「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

仕事以外真剣。

chnz.exblog.jp

「真剣にやれ!仕事じゃねぇんだ!」人生の師と仰ぐタモリ氏の名言に従って生きることに決めました。

はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

以前から何度かコーヒーのお話をしておりますが、今回もいい豆仕入れてきました。

以前ご紹介しました通り、コーヒー豆はいつもお気に入りのやなか珈琲店で大概購入するのですが、ちょっと自宅近辺をお出かけしていた時に1軒のコーヒー屋さんを見つけましてですね。
多分個人経営のお店だと思うのですが、そのお店の名前はコーヒーの木と言います。

で、そこを通りかかった時に、ふと店頭の張り紙を見たら、


「エルサルバドル・100グラム500円」

って書かれてまして。










え?エルサルバドル500円で買えるの?




と、有無を言わさずお邪魔したわけですよ。

お相手してくださったのは、いかにも人のよさそうなおばちゃん。
ホントにエルサルバドル売ってました。もちろん100g単位で買えました。

なんか得した気分でお会計していると、レジ奥に並んでいる数種類のコーヒー豆の中の一つに気がつきました。

その容器に書いてあった豆の品種がですね、








アグロタケシ・ゲイシャ







多分コーヒー知っている人なら、
















マ ジ か !!





と、目を疑いたくなるくらい驚くと思います。



ボリビア・アグロタケシ農園は、世界中のコーヒー生産地の中でも最も標高の高い場所にある農園でして(確か2000~2500mだったかと)、生産品質もトップクラス。
そしてコーヒー豆の種類であるゲイシャ種は主な生産地はパナマなのですが、一本の木からとれる果実の量が少なく、その分一粒一粒に栄養が行きわたっていて非常に高品質な種類で有名。

但しそんなもんですから生産量は極端に少なく、どっかのカフェで飲もうとすると一杯何千円もするくらいのシロモノです。

このアグロタケシ農園でもわずか150本しか栽培されていないとか。


そんなアグロタケシ・ゲイシャがなぜこんな小さなコーヒー屋さんに・・・





と思っておばちゃんに聞いてみたのですが、


「個人でやってるからこそ色々できるのよ♪」

との深い答えが返ってきましたけどね。
そもそもゲイシャなんてあなたもよく知ってるわね~、なんて事言われながらも、



でも、お高いんでしょ?



ってやっぱ気になるのはそこですよ。

ですが。


確かにコーヒー豆としては高価い。知らん人が聞いたらコーヒー豆ごときにそんなに金払うんか?って思うに違いないのですが、アグロタケシのゲイシャ種がどんなものか知ってる人にとっては間違いなく、







これは買い。




と、即断。
そんなプライス。

なので、即買い。(笑)
正確なお値段は、悪いですけどちょっとお話しできません。











b0040606_2217677.jpg






というわけで、ここにございますボリビア・アグロタケシ・ゲイシャ100g。





b0040606_2218518.jpg






早速頂いてみました。



一口すすった瞬間、口の中に広がるのはフルーティーな柑橘系の味わい。
その中にもダークチョコのような滑らかな苦みとコクがあって、もほんっと今まで味わった事のない独特のコーヒー感。

っていうかむしろ、









これがコーヒーか!?





と、ある意味圧倒されます。

凄く美味しいんですけど、美味しいとかそういう感覚とはまた違って、なんていうかね、










飲んでて楽しい。






そんな感覚の飲み物です。


あ、ちなみに。












b0040606_22241154.jpg





もちろんエルサルバドルも美味しくいただきました。

でも多分、アグロタケシは次このお店に行ってももう売ってないでしょう。
超希少種だし、それをあんなお値段で出してたらすぐに無くなりますって。
そういう意味では、すごく偶然に恵まれたお買い物だったと思います。


それでもまたなんかコーヒー仕入れに行ってみよ♪
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-08-24 22:31 | Coffee | Trackback | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


前回までの伊豆大島1周サイクリングよりも前のお話になるのですが、私の愛車ピナレロ、買ってから結構乗ってきたので所々気になる部分もありまして。
で、ちょっとしたリフレッシュ気分で少しパーツを交換してみました。

