ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

カテゴリ:Coffee( 20 )

はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

昨年のお話になりますが、コーヒー好きの私に友人アツシさんが、
「こんなお店があるよ。」
と、連れて行ってくれたカフェを本日はご紹介。

そのカフェの名からして怪しいのですが、









エセルの中庭





東京都杉並区高円寺南3-57-6



連れられて、そのカフェの入り口に立ったのですが、

















b0040606_19205146.jpg







あやしさ満点。










b0040606_19212343.jpg






あやしさ120%。(笑)



ちなみにこの入口を入った3階にそのカフェはあるのですが、下の2階は、

R座読書館

と言うカフェでして、なんでもおひとり様専用カフェだとか。
その証拠にこんな注意書きが。











b0040606_19233251.jpg





ああ、完全におひとり様専用ですね。
というわけで、我々は3階のエセルの中庭へ行ったわけです。

で、そこの店内がこれまたなんていうかね・・・
















b0040606_19244475.jpg





とっても幻想的。
中央の水槽の中にちゃんとお魚も泳いでます。








b0040606_19253825.jpg






このカフェのブログにはこう書かれてます。



ここは、かつて一人の悩める少女が心の中に作り上げた記憶と幻影の世界にリンクしています。

彼女の記憶の中では物語が止むことなく語られています。
幻想的な星空の下でファンタジーの住人達が戯れています。






あぁそおですか。



ゴスロリ系中二病少女が泣いて喜ぶ設定ですね、わかります。(笑)








b0040606_19295249.jpg





幻想的にも程がある。
オジサンにしたら悪い夢に出てきそう。(笑)
まぁ徹底的に凝った演出と言えばある意味見事だとは思いますが。

で、肝心のコーヒーですけど、意外と言うかなんというか、深煎り、中煎りとか、ただブレンドコーヒーを出すだけではなくちゃんとメニューがしっかりしている。
ワタシは中煎りのコーヒーをチョイス。









b0040606_19331446.jpg






供される茶器も凝っているし、味も悪くないです。
コーヒーそのものを楽しむために行っても不満無いレベル。
なかなか面白いお店を教えていただきました。

今度は私が誰かにこのお店を紹介してもいいかなと思いますね、この雰囲気ならネタとしても十分楽しめるし。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-01-10 19:40 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

昨年のお話だったでしょうか、私の友人とドライブへ出かけた時に神奈川県の津久井湖の近くにある、クロワッサン・ゼブラと言うお店をご紹介した記憶がありますがこのお店、最近下北沢にもショップをオープンしたという話を聞き、とても行ってみたかったのですがつい最近お邪魔してまいりました。

下北近辺に私の友達も住んでおりますので、遊びに行きがてら。


そしてこれが、そのお店。















b0040606_2128935.jpg





ZEBRA EXPRESS SHIMOKITAZAWA


世田谷区北沢2-12-2若葉ハイツ1F



下北沢の路地の一角にたたずむコンテナサイズのミニショップです。








b0040606_21304125.jpg





ご覧の通り、お客さんが3人も入ればいっぱいになってしまうような小さな店舗ですが、とてもオシャレでとてもキレイ。


して、私が所望したのはパニーニと、コーヒーはパプアニューギニアの豆を。











b0040606_21333680.jpg








b0040606_2134185.jpg





小さなお店ですからメニューは限られておりますが、津久井のゼブラ本店と美味しさは何も変わることなく今日も大満足。


やっぱりゼブラさいこー♪
皆さんも下北沢へお出かけの際には是非。


ウェブサイトはこちら。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-10-25 21:38 | Coffee | Comments(0)
どうもみなさんこんばんわjpslotusです。

以前からお話しておりますように、わたくしコーヒーが大好きでして、色んな種類の豆を買っては自宅でコーヒーを愉しんでおりますが、やっぱりカフェで味わうコーヒーと言うのも、もちろん大好き。

