ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

カテゴリ:じてんしゃ。( 117 )

はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

7月になり、心機一転ブログタイトルと背景リニューアルしてみました。
別に7月になったってのは全然カンケー無いですけどね。
ただ飽きてきただけ。

これからも仕事以外には妥協を許さず己が興味のみを追求して生きていく所存です。(笑)


さて、それはいいとして。

今回もまた、相も変わらず自転車でお出かけのお話なんですけどね。
埼玉県日高市に、

サイボクハム

という場所があるのをご存知でしょうか。
まぁ名前の通りハム屋さん、ってゆーか基本は豚肉工場なんですがね。
ところがここ、ただの工場とか直販店といった風情を通り越して、なんでも






食のテーマパーク。



くらいの勢いらしいんですよ。
ウェブサイトにも堂々と、

「本物の食」の提供を通して、食と健康のユートピア(=ミートピア)を創造するということ。

と銘打ってますから、ハンパないやる気。
というわけで、行ってまいりました。自転車で。

















ウチから片道60kmありますけどね。(笑)





先日榎本牧場行った時みたいに、今回もおなじみの荒川サイクリングロードを国道16号にあたるまで進みます。
















b0040606_18353247.jpg





国道16号からは荒川を離れ、川越方面へ。
そこから県道15号線に入り、あとはほぼひたすらまっすぐ。
















b0040606_18375570.jpg





ようやく日高市までやってきました。
ここまでくれば、サイボクハムまであと一息。








b0040606_18384016.jpg







そんなこんなで、到着です。
















b0040606_18392128.jpg







埼玉種畜牧場・サイボクハム



埼玉県日高市下大谷沢546



さすが「食のテーマパーク」。平日にもかかわらず、なかなかのにぎわい。

お肉の直売店はもちろん、レストラン、フードコート、野菜直売所やお子様の為の遊び場や、果ては温泉まで完備。
ここまで来るとホントにテーマパークの風情です。
















b0040606_18435875.jpg






こちらは野菜の直売所。






b0040606_18451086.jpg






文字通り、「生産者の顔」が見える野菜を買い求めることが出来ます。
品質への自信の表れですね。

















b0040606_18463898.jpg







こちらはレストラン。
とんかつ、グリルはもちろん焼き肉・バーベキューまで楽しめるらしい。
ですが私は、レストランよりこっちがお目当て。
















b0040606_18494910.jpg






屋外フードコート。




b0040606_18514276.jpg









いーわー、めっちゃうまそうやわー






というわけで、実物のお料理は次回に続く。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-07-01 18:56 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。


今年の3月末に、自転車で関宿城まで行ったはいいが休館日だったお話したと思うのですが、先日再訪してまいりました。


言わずもがな、関宿城は江戸川サイクリングロードの北の果て、千葉県最北端に位置するわけで、ワタクシの自宅から45kmくらいあります。

今回も、自転車で片道二時間の一人旅。
今度はちゃんと営業日だってことも調べた上での訪問です。


















b0040606_21221629.jpg





お久しぶりの関宿城博物館。
ところが実は









館内撮影禁止だとよ。







そんなオチかよ。


ひととおり展示物見て回ったけど撮影禁止でなければならない理由なんて全然見当たらねー。(笑)


とりあえず最上階からの展望だけは写真に収めときました。

















b0040606_21252055.jpg







中央の川(これ利根川。)が画像で見て途切れている部分が千葉県最北端の地です。



まぁ、2度目と言えどここまで自転車で来たという感慨はありますが、また来るとしても博物館にもう用はねぇ。



ところで、この関宿城博物館の奥にちょっとした公園があるのですが、行ってみるとですね、

















b0040606_21283342.jpg







なにこのシュールなオブジェ。

















b0040606_212952.jpg








シュールすぎて俺ビビる。




そんな関宿城博物館。特に江戸川とか利根川あたりにお住いの自転車乗りという超狭い範囲の方々にしかおススメできませんが、なかなかオツな場所でございます。


興味のある方だけよろしければ足をのばしてみてくださいな。










b0040606_21324934.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2015-06-23 21:36 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。

