ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

全バラ。

はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。


ちょっと前に、ベラーテっていうロードバイク紹介した時に私のピナレロをオーバーホールやりましたって話を少ししたと思うのですが、ピナレロ以前にオーバーホールしなくっちゃいけないモンがあるってのをすっかり忘れておりまして。


実は、ニュージーランドでワーホリやってた時に買ったMTBですけど、日本に持って帰ってまだ使ってたりします。お買い物とか街乗り用に。


で、ワーホリやってた時以来ですからここ10年以上メンテらしいメンテ全然やってねぇ。
自転車熱が復活した今、ようやくこいつもちょっと面倒見てやろうかと思いまして、オーバーホールやってみました。





ってゆーかオーバーホールどころかフルレストアのイキオイで。(笑)


徹底的にメンテする気満々のため、こんな姿になりました。
















b0040606_21155836.jpg





全バラ。

さらにここからスプロケ外し、ホイールハブ分解、ボルトとケーブル新品交換と、各パーツ錆落としの後グリスアップの上再組立てといったかんじで。


ところでいい加減オーバーホールやらにゃいかんなと思った原因が、フロントサスの不具合。
ロックアウトしたまま全く動かなくなりまして。







b0040606_2120751.jpg





ふつうこの下にあるボルトを外せば分解できると思うのですが、回せどまわせどボルトが外れる気配なし。

「こりゃ中でボルト折れてそのまま引っかかってるな。」

と思ったわけで、つまり完全にぶっ壊れてます。


それじゃ新しいフロントサスをヤフオクあたりで・・・と思ったのですが、よく考えると壊れてサス動かなくなったまましばらく乗っていたわけで、つまりフロントサス交換するんだったら、







別にサスじゃなくてもよくね?





というわけで、街乗りにしか使わないからサスいらんし、ぶっ壊れないし、重量が全然軽くなるし、何より安価という理由でリジッドフォークに換装してみました。












b0040606_2127325.jpg





これがヤフオクで仕入れたアルミ製リジッドフォーク。確か5000円くらいだったかと。
何の変哲もないMTB用フォークですが、今までのサスが単体2.1kgだったのがこれが700g。大した軽量化です。
それでいて当然ながら実用に耐えうるであろう強度も充分にありそうです。










b0040606_21302242.jpg







早速組み付けている途中。

ところで最近は見かけだけの安物MTBでもフロントサス付のものが多いですが、はっきり言って本格的に山道でクロスカントリーやダウンヒルなどやらない限りはサスペンションなんてあんなもん飾りです。(笑)

路面の段差とかでサスが動いて衝撃吸収している様を楽しむだけのものっていうかね。

そんな衝撃くらい自分の腕の動きで吸収しましょう。
それよりもフルリジッドである事のダイレクト感や車体の軽さの方が街乗りでは楽であると言う事です。




何よりサスフォークからリジッドに変えることで圧倒的にぶっ壊れる部品が減ります。


それはいいとして。
そんなわけで改めて組みなおし、フルオーバーホール完了。











b0040606_21392582.jpg






組みなおす前と比べると、もぉ全然ぺダリング抵抗も転がり抵抗も別モノかと思うくらいに軽くなりました。
言い換えればそれだけメンテ怠ってたと言う事なんですけどね。

10年選手のアルミフレームMTBですが、こいつにもまだまだ頑張ってもらおうかと思ってます。


というわけで、
















b0040606_21423684.jpg







なぜかオレんチには自転車が3台あるということなんですけど。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-12-22 21:51 | じてんしゃ。 | Comments(0)