で、最近もふと思い立ってちょっとカフェを開拓しようかと繰り出したわけです。

向かった先は、なぜかここ数年急激にロースターが乱立して、カフェ激戦区となっています東京の清澄近辺。

で、清澄のカフェと言えばもぉなぜだかスゴい(意識高い系に)人気のブルーボトル・コーヒーがございまして。













b0040606_22115889.jpg





オープン当初から行列が出来るほどの盛況ぶりだったので、今の今まで敬遠してたんですけどね。

「コーヒー界のアップル」などという触れ込みに釣られて、新しいモノ好きな意識高い系の人種が何時間待ちながら訳知り顔でコーヒー飲んでる。



想像するだけでコイツらアホかと思ってね。(笑)



どーせコーヒーの美味い不味いも解らんくせに。
そんな人種と仲良く並んで入店待ちなんて死んでもイヤだったので今まで行かなかったのですが、今回通りがかった時にはブームも落ち着いたのか、お客さんも少なかったのでブルーボトル初入店です。










b0040606_22183565.jpg





店内はこんな感じ。
悪くはないけどね。
店舗マネージャーみたいな人がうろうろしていてうざい。(笑)


で、肝心のコーヒーですが、






b0040606_22201522.jpg





ラテアートとか凝ってんのか見たかったのでカプチーノ系を所望。
まぁ、見た目それなり。
味もそれなり。
ってゆーかこのワッフルで500円ってどうなのよ。

はっきり言って何があんなにブームを引き起こしたのか全く分からん。
言い換えれば、マネージメントとかコマーシャリズムって恐ろしいものです。


というわけで、特に何の感動もなくブルーボトルを後にして、もう一軒お邪魔してみました。
それがここ。













b0040606_2224791.jpg






オールプレスエスプレッソ・トウキョウ



ここはブルーボトル行った後、適当にカフェ探してて偶然目に留まったところなんですけど、これがもうね、大当たり。







b0040606_22254912.jpg






お店の中はこんな感じ。
ブルーボトルと同じく、倉庫を改装したような店舗ですがこちらはカウンターとロースターがガラスで完全に仕切られていて静かだし、建材のウッドが落ち着いた印象を受けます。

で、大当たりと言ったのは実はここ、ニュージーランド発のカフェなんですって。
ふらっと入ってメニュー見た時に、「ロングブラック」の文字にビックリ。
(ニュージーではブラックコーヒーの事を基本、ロングブラックと言う。)

なのでカウンターの店員さんに注文する前に、「ニュージーランド系?」と、思わず確認しちゃったりして。

で、もちろんそのロングブラックを所望。







b0040606_2230766.jpg





これがそのロングブラック。
本来はダブルのエスプレッソなのですが、同時にお湯がついてきてエスプレッソを一口楽しんだ後にお湯で割ってレギュラーコーヒーにすると。

ボクがNZのクライストチャーチに住んでいた時にはこのお店は知らなかったのですが、本国のコーヒーの懐かしい味わい、カップも向こうでポピュラーに使われているカタチそのもので、あっちにいた頃を思い起こさせてくれます。

ついでに頼んだこのクッキーも、ニュージーランドでポピュラーなアンザック・ビスケットと言うのも泣かせますな(笑)


いや、清澄のカフェを2店ハシゴしましたが、ブルーボトルなんかより断然オールプレスですよ。
最近なかなか機会がないけどまた近いうちに絶対行きます。

それに、清澄にはもっともっと面白そうなカフェがたくさんありそうなので、ココのエリアは今後開拓するにすごく楽しみです。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-10-08 22:39 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

先日のお話になりますが、せっかくの休日にする事も特に無かったので相変わらずサイクリングやってました。

そして相変わらず、何度目かの川越へ。








b0040606_212333.jpg





相変わらず雰囲気のよろしい街で、ワタシ川越大好きです。自宅から往復で100kmくらいなので距離的にもちょうどいいロングライドコースだし。

まぁ観光客も多いんですけどね。

で、川越まで来たら、有無を言わさずカフェ探訪と相場が決まっておりまして。

前回川越に行った時には、あぶり珈琲というカフェにお邪魔しましたが、今回行ってみたかったカフェは、ココ。

















b0040606_21273619.jpg






ハツネヤガーデン・カフェ


川越市元町1-9-8




この写真からご想像頂ける通り、テラス席のあるオシャレなカフェ。
元々ココは、明治時代創業の料亭だったらしく、今ではその名残を残したまま、結婚式場、レストラン、そしてこのカフェを経営していると言う事です。

