ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

カテゴリ:Coffee( 17 )

はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

先日またしてもヒマだったので川越までサイクリング行ってました。
で、いつものように新しいカフェを開拓しようと思ったのですが、今回はこんなところを見つけてふらっとお邪魔してみました。









b0040606_227492.jpg







CAFE 蔵



埼玉県川越市仲町10-15



なんでも江戸時代から続く醤油問屋の蔵を改装したカフェのようで、その蔵自体も築100年を超えると言うとても雰囲気のある建物です。

店内の雰囲気もなかなかのもの。










b0040606_22112069.jpg









b0040606_22114670.jpg






落ち着きのあるいいお店ですね。。。
ただ、平日とは言え真っ昼間のゴハンどきに客が私一人なのが微妙に気になりましたが。。。

そう、お邪魔した時にはちょうどお昼時だったので、コーヒーだけでなくランチもここでとってしまおうかと。

と、メニューを見て私が注文したのが、アイスコーヒーとスパイシートマトカレー。








b0040606_2216936.jpg






b0040606_22175430.jpg






少し強いカレーの辛みとトマトのさっぱりした酸味がうまく合わさってとても美味。
味は悪くないので、もう少しお客さんがフツーに入ってても不思議じゃないんだけどなぁ。。。
お客さんいなかったのは偶然かな?








b0040606_22203898.jpg






こちら、デザートのミニコーヒーゼリー。
いやいや、とってもランチを堪能致しました。満足満足♪


で、そろそろ出ようかとお会計をすると、





お会計860円になります。















安価くね!?






カレーとサラダとミニデザートがセットなのはわかるけど、コーヒーまでセットだったの?それで860円なの?









それで利益とれんの?(笑)




おそらくランチタイムだけの価格と思いますが、もぉ川越でランチとかやるならワタクシ的にココ一択ですね。
コーヒーだけなら以前紹介したあぶり珈琲とか、シマノコーヒーの方が本格的で美味しいと思いますけど、ことランチとなるとこれだけ美味しくて安ければ文句なしです。
図らずもまたいいお店見つけちゃいました。

これだから川越は何度行っても楽しいんだな。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-06-17 22:39 | Coffee | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。

前回まで、ヨシさんと言う方の自転車を組み直していたお話をしておりましたが、実はこのヨシさん、東京ドームのほど近くでカフェを経営しておられます。
そのカフェが、こちら。
















b0040606_2218153.jpg






LIVE COFFEE KIMURA



東京都文京区本郷4-16-7



7~8人も入れば満席になってしまうような小さなお店ではありますが、常連客が後を絶たない超土着のカフェです。






b0040606_22211684.jpg





こちら、ブレンドコーヒー。
クレマが乗っているのでお解りかと思いますが、エスプレッソマシンで淹れてます。
もちろんドリップコーヒーもあり。






b0040606_22222028.jpg





こちらはアイスコーヒー。
当然こちらもちゃんとドリップして作ってます。
しかもこちら、手作りなのはコーヒーだけではございませんで。









b0040606_22234328.jpg





こちらのサンドウィッチも手作り。ツナとオムレツ。オムレツからしてちゃんと手作り。
それでいて250円は安価くないか?コンビニじゃないんだから。

ちなみにランチメニューなんかもあるのですが、私はランチタイムには行ったことがありませんで。
なぜなら、







ランチタイムは決まってダダ混み。




近くのオフィスの昼休みにランチしに来る常連客がひっきりなし。
なので私がお邪魔するのは大体夕方くらいです。その方がゆっくりできるので。











b0040606_22281194.jpg




もちろんコーヒー豆の販売もやってます。
その中でのおすすめがこれ。







b0040606_2228496.jpg





インドネシア・マンデリンとケニア・マサイ。


特にマサイはドリップで淹れるとダークチョコレートのような風味とコクがあって非常に美味。
なおかつストレートでエスプレッソにすると「コクのある酸味」と何やらコーヒーとしては矛盾した形容をしたくなる独特な味わいが楽しめ、最近の私のブームになっている品種です。ホントに超おススメのコーヒー豆です。