まずはここ。









b0040606_17360044.jpg







バーテープ。
買ってからこっち、一度も交換しておりませんで、いい加減汚れが目立ってきたので前々から交換したかったのですが、ようやくその気になりました。(笑)

自転車屋さんに走り、新しいバーテープをゲット。











b0040606_17394944.jpg






SILVAというブランドのカーボン柄バーテープ。
カーボン柄なのに白と言うね。(笑)

今までのバーテープがコルクリボンで汚れが目立ちやすかったのですが、こっちは表面がつるつるなので汚れてもふき取りが多分ラク。
というわけで、交換です。

今までのバーテープをまず剥がしていくわけですが、















b0040606_17423161.jpg







なんか2トーンカラーになっとる。(笑)




全て剥がして、新しいバーテープをまきまき。













b0040606_1812741.jpg







b0040606_181482.jpg






完成。
シロートでここまで綺麗に巻ければ一応問題は無かろうかと。


そしてもう一つ、こんなパーツがあります。
















b0040606_1825159.jpg





ディレイラープーリーと言うパーツなのですが、自転車のどの部分のパーツなのか解りますか?












b0040606_1834676.jpg






はいここに自転車があります。
この自転車の、











b0040606_1841596.jpg







このあたりの、













b0040606_1844393.jpg






これ。















我ながらすごく地味。(笑)


ココのギヤを軽量の、更にセラミックベアリング使ってるパーツに変えて回転抵抗を少しでも抑えようかと。

リヤホイールを外して、裏側からディレイラーケージを分解。







b0040606_1873725.jpg







b0040606_1875221.jpg





下が純正のディレイラープーリー。

素材がアルミとプラスチックと言うのもあるけど、質の違いが一目瞭然。
ですが新しいパーツに交換してみても、














b0040606_1892414.jpg







こんなん言わなきゃ全く気付かれねぇ。(笑)





実際走りは変わったのか?

交換したばかりの時は、確かにわずかではありますが、チェーンの駆動がスムーズになった事を実感出来ました。僅かですけどね。


ただ、慣れてしまった今となっては当時の感覚はもしかして、











気分の問題じゃなかったかしら?




という疑問も浮かぶようになりました。(笑)





でもいいんです。
こーゆーのはジコマンの世界ですから。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-08-19 18:17 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusですいかがお過ごしでしょうか。

先日からお話してます伊豆大島サイクリングの続きです。


お昼ご飯を食べて、またスタートですが、ここまでで早くもスタート地点の港まで残り10kmちょっとくらい。
なのでのんびり進みます。








b0040606_22111254.jpg






b0040606_22112770.jpg




いやーきもちいーねー♪


途中でまた綺麗な海の風景が。




b0040606_22121613.jpg





b0040606_22122843.jpg





そうこうしているうちに残りあとわずかなところで、ここからいよいよ三原山ヒルクライムが始まります。






b0040606_22134697.jpg



ココのお寺のところで伊豆大島一周道路から三原山登山道へと進路変更。









b0040606_22154443.jpg







b0040606_2216338.jpg





確かにちょっと斜度がきつくなるところもありますが、今回はタイム計っているわけでもなく、仲間と一緒にペースを合わせて登っていたせいかさほどキビシい坂道と言う印象でもなく、とても登りやすい山道のような感じがしました。





b0040606_22175469.jpg





大島温泉近くのこのストレートで心さえ折られなければ初心者でも十分に楽しめるヒルクライムコースかと。


そしてついに登山道終点に辿り着きました。
そこから見える景色がもぉ、それはそれは絶景かな。
















b0040606_22203370.jpg







素晴らしい。。。ホントに去年行った瀬戸内海に匹敵するくらいの美しさ。





一応ココ東京都です。(笑)




そして反対方向には、三原山。








b0040606_22215345.jpg





ホントに来てよかった。。。
そしてヒルクライムやってよかった。。。

というわけで、

















b0040606_22223892.jpg







伊豆大島とったどー!!(笑)




ゴール地点で景色を楽しみながらひととおりまったりした後、ゆっくり下って岡田港へ戻り、自転車を輪行袋に収めたら帰りの船を待ちます。


こうして社内サイクリング部主催伊豆大島一周ライド、つつがなくお開きとなりました。

いや、ホントに是非ともまた訪れたいサイクリングスポットがひとつ増えましたね。
ましてや瀬戸内海より断然行きやすいので、願わくば今年中に寒くなる前にもう一度行きたいところです。