ちなみに場所ですが、実際行ってみたらあぶり珈琲のほぼ隣りってくらいのイキオイで近かった。
何で前回気付かなかったかなぁ。(笑)


で、カフェのテラス席に陣取り、コーヒーとシャーベットを所望。







b0040606_21322819.jpg





このコーヒーですが、メニューにはただ「コーヒー」とだけ書かれておりましたので、店員さんに豆の種類を聞いてみましたところ、インドネシアのトラジャをベースにしたブレンドとのこと。

評価の高い品種ですからね、決して不味くはないというか、もちろん美味しかったんですけど、ことコーヒーに関してはあぶり珈琲さんの方が気合入ってるかな、と。








b0040606_21354176.jpg






こちらは見た目爽やかなシャーベット。
グラスには炭酸ソーダも注がれており、シャーベットの柑橘系フレーバーと相まって、お味も爽やか。


ただ、やっぱり本格的にコーヒーを楽しみたいのなら前回のあぶり珈琲さんをはじめ、川越にはまだまだいいカフェがあるんじゃないかな?と言った印象。

このハツネヤガーデン・カフェは建物のたたずまいや雰囲気をメインに楽しむタイプの場所ですね。
プチセレブ的にブリリアントな時間をまったり楽しみたいような、そんな気分におススメです。


なので、



サイクルジャージーとレーサーパンツ姿でお邪魔するような店ではない事は確かです。





一人でめっちゃ浮いてたでオレ。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-08-28 21:46 | Coffee | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

以前から何度かコーヒーのお話をしておりますが、今回もいい豆仕入れてきました。

以前ご紹介しました通り、コーヒー豆はいつもお気に入りのやなか珈琲店で大概購入するのですが、ちょっと自宅近辺をお出かけしていた時に1軒のコーヒー屋さんを見つけましてですね。
多分個人経営のお店だと思うのですが、そのお店の名前はコーヒーの木と言います。

で、そこを通りかかった時に、ふと店頭の張り紙を見たら、


「エルサルバドル・100グラム500円」

って書かれてまして。










え?エルサルバドル500円で買えるの?




と、有無を言わさずお邪魔したわけですよ。

お相手してくださったのは、いかにも人のよさそうなおばちゃん。
ホントにエルサルバドル売ってました。もちろん100g単位で買えました。

なんか得した気分でお会計していると、レジ奥に並んでいる数種類のコーヒー豆の中の一つに気がつきました。

その容器に書いてあった豆の品種がですね、








アグロタケシ・ゲイシャ







多分コーヒー知っている人なら、
















マ ジ か !!





と、目を疑いたくなるくらい驚くと思います。



ボリビア・アグロタケシ農園は、世界中のコーヒー生産地の中でも最も標高の高い場所にある農園でして(確か2000~2500mだったかと)、生産品質もトップクラス。
そしてコーヒー豆の種類であるゲイシャ種は主な生産地はパナマなのですが、一本の木からとれる果実の量が少なく、その分一粒一粒に栄養が行きわたっていて非常に高品質な種類で有名。

但しそんなもんですから生産量は極端に少なく、どっかのカフェで飲もうとすると一杯何千円もするくらいのシロモノです。

このアグロタケシ農園でもわずか150本しか栽培されていないとか。


そんなアグロタケシ・ゲイシャがなぜこんな小さなコーヒー屋さんに・・・





と思っておばちゃんに聞いてみたのですが、


「個人でやってるからこそ色々できるのよ♪」

との深い答えが返ってきましたけどね。
そもそもゲイシャなんてあなたもよく知ってるわね~、なんて事言われながらも、



でも、お高いんでしょ?



