ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

派手チューン。

はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

今回も自転車の話なんですけど、新しいロードバイクにも一応慣れてきて、山やら平地やら色々走ってます。

で、慣れてきたところで前のピナレロ号から使ってきたホイールのカンパニョーロ・ゾンダがいよいよお蔵入りになりそうな状況となりました。

それでまたなんというかタイミングのいいことに、ウチの自転車部のIさんが、ホイールをグレードアップしたいとかで私のゾンダ引き取ってくれることとなりました。


これで手持ちのホイールは、キャニオン標準装備のマヴィック・キシリウムプロ・エグザリットと、以前からあるFFWDのカーボンホイール。

でね、

ホイールを履き替える時には、当然リヤのスプロケ(ギヤ)も付け替えなくちゃいけないわけで。
以前からなんかめんどくせーなーとか思っていたのですが、ゾンダ売ったオカネで新しいスプロケ買いました。
とは言っても今とおんなじギヤではありませんで。

ご紹介しましょう。新しいスプロケです。
















b0040606_18403831.jpg








レーコン・ワンピースアロイレーシングカセット



はっきり言って、コイツはスゴいです。

まず、ワンピースと言うからにはこれ、モノブロックの削り出しで作られてます。
もうほとんど芸術作品。






b0040606_18431147.jpg





これ裏側。

円錐形のアルミの塊を削って、造形して、磨いて、そしてチタンコーティング。





b0040606_18443266.jpg



ちなみにこちらは純正、シマノ・アルテグラのスプロケ。
なんかレーコンと比べるとぎっしり詰まって重そうでしょ?


全然違いますよ。

アルテグラが約230g。
レーコンは約140g。

これだけで90gの差はでかい。
それにシマノのスプロケは、






b0040606_18471049.jpg




このように各ギヤがバラバラ。
生産コストの問題も当然ありますが、これではたとえばどこかのギヤにチェーンが入っている時には、そのギヤしかトルク伝達しておらず、残りのギヤはただフリーについて回っているだけと言う事。

それと比べてレーコンは一体成型なので、何処のギヤに入っていてもスプロケ全体で駆動トルクを受け持つわけですからパワー損失が理論上少なくなるはずです。


違いはまだあります。

2つのスプロケを横から見てみましょう。










b0040606_18511919.jpg






左がレーコン、右がアルテグラ。

レーコンが小高い丘のような形状に対し、シマノは富士山のような形。
そうです、ギヤ比が違うんです。


シマノは:11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28の11段
レーコン:12-14-16-18-20-22-24-25-26-27-28の11段

注目すべきは大きい方から5段目まで。
24-25-26-27-28と、大きいギヤが一枚ごとに連続していると言う事は、シマノと比べて登りとかで大きいギヤ使う時の選択肢が増えると言う事です。

例えばシマノで28使っている時に、ちょっと楽になったから一段戻そうとしたら25。いきなり3枚重くなるわけで、これは結構な負担です。
レーコンの場合だと、25~28の間に26も27もあるので、ヘタすると今まで28使ってた山道が実は26とか27の方が合ってたと言う事もあり得る。
結果登りのリズムを掴みやすくなるという可能性もあるわけで、これは大きな武器ですね。

但し、逆に平地や下りでの高速では圧倒的にシマノの方に軍配が上がります。
あと、ギヤチェンジするときのスムーズさも。ここではシマノの精度の高さはさすがと思いますね。
そういった意味では普段使いはちょっとキビシいですけどね。

というわけで、完全ヒルクライム用のスプロケを、これまた普段使いしないヒルクラ用にしているFFWDのホイールに組んでみました。













b0040606_1953085.jpg







しかし派手なゴールドだなおい。(笑)



言っときますけどコーティングされている理由上、ゴールドしかありませんので、色は間違ってもボクの趣味ではありませんからね。(笑)







b0040606_1974966.jpg






FFWDのカーボンホイールと相まって、購入時にあれだけ真っ黒で地味だったキャニオンがこんなハデなバイクに生まれ変わるとは。。。


というわけで、このレーコンのスプロケとFFWDの仕様で、先日ウチの自転車部とヒルクライム行ってきました。

そのお話はまた次回にしようと思うのですが、その時一目見た仲間達からこのレーコンのスプロケ、











吉原ギヤと命名されました。(笑)





確かに否定できねぇ・・・
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-10-11 19:18 | じてんしゃ。 | Comments(0)