さて、東京都舗装路最標高地点の風張峠を制覇した後は、当初の目的地だった都民の森まで下って一休み。
















b0040606_19174583.jpg






天気がいいと気持ちいーねー♪











b0040606_19182892.jpg





b0040606_1919148.jpg




2013年国体マスコットキャラクターのゆりーと君もお出迎え。



そうしてゆっくりと売店で購入した、

















b0040606_19212041.jpg




ソフトクリームと、








b0040606_19214627.jpg






なぜかカレーパン。


風張峠から少し下ったここ、都民の森からの風景もなかなかのもの。









b0040606_19225647.jpg






さて、そろそろ武蔵五日市に戻らないとです。


その途中、旧料金所跡の注意書きの看板。

















b0040606_19241795.jpg






けがをしますと病院に収容されるまで約2時間かかります。



これってつまり、

















アンタ死ぬから。





って言ってるよーなもんですな。(笑)

気を付けて下りましょう。


さて、ようやく檜原村まで下りてきました。ここでもちょっと寄り道。

















b0040606_19274526.jpg








手作り檜原とうふ・ちとせ屋



ここは手作りの豆腐の他に、豆乳ソフトクリームとか、おからドーナツなど豆腐スイーツが大変美味しいと聞き、せっかくなので立ち寄ってみました。

ソフトクリームは都民の森で他の食べちゃったので、おからドーナツを所望してみましたが、
















b0040606_19302148.jpg






外はかりかり、中はしっとり。







これは美味い。



原材料ももちろん大豆ですし、とってもヘルシーなおやつですしね。

今度来たときはソフトクリームいただきます、絶対に。



というわけで、そんな奥多摩ヒルクライムを楽しんでまいりましたとさ。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-06-12 19:34 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。

奥多摩ヒルクライムの続きです。

前回ご紹介した上川乗の交差点。


















b0040606_20525075.jpg






ここから都民の森が本気を出してきます。とお話しましたが、

















b0040606_20533658.jpg







交差点過ぎて10メートルでいきなり繰り出されるえげつない斜度のウェルカム激坂。(笑)



ここからは斜度の緩急はあっても基本ずっと登ったまま。

軽いギヤで耐えながら、そして時にはダンシング(立ちこぎ)も交えながらの都民の森との戦いが続きます。

















b0040606_20593580.jpg







上川乗り過ぎてからのメジャー休憩ポイント、数馬の湯を通過。
ここまででも斜度10%の急勾配もあったりして。
















b0040606_2104417.jpg







更に上ったところの旧料金所跡もクリア。

ここまできたら都民の森まではあと4km位。
ところがここからが都民の森の

鬼区間

と言われるラストステージだったりします。

旧料金所を過ぎたらあとは都民の森までノンストップの10%勾配。
ギヤをインナーローに落としてゆるゆると進みながら、この試練が終わるのをただひたすら耐えて待つのみ。

そうしてやっとこ都民の森が見えてきました!!

















b0040606_2163138.jpg









都民の森到着!!

















と こ ろ が 。






到着したものの、まだ足は残っている感じ。
このままのペースを保っていけば、


風張峠まで行けんじゃね?


というわけで、都民の森スルーしてもうちょっと頑張ってみた。(笑)



とはいえ相変わらずインナーローのゆるゆる登坂。
初心者にはちょっと過酷な試練(自分で勝手にやってるだけだがwww)を乗り越えた後に、

















b0040606_21114538.jpg










b0040606_21121052.jpg







風張峠制覇!!




「東京都で一番高い道路  標高一一四六米」の文字が達成感を助長します。


もちろんここまで足つきなし。
言っとくけど写真は下ってる時に撮ったものですからねマジで。


で、どのくらいの時間がかかったのかというと、



都民の森までのラップタイムが1時間12分30秒。
風張峠までのトータルが1時間26分42秒。


当初、都民の森がゴールのつもりでスタートした時は、「とにかく足つきなしで、タイムは1時間30分くらいで登れればいーや。」

と考えていたので、思ったより速かったです。

でも速い人は都民の森まで1時間余裕で切るらしいですからね、まだまだ修行が必要と言う事。
まぁ初心者と言う事で・・・でも、
















b0040606_21192964.jpg






風張峠から見える景色に、










どーやって登ってきたんだろオレ。



と、ちょっと苦笑い。


さて、奥多摩制覇したところで、改めて下りで都民の森寄って帰りますか・・・




続く。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-06-09 21:27 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。