ってやっぱ気になるのはそこですよ。

ですが。


確かにコーヒー豆としては高価い。知らん人が聞いたらコーヒー豆ごときにそんなに金払うんか?って思うに違いないのですが、アグロタケシのゲイシャ種がどんなものか知ってる人にとっては間違いなく、







これは買い。




と、即断。
そんなプライス。

なので、即買い。(笑)
正確なお値段は、悪いですけどちょっとお話しできません。











b0040606_2217677.jpg






というわけで、ここにございますボリビア・アグロタケシ・ゲイシャ100g。





b0040606_2218518.jpg






早速頂いてみました。



一口すすった瞬間、口の中に広がるのはフルーティーな柑橘系の味わい。
その中にもダークチョコのような滑らかな苦みとコクがあって、もほんっと今まで味わった事のない独特のコーヒー感。

っていうかむしろ、









これがコーヒーか!?





と、ある意味圧倒されます。

凄く美味しいんですけど、美味しいとかそういう感覚とはまた違って、なんていうかね、










飲んでて楽しい。






そんな感覚の飲み物です。


あ、ちなみに。












b0040606_22241154.jpg





もちろんエルサルバドルも美味しくいただきました。

でも多分、アグロタケシは次このお店に行ってももう売ってないでしょう。
超希少種だし、それをあんなお値段で出してたらすぐに無くなりますって。
そういう意味では、すごく偶然に恵まれたお買い物だったと思います。


それでもまたなんかコーヒー仕入れに行ってみよ♪
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-08-24 22:31 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

何度かお話していると思いますがワタクシ自宅で数種類のコーヒー豆を飲み比べながら楽しんでいたりしているのですが、今回はちょっとカフェにお邪魔してみました。


伺ったカフェは、こちら。

















b0040606_2214718.jpg






東向島珈琲店



東京都墨田区東向島1-34-7



まぁ自宅近くと言えばそうなのですが、どうやらこちらは結構有名なお店のようでして、一度お邪魔してみたかったのは確か。


珈琲だけでなく、お手製のケーキもなかなかの評判とのこと。
なのでワタシも、コーヒーとケーキを一つ。
















b0040606_2245367.jpg






こちらがそのコーヒー。
確かプラージュブレンドって名前だったかと。
で、右のがレアチーズケーキ。

このケーキがいや、絶品。
濃厚なクリームチーズの味わいとブルーベリーソースの甘みが絶妙。








b0040606_2217084.jpg









コーヒーはと言うと、香りとコクが深くて、それでいてさっぱりしているさすが有名なだけあるなと言った感じです。
豆は自家焙煎しているんでしょうか。木炭か、それとも薪か、何となくほのかに木材燃料の香りを感じたのは気のせいかな?
もしそうだとすると、それは焙煎して間もない新鮮な状態のコーヒーを使っている証拠かと。
その風味もあってこのお店特有の風味を醸し出していると思います。






b0040606_22111053.jpg






b0040606_22112730.jpg





お店の雰囲気も落ち着いていてとても心地いい。

有名だからと言ってブルーボトルみたいにコーヒーの味なんかはっきり言ってどうでもいいような意識高い系客なんかもいないしね。(笑)






b0040606_22131268.jpg






ちなみにその後、もう一度お邪魔してみました。
その時頼んだこれはコーヒームース。
いや、このケーキもお見事♪


というわけで、東向島珈琲店。
噂に違わぬレベルの高いコーヒーとケーキを味わえるワタクシおススメのカフェ認定です。







b0040606_22151623.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2016-08-01 22:17 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

自宅で飲むコーヒーのバリエーションを増やしたくて、先日ご紹介しましたやなか珈琲店へ、また行ってまいりました。

コーヒーのバリエーションと言っても自分んチで淹れるわけだから揃えられる種類なんてたかが知れてるし、その中で新しいのと言っても少なくとも基本は抑えとかなくっちゃと思って、トラディショナルな生産国のお豆をひとつ。

















