ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

坂ジャンキー奥武蔵に立つ。①

はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


冬も本格的になってきて、山に雪が降って自転車で登れなくなる前に行けるとこ行っとこうとお出かけラッシュな今日この頃、いよいよジテンシャで頭おかしくなりつつあります。(笑)

そんな毎度毎度の山岳ライドですが、今日もそんなお話をひとつ。


先日、埼玉は飯能・秩父方面の奥武蔵グリーンラインを走ろうかと思ったらいきなり通行止めでルート変更を余儀なくされた話をしたと思うのですが、やっぱり今年中にグリーンラインを覗いてみたくて、改めてルート作って行ってまいりました。
まったく諦めの悪いオトコです。(笑)












b0040606_19574954.jpg






というわけで、ふたたび飯能市市民会館。
ここからまたしてもスタートします。ルートはざっと、こんな感じ。












西武池袋線の武蔵横手駅付近にある小さな林道からアクセスし、顔振峠、飯盛峠、刈場坂峠まで登ったら、国道299号と交差する付近まで一気に下り、そこから正丸峠、山伏峠を越え、名栗に下って前回も登った仁田山峠をクリアするというひとりザ・峠祭りを開催してきました。





b0040606_2033691.jpg





こちら、武蔵横手駅。
この写真を撮っている場所の道路を挟んだトコロに、小さな林道入り口がありまして、まずはそこからやっつけるわけですけど、









b0040606_2045646.jpg







結果的にこの林道が一番ヤバかった。(笑)



ところどころ、軽く10%を超える斜度があり、最大斜度は18%ありました。
しかもイキオイ踏んでいくと簡単にスリップするわで、鬼畜感満載。
なんとか急坂をしのいだら、顔振峠へ続く林道・権現堂線に接続します。






b0040606_2093765.jpg




権現堂線まで出ると、斜度も幾分緩やかになるのですが、ここから本日最高地点の刈場坂峠までは登ってはちょっと下り、登ってはちょっと下り・・・と言った感じで、まるで3歩進んで2歩下がる水前寺清子的な峠道でして。(笑)

まぁそれでもいつかはちゃんと到着しますから・・・







b0040606_20154932.jpg




いやー、天気がいいときもちいーねー♪


そんなこんなで走っていると、こんな場所に到着しました。









b0040606_20171170.jpg







なんかね、歴史のある岩らしいんですけど。







b0040606_20174438.jpg






天文岩と言うらしいですけど。

何でも江戸時代、天文学者の千葉歳胤(としたね)がこの大岩窟に入り、数学、暦法、天文について独学したといわれているらしく、その功績を記念して命名されたとか。


遥か昔の物語が、この岩と共に今でも語り継がれているんですね。

しばらく見物して、また先を急ぎます。



更にしばらく登って下ってまた登ってを繰り返した先に、ようやく顔振峠に到着。








b0040606_2023582.jpg






ここには小さなお茶屋さんがありましたので、ちょっと休憩。







b0040606_2024493.jpg





そのお茶屋さんからの風景。
いかにも山岳って感じ。そして休憩のお供に、








b0040606_2026555.jpg





ちちぶコーラ。

うん、悪くは無いけどフツーのコーラの方が美味い。(笑)

しばし休憩してからまた自転車を走らせます。
今回の峠祭りの中で、現段階でまだ一つしか峠をクリアーしてないもので。
なのでここからはちょっと駆け足。







b0040606_20293151.jpg





はい、飯盛峠クリアです。展開が早い。(笑)
実際この奥武蔵グリーンライン、数々の峠を一本のラインでなぞりながらつながっているので走っていると次々に名のある峠をクリアしていく感じ。
しかもまわりはひたすら木立なので、特に見晴らしがいいというわけでもなく。
なので淡々と機械的に峠を越えて行くような印象です。
飯盛峠の後にもすぐ金杉峠という看板があったのですが、特に立ち止まって写真を撮る事も無くスルー。(笑)

で、本日の最標高地点、刈場坂峠に到着です。








b0040606_20343053.jpg






ここで顔振峠以来2度目の休憩。
ここから一気に下って、次に目指すは正丸峠。
というわけで、それはまた次回に続く。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-12-19 20:41 | じてんしゃ。 | Comments(0)