最近はもぉ毎度のごとく自転車のお話になっておりますが、本日も自転車がらみのお出かけのお話です。

以前、冬から春に変わろうかという頃に、奥多摩周遊道路をドライブしに行ったお話したと思うのですが、実はあの奥多摩ドライブは、

















この日のための下見に過ぎなかった。




そうです。今回のお話は、

















奥多摩ヒルクライム。




車で檜原街道~奥多摩周遊道路を都民の森付近まで走った時には、軽い絶望感を感じたものです。

「これ、ここまで自転車で登るのかよ・・・」と。


しかし、都内でロードバイク乗っている身としてはいつかは挑戦したいと常日頃思っておりました。

江戸川サイクリングロードでのいつもの走りも、筑波山ヒルクライムも、言うなれば前回の榎本牧場ライドも、全てこの為の練習だったと言っても過言ではないでしょう。
つまり今回の奥多摩ヒルクライムは、
















ロード人生半年間の集大成。



キャリア短けぇ。(笑)
















b0040606_20154338.jpg






というわけで、武蔵五日市駅前です。
もちろんここまでは車に自転車積んでいきました。
自宅から自走して奥多摩ヒルクラなんてやったら夜が明けるどころかその前に死んじゃいますから。(笑)



ここからまずは、檜原村役場を目指します。
















b0040606_20182337.jpg






武蔵五日市駅周辺はこんな閑静な住宅街ですが、









b0040606_20185813.jpg






もほんっとに少し走っただけで自然の中へダイブ。檜原村まででも少しだけ登り基調ですが、全く穏やかなのでほとんど平地と何ら変わりなく、非常に平和なサイクリング。







b0040606_2021127.jpg






自然の風景を楽しみながら自転車漕ぐことしばし、「あれ?もう着いちゃったの?」くらいな感覚で檜原村役場到着です。









b0040606_20223786.jpg




武蔵五日市駅からここまでおよそ9km。
足慣らしにちょうどいい。
そして村役場のすぐ先にある交差点。







b0040606_20234961.jpg






ここを左に曲がったところから、ヒルクライムのスタートです。

ちなみに数字で表すと、檜原村役場が標高約260m、都民の森が約980m。
そして距離にして約20km。
20kmの間に約720mを登ることになります。
ちなみに奥多摩周遊道路は都民の森が頂上ではなく、更に3km位のぼった風張峠(標高1146m)が最も高い場所。その風張峠は






東京都の舗装路での最標高地点になります。





ただ、筑波山の不動峠が4kmで300m登ることを考えると、20kmで720mというと、斜度としては幾分穏やかな感じがしますね。
実際不動峠のようなパンチのある一瞬の激坂区間とかは無いし。

ですが。

この都民の森の恐ろしさは、とにかくその距離。
一撃必殺ではないものの、少しずつじわじわと、そして確実にクライマーのスタミナを奪いに来ます。
しかも前半区間は少し上ったかと思えば緩やかに下り、そしてまた少し上って・・・の連続。

というわけで、村役場の交差点をスタートしたワタクシのゴールまでの目標はズバリ、










足をつかないこと。




まったくの初心者なので、一応タイムは計りますが、目標設定して途中あわてても仕方ないので確実に登り切れるかどうかが肝心です。
あ、でも途中工事区間で交互通行の場所とかもあるので、その為のウェイティングはノーカウントと言う事で。


実際こうやって自分で登る前に、ウェブサイトなんかで情報収集はしておりました。
話によると、スタート地点からしばらくは先ほどお話した通り、少し上ったら少し下って・・・の連続。それが8km地点くらいの「上川乗」という名の交差点まで続き、それを過ぎた時から一気に斜度が上がる。とのこと。