b0040606_22231416.jpg






コロンビア:エルナンデス・モンターナ フルシティロースト




皆さんご存知の通り、コロンビアも有数のコーヒー生産国ですからね、先日買ったブラジルやキリマンジャロなんかと同じくらいコロンビア豆は有名かと。

で、このコーヒーです。












b0040606_22275768.jpg







深めのローストゆえにうっすらと油の染み出た表面が美しい。
もちろん早速飲んでみました。


淹れたての香りはほんのりと甘く、例えば食後のデザートなんかに添える飲み物としてのイメージ。
ですが少し口に含んで味わいを確かめてみると、苦みと程よい酸味がガツッとやってくる、いわばフルボディの濃厚な味わい。
ローストも深めにしたので(当たり前だが)アメリカンには向かないです。フレンチプレスなんかのヨーロッパ的なコーヒーの淹れ方で愉しみたいですね。

ただ、ローストを一段浅めにして苦みを抑えた方が、その分少し酸味と豆本来の甘い香りを味わえたんじゃないかなと思います。
以前、同じコロンビアでもスプレモ・ナリーニョというブランドを試したことがあるのですが、あっちの方が少し酸味があってコクがまろやかだったかな。どちらが上と言うわけではありませんが。

いずれにしても、さすがコーヒー大国コロンビア。
これも自宅にストックする豆として定番にしちゃおうかなといったところです。
大変美味しゅうございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-06-21 22:43 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

先日、エスプレッソマシン買ってからというものオウチで美味しいコーヒーを楽しんでいる今日この頃ですが、やっぱりなんだかんだ言っても美味しいコーヒーは素材が一番モノを言う。

もちろんカルディでもコーヒー豆買ったりしますけど、近所に良いコーヒー豆売っているお店がありましてね、チェーン店ですが。

















b0040606_21544764.jpg







やなか珈琲



あの谷中銀座に本店のあるコーヒー屋さんのチェーン店なのですがね、気付いたらうちの近くにあったっていうか。
















b0040606_2156395.jpg






お店の中にはたいそうな種類のコーヒー豆が。
しかも全部生豆。
オーダーを受けてから焙煎します。
なので商品を受け取るまでに最低10分くらいはかかるというね。



そんなコーヒー豆の中から、2種類をチョイス。










b0040606_21585921.jpg






タンザニア・アルーシャキリマンジャロ・シティーロースト

ブラジル・モンテショコラード・フルシティーロースト


カルディと違って100gから買えるところもいい。200g売りだと最後まで使うのに時間かかって鮮度落ちちゃうし。
でもお値段ちょっと高め。
どちらも100gで680円。

で、さっそく淹れてみた。










b0040606_22317100.jpg






綺麗なコーヒードーム。
鮮度のよい証拠です。

で、お味ですが。
アルーシャの方はキリマンジャロなので酸味が一番目立つかと思ったのですが、意外とコクがあってとても飲みやすい。
ですがもしかしたら焙煎をフルシティーに1段深くしてみたら甘味がもちっと出てきて面白いかも。

ブラジルの方は、ショコラードと言う名前から想像できるように、ダークチョコのような苦みと後味があってこれは美味い。こっちは文句なく気に入りました。

アルーシャはコロンビアやニカラグアあたりと等分にブレンドして仕上げにマンデリンを少し足して香りを出すようにしても楽しめるかも。

ブラジルはこれは何かとブレンドするのもったいない気がする、常にストレートで楽しんでもいいですね。


まぁそんなこんなでカフェもいいけど自宅でもコーヒーライフ楽しんでます。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-06-02 22:15 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

前回の川越サイクリングの続きですが、川越に数あるカフェの中から私がお邪魔したのは、ここ。

















b0040606_19512258.jpg





あぶり珈琲


埼玉県川越市大手町 15-8



川越スカラ座のほど近くに位置するレトロチックなカフェです。
別に何も炙ってるわけではなく、フランス語で「隠れ家」を意味する「abiri」からネーミングしたらしいです。HPにそう載ってた。


