ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

カテゴリ:じてんしゃ。( 145 )

皆さま1週間ぶりのゴブサタですjpslotusですGWは楽しんで過ごされましたでしょうか。

実はワタシもGWのさなかに一日お休みを頂いてました。6日の事なのですがね。思いっきり平日でしたが。(笑)


で、せっかくなので先日の渋峠ヒルクラと同様、会社のロード仲間の面々とまたしても山のぼりに行ってきました。
今回制覇したのは、箱根駅伝往路5区で有名な、国道1号箱根旧道でございます。




小田原城の駐車場からスタートして、国道1号に出ると箱根駅伝5区のコースをまんまトレース。
その後十国峠経由で熱海までくだり、海沿いを小田原まで戻るルートです。





というわけで、スタートしてすぐ箱根湯本駅でございます。






b0040606_18152543.jpg




駅から少し進んだところにあるセブンイレブン。
このあたりからいよいよ登り始めるわけですがね。






b0040606_18164821.jpg






b0040606_18171350.jpg





b0040606_18173459.jpg





渋滞するほどでは無かったにしろ、さすがに国道1号。車の通りが多くて後ろに気を付けながらのヒルクライムでございました。


ところでこの箱根ヒルクライム。ローディーの世界ではこの駅伝5区ではなく、旧東海道の方が車どおりが少なくて走りやすい上、斜度にパンチがあるという理由で有名らしいのですが(実際そっちも走りたかったのですが)、何せあの有名な箱根駅伝5区のコースです。
大学生が憧れる箱根ルート、せっかくだし、それにどれだけ過酷なのか実際に走ってみよう(自転車だけど。)と言う理由で登ってみたわけですよ。

で、結論ですけどね、旧東海道の方が急坂と言う事なのですが、










充分きついわこっちも。















ってゆーかここ駅伝で走るって狂気だわ。(笑)





いくつか山のぼってそれなりにヒルクラ慣れしていると思ってた自分ですけど、今まで登ってきた中では多分乗鞍の次くらいにきつかったです。
















b0040606_18255468.jpg








箱根山とったどー!!




タイムは恥ずかしくて申し上げられませんが(笑)、今回も何とか足つき無しの完登任務は達成。



その後は同行のMさん、Sさんがやってくるのを待ちつつ、芦ノ湖へと下ります。













b0040606_18283780.jpg






芦ノ湖到着。
観光バスなんかで幾分ごった返しておりましたがそれでもジテンシャでここまで登った達成感はひとしお。

そしてこの日、なかなか珍しい光景に出くわしました。











b0040606_18302822.jpg







傘雲かかってます。富士山に。



そんな風景を堪能した後は、またちょっぴり上り坂を挟んでの、熱海までの下り。












b0040606_1832055.jpg







b0040606_18321562.jpg





途中、十国峠ケーブルカー乗り場でちょっと休憩。





b0040606_1833762.jpg





ロード3台そろい踏み。


そうこうしながら熱海の街まで下ってきました。






b0040606_18335114.jpg






久しぶりに熱海まで来たのですが、特に目的も無く。
お昼ゴハンもフツーのファミレスで済ませ、ここから小田原までは約20kmほど海沿いを走りながら(もちろん抜いてくる車に気を遣いつつ)、今回のライド終了となりました。



小田原から芦ノ湖までと、熱海から小田原までは車の通りが多い幹線道路でしたので、本当に気を遣いました。
およそ70kmの距離と骨のあるヒルクライムを堪能できるいいコースですが、それだけがちょっと難しいところですね。




b0040606_18395117.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2016-05-11 18:42 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。


前回の渋峠ヒルクライムの続きです。


残雪を見つけてちょっと一休みした後、まだまだ登り続けます。









b0040606_21492121.jpg




しかしこの渋峠、登りは登りで多少きついのは当たり前なのですが、それ以上にというか、そんなことも忘れるほどの全編素晴らしい景色のオンパレード。









b0040606_21512987.jpg






b0040606_2151454.jpg





b0040606_215282.jpg






b0040606_21522677.jpg




途中、こんな感じでまだ凍っている池もあったりして。
さすがにこの近辺は寒かったです。

そして、いよいよやってきました。
渋峠のハイライトと言っても過言ではない、「雪の壁」に到着です。
















b0040606_21535763.jpg







今年は例年より雪が少ないらしく、壁の高さは4m程と言う事。
写真を撮っている時に後からやってきた自転車乗りの方が言うには、「去年の5月中旬くらいの雪の量」とのこと。