皆さんも良かったら是非。
そしてここサイクリングしてみてジテンシャ好きになってください。
いや、走ったら絶対なりますって。(笑)
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-08-17 22:31 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
お盆です。みなさんこんばんわjpslotusです。
一般的に連休の時に仕事してると高速の渋滞とかのニュースが完全に他人事なのでむしろ楽だったりもします。(笑)

それはおいといて。

伊豆大島のお話の続きですけどね。

波浮港見晴台を過ぎるとすぐ一気に海辺まで下ります。
そこで久々に出くわした信号機ですけど、
















b0040606_2281929.jpg






どうやらこのあたりはクダッチって地名らしい。



クダッチて。。。




そこからまたしばらく進むと、とある岩礁があります。
そこでもちょっと自転車を止めて散策したのですが、そこがもぉ、ほんっとに海がきれいで。









b0040606_22101822.jpg







b0040606_22103398.jpg






間近で見ても海の色が透き通った青なんですよ、ホントに。






この水飲めんじゃね?


と思っちゃうくらいに。
もちろんしょっぱいですけど。(笑)

そんなきれいな海をしばし眺め、また自転車を進めます。
現在、島の南側。スタート地点の岡田港から島をちょうど半周したくらいになります。


またしばらく大島一周道路を走っていると、伊豆大島屈指の名所が姿を現します。
















b0040606_2215113.jpg







地層大切断面



読んで字のごとく、巨大な大地の縞模様。
何万年も昔からの三原山の噴火で堆積した火山灰や土砂が年月をかけてこのように大地に模様を描いているわけです。







b0040606_22175792.jpg






近くで観ると、そのスケールに圧倒されます。
でかいバームクーヘンとか言ったらイメージが半減するかしら。(笑)


そうしてまたしばらく観光して、地層切断面を後にすると、しばらく緩やかな上り下りをいくつかこなし、いつの間にか一気に伊豆大島最大の市街地、元町に到着。

ここで少し早いですがお昼ゴハンにしました。
早朝から走ってるんで少しお昼には早い時間でも既におなかペコペコ。
で、お邪魔したお店がココ。









b0040606_22231156.jpg





お食事処 おともだち




ここ伊豆大島の名物に、地元で獲れた白身魚を唐辛子醤油に付け込んだ「べっこう寿司」という握り寿司があるのですが、是非ともそれを食べようと思いましてですね。
で、注文したわけですよ。

が。











え?べっこう寿司やってないの?





寿司職人が休み取ってるってよ。

あまりにも予想だにしなかった展開に一同呆然。(笑)

仕方がないので、そのお魚を使った「べっこう丼」をオーダー。











b0040606_22285343.jpg






唐辛子醤油のピリッと効いた味わい。
いや、とても美味しかったのですが、なにぶんべっこう寿司が・・・


まぁ、我慢しますよ、大人ですから。(笑)



伊豆大島一周サイクリング、まだ続きます。










b0040606_2231185.jpg

[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-08-12 22:34 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

先日、またしても会社の自転車有志そろってお出かけしてまいりました。
今回のサイクリングは、ちょうど1年前に行ってきた瀬戸内海と同じくらい充実しましたわ。

なんせ、サイクリストの間では



天国。


とも言われている場所に行ってきましたから。

で、何処かと言うと、









伊豆大島。



なぜ伊豆大島が天国と言われているのか。
それはまずぐるっと島を1周できるルートがおよそ50kmとちょうどいい距離であること。
それに加えて島内道路で信号機は数えるほどしか無いこと。
更に晴れた日の海岸線の美しさや、島の至る所に独特の観光スポットがあること。
おまけに三原山でヒルクライムまで出来ること。

というわけで、当日走った伊豆大島まるまる1周プラス三原山ヒルクライムルートがこちら。













伊豆大島までは、サイクリング前日の夜11時にフェリーで東京・竹芝桟橋を出発し、翌朝5時に到着。
ゆっくりサイクリングを楽しみ、帰りは夕方発のジェット船でまた竹芝まで帰ります。