まぁとにかく、色々と縁あってこんな素敵なカフェのオーナーさんの自転車を組んでたわけです。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-04-06 22:37 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんどうもこんにちわjpslotusです。

最近、お休みには代々木上原にある友人のお宅に毎回足を運んでいる気がしてならないのですが、その近辺にはあの有名な下北沢が歩いて行ける距離に位置しております。

以前にも下北沢のカフェをご紹介した記憶がありますが、やはりあそこも良いカフェがちらほら。
というわけで、今回も下北沢にあるおススメカフェのご紹介。

















b0040606_1359392.jpg






BOOKENDS COFFEE SERVICE




東京都世田谷区北沢2-11-17



たたずまいは非常にこぢんまりとしていて、店内も5~6人も入れば一杯になってしまうような小さなお店です。

が、

どうやら結構人気のお店らしく、客足の途切れる事がありません。
ただほとんどがテイクアウトで買っていくお客さん。

なぜ人気なのか。
コーヒーを飲めばその疑問は一発で解決します。








このブレンドコーヒーがテイクアウト180円とかありえない。



コーヒー豆は有名なライブコーヒーから提供されているようなのですが、180円でこのコーヒー飲めるんだったらコンビニで100円コーヒー買うより断然こっち選びますわ。

それほどクセが無く飲みやすい、だがそれなのにコクが深く後味にキレがあって「本物のコーヒーを飲んでいる」感が凄く楽しめると言うかね。

ちなみに店内で飲むと200円、ストレート豆のドリップは250円。
それでも全然リーズナブル。








b0040606_1475394.jpg





テイクアウトでコーヒー飲みながら下北散策するもよし、狭いながらも雰囲気のある店内でコーヒーを愉しむもよし。

やっぱり下北もカフェのレベルが高い。
だから大好き。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-03-17 14:13 | Coffee | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。
今日はすごくあったかかったですね。なんでも4月下旬並みの気温とか。

かく言うワタクシ本日お休みだったのですが、こんな日にはとってもサイクリングしたかったのですが、あまりの風の強さに泣く泣く断念しながらオウチで一日中おそうじやってました。
まぁそれはどうでもいいんですけど。


で、先日のお話なのですが、またしても江東区清澄近辺のカフェを開拓してまいりました。
今回は、こちら。
















b0040606_208228.jpg






Brew Parlor 3615



東京都江東区清澄3-6-15



名前の由来はそのままそっくり住所番号と言うね。

ところでこのカフェ、他の色んなカフェとはちょっと趣が異なります。
実はここではコーヒーを注文すると、自分で淹れなきゃならんの。









b0040606_20111524.jpg





これがそのコーヒー制作キット。(笑)
それとキャロットケーキ。
ちなみにコーヒーは500円、キャロットケーキは250円。

珈琲をドリップするのもセルフサービスなら、数ある中から自分で好きなカップも自由に選べる。
スタッフの手間が省けるだけと言ったらそうかもしれませんが、コーヒー好きならこんなのも一つの楽しみでいいんじゃないかしら。








b0040606_20143273.jpg





ちょっと最初にお湯注ぎすぎちゃった。






b0040606_20151133.jpg





して、これがそのブレンドコーヒー。
500円で出された豆だとこのカップで3杯くらいの量が取れる。

それはそれでいいんですけど、ちょっと多すぎます。
それならもっと少なくていいからその分良い豆にしてもらえると私にとってはありがたい。
不味くは無いけど少なくともスペシャリティーの味わいでは無かったので。







b0040606_201885.jpg






このキャロットケーキはうまうま。
多分自家製だと思います。ふわっとしているのに食べごたえがあってとっても満足。

何度も言いますが清澄近辺は質のいいカフェの激戦区。
考えてみれば、その中で生き残るためにあえてスペシャリティーグレードのコーヒーを提供するのではなく、コモディティでもいいので「自分でコーヒーを淹れる」という所作から楽しむと言う新しいカフェの愉しみ方を提案しているなかなか面白いカフェですね。