毎年の開通時期よりも迫力が少ないらしく、ちょっと残念ではありますがそれでも4m。






b0040606_21564486.jpg






b0040606_21565818.jpg





関東平野ではまずお目にかかれませんからね、これでも大満足です。

さて、雪の壁まで来たら最標高地点はもう目と鼻の先。

あとちょっとがんばって、ついに日本国道最標高地点到達です。

















b0040606_2159285.jpg





日本国道最高地点 標高2,172m。




というわけで、お約束。

















b0040606_2213929.jpg







渋峠とったどー!!(笑)





この地点から見る景色も、とても素晴らしく。








b0040606_2231019.jpg






ヒルクライムやってていつも思うんですけど、写真でこの素晴らしい風景を共有するって結構難しいもので、こう言ってはナンですが、自転車で登ったからこそ味わえる感動と言うか、車で同じとこ走って同じ景色見たって多分これだけ感激できないと思うんですよ。

そういう意味では自転車と言う趣味を持って幸せと感じる瞬間かもしれませんね。


そして、最標高地点を過ぎてすぐのところが群馬と長野の県境になるのですが、そこには県境をまたいで建つ渋峠ホテルがあります。
とりあえず、その渋峠ホテルがゴール地点。

渋峠制覇記念に、また一枚。

















b0040606_2293827.jpg







県境またいだったwww




そんなこんなでそれはそれは素晴らしい景色をおなかいっぱい堪能できる渋峠。
草津の街からピークまでおよそ20kmで1000m弱の高低差なのですが、皆さんも是非自転車で走ってみる事をおススメします。

初心者でも怖がることはありません。ゆっくり休み休み行けば何とかなるくらいの山道ですし、何より素晴らしい景色があなたを必ず味方してくれるはずですよ。
ここ登って自転車に乗る事の楽しさ、是非とも見つけてくださいな。







b0040606_22144392.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2016-04-29 22:20 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですこんばんわ。

昨年、乗鞍をヒルクライムしに行った時に、乗鞍は日本の舗装路最標高地点で、そのほかに群馬と長野の県境付近に渋峠という山道があって、そこは日本の国道最標高地点です。とご紹介した記憶があります。

その渋峠なのですが冬季は積雪の為閉鎖されており、毎年春になるとまた開通したりします。
今年の開通は去る4月22日。




というわけで行ってまいりました当日に。





今回も会社のロード乗りの面々と一緒だったのですが、上司のMさん、Iさんと私の3名。
乗鞍の時と同じく、Mさんの車に自転車積んでまずは草津の温泉街付近まで行くわけですが、やっぱり今回も、その10キロくらい手前の道の駅・六合(くに)というところで、








オマエはここからスタートだから♪





と、またしてもポイ捨てされました。(笑)



ギックリ腰あけだっつーの。
というわけで、道の駅です。











b0040606_21251818.jpg






しかも今回は、このハンデスタート地点そのものがもぉのっけから坂道。
心の準備してるヒマも無し。



b0040606_21264943.jpg



もう開き直って景色を楽しむしかありませんな。






b0040606_2128024.jpg





b0040606_21282286.jpg





そんなこんなで本スタート地点の「西の河原温泉駐車場」に到着。





b0040606_21291493.jpg




ワタシが着いた時には2人の姿は既になく。
とりあえずここでちょっと一息入れて、本番の渋峠に備えます。

ところでいつも私がヒルクライムやるときは、とにかく足つきなしでの完登を目標にしているのですが、今回だけは例外と決めてやってきました。
なぜならこの渋峠、聞く人みんなあの山道の景色はヤバい。と口をそろえて絶賛する有様。
それなら途中でそんな景色を写真に撮りつつ楽しみながら登ったってバチは当たらんだろ。
ということで、今回はタイムも計らず足つきする気満々のまったりライドとしゃれ込みました。


