ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

Hellクライム。②

前回の富士あざみラインクライムの続き。

最大斜度20%を超える馬返し区間を、まさに歩くようなスピードで自転車を漕ぐワタクシ。
それでも絶対に足つきだけはしたくないと言う意地だけが前に進むエネルギー。
















b0040606_12541061.jpg






地獄だ・・・




いや、まさに地獄。こんなんで11kmも道作ってるって、階段であるべきだろこんな坂。
ってゆーかエスカレーター作っとけ!!(笑)


もうここまで来ると、あまりのキツさに登りをまっすぐ進めません。
車通りがほとんど無いのをいい事に、道幅いっぱい使ってジグザグと蛇行しながらこの急斜面をひたすら耐えに耐えるワタシ。

もはやヒルクライムやっていると言う気分ではありません。
あえて言うなら自分との闘い。(笑)








b0040606_1331620.jpg






本当に歩くようなスピードで登り続けて、こんな感じの路面になったらゴールはもうすぐ。
相変わらずの激坂をあと少し、とうに限界は超えてますが、ここまで来たらもう何が何でも最後まで登り切ってやる。。。




そしてついに。

















b0040606_138381.jpg








あざみラインとったどぉおぉ~~~~!!!





どうだ見たか!!
シロートなら足つきなしで登るだけでも大変と言われるあざみライン、なんとか完登を果たしました。
今回ばかりは自分を褒めてあげたいです。いや、マジで。





あざみライン5合目の登山道入り口にある休憩どころ、菊屋にて。









b0040606_13121651.jpg






こけももソフトがカラダにしみる・・・

そして菊屋さんの名物ともいえるおもてなし、












b0040606_13132790.jpg






このシイタケ茶おいしい。
まぁソフトクリームとは全く合いませんが。(笑)




そうこうしながら休憩する事およそ20分くらいでしょうか、馬返しの激坂に耐えきれず自転車を降りたTkさんがゴールに到着。
聞くと結構押し歩いたそうですがそれでも20分遅れと言う事は、いかに私が走っていた速度もまるで歩いているくらいだったのかが分かると言うものです。

ちなみに私のタイムがジャスト90分。
ココでのレースの優勝タイムってその半分以下らしいですよ、プロ選手ってほんとバケモノですわ。


あ、ちなみにあざみラインクライム言い出しっぺのMさんは序盤でとっくに足つきまくってたらしいです。(笑)



しばらく菊屋でまったりして、来た道をゆっくり慎重に下ってスタート地点に戻ります。
その前に。
















b0040606_13244639.jpg





せっかくなのでここでもお決まりのとったどポーズ写してもらいました。(笑)


と、デポ地の道の駅まで戻って自転車を車に積み、近くの温泉入って帰りました。
ちなみにお昼ゴハンにラーメン頂いたのですが、










b0040606_13273246.jpg





白虎というラーメン屋さん。
富士山盛りというのに惹かれて入ってみたのですが、












b0040606_1329510.jpg






盛り付けは綺麗だけど私にはちと大盛り過ぎました。。。
ですがとっても美味しかったことは事実です。


そんなこんなで地獄の富士あざみライン、今回もギリギリでしたが何とか足つきなしでの完登という成績にてめでたく終了。

最後に一言だけ、この道の感想を。















絶対に2度と行かねぇ。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2017-07-28 13:44 | じてんしゃ。 | Comments(0)