なるほどその通り、序盤は登っては下り、登っては下り。
下りでスピード出したくなりますが、登りにエネルギーを使うため、下りは惰性でパワーセーブ。



そしてやってきました上川乗交差点。

















b0040606_2048162.jpg







これを右方向に向かったところから、都民の森が本気を出してきます。


そのお話は、次回に続く・・・(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-06-05 20:56 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもこんばんわjpslotusです。


前回ご紹介した埼玉県上尾市の榎本牧場サイクリング。
実はもうちょっと続きがあったりします。

















b0040606_20454578.jpg






榎本牧場裏手に流れる荒川。
下流域と違って自然の美しさにあふれています。

こんな風景をぼんやり眺めていたら、ふと気が付いたんですよ。

「そーいえば、せっかく上尾に来たんだから去年、昭和の自販機めぐりで行ったオートパーラーAGEOとか、もしかしたら近いんじゃね?」


というわけで、スマホの地図で調べてみたら、

















近かったwww





近いっても4~5km位の距離はありましたが、ここまで来てての4~5kmなんてほんのついでの事などと、自転車に慣れてからもはや距離感おかしくなってます。(笑)

















b0040606_20525747.jpg







というわけで、到着しましたオートパーラーAGEO。
相変わらず稼働台数半分のゲーム機に閑散とした店内がいかがわしさを醸し出していてとっても素敵です。

















b0040606_20545556.jpg






お、まだまだ現役だねぇ。

というわけで、

















b0040606_20553023.jpg






天ぷらそばに瓶コーラ。
昭和な気分を今年も満喫。ちなみにお味は美味しいワケがありません。(笑)

















b0040606_20565938.jpg







もう一品。
コンビーフのトーストサンド。
焼き上がりほやほやのトーストサンドを包むアルミホイルが殺人的に熱いのも相変わらず。(笑)






こうして牧場兼昭和の自販機ライドを楽しんだわけですが、この日の走行距離はしめて108kmでございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-06-04 21:03 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。
実は連休でした。(笑)


さて、この連休に、ではなく、先日のお休みもお出かけしておりまして。
最近はお出かけ先にもまず、「適度な距離を自転車で走れること。」が第一条件に上がるほど自転車な生活になっておりまして、今回はどこへ行ったのかというと、

















埼玉県上尾市。




自宅から片道50キロはあります。
自転車に興味ない人からすれば、

片道50キロ自転車ってアホだろ、車つかえクルマ。

と思われるかもしれませんが、1日100キロライドなんて慣れている人にとっては当たり前の世界だったりします。
もちろんボクは初心者なので、これでもちょっと思い切って距離作ってみた感じですが。


で、上尾まで自転車で行くわけですけど、ルートは先日埼玉県戸田市の、彩湖・道満グリーンパークへ行った時と同じく、荒川サイクリングロードを延々往きます。

グリーンパークまでは全く同じ道筋。
そこから先は当然私にとって全くの未開の地。

















b0040606_1942462.jpg







こんなゴルフ場わきの細い道を通ると思えば、

















b0040606_19432574.jpg









ある時はこんな、田園地帯。(笑)




一応上尾も首都圏近辺のはずなんだが。。。




地図はあらかじめ確認して出かけてますが、ほんとーにこの道でいいのかよ。。。
と思いながらも自転車こぐ事しばし。

ようやく目的地に到着です。
その場所とは、


















b0040606_19462629.jpg








榎本牧場



埼玉県上尾市畔吉736-1





実はここ、なぜだか荒川サイクリングロードを走る人たちの憩いの場と言われているらしく、私が到着した時にも何人かの先客ローディーさんがおり、そのあとも入れ替わり立ち代わりで自転車乗りの姿が途切れません。

まぁ確かにサイクリングロード沿いの施設としては上下区間の距離からして絶妙な位置にあるのかなと。



そんな榎本牧場。もちろんそこには牛さんの姿が。


















b0040606_1952937.jpg







ただいまお食事中。

















b0040606_1954458.jpg






素朴でかわいいミニブタさんもお客さんをお出迎え。

そんな榎本牧場ご自慢の一品が、もちろんこれ。

















b0040606_19551537.jpg





お手製ジェラート。
欲張ってダブルで頼んじゃいました。
バニラと生チョコフレーバー。


先日、イオン幕張で食べた成田ゆめ牧場のアイスもいいですが、こちらも負けずに美味しい。
ってゆーかね、世の中で一番アイスの味に詳しい人種って多分ローディーだと思う。(笑)