というわけで、改めてスタートしたわけです。
















b0040606_21342735.jpg





b0040606_21344640.jpg






いやー、きもちいーねー♪

登り始めてまだそこそこと言ったところでも既に絶景。
そして上り口から4~5km位のところに殺生河原という硫黄の噴出区域があるのですが、
















b0040606_21364429.jpg





こんな看板もあったりします。
確かにそこはかとない硫黄の香りが立ち込めてきました。






b0040606_21373329.jpg







b0040606_21375116.jpg






ここが殺生河原。
確かに硫黄のにおいがきついですが、道路の看板には立ち止まるなと書いてあるのに遊歩道があるってどないやねん。(笑)

まぁそうは言っても立ち止まっちゃったんですけどゴメンナサイ。
先行していたお二人ともここで合流です。







b0040606_21403223.jpg






ひとしきり撮影した後、そそくさと殺生河原を退散し、更に上へ。
途中、雪だまりを見つけ、

「わー、雪だー♪」などと大人げなくはしゃぐ我々。








b0040606_214242.jpg






そんなまったりペースでヒルヒルクライムの渋峠。
お話はまだまだ続きます。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-04-27 21:47 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


熊本地方の地震、未だに余震の収まる気配がありません。
地震そのものもそうですが、ここまで余震が長く続くと彼の地の方々の精神状態が心配になります。
一刻も早い終息を願うばかりです。


さて。本日私はお休みを頂いてました。
先日くらったギックリ腰もだいぶ落ち着いたし、天気も良いしでようやく行ってきました。

何がって、決まってるじゃないですか。シーズン開幕ですよ。ヒルクライム。

















b0040606_19392227.jpg






というわけで、お久しぶりの武蔵五日市駅前です。
シーズン開幕はホームコース・奥多摩都民の森までひとっ走り。
いつからホームになった。オレんチから武蔵五日市まで距離70kmあるわ。(笑)
もちろん武蔵五日市までは車ですけどね。

そして今回は久しぶりの山登りプラス腰の具合と相談しながらのリハビリライドなのでタイムは気にせずとにかく無理をせずにマイペースでのヒルクライムでございます。



まぁそんなことなので、途中別段何もなく淡々と都民の森まで登ってきました。
















b0040606_1943314.jpg






久しぶりの都民の森。
ギックリ再発も無く、無理をしなければとりあえず何とかなる事だけはわかった。
檜原村役場前スタートで一応タイムも計ったのですが、






b0040606_19452087.jpg






まぁこんなところですね。
今後のトレーニング次第ということで。(笑)






b0040606_19462630.jpg






そして名物(?)カレーパンを頂き、来た道を下ったのですが奥多摩周辺は今の時期、それはとても美しい光景にお目にかかれます。












b0040606_1948369.jpg










b0040606_19485633.jpg





これ、途中の上川乗付近のバス停にある桜の木。
奥多摩の桜は今が満開です。
しかしこれは、あまりにも見事。





b0040606_19502450.jpg







そんなこんなで檜原村役場まで戻ってきました。







b0040606_1951212.jpg






ここでまたちょっと休憩。
村役場の中にある「カフェ・せせらぎ」にて、レアチーズケーキセットなんぞを所望しました。







b0040606_1952858.jpg






このケーキは手作りなんでしょうか?
レア中のレア。
お味もなかなかのもの。

そんなおいしいケーキを頂きながら窓の外に目をやると、







b0040606_19532670.jpg






ハトがヒマワリの種ついばんでます。
自由っていいなぁ・・・(笑)



そんなまったりとしたヒルクラシーズン開幕戦・奥多摩ライド(リハビリ含)でございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-04-19 20:00 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですこんばんわ。

昨晩、熊本地方に大きな地震があったみたいで、TVでも1日中そのニュースばかりが目立ちます。
大きな被害も出ており、何よりこの地震によって亡くなった方、大勢の被害を受けた方々の心中はいかばかりか察するに忍びなく、一日でも早く元の生活に戻れるようお祈りいたします。


