ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

秘密兵器投入。

はいみなさんこんばんわjpslotusです。

実は本日、お休みを頂いてました。
今年初めての週末休みを過ごしました。
本当は、暖かくなってきたのでヒルクライムシーズン開幕とばかりに奥多摩・都民の森へ行こうと思っていたのですがなんと2日前に、
















まさかのぎっくり腰。(笑)




せっかくの日曜休みにオウチでおとなしくおねんねです。
あぁもぉ死にたい。



まぁそんなことなんですけど。

で、暖かくなってきたのでそろそろヒルクライムやりたいというのは事実でございまして、実は今シーズンの為に先日、懸案でありましたパーツを入手しておりました。
言わば秘密兵器でございます。

















b0040606_2057103.jpg








FFWD F4R カーボンチューブラーホイール





昨年から欲しい欲しいと言ってたと思うのですが、ついに買っちゃいました。
オランダ・FFWD(ファストフォワード)社のカーボンホイールです。
前後重量約1250g。
いつものカンパニョーロ・ゾンダと比べると約300gほど軽いでしょうか。
そしてチューブラーリム。

あ、チューブラーと言うのはですね、一般にママチャリなんかでよく見るタイヤと中のチューブが分かれているのが平たく言うとクリンチャー。
ワタシのゾンダもクリンチャーです。
で、チューブラーと言うのはチューブがタイヤに既に内蔵されていて、そのまま空気入れるとさもフラフープのような状態になるタイヤの事です。

その分軽量かつ乗り心地が良くなり、路面の衝撃によってリムがチューブを噛んで起こる「リムうちパンク」が原理上起こらない構造なのですが、いざパンクしたとなるとパンク修理の手段は無く、その場で使い捨てにせざるを得ないと言ったリスクが伴ないます。


まぁそれはいいとして。


早速タイヤ組んでホイール交換してみたのですが、フリー回転させてみると何とも言えない味のある音。
まぁ早い話、















めちゃめちゃ爆音。(笑)



これ大丈夫なの?と、ちょっと不安になったので、一度フリーハブを外してみると、
















b0040606_218523.jpg








全然グリス塗られてねぇ。(笑)




もちろんラチェット側も、
















b0040606_2110554.jpg







まるっきり油分ゼロ。





工場出荷時でこれなら問題ないのか?
いやいや、やっぱりグリス塗った方がいんじゃね?

と、しばらく自問自答した結果、
















b0040606_2111364.jpg





やっぱり塗っとく事にしました。
おかげで今では静かで上品なラチェット音になっております。(笑)









b0040606_2113051.jpg






そして付属品。
専用クイックスキュワーと、カーボン用ブレーキシューと、ディープリム用の延長エアーバルブ。
そう、カーボンリムなので、いつものアルミリムで使っているいつものブレーキシューは使えません。
万一使うと、アルミのスラッジがカーボンリムを傷つけ、致命的な品質低下につながります。


なので、ホイール交換時にはもれなくブレーキシュー交換作業もしなくっちゃなんです。あぁめんどくせぇ。(笑)







b0040606_2117155.jpg






めんどうってもシマノのブレーキはココのボルト緩めれば簡単にシュー交換できるんですけどね。








b0040606_2118610.jpg





あと、付属のホイールバッグ。
なかなか立派です。



というわけで、いつものカンパ・ゾンダ装着のピナレロ号ですが、









b0040606_21194833.jpg



b0040606_212078.jpg





FFWD装着でこんな感じ。
やっぱり印象結構変わりますね。

でもどっちがカッコいいかって話になると、個人的にはゾンダの方がいいと思うんですけど。(笑)


乗り味ですが、

まだ山のぼってません。

あくまで平地を走った印象ですけど、やっぱり軽さからくる加速の良さは感じます。
全体に軽くなってるので漕ぎ出しもいいですけど、重量分布がおそらくハブでなくリムに寄っているはずなので、スピード維持も遠心のおかげで悪くないかと。もちろんリム幅が45mmあるので空力による速度維持もゾンダより高い印象です。

そして何より、チューブラータイヤ使ったの私初めてなんですが、クリンチャーと比べるととてもしなやかで乗り心地がすごく楽。
かといってやっぱり一度パンクしたら・・・と言うコスト面を考えると、日常的に使うのはちょっと厳しいかな。
いつものライドは今まで通りゾンダ使って、いざ本気で走る時にだけ投入したいと思ってます。

それにディープリムなので横風の影響を受けやすく、一度街乗りで水戸街道走ってみたんですけど、車に抜かれるたびにホイールがふらついて死ぬかと思いました。(笑)
そういう意味でも普段使いをする気になれないですね。




というわけで、今シーズンのヒルクライムにはこのFFWD F4Rが大きな武器になるでしょう。
さぁ、山での実戦投入が待ち遠しい!!
















と思ったとたんにギックリ腰。




もぉ死にたい・・・(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-04-10 21:40 | じてんしゃ。 | Comments(0)