そんな榎本牧場ライドを楽しんだ一日でございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-05-28 20:03 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですどうもこんばんわ。

自転車趣味も少し本格的になってまいりまして、最近は片道17キロの通勤もたまにやってたりしますし、休日にサイクリングする距離も少しずつ長くなってきました。

で、乗ってる距離が長くなるにつれ、自転車のパーツについてなんとなく色々な事が気になってきます。
で、その中の一番の問題ですがね、



















ケツ痛ひ。(笑)




もちろんパッド付パンツはいて乗ってはいますが、何時間も乗ってると確実に痛くなるのでこれは何とかしなくっちゃだわなわけですよ。

というわけで、サドル交換してみました。

















b0040606_20415876.jpg





これ、フィジークというサドルメーカーのアリアンテというモデルですがね。
このフィジークというメーカーは老舗のセライタリアやらサンマルコやらというメーカーと比べると歴史は浅いですが、色々と画期的なサドルを次々に発表しておりまして、今やプロ選手にも圧倒的支持を得ているメーカーでございます。

で、このアリアンテというモデルですが、「体のかたい人向け」らしいのですが、ライダーの体重をサドルのシェル全体に分散し、なおかつ同じくらいの重さのサドルと比べるとパッド量が圧倒的に多く、「ソファーのような乗り心地」などと評価の高いサドルらしいです。
















b0040606_2048391.jpg






今まで使っていた純正のサドルと比べると、形状の違いは一目瞭然。
サドル面が丸くなっているおかげでお尻の骨が当たる個所の圧力をうまく分散してくれます。
















b0040606_20511924.jpg






これ裏面。
レール取り付け部分が独特な形状してます。
これも重量の分散に貢献しているのでしょう。
このレール自体も「キウム」と言われる合金で、フィジーク社がサドルの為だけに開発した合金です。
もちろんカーボン製レールもあるのですが、耐久性と「しなり」が欲しかったし、何よりカーボン製は高価ぇ。

ちなみにボクこれ16000円でご購入。
これだけでもイオンのママチャリより高価ぇ。(笑)


して、効果の程ですが、「ソファーのような乗り心地」というのはいささかオーバーですが、確かに全然違います。すっごい快適。
でもやっぱりまだちょっとおしりまわりが気になることは確か。

















b0040606_2122864.jpg







良いサドルだと思うし、多分ボクに合っていると思うので、あとはサドル位置の問題かと。
ウソだと思われるかもしれませんが、自転車乗るときのポジショニングってほんの数mm違うだけでも快適性とか変わる時ってありますから、少しずつ調整して自分にあったポジションもう少し追求していこうと思います。
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-05-27 21:05 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


先日、筑波山へヒルクライムしに行った事をお話したと思うのですが、実は、

















性懲りもなくまた行ってきました。(笑)


とは言え同じ話題を同じようにお話してもつまらないので、今回は山登りのお話ではなく、こちらのご紹介。
















b0040606_2114243.jpg








彩食工房 ひるくらいむ



茨城県つくば市北条1410




不動峠入り口、北条大池の湖畔にありますカフェ。
もぉお店の名前からして

自転車乗りさんいらっしゃ~い♪

的なお店であることは確か。
入り口前にも当然バイクラック完備です。

で、お店の中はまず玄関で靴を脱ぐところから始まります。
そりゃそうだ。ビンディングシューズのクリートで綺麗なフローリングがしがし傷つけられても困るもんね。

で、筑波山登ったあとの遅いお昼ご飯にしたのですが、ランチセットやらなんやらメニューある中、私はカレーを頂きました。

















b0040606_21823.jpg







なんていうかね、これがもぉね、運動した後に食べるゴハンと言う事を差し引いても、

















超うめー♪





おまけに「自家製ピクルス付き」だったのですが、ワタクシ漬物嫌いなため、申し訳ないけど

「ピクルスは抜きで・・・」

とお願いしたら、ピクルスの代わりにとオレンジを添えていただきました。
このささやかな気遣いがうれしいですね。

それと、同時に頼んだアイスコーヒーが、

















b0040606_2111543.jpg






グラスでなく焼き物で出てくるところがオシャレ。

極めつけに食後、「これ良かったらデザートにどうぞ。」と差し出されたのが、プロテイン入りシリアルのキューブ。


間違いない。ここはまさしく、

















ローディー憩いの場。




なんていうかね、筑波山登るときはもれなく立ち寄ることに決めました。
いや、むしろこの店また行くために筑波山登ります。(笑)