さて、話はいつもの話題に戻りますが。


先日私のセカンドバイク、ベラーテのクロモリフレーム乗ってたらですね、どうやらどこかでクランクを留めているボルトが落ちていたらしく、走っていたら突然左のクランクアームがふっとんでいきました。(笑)




いや、笑いごとや無しに、これが登りで思いっきりペダル踏んでたらヘタすると大けがでもするとこでしたわ。
走行前の点検をおろそかにしてました。ちょっと反省。

















b0040606_219140.jpg






中央の穴の部分にクランク止めボルトがあるはずなのですが・・・
滅多にいじる個所でもないし、かと言ってこんなとこのボルトだけ盗まれるなんてことも考えにくい。
やっぱりなんかのタイミングで緩んで落ちたんでしょうな。なんで気がつかないかなぁ。


というわけで、このボルト新調したわけなのですが、せっかくなのでついでに駆動系ばらしてメンテとしゃれ込みました。
















b0040606_21114422.jpg






こんな感じで。
















b0040606_2112682.jpg





ドライブトレイン部品全般。
コンポーネントはカンパニョーロ。
ここまでバラすにも、シマノとは互換性のない工具を揃えなければいけませんので、私のように自転車2台もちでしかもコンポがシマノとカンパなんて人はツールにかかるコストもバカにならんちゅうことです。


汚れを落としてグリスアップして再組み付け。
実際初めてここまでばらしましたが、気がついたのはカンパのリヤディレイラーの調整はシマノより遥かにシビアだと言う事。
想像はしてましたが、テンションボルトをワンクリック調整ずれるだけでローに入らない、トップに入らないと四苦八苦。
神経使いながら何とかベストポジション確保できました。








b0040606_2119064.jpg





で、これが新しく買ってきたクランク止めボルト。
こんなん一つだけでなんと3500円。チ~ン¥
まぁしょうがないけどさ。







b0040606_21204555.jpg






そしてこいつを止めるのに必要な六角レンチも14mmという。
こいつもこのボルト回すのに必需品であることは確かなのですが、









このほかの用途が全く思い浮かばねぇ。(笑)






ほんと、自転車のパーツってなんでこんなに専用工具以外受け付けないモンばっかりなんでしょうね。





まぁそんなこんなで、私のベラーテも元気です。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-04-15 21:29 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

実は本日、お休みを頂いてました。
今年初めての週末休みを過ごしました。
本当は、暖かくなってきたのでヒルクライムシーズン開幕とばかりに奥多摩・都民の森へ行こうと思っていたのですがなんと2日前に、
















まさかのぎっくり腰。(笑)




せっかくの日曜休みにオウチでおとなしくおねんねです。
あぁもぉ死にたい。



まぁそんなことなんですけど。

で、暖かくなってきたのでそろそろヒルクライムやりたいというのは事実でございまして、実は今シーズンの為に先日、懸案でありましたパーツを入手しておりました。
言わば秘密兵器でございます。

















b0040606_2057103.jpg








FFWD F4R カーボンチューブラーホイール





昨年から欲しい欲しいと言ってたと思うのですが、ついに買っちゃいました。
オランダ・FFWD(ファストフォワード)社のカーボンホイールです。
前後重量約1250g。
いつものカンパニョーロ・ゾンダと比べると約300gほど軽いでしょうか。
そしてチューブラーリム。

あ、チューブラーと言うのはですね、一般にママチャリなんかでよく見るタイヤと中のチューブが分かれているのが平たく言うとクリンチャー。
ワタシのゾンダもクリンチャーです。
で、チューブラーと言うのはチューブがタイヤに既に内蔵されていて、そのまま空気入れるとさもフラフープのような状態になるタイヤの事です。

その分軽量かつ乗り心地が良くなり、路面の衝撃によってリムがチューブを噛んで起こる「リムうちパンク」が原理上起こらない構造なのですが、いざパンクしたとなるとパンク修理の手段は無く、その場で使い捨てにせざるを得ないと言ったリスクが伴ないます。


