ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

新兵器投入。

はいどうもみなさんこんにちわjpslotusです。

こんな時間に更新と言う事は、もちろんお休みです。
しかも天気よくないし。

それはおいといて。

最近はまりにハマっているロードバイクですが、パーツ変えてみました。
車と同じく、まずはここから。

















ホイールです。




ですがロードバイクのホイールというと、クルマみたいにドレスアップ程度なんてノリのホイール交換の概念など皆無。
己の力のみが出力の自転車ですので、良いホイールの定義としては軽量・剛性・高効率がすべて。
もっともそれを突き詰めるとそりゃぁもぉ知らん人が聞いたら卒倒するようなお値段になったりするんですけどね。

もちろんそんなお金の余裕は私には御座いませんので、身の丈に合ったホイールを探していたわけですが。

で、現状のホイールは、シマノ・R500というホイール。
いわゆる超スタンダードでして、単品で買うと1万~2万円くらいのもの。
その代わりフロント・リヤ合計の重量は2キロくらいあって、ロード乗りの間では、








鉄下駄。



と呼ばれて親しまれてます。(笑)

低~中価格帯の完成車にはほぼ標準装備的なホイールなので、
「どうせみんな買ったらホイール交換するんだろ?」
くらいのノリで自転車メーカーもチョイスしているパーツかと。


というわけで、そんな鉄下駄から履き替えたのが、これ。

















b0040606_14343319.jpg









カンパニョーロ・ゾンダ




自転車のコンポーネントでは日本のシマノ・アメリカのSRAMとシェアを争うイタリア・カンパニョーロのミドルグレードホイールです。


重量はペアで1600グラム弱。
単純計算で400~450グラムくらいの軽量化になります。
たかが400グラムと思うなかれ。ただでさえ軽いロードバイクの更に400グラムと言う事、しかも慣性質量で大きな差が出るホイールと言う事は、それだけで劇的に乗り味が変わってきます。








b0040606_14415673.jpg






こちら、R500との比較・フロント。
右がゾンダ、左がR500。
スポーク本数と、リムの薄さが確かに軽そう。









b0040606_14444683.jpg





こちらはリヤ。
今度は右がR500、左がゾンダ。
スポークの組み方が全然違いますが、ゾンダの方がG3という独特な組み方をしています。
これはホイールの右側と左側で均等にエネルギーを推進力に変える計算のもと開発されたそうで。
まぁそんな理論は抜きにしてもゾンダの組み方かっけぇぇ。(笑)


して、軽さも違いますが、それ以上にハブベアリングの性能がいい。
前輪持ち上げてちょいと手で回してみたらR500とは比べ物にならないくらいよく回ります。
実走行中も惰力で進む距離が長く、登りも今までよりずっと軽く進みます。
かと言って上りが楽になるわけではない。(笑)

ちなみにこれ、安売りしているサイトで5万円でご購入。
5万でこの性能なら大満足です。
何十万もするのなんて買えないしね。

というわけで、私のピナレロですが、

















b0040606_14542739.jpg





これから、





b0040606_1533097.jpg







こうなりました。

パッと見あまり変わり映えしませんが、性能の変化は劇的そのもの。
確かに大満足なのですが、こーやってハマっていくと、いずれすぐ


「もっと性能のいいホイールねーかなー?」


とか考えていきそうな自分が容易に想像できて、

















スゲー怖いです。(笑)
[PR]
by jpslotus2000 | 2015-05-12 15:03 | じてんしゃ。 | Comments(0)