そんなことはウチでやれ、と言われたらそれまでですが、むしろカフェと言う場所でこんな自宅でコーヒー淹れることが出来ると言うのも、なかなか新鮮な感じがした次第です。

そしてそれなりにゆっくりできる雰囲気ですし。なんたってカップ3杯分飲まにゃならんので。(笑)








b0040606_20265967.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2017-02-17 20:31 | Coffee | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

冬とは言え例年になく寒さの厳しい昨今、天候にかまけて最近ロクに自転車乗れてません。
なので遠出するわけでもなく、近場でうろうろしてたりするのですが先日も川越サイクリング的な自転車×コーヒーという趣味2段重ねがてら、カフェを探訪してまいりました。

とは言え川越と同じくらいカフェ激戦区となっております、江東区の清澄近辺。

ブルーボトルとか、ワタクシお気に入りのオールプレスとか、とにかく至る所に本気のカフェがございます清澄のなかで、以前から気になっていたお店、行ってまいりました。














b0040606_17274873.jpg






ARISE COFFEE ROASTERS



東京都江東区平野1-13-8




ブルーボトルと同じ通りに面した100mほど北側の交差点にあります小さなお店。
何度も通りかかって気になっていたので、今回の清澄カフェはここにしました。

小さいながらもここでローストもちゃんとやっているらしいですし、別の近場にはエンタングルと言うカフェスペース専用の2号店もあるらしい。

こちらでこれまた私の好きなコスタリカのストレートを頂きました。


味わい的には悪くないのですが、少なからず提供されたペーパーカップの香りが移ってしまっており、それだけがちょっと残念。
オーナーさんの人が良く、一生懸命本気でコーヒーに向き合っている真摯さと言うか、そういったものは伝わってくるし非常に応援したくなるお店なのですが、紙コップでコーヒーを出される以上、これは避けて通れない問題かと。


で、私が頂いたコスタリカの他にも数種類の豆が用意されていて、その中にいままで飲んだ事の無かったボリビアの豆がありましたので、100gほど購入してみました。










b0040606_17375811.jpg






ローストが綺麗だし欠点豆も見たところ無いのでいい感じ。
で、飲んでみたのですが、良い意味で独特。裏を返せばクセの強い味わいですね。
豆の種類によってはナッツ系とか、フルーツ系、もしくはダークチョコのような味わいを感じたりしますが、このボリビアは何ていうか、穀物的な飲み味。まぁ豆なんで穀物なんだけど。(笑)

もっとわかりやすく(?)言うなら、間違っても朝の目覚めの一杯としては合わないと言うか。
シロートの私には複雑怪奇でなんとも表現しにくいコーヒーでございました。
決して不味いわけではないんですけど上級者向きだわ・・・



出来ればまたお邪魔して、今度は解りやすい豆を仕入れたいと思います。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-01-27 17:47 | Coffee | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

休日の真っ昼間に更新です、どうでもいいですけど。

休日にちょっとサイクリングと言うと、私の自宅から距離的にちょうどいいのが埼玉県の川越。
何度もご紹介しておりますが、先日も行ってまいりました。川越超好き。(笑)

で、ジテンシャで川越まで何しに行くんだ?と言う事なのですが、川越にはなんとなくいいカフェがいくつもありましてね、コーヒー好きでもある私にとって川越までのサイクリングは2つの趣味を同時に堪能できる素晴らしいリゾート地(?)。


