ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

下町バンザイ。

はい皆さんどうも1週間ぶりのゴブサタですjpslotusです。
最近忙しくって、マジで。

さて、久々の更新でお伝えするのは、東京都は葛飾区の立石界隈。

かなり前に、立石にある立ち食い寿司の店、栄寿司をご紹介した記憶がございますが、それでけではございません、立石。

先日、ご飯を食べにどこかへふと出かけたくなった時に、久しぶりに立石とかいいんじゃね?と思い立ちましてね。
自転車ですぐ行ける距離だし。

というわけで、立石まで繰り出したのですが、あるわあるわ、ちょうど良くくたびれた感のあるよさげなお店が。
その中でお邪魔したのは、こちら。
















b0040606_1911731.jpg






餃子の店・蘭州




入り口を入ると、年配の多分中国人夫婦が二人で切り盛りしている感じなのですがね、
ご主人料理作ったり、皿洗ったり、会計までやってるんですけど。
で、奥さんはと言うと、黙々とわき目振らずに餃子作ってます。
ひたすら餃子作ってます。
エンドレスで餃子作ってます。

餃子の店と言うわけですから、メインは餃子。
焼き餃子、水餃子。
他にラーメンが数種。
あとはひたすら餃子。
















b0040606_19154554.jpg






こちら、その蘭州のラーメン。
古式純然たるラーメン。
何の奇をてらったところも無い直球勝負のラーメン。
お味も、何の奇をてらったところのない直球勝負のしょうゆ味。
たまにはこんなのもいい。

で、もちろん頼みました、水餃子。











b0040606_19175673.jpg







これは美味い。




もちもちとした食感と、具材の絶妙な味わい。
言葉でどう説明すればいいのか悩みますが、とにかく美味い。
さすが餃子の店と言うだけあります。
さすがおかぁちゃんひたすら餃子作ってるだけあります。(笑)



美味しい餃子に満足しながら、ちょっともう一軒行ってみたかったお店が。
人づてに聞いて気になっていた鶏のから揚げのお店がございまして、せっかくなので行ってみました。それがここ。

















b0040606_19225195.jpg








鳥房



いいでしょ、このいかにも昭和時代から店やってます感が。
ここの店頭でから揚げ売っているのですが、裏に回ると飲み屋さんも経営しているそうで、揚げたてのから揚げをつまみに一杯ひっかけるとか、イイねぇ、オレ飲めないけど。


おみやげ的な感じでから揚げをひとつ頼んだのですが、揚げあがるまでに20分ほどの待ち時間が必要。
その間、立石駅前を散策しつつ時間をつぶしながら待つことしばしでお持ち帰り用から揚げゲットです。















b0040606_19265998.jpg







もぉ多分こればっかやってるんだろう事が良くわかるほど綺麗に包装されたお待ちかねのから揚げ。
ちなみにココンチのから揚げは衣の付いていない素揚げでして、しかも鶏の半身がまんま揚げられているなかなかダイナミックな一品でございます。









b0040606_1929345.jpg







いやもう、揚がり方の美しいこと。
これで680円でした。
お味ももちろん最高。
なぜか残る骨もあまりなく、非常に食べ出のあるボリューム感です。

ところでこのお店の存在を知った時に、







立石にはケンタッキーも寄り付かない。




などと半ば都市伝説チックに語られたのですが、
















その話は多分真実です。(笑)




しかしこの立石界隈、なかなか味わいのあるお店が軒を連ねているのですが、私のようなお酒の飲めない人よりも、フツーにお酒飲める人だったら自分の20倍くらいは楽しめるだろうな、と、ちょっと悔しくなりました。
そんな立石、昭和の雰囲気を感じながら飲みたい方には間違いなくおススメのスポット間違いありません。
[PR]
by jpslotus2000 | 2016-02-17 19:39 | 日々の生活 | Comments(0)