まぁそれはいいとして。


早速タイヤ組んでホイール交換してみたのですが、フリー回転させてみると何とも言えない味のある音。
まぁ早い話、















めちゃめちゃ爆音。(笑)



これ大丈夫なの?と、ちょっと不安になったので、一度フリーハブを外してみると、
















b0040606_218523.jpg








全然グリス塗られてねぇ。(笑)




もちろんラチェット側も、
















b0040606_2110554.jpg







まるっきり油分ゼロ。





工場出荷時でこれなら問題ないのか?
いやいや、やっぱりグリス塗った方がいんじゃね?

と、しばらく自問自答した結果、
















b0040606_2111364.jpg





やっぱり塗っとく事にしました。
おかげで今では静かで上品なラチェット音になっております。(笑)









b0040606_2113051.jpg






そして付属品。
専用クイックスキュワーと、カーボン用ブレーキシューと、ディープリム用の延長エアーバルブ。
そう、カーボンリムなので、いつものアルミリムで使っているいつものブレーキシューは使えません。
万一使うと、アルミのスラッジがカーボンリムを傷つけ、致命的な品質低下につながります。


なので、ホイール交換時にはもれなくブレーキシュー交換作業もしなくっちゃなんです。あぁめんどくせぇ。(笑)







b0040606_2117155.jpg






めんどうってもシマノのブレーキはココのボルト緩めれば簡単にシュー交換できるんですけどね。








b0040606_2118610.jpg





あと、付属のホイールバッグ。
なかなか立派です。



というわけで、いつものカンパ・ゾンダ装着のピナレロ号ですが、









b0040606_21194833.jpg



b0040606_212078.jpg





FFWD装着でこんな感じ。
やっぱり印象結構変わりますね。

でもどっちがカッコいいかって話になると、個人的にはゾンダの方がいいと思うんですけど。(笑)


乗り味ですが、

まだ山のぼってません。

あくまで平地を走った印象ですけど、やっぱり軽さからくる加速の良さは感じます。
全体に軽くなってるので漕ぎ出しもいいですけど、重量分布がおそらくハブでなくリムに寄っているはずなので、スピード維持も遠心のおかげで悪くないかと。もちろんリム幅が45mmあるので空力による速度維持もゾンダより高い印象です。

そして何より、チューブラータイヤ使ったの私初めてなんですが、クリンチャーと比べるととてもしなやかで乗り心地がすごく楽。
かといってやっぱり一度パンクしたら・・・と言うコスト面を考えると、日常的に使うのはちょっと厳しいかな。
いつものライドは今まで通りゾンダ使って、いざ本気で走る時にだけ投入したいと思ってます。

それにディープリムなので横風の影響を受けやすく、一度街乗りで水戸街道走ってみたんですけど、車に抜かれるたびにホイールがふらついて死ぬかと思いました。(笑)
そういう意味でも普段使いをする気になれないですね。




というわけで、今シーズンのヒルクライムにはこのFFWD F4Rが大きな武器になるでしょう。
さぁ、山での実戦投入が待ち遠しい!!
















と思ったとたんにギックリ腰。




もぉ死にたい・・・(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-04-10 21:40 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

今回はお日柄もよく、久しぶりに100kmライドやってきましたのでそのお話を。
いや、ほんと久しぶりにがっつり自転車乗ってきました。

しかも自転車乗って、お花見です。

向かった先は、昨年もご紹介しました千葉県の北の果て、関宿城。
自宅から往復で約100kmと言ったところです。

江戸川サイクリングロードを延々北へ進むのですがこの季節、江戸川サイクリングロードはですね、

















b0040606_18224620.jpg





菜の花だらけ。








b0040606_18231282.jpg








果てしなく菜の花だらけ。




綺麗は綺麗なのですが、花粉症の方は画像見ただけで鼻がかゆくなるのでは・・・
ワタシは幸運にも花粉症とは縁がないのですが、それでもフツーにここ走って気がついたら花粉症・・・なんてシャレにならんな。(汗)そして飛び交う虫、虫、虫。