今度行くときは不動峠ヒルクラ5本くらいやって完全クライマー気分になってから乗り込みたい所存です(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-05-25 21:21 | じてんしゃ。 | Comments(0)
はいどうもみなさんこんにちわjpslotusです。

こんな時間に更新と言う事は、もちろんお休みです。
しかも天気よくないし。

それはおいといて。

最近はまりにハマっているロードバイクですが、パーツ変えてみました。
車と同じく、まずはここから。

















ホイールです。




ですがロードバイクのホイールというと、クルマみたいにドレスアップ程度なんてノリのホイール交換の概念など皆無。
己の力のみが出力の自転車ですので、良いホイールの定義としては軽量・剛性・高効率がすべて。
もっともそれを突き詰めるとそりゃぁもぉ知らん人が聞いたら卒倒するようなお値段になったりするんですけどね。

もちろんそんなお金の余裕は私には御座いませんので、身の丈に合ったホイールを探していたわけですが。

で、現状のホイールは、シマノ・R500というホイール。
いわゆる超スタンダードでして、単品で買うと1万~2万円くらいのもの。
その代わりフロント・リヤ合計の重量は2キロくらいあって、ロード乗りの間では、








鉄下駄。



と呼ばれて親しまれてます。(笑)

低~中価格帯の完成車にはほぼ標準装備的なホイールなので、
「どうせみんな買ったらホイール交換するんだろ?」
くらいのノリで自転車メーカーもチョイスしているパーツかと。


というわけで、そんな鉄下駄から履き替えたのが、これ。

















b0040606_14343319.jpg









カンパニョーロ・ゾンダ




自転車のコンポーネントでは日本のシマノ・アメリカのSRAMとシェアを争うイタリア・カンパニョーロのミドルグレードホイールです。


重量はペアで1600グラム弱。
単純計算で400~450グラムくらいの軽量化になります。
たかが400グラムと思うなかれ。ただでさえ軽いロードバイクの更に400グラムと言う事、しかも慣性質量で大きな差が出るホイールと言う事は、それだけで劇的に乗り味が変わってきます。








b0040606_14415673.jpg






こちら、R500との比較・フロント。
右がゾンダ、左がR500。
スポーク本数と、リムの薄さが確かに軽そう。









b0040606_14444683.jpg





こちらはリヤ。
今度は右がR500、左がゾンダ。
スポークの組み方が全然違いますが、ゾンダの方がG3という独特な組み方をしています。
これはホイールの右側と左側で均等にエネルギーを推進力に変える計算のもと開発されたそうで。
まぁそんな理論は抜きにしてもゾンダの組み方かっけぇぇ。(笑)


して、軽さも違いますが、それ以上にハブベアリングの性能がいい。
前輪持ち上げてちょいと手で回してみたらR500とは比べ物にならないくらいよく回ります。
実走行中も惰力で進む距離が長く、登りも今までよりずっと軽く進みます。
かと言って上りが楽になるわけではない。(笑)

ちなみにこれ、安売りしているサイトで5万円でご購入。
5万でこの性能なら大満足です。
何十万もするのなんて買えないしね。

というわけで、私のピナレロですが、

















b0040606_14542739.jpg





これから、





b0040606_1533097.jpg







こうなりました。

パッと見あまり変わり映えしませんが、性能の変化は劇的そのもの。
確かに大満足なのですが、こーやってハマっていくと、いずれすぐ


「もっと性能のいいホイールねーかなー?」


とか考えていきそうな自分が容易に想像できて、

















スゲー怖いです。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-05-12 15:03 | じてんしゃ。 | Comments(0)