ブログトップ

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

北斎に酔う。

はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


本日、上野へ行ってきました。
いや、上野の森美術館でこんなのやってましてね。



















b0040606_1944794.jpg






ボストン美術館・北斎浮世絵名品展




アメリカ・ボストン美術館所蔵の葛飾北斎画展覧会。
今月9日までなのでもうすぐ終わっちゃうんですけどね。
ええ、大好きです、葛飾北斎。

で、ボストン美術館所蔵の北斎画なのですが、あの有名な富嶽三十六景・神奈川沖浪裏や、同じく凱風快晴もございまして。

















b0040606_1993957.jpg






b0040606_1995847.jpg




まさか写真撮影は許可なわけないので、ウェブから画像ひろってきました。
みなさんもどこかで見たことがあるでしょう。北斎の代表作ですね。
死ぬまでに一度は実物を観たかったわけですが、ボストンへわざわざ行く用事もなく。
それをこんな近場で拝めるとは、もぉ感激そのもの、生きててよかった。(笑)


その他にも、これも有名な妖怪画・お岩さんとか。

















b0040606_19141143.jpg






まぁとにかくここまで一度に北斎を観れるとは。
そしてここまで北斎画を収蔵しているとは、恐るべしボストン美術館。



ところで葛飾北斎には娘がおりまして、これまた絵師なのですが、名を葛飾応為と言います。
彼女の絵も展示されておりました。

















b0040606_1917061.jpg





葛飾応為作・三曲合奏図




この葛飾応為、父・北斎とはまた違って意味で天才。
彼女の絵の特徴は、その光と影。
ボストン美術館所蔵ではないので今回は展示されていなかったのですが、その才能を見せつけられるのがこちら。
















b0040606_19194265.jpg





吉原夜景図



これが江戸時代の絵か?と思わせるような素晴らしい仕事。
この親にしてこの子あり、ですね。



最後はちょっと横道にそれてしまいましたが、葛飾北斎名品展、北斎ファンの私にとってはこの上なく感激でございました。


次は広重展とかやってくれないかなぁ。
[PR]
by jpslotus2000 | 2014-11-05 19:26 | 日々の生活 | Comments(0)