というわけで、いつもの川越。
















b0040606_12592562.jpg







b0040606_12594286.jpg







b0040606_1259586.jpg





相変わらず古い時代の面影を残す川越の街並み。
さすが小江戸と呼ばれるだけあります。










b0040606_1314579.jpg






さて、川越に辿り着いてのカフェですが、以前にご紹介したあぶり珈琲には何度も足を運んでいるので、今回もちょっと開拓と言うわけで、お初の場所へ。













b0040606_1365561.jpg






シマノコーヒー 大正館



埼玉県川越市連雀町13-7




川越の観光名所界隈には、時の鐘を中心とする小江戸的な通りの他に、大正浪漫夢通りと呼ばれる大正レトロな雰囲気を持つ通りが存在しまして、その通りに面した場所にあるお店。
店構えからしてレトロチックでいいですね。











b0040606_13104835.jpg






もちろん店内もレトロチック。
なかなかゆっくり落ち着ける雰囲気でよろしい。
こちらでブレンドコーヒーとガトーショコラのケーキセット(780円)を所望。ちなみにガトーショコラは冬季限定らしいです。







b0040606_13131223.jpg





ケーキセットで選べるコーヒーはこのブレンドだけですが、単品では数種類のストレートコーヒーが用意されており、お店の雰囲気だけでなく、コーヒーももちろん本格派。
このブレンドコーヒーはクセが少なく非常に飲みやすい口当たり。
酸味がそれほどきつくない事から、南米系の豆をシティローストしたものがおそらくベースだと思います。







b0040606_13172573.jpg





このガトーショコラもおそらく自家製でなくどこかから卸しているものと思われますが、そんな事はどうでもいいの、美味しかったから。(笑)



そんなシマノコーヒー大正館。
レトロな土地でレトロな雰囲気を存分に味わいたい方は是非どうぞ。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-01-18 13:25 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusですいかがお過ごしでしょうか。

これまた昨年末のお話になりますが、私の友人が住んでいる場所の近くがあの下北沢でございまして、ちょっと友人宅へ遊びに行ったついでに下北沢のカフェをハシゴしてきましたので本日はその御紹介を。



まずはこちら。知る人ぞ知るお店です。














b0040606_17365815.jpg






Bear Pond Espresso



東京都世田谷区北沢2-36-12



こちらのお店は、知る人ぞ知るどころかエスプレッソファンの間ではもはや聖地扱いされているくらいのお店でして、フツーのよくあるカフェのようにコーヒー飲みながらまったりとくつろいで・・・などというアマいお店ではございません。(笑)

ちなみにココのオーナーですが、ドキュメンタリー映画・A FILM ABOUT COFFEEに出演されておりまして。



"Coffee people, have to be sexy!!"「コーヒー愛好家はセクシーでないと。」がオーナーさんのポリシー。

もちろんエスプレッソ飲みたかったのですが、実はエスプレッソが出るのはオープンから13時半まで。
ワタシが行った時には既に15時を回ってましたのでエスプレッソは飲めずじまい。
なのでレギュラーをひとつ。








b0040606_17472892.jpg





うーん、美味しいんだけどイマイチ私の好みでは無かった。
やっぱりエスプレッソ飲みたかったな。。。


ベアポンドのコーヒー飲みながら下北の街をうろうろ散策し、もう1軒コーヒー飲みに立ち寄りました。












b0040606_17495077.jpg






COFFEA EXLIBRIS




東京都世田谷区代沢5-8-16




実はこちらは以前にも行ったことがありまして、その時に飲んだコスタリカのコーヒーがとても美味しかったのでまたお邪魔しました。

こちらのお店は豆をおそらくダイレクトトレードで仕入れているのか、仕入れによって扱っている種類が変わります。
なので今回行った時には同じコスタリカでも前回飲んだ農園のものとは違う豆でございました。









b0040606_17533245.jpg






コスタリカ・タラス・ラ・リア

以前は確かブルマス・デル・スルキという豆でして、ナッツのような風味ながら黒砂糖のような感じも味わえる不思議なテイストでしたが、今回は柑橘系の味わいが前面に出て、それでいてやっぱりナッツ系のテイストも感じられるこちらもなかなか面白いコーヒーでした。
なのでこのコスタリカ・ラ・リアは100gほど豆も買って帰りました。


