコース。




b0040606_1446792.jpg





というわけで、早速スタートです。



まず、下蒲刈島ですが、スタートからしばらくして上蒲刈島への橋を渡る手前の集落に入ると、なかなか雰囲気の良い石畳。










b0040606_14481828.jpg






そしてまた雰囲気の良い建物がちらほら。









b0040606_14485410.jpg





b0040606_14491557.jpg





b0040606_14493780.jpg





そんな集落を抜けるとすぐ、蒲刈大橋です。
この橋を渡ると2つ目の島、上蒲刈島になります。


この上蒲刈島のルート中、いくつかの採石場があるのですが、どうなんでしょう、鉱物資源結構あるんでしょうか。

ただ、海沿いを走るルートで綺麗な風景を眺めることは確かにできるのですが、私的にはどことなく退屈な感じがしましてね、いいところと言えばなかなかのアップダウンがあるので歯ごたえ感じられる事かな。(笑)


なのでそそくさと3つ目の島、豊島へ向かいます。






b0040606_14562336.jpg





これ、豊島大橋。
なかなか立派な橋でしてね、それだけにこの橋の上から、しまなみ海道に負けず劣らずの素晴らしい景色が拝めます。







b0040606_14573419.jpg









あぁオレもぉ広島あたりに住みてぇ。(笑)





して、豊島に渡り、豊島大橋を遠くに眺めながら、ここらでちょいと一休み。
とびしま海道も、色々盛りだくさんで引き続きお送りします。











b0040606_150797.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2015-09-08 15:04 | 旅行 | Comments(0)