ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

新車はいいね。

はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですこんばんわ。

最近自転車のお話ばかりでほぼ自転車ブログになっちゃってる感じですけど、今日も自転車のお話です。(笑)


と言うのも、友人アツシさんもロードバイクに目覚め、つい先日購入したというのでちょっと見せてもらいがてらサイクリングしてきたもので。

走った先は、このブログでも何回かご紹介しました埼玉は戸田にあります、彩湖・道満グリーンパーク














b0040606_2222574.jpg





この日もとてもいいお天気。
ちょっと風が強いかな?と言った感じでしたが、まあ、冬ですから。






b0040606_22225386.jpg






アツシさんの自宅から往復45キロ弱をまったりのんびり走ってきました。
で、彼の初ロードバイクお披露目。
















b0040606_22241069.jpg







キャノンデール・CAAD12 105




なんでもこれより下のモデル、CAAD OPTIMOを買おうと思っていたらこの型落ちモデルが30%OFFだったらしく、速攻ゲットしたらしい。
定価21万円の30%OFFですからね、かなりお買い得でしょうこれは。

で、もちろんちょっと乗せてもらいました。
コイツはアルミ製のフレームなのですが、アルミと言うと今ではほぼエントリーグレードのバイクの素材としてポピュラーですけど、このCAAD12はアルミバイクの最高峰と言っても差し支えないと思います。

カーボンフレーム全盛の昨今、各メーカーは安価な素材としてアルミを使ったバイクをエントリーモデルで展開しているわけですが、キャノンデールだけはアルミの可能性を追求し、カーボンに勝るとも劣らない軽く、しなやかで戦闘力の高いアルミフレームを作り続けてきました。

そのキャノンデールが作るアルミの現在の完成形がこのCAAD12。






b0040606_22315667.jpg





持ち上げてみると、私のCANYONほどでは無いにしろ、充分に軽い。
多分以前のピナレロのカーボンフレームより軽いと思います。

で、乗り心地ですがね。

アツシさんは長身なのでフレームサイズがボクに合わないから完全なバイク特性は解りませんが、印象としては、常識では硬いはずのアルミフレームがこれほどまで衝撃吸収するとは思いませんでした。
もちろんアルミの特性だけの話ではなく、キャノンデールのアルミフレーム研究で作り上げた技術力の賜物だと思います。ちょっと登りも試したのですが、すいすい気持ちよく登って行きますね。
ダンシングでトルクをかけた時のリヤのバネ感とか、とてもアルミとは思えない。

ですが、うまく説明できませんがやっぱりカーボンと違って、乗り心地に「金属感」があるというか、パッと乗ってみて一瞬で「あ、これはカーボンじゃないな。」とわかる感じ、なんていうか、実重量と言う意味とは違う一種の重さというか、そういった印象は残ります。よく言えば重厚感って事なのですけど。


ただ、それは決して悪い事ではなく、アルミはアルミの良さがあるなと言った印象。

それとストックで付いているホイールのマヴィック・アクシウム。
このホイール初めて回してみたのですが、エントリーグレードとしてはなかなか良いです、さすがマヴィック。

リムとスポークはシマノのR500あたりより剛性が高いのか、比べると漕ぎ出しが硬い。ぺダリングの推進力がホイールでたわんで分散することが遥かに少ない印象。
それとハブベアリングの回っている時のヌルヌル感とか、以前使っていたカンパニョーロ・ゾンダのちょっと軽くカチッとした感じとも違うところが面白いです。

ロードバイクのグレードアップはまずホイールからとよく言いますが、このマヴィック・アクシウムの感覚はボク的には過不足なし。本気でヒルクラやりたかったりすると重さとか気になると思いますが、平地オンリーならこのホイール、エントリーグレードのくせになかなか面白いので使い倒したくなりますね。

とにかく、乗ってみての印象はさすがアルミを極めたキャノンデールと言った感じ。
ただ一つ、試乗させてもらって後悔しているのは、










アルミバイクも欲しくなったとゆー事です。





いかんいかん、そんな金無いぞ俺。正気に戻れ。(笑)










b0040606_22561415.jpg





しかしこのホリゾンタル的なたたずまい、カッコいいですね。


ところでせっかくのサイクリングだし、休憩がてらちょっとお昼ごはんにしようかと、こんなところにお邪魔しました。








b0040606_22574214.jpg







トーフラーメン 幸楊




埼玉県さいたま市桜区田島1-21-18




以前に彩湖近くの美味しいお店をググってたら見つけたのですが、名前の通り麻婆豆腐が具材のラーメンでそれなりに有名なお店だとか。
せっかく近くまで来たので行ってみようと思いまして。
もちろんトーフラーメン頼んだのですが、







b0040606_231413.jpg






広東麺風のあんかけチックなスープがいかにも麻婆豆腐感を出してます。
で、アツシさんと頂いたのですがこれがまた、









これはヤバい、そーとーヤバい!!




二人してめちゃめちゃヒットしました。このトーフラーメン。
我々が行った時、ほんの5分くらい待ってすぐ入れたのですが、食べている最中に外を見ると5、6人が順番待ち。
そりゃそうだ、こんな美味しいラーメンなら人気もあるだろうと納得の味わい。
テーブル備え付けのラー油をちょっと垂らすともぉ絶品そのもの。

今まで彩湖には何度もサイクリングに行ってますが、これからはトーフラーメン食べるために彩湖までサイクリングという同じ目的地でもそこへ出かける動機が出来ました。ってゆーかもはや彩湖までのサイクリングは今後その目的以外にない。(笑)




そんなおいしいトーフラーメンを堪能し、帰路についたニューバイクお披露目ライドでございました。






b0040606_2383114.jpg

[PR]
by jpslotus2000 | 2016-12-16 23:15 | じてんしゃ。 | Comments(0)