ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

サイクルショー2016。③

はいこんばんわjpslotusです。

先日のサイクルショーのお話、今回も続きます。






b0040606_20472782.jpg




最近は自転車もカーボンフレームが全盛ですが、昔ながらのスチールも負けてはいません。
こちらの写真は、日本を代表するハンドメイドビルダー、ケルビムの作品です。

スチールならではの線の細さがほんっとカッコいい。




b0040606_20492026.jpg








b0040606_20493776.jpg





こちらは、東京サイクルデザイン専門学校の学生の作品とか。

見た目凄いけど、多分剛性なんか全く無くてロクに走らないかと。
まあ、オブジェとしてはいい出来ですね。




b0040606_2051531.jpg





日本だけではなく、海外のスチールフレームだってもちろんあります。



b0040606_20514619.jpg




こちらのバイクはイタリアの名門、トマジーニのバイク。
トマジーニのスチールフレームはそれだけでも走りの評価は高いのですが、ここにあったコイツはもぉ、渾身のフレームペイント。







b0040606_20531647.jpg





プリントなんかではなく、多分スプレー手吹きですよこれ。
手間かけすぎだろ。(笑)
さすがに超カッコいいわー。。。



で、このサイクルモード、ただ自転車が展示されているだけではなく、試乗ももちろんできます。
ワタシも一台乗ってみたのですが、いつも乗っているロードではなく、最新のMTBってどんなものなのか、興味があったのでこちら。







b0040606_20554223.jpg





ワタシの持っているロードと同じメーカー、キャニオンのカーボンフレームMTBです。
これでお値段30万円超くらいかと。






b0040606_2058164.jpg





ワタシが昔乗っていた、っていうか今も街乗りで使っているMTBからはタイヤサイズとか色んなところの規格が変わっているので最近のを一度乗ってみたかったのですが、タイヤが大きい分漕ぎ出しとか重いのかなーなんて思っていたのですがそれほど抵抗なく、しかもフロントサスもそれはよく動く。
よく動くくせにダンシングした時のパワー逃げも少なく乗りやすいですね。

ただ、やっぱりこいつは街乗りとかだと明らかにオーバースペック。
未舗装路をトレイルとかこいつでやってみたいですね。

まぁ、今自分が住んでいるところではそんなことできる場所なんか無いので、最新のMTBも欲しいけど買っても欲求不満が溜まるだけだな。(笑)


で。


自転車の試乗もいいですが、今回私が本当の乗りたかったものはこれではありません。
一番の目的は、





三本ローラーに乗ってみたい。




みなさん三本ローラーって知ってます?

自転車選手とかがレースの前にウォーミングアップでハムスターよろしく自転車こいでる、あれです。







b0040606_2154313.jpg





こんなの。


ペダルめっちゃ漕いでいるのに1mmも前に進まずその場で下のローラーが回っているだけ。
これってなんで自転車倒れないんだろう?






そもそも俺が乗ってもコケずに回せるのか?



に挑戦してみたくって、はい。
で、乗ってみたのですがね。










意外とふつーに乗れた。







b0040606_21155765.jpg






これから寒くなるし、室内練習用なんかに買っちゃおうかな?
なんて思わず考えた。やだ、また散財。(笑)



そんなワタシのサイクルモード2016でございました。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-11-11 21:20 | じてんしゃ。 | Comments(0)