ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

世界遺産ヒルクラ2017。

はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

ココ何回か長い事、今夏の遠征のお話を連発しておりますが実はまだあります。(笑)
今回は、一昨年、昨年に続き今年も行ってまいりましたと言うお話です。年に一度の集大成と位置付けております、







富士スバルライン。




もちろんあの富士山五合目まで続く道路の事です。
毎年6月にMt富士ヒルクライムという自転車の東京マラソンともいうべき大イベントが開催されるんですけど、私はそのイベントには仕事の都合上参加できないので、夏場のマイカー規制期間中に単独でタイムアタックする事を自分的に毎年最大の目標としております。

ちなみにMt富士ヒルクライムでのチャンピオンクラス最速タイムは1時間を切るくらい。そんなタイムもはや超人の域です。

で、一般ライダーがおおむね目指すタイムが1時間半。
実際イベントでも90分を切ったライダーにはその称号としてブロンズカラーのリング(コラムスペーサーと言うパーツ)が授与されます。
全参加者のうち90分を切れるのはおよそ30%くらいだとか。

ちなみに75分以下ならシルバー、65分以下ならゴールドのリングがもらえるらしいです。まぁごく一握りのエリート向けですな。

というわけで、ワタシも毎年1時間30分切りを目標にしているわけですが、2年前は1時間42分、昨年は1時間41分と全く1時間半に届く気配なし。(笑)
それでもいつかは90分を切ってやろうと思いながら、今年もやってまいりました。

スバルラインの麓まで車に自転車積んで高速道路すっ飛ばし、毎年の富士北麓駐車場へ。
そこからまずはスタート地点のスバルライン料金所へと向かいます。










b0040606_18144649.jpg







目指す先は、頂上どころか山肌も全く雲で見えねぇ富士山五合目。
ちなみに料金所まで向かう道も、そこはかとなく登ってるので。








b0040606_18165257.jpg





ほらね。
戦いはスタートの前からもう始まっている。(笑)

さて、駐車場からぼつぼつ走って10分くらいのところで、料金所に到着です。








b0040606_18184027.jpg






ここで通行料(自転車200円)を払ったら、タイムアタックスタートです。

昨年もお話したかもしれませんがこのスバルライン、終点の五合目まで距離およそ24km、高低差1300mの山道。
特性としてはスタートしてから1~2合目までが平均して斜度がきつく、それからは緩斜面も織り交ぜた山道が延々続くと言った感じなので、実は2合目までを何とかやり過ごしてしまえば初心者でも何とかなる程度のモノだったりします、ただ距離が超長いだけで。





b0040606_18233236.jpg





これがスタートしてすぐ。確かにきつい。





b0040606_1824136.jpg




ゴールはまだはるか20km先。





b0040606_18245638.jpg





一合目通過。

この時に気がついたのですが、昨年まではバイクが以前のピナレロでノーマルギヤ。
今回は軽量のキャニオンにロークロスのギヤ(スプロケ)を使ったのですが、なんかすごくリズムが良い。
ギヤ比がスバルラインのコースにバッチリ合っていたかもしれません。
結果的に最後まで一番軽いギヤ使わずに走り切ってたし。
なのでこの時ふと思いました。










これいけんじゃね?(笑)





とは言えここで頑張って後半へたってはどーにもならないので、ペース配分考えながら我慢して進みます。






b0040606_18312912.jpg




今年も来ました、3合目直前のオレ命名:ココロもっきりストレート。(笑)








b0040606_18322759.jpg





4合目直前の大沢駐車場前。
残りあと6kmくらいでしょうか。
疲れは少しづつたまって行きますが、淡々と一定のペースを刻んでいたせいか、まだまだいける。
そして残り2km位でほぼ平坦のストレートがあるのですが、ここでスパート、40km近いスピードでかっ飛ばし、5合目直前400mくらいのバス駐車場7%区間を最後の根性で登り切ります。

そしてようやく・・・













b0040606_18364840.jpg








五合目とったど~!!(3回目。)





して、肝心のタイムは。。。

















b0040606_18374276.jpg








45秒、よんじゅーごびょー!!




なぜあと45秒がんばれなかったか・・・
昨年より10分以上もタイムは上がってますが、機材が変わったのも大きいし、自分も三本ローラーとか乗ってちょっとは鍛えられてるとは思うんですけど、45秒・・・












くやしぃー!!超くやしー!!




とは言え年に一度と決めているのでまたすぐに再チャレンジは自分の中で認められません。
この45秒を背負ったまま、また一年精進を重ねようと思います。

ちなみに1時間30分45秒でも、人に聞かれて「スバルライン一時間半で登りました。」とは言いませんからね。1時間31分です。
ここでは1時間30分ジャストと1時間30分1秒では意味が大きく違いますから。


しかし到着した五合目、昨年から更に輪をかけて、
















b0040606_18451622.jpg






人多すぎるだろ。



標高2300mですよここ。
そんな高地でこんなに人が多いのはココかメキシコシティくらいなもんだろ。(笑)










b0040606_1846525.jpg





というわけで、富士山メロンパン食ったらもう五合目に用はねぇ。
そそくさと下って車に自転車を戻し、毎回恒例の甲州ほうとう・小作でお昼でも・・・














小作激混み。




もぉ駐車場にすら入れないくらいに激混み。
なので小作の向かい側にある、








b0040606_18491068.jpg







ほうとう不動で今回はおひるごはん。












b0040606_1850976.jpg







・・・


なんか、











小作が激混みの理由が分かった気がする。(笑)




いや、不味くは無いのだが、やっぱり小作と比べるとそーとーレベルが落ちると言うか。



とにかく、今年のスバルラインクライム、以前より10分以上も速かったことは嬉しいですが、とにかくあと45秒で90分切り。
この45秒、来年こそ絶対に打ち破ってみせると固く心に誓ったそんな年に一度のイベントでございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-09-05 19:01 | じてんしゃ。 | Comments(0)