以上の2店、どちらが良かったかと言う事ですが、エスプレッソ飲んでないからベアポンドは不利ですけど、やっぱりエクスリブリスの方が好きですね。お店の雰囲気も含めて。

お店の雰囲気って、店内の写真撮ってねーじゃんと言われそうですが、












2店とも店内撮影禁止です。(笑)




気になる方は是非とも実際に足を運んでみてください♪
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-01-13 18:04 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

昨年のお話になりますが、コーヒー好きの私に友人アツシさんが、
「こんなお店があるよ。」
と、連れて行ってくれたカフェを本日はご紹介。

そのカフェの名からして怪しいのですが、









エセルの中庭





東京都杉並区高円寺南3-57-6



連れられて、そのカフェの入り口に立ったのですが、

















b0040606_19205146.jpg







あやしさ満点。










b0040606_19212343.jpg






あやしさ120%。(笑)



ちなみにこの入口を入った3階にそのカフェはあるのですが、下の2階は、

R座読書館

と言うカフェでして、なんでもおひとり様専用カフェだとか。
その証拠にこんな注意書きが。











b0040606_19233251.jpg





ああ、完全におひとり様専用ですね。
というわけで、我々は3階のエセルの中庭へ行ったわけです。

で、そこの店内がこれまたなんていうかね・・・
















b0040606_19244475.jpg





とっても幻想的。
中央の水槽の中にちゃんとお魚も泳いでます。








b0040606_19253825.jpg






このカフェのブログにはこう書かれてます。



ここは、かつて一人の悩める少女が心の中に作り上げた記憶と幻影の世界にリンクしています。

彼女の記憶の中では物語が止むことなく語られています。
幻想的な星空の下でファンタジーの住人達が戯れています。






あぁそおですか。



ゴスロリ系中二病少女が泣いて喜ぶ設定ですね、わかります。(笑)








b0040606_19295249.jpg





幻想的にも程がある。
オジサンにしたら悪い夢に出てきそう。(笑)
まぁ徹底的に凝った演出と言えばある意味見事だとは思いますが。

で、肝心のコーヒーですけど、意外と言うかなんというか、深煎り、中煎りとか、ただブレンドコーヒーを出すだけではなくちゃんとメニューがしっかりしている。
ワタシは中煎りのコーヒーをチョイス。









b0040606_19331446.jpg






供される茶器も凝っているし、味も悪くないです。
コーヒーそのものを楽しむために行っても不満無いレベル。
なかなか面白いお店を教えていただきました。

今度は私が誰かにこのお店を紹介してもいいかなと思いますね、この雰囲気ならネタとしても十分楽しめるし。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-01-10 19:40 | Coffee | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

昨年のお話だったでしょうか、私の友人とドライブへ出かけた時に神奈川県の津久井湖の近くにある、クロワッサン・ゼブラと言うお店をご紹介した記憶がありますがこのお店、最近下北沢にもショップをオープンしたという話を聞き、とても行ってみたかったのですがつい最近お邪魔してまいりました。

下北近辺に私の友達も住んでおりますので、遊びに行きがてら。


そしてこれが、そのお店。















b0040606_2128935.jpg





ZEBRA EXPRESS SHIMOKITAZAWA


世田谷区北沢2-12-2若葉ハイツ1F



下北沢の路地の一角にたたずむコンテナサイズのミニショップです。








b0040606_21304125.jpg





ご覧の通り、お客さんが3人も入ればいっぱいになってしまうような小さな店舗ですが、とてもオシャレでとてもキレイ。


して、私が所望したのはパニーニと、コーヒーはパプアニューギニアの豆を。











b0040606_21333680.jpg








b0040606_2134185.jpg





小さなお店ですからメニューは限られておりますが、津久井のゼブラ本店と美味しさは何も変わることなく今日も大満足。


やっぱりゼブラさいこー♪
皆さんも下北沢へお出かけの際には是非。


ウェブサイトはこちら。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-10-25 21:38 | Coffee | Comments(0)
どうもみなさんこんばんわjpslotusです。