と、いうわけで、

















b0040606_18254671.jpg






まぁ~すぅ~くぅ~




いや、この季節の江戸サイにはマスク絶対必需品です。

まぁそんなこんなで自転車走らせることしばし。
関宿城へ辿り着く前にも、途中でこんなきれいな桜。
昨年もご紹介しましたけどね。







b0040606_1831154.jpg





埼玉県春日部市の庄和浄水場付近です。
見事な桜。道端には絵を描いたり、写真を撮っている方もちらほら。






b0040606_18323459.jpg





そして関宿城に到着。
思っていた通り、満開の桜。






b0040606_1834698.jpg







b0040606_18342330.jpg





いや、見事です。
さすがに見事な桜並木なので、車で訪れている人も多数。
駐車場も満車でございました。


ところで。







b0040606_18355667.jpg






これ、関宿町のセブンイレブンで見つけたポスター。
こんなお祭りがあるんですねぇ。

それはいいですけど、
















b0040606_1837380.jpg






関宿のゆるキャラ、やど助






・・・












だめだぁこりゃあ。(笑)





そんな関宿までの100kmお花見ライドでございました。









b0040606_1839986.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2016-04-06 18:46 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。


ちょっと前に、ベラーテっていうロードバイク紹介した時に私のピナレロをオーバーホールやりましたって話を少ししたと思うのですが、ピナレロ以前にオーバーホールしなくっちゃいけないモンがあるってのをすっかり忘れておりまして。


実は、ニュージーランドでワーホリやってた時に買ったMTBですけど、日本に持って帰ってまだ使ってたりします。お買い物とか街乗り用に。


で、ワーホリやってた時以来ですからここ10年以上メンテらしいメンテ全然やってねぇ。
自転車熱が復活した今、ようやくこいつもちょっと面倒見てやろうかと思いまして、オーバーホールやってみました。





ってゆーかオーバーホールどころかフルレストアのイキオイで。(笑)


徹底的にメンテする気満々のため、こんな姿になりました。
















b0040606_21155836.jpg





全バラ。

さらにここからスプロケ外し、ホイールハブ分解、ボルトとケーブル新品交換と、各パーツ錆落としの後グリスアップの上再組立てといったかんじで。


ところでいい加減オーバーホールやらにゃいかんなと思った原因が、フロントサスの不具合。
ロックアウトしたまま全く動かなくなりまして。







b0040606_2120751.jpg





ふつうこの下にあるボルトを外せば分解できると思うのですが、回せどまわせどボルトが外れる気配なし。

「こりゃ中でボルト折れてそのまま引っかかってるな。」

と思ったわけで、つまり完全にぶっ壊れてます。


それじゃ新しいフロントサスをヤフオクあたりで・・・と思ったのですが、よく考えると壊れてサス動かなくなったまましばらく乗っていたわけで、つまりフロントサス交換するんだったら、







別にサスじゃなくてもよくね?





というわけで、街乗りにしか使わないからサスいらんし、ぶっ壊れないし、重量が全然軽くなるし、何より安価という理由でリジッドフォークに換装してみました。












b0040606_2127325.jpg





これがヤフオクで仕入れたアルミ製リジッドフォーク。確か5000円くらいだったかと。
何の変哲もないMTB用フォークですが、今までのサスが単体2.1kgだったのがこれが700g。大した軽量化です。
それでいて当然ながら実用に耐えうるであろう強度も充分にありそうです。










b0040606_21302242.jpg







早速組み付けている途中。

ところで最近は見かけだけの安物MTBでもフロントサス付のものが多いですが、はっきり言って本格的に山道でクロスカントリーやダウンヒルなどやらない限りはサスペンションなんてあんなもん飾りです。(笑)