で、お店に一歩入ると、








b0040606_1955947.jpg





いかにもレトロチックでいい雰囲気。
店頭でもオリジナルブレンド豆とか販売してるし、もちろんそのブレンドコーヒーを頂けるのですが、メニューを見ると豆の煎り方から浅い順に1~5まであって、それぞれが(当たり前だけど)違う種類の豆を使っていてかなりこだわってます。
例えば一番浅煎りだとキューバやニカラグア、深煎りではマンデリンベースなど。
基本ペーパードリップだと思うんですけど、エアロプレスのコーヒーメニューもあったりして。

で、私は深煎りNo5ブレンドと、おなかもすいていたのでクロックムッシュを所望。
















b0040606_2032887.jpg





b0040606_2035252.jpg




クロックムッシュにたっぷり乗ったチーズのおいしそうなこと・・・
もちろんチーズの下にはこれまたたっぷりのハムとツナ。

珈琲もマンデリンの独特な香りの中にほわっとコクの効いた味わい。
多分ブラジルかコロンビアのフレンチがブレンドされているものかと。知らんけど。(笑)
美味しかったです、とっても美味しかったです。

色んなカフェ散策してみたいけど、もしこのあぶり珈琲さんだけしか行っちゃいけないと言われても全く差支えないくらい気に入りました。(笑)




美味しいコーヒーとクロックムッシュを堪能した後、もう1軒コーヒー屋さんを探訪。
菓子屋横丁からちょっと脇にそれたところにあります、こちら。

















b0040606_20114645.jpg







小江戸coffee 豆蔵



埼玉県川越市元町 2-1-2




前に川越を訪れた時にちょっと気になっていたお店です。
店頭でコーヒーをテイクアウトできるのですが、私のお目当ては、コーヒー豆。

「川越ブレンド」なるお豆を100gほど購入。








b0040606_20153459.jpg





中深煎りコーヒー。
早速飲んでみましたけど、苦みと酸味のバランスが平均的と言うか、とっても飲みやすいブレンドです。
ところがですね、後から知ったのですがここ、どうやらあぶり珈琲の姉妹店らしいんですわ。
と言う事はこの川越ブレンド、もしかしたらあぶり珈琲のブレンドのどれかと同じなのかもしれませんね。


というわけで、川越でコーヒー三昧楽しんだ帰り道、ついでにまたしてもカフェはしごです。
昨年も一度お邪魔した、荒川サイクリングロード脇の、CAFE VIA











b0040606_202171.jpg






まぁせっかくここまで来たんだし。






b0040606_20213216.jpg





今回はお馬さんもお出迎え。

そして私以外にも、ってゆーかお客さん全員ローディー。(笑)

そんなカフェ・ヴァイアにてアイスコーヒーを堪能しつつ、帰路へとついたのでありました。







b0040606_20234650.jpg






いや、充実した休日でした。

完全ひとりリア充状態。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-05-20 20:28 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

ところでワタシ、コーヒーが大好きなのですが、最近ふと思い立って購入してしまいました。






エスプレッソメーカー。
















b0040606_208297.jpg






別に全自動でもなく、1万円そこそこの安物です。
でもデロンギだしいいかなと。



なので気分によってコーヒーはペーパードリップ、ステンレスメッシュフィルター、そしてエスプレッソメーカーの3通りの抽出を楽しんでいたりします。ウチで。
















b0040606_20112211.jpg






豆挽きーのー、







b0040606_20114944.jpg







豆つめーのー、

そして抽出。










b0040606_20124082.jpg






んん~気分はイタリア~ノ~(笑)





時にはカプチーノも。







b0040606_20134037.jpg






時にはエスプレッソメーカーでレギュラーコーヒー淹れる事すらあります。






b0040606_20143134.jpg





クレマの風味を楽しめるからね。



そしてこのエスプレッソメーカーは、自分で豆挽くだけではなく、カフェポッドも使用可能。
っていうかこっちが推奨。








b0040606_20161487.jpg







b0040606_20163546.jpg





こんなの。


これも確かに美味しいのですが、私はもっぱら自分で豆挽いて詰めるのがメインでやってます。なんたって、













コーヒー豆挽くの楽しー♪(笑)






まぁなんていうか、新しい趣味が一つ増えたってことですかね。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-05-15 20:21 | Coffee | Comments(0)