以前からお話しておりますように、わたくしコーヒーが大好きでして、色んな種類の豆を買っては自宅でコーヒーを愉しんでおりますが、やっぱりカフェで味わうコーヒーと言うのも、もちろん大好き。

で、最近もふと思い立ってちょっとカフェを開拓しようかと繰り出したわけです。

向かった先は、なぜかここ数年急激にロースターが乱立して、カフェ激戦区となっています東京の清澄近辺。

で、清澄のカフェと言えばもぉなぜだかスゴい(意識高い系に)人気のブルーボトル・コーヒーがございまして。













b0040606_22115889.jpg





オープン当初から行列が出来るほどの盛況ぶりだったので、今の今まで敬遠してたんですけどね。

「コーヒー界のアップル」などという触れ込みに釣られて、新しいモノ好きな意識高い系の人種が何時間待ちながら訳知り顔でコーヒー飲んでる。



想像するだけでコイツらアホかと思ってね。(笑)



どーせコーヒーの美味い不味いも解らんくせに。
そんな人種と仲良く並んで入店待ちなんて死んでもイヤだったので今まで行かなかったのですが、今回通りがかった時にはブームも落ち着いたのか、お客さんも少なかったのでブルーボトル初入店です。










b0040606_22183565.jpg





店内はこんな感じ。
悪くはないけどね。
店舗マネージャーみたいな人がうろうろしていてうざい。(笑)


で、肝心のコーヒーですが、






b0040606_22201522.jpg





ラテアートとか凝ってんのか見たかったのでカプチーノ系を所望。
まぁ、見た目それなり。
味もそれなり。
ってゆーかこのワッフルで500円ってどうなのよ。

はっきり言って何があんなにブームを引き起こしたのか全く分からん。
言い換えれば、マネージメントとかコマーシャリズムって恐ろしいものです。


というわけで、特に何の感動もなくブルーボトルを後にして、もう一軒お邪魔してみました。
それがここ。













b0040606_2224791.jpg






オールプレスエスプレッソ・トウキョウ



ここはブルーボトル行った後、適当にカフェ探してて偶然目に留まったところなんですけど、これがもうね、大当たり。







b0040606_22254912.jpg






お店の中はこんな感じ。
ブルーボトルと同じく、倉庫を改装したような店舗ですがこちらはカウンターとロースターがガラスで完全に仕切られていて静かだし、建材のウッドが落ち着いた印象を受けます。

で、大当たりと言ったのは実はここ、ニュージーランド発のカフェなんですって。
ふらっと入ってメニュー見た時に、「ロングブラック」の文字にビックリ。
(ニュージーではブラックコーヒーの事を基本、ロングブラックと言う。)

なのでカウンターの店員さんに注文する前に、「ニュージーランド系?」と、思わず確認しちゃったりして。

で、もちろんそのロングブラックを所望。







b0040606_2230766.jpg





これがそのロングブラック。
本来はダブルのエスプレッソなのですが、同時にお湯がついてきてエスプレッソを一口楽しんだ後にお湯で割ってレギュラーコーヒーにすると。

ボクがNZのクライストチャーチに住んでいた時にはこのお店は知らなかったのですが、本国のコーヒーの懐かしい味わい、カップも向こうでポピュラーに使われているカタチそのもので、あっちにいた頃を思い起こさせてくれます。

ついでに頼んだこのクッキーも、ニュージーランドでポピュラーなアンザック・ビスケットと言うのも泣かせますな(笑)


いや、清澄のカフェを2店ハシゴしましたが、ブルーボトルなんかより断然オールプレスですよ。
最近なかなか機会がないけどまた近いうちに絶対行きます。

それに、清澄にはもっともっと面白そうなカフェがたくさんありそうなので、ココのエリアは今後開拓するにすごく楽しみです。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-10-08 22:39 | Coffee | Comments(0)