路面の段差とかでサスが動いて衝撃吸収している様を楽しむだけのものっていうかね。

そんな衝撃くらい自分の腕の動きで吸収しましょう。
それよりもフルリジッドである事のダイレクト感や車体の軽さの方が街乗りでは楽であると言う事です。




何よりサスフォークからリジッドに変えることで圧倒的にぶっ壊れる部品が減ります。


それはいいとして。
そんなわけで改めて組みなおし、フルオーバーホール完了。











b0040606_21392582.jpg






組みなおす前と比べると、もぉ全然ぺダリング抵抗も転がり抵抗も別モノかと思うくらいに軽くなりました。
言い換えればそれだけメンテ怠ってたと言う事なんですけどね。

10年選手のアルミフレームMTBですが、こいつにもまだまだ頑張ってもらおうかと思ってます。


というわけで、
















b0040606_21423684.jpg







なぜかオレんチには自転車が3台あるということなんですけど。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-12-22 21:51 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

最近そういえば長距離走ってないなーと、ふと思いましてね、もちろん自転車のお話なのですが。

まあその長距離っても私の基準として100kmくらい。
知らん人からすれば自転車で100kmって信じられん世界だと思いますけど、ローディーにとって100kmライドくらいよくやる人はたくさんいると思います。

で、ライド距離100km作ると言ってもどこ行こうかってコトになるのですが、信号とかの邪魔がないサイクリングロード走るのがやっぱり快適。

というわけで、荒川サイクリングロードを延々走り、一度訪れたことのある埼玉県日高市のサイボクハムまで肉食いに行こうと思いまして。
















b0040606_21111466.jpg





片道55km、自宅から自転車で2時間半くらいでサイボクハムに到着です。
そして消費したカロリーそのまま摂取。
















b0040606_21132412.jpg






豚肉オンパレード。
そしてサイボクハムにはご当地狭山のお茶売りブースもありまして、











b0040606_21143642.jpg






b0040606_2117384.jpg





ソーダよりは健康的かなと。(笑)



但しこれらに飽き足らず、
















b0040606_21182561.jpg






豚テキ丼まで頂く始末。
いいもん、どーせ帰りも自走だし。(笑)



ところでここサイボクハムでこんなの見つけたのですが、
















b0040606_212138.jpg








これで写真撮りたいヤツいるのか?(笑)





まぁそんなこんなで独り肉食いに行くぞライドをやってたわけですが、この日の走行距離久々に100km超え、120kmでございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-12-19 21:38 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

前回の日光サイクリングの続きです。

龍頭の滝でおそば食べた後、Yさんに連れられて向かった先は、とある林道。
ちなみに、「あまりたくさん人が来られるとヤなのであまり紹介するなよ。」とか言われましたが、このブログ読者の数なんて超たかが知れてるんで全然問題ないす。(笑)


で、そのとある林道ですが、一般車両は通行不可。
徒歩か、自転車でないと入れない場所だったりします。
そのせいか、路面の舗装も綺麗なうえに、自分が走っている道路以外、あたりに見えるのはほとんど手付かずの自然の風景のみ。














b0040606_22484340.jpg





b0040606_2249437.jpg





b0040606_22492451.jpg






林道の長さは10kmと無いくらいのものですが、綺麗な路面、周りには自然いっぱい、、そしてちょっとしたアップダウンもあり、まるでサイクリストにはパラダイスのよーな場所です。







b0040606_22511783.jpg






b0040606_22513241.jpg






これは美しい・・・

















b0040606_2252612.jpg







あ・・・




と、この看板見てYさん、











熊は見たことないけどこの前走った時には鹿見たよ。











マジか!!





さすが自然いっぱいなだけあって、熊も鹿も辺りには潜んでいるらしい。
用心に越したことはありませんな。













b0040606_2255781.jpg





b0040606_225522100.jpg






美しい景色を眺めながら自転車を走らせ、辿り着いた先はこんな風景。









b0040606_22563150.jpg





いや、絶景。





b0040606_2257164.jpg





冬も近い時期なのでどこか物寂しげな感じ。
紅葉の時期とか、夏場なんかだともっと華やかな風景を見ることが出来るのでしょう。
それでも、こんなきれいなサイクリングロードだったらいつでも走りに行きたい。
そんな大自然を満喫した日光サイクリングでございました。





b0040606_22594494.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2015-11-21 23:04 | じてんしゃ。 | Comments(0)