今回のメンバーは、総勢7名。
うちの会社の自転車部もメンバーが増えたもんだ。

まずはいつものメンバー私とMさんとYさんは当然参加。
春先の渋峠をご一緒したIさんと、初参加のTkさん、Tmさん、そしてK常務。







常務。(笑)




ついに自転車部に執行役員登場。
うちの自転車部にもハクが付きました。(笑)
お偉い方も自転車好きで有志のサイクリングに参加とか、いやー、いい会社だ。
念のためいっときますけど、うちの常務もガチですからね。
乗ってるモデルもアルテグラで組んだBHのカーボンバイクですから。

前置きはいいとして、出発です。(笑)






b0040606_1757448.jpg





竹芝の夜景を眺めつつ、船が出港します。
さらば大都会。






b0040606_17584251.jpg





出港5分でレインボーブリッジをくぐります。
と、イキナリですが他のみんなが夜景見ながら酒盛りやってる最中に、早くもオレはコーラ飲んで寝た。(下戸)www



なので話は伊豆大島まで一気に飛びます。(笑)
















b0040606_181561.jpg





はーい朝ですよー。
ただ今朝の4時半。到着まであと30分くらいのところです。
よく晴れた、いい天気だ。

身支度を整え、船が港にいよいよ到着。








b0040606_1833148.jpg





来ちゃったよー。








b0040606_1835587.jpg








来たぜ、伊豆大島!!




船から降りて輪行袋に入った自転車を組みなおし、夜のうちに買っておいた朝ゴハンをもぐもぐやっていたのでサイクリング出発は6時を過ぎましたが、時間は全然余裕ありなので焦る心配なし。




b0040606_187524.jpg





港の付近にはひとつふたつ信号がありましたが、それ以外はホントに信号も無ければ車も来ない。
まぁ、早朝っていうのもあるけど。







b0040606_1891125.jpg





出発した岡田港から7~8km位のところでしょうか、都立大島公園に到着しました。
ここには動物園もあるのですが、さすがにまだ開園していない時間。
トイレ休憩と言う事で。
それにここからしばらくは、ちょっとした山岳ポイントなので坂道に慣れていないメンバーに一息ついてもらわないと。






b0040606_18154463.jpg






公園のすぐそこに見える上り口のヘアピンからしてこれですからね。


とりあえず、各々マイペースで登ってもらって、上まで到着したら後から来るメンバー待ち。
もちろん全員、無事に登り切りました。

それから若干のアップダウンを挟んだ後、島の南側にある波浮港へ下ります。
もうすぐで下り切るくらいのトコロに、観光ガイドにも紹介されている絶景ポイントがあります。







b0040606_18193878.jpg






中央に見える岩ですが、筆島と呼ばれており、青く美しい海と相まって何とも不思議な絶景。
晴れててよかった。。。








b0040606_1822369.jpg




一行は更に進み、波浮港の見晴台まで到着。

とても素朴な港のこれまた美しい眺め。
そんな見晴台の向かい側に丁度良く、休憩所が。







b0040606_18251210.jpg





ドリンクボトルに入れたVAAMウォーターにも飽きてきたので、缶コーラをひとつ。
それとこの休憩所に、伊豆大島オリジナルアイスがありまして、せっかくなので頂いてみました。








b0040606_18273962.jpg






大島牛乳アイス。
確かに美味しい。





b0040606_18281372.jpg





牛乳のすごく濃厚な味わい。
ホントーに美味しかったんですけど、このカップの上げ底具合だけ何とかならねぇかな。(笑)

と、ここまででスタートからおよそ20km位。
伊豆大島1周ライド、まだまだ続きます。








b0040606_18304462.jpg

[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-08-08 18:39 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです日本は夏真っ盛り。

ワタクシ、現在の勤務地がお台場の近くでして、天気のいい日は自転車で通勤してたりします。
片道17kmくらいなのですが、首都圏だけあって平日だとむしろ車通勤より速いです。
電車なんか問題外。

それはいいとして。
勤務中にふと窓の外を見ると、そこは東京湾。
ですが、たまには違う海の風景も見たかったりします。

なのでロングライドの距離稼ぐのと、ちょっとした日帰り旅行気分で行ってきました。九十九里。自転車で。
ルートはざっと、こんな感じで。








スタート地点は、柴又の寅さん記念館前。




b0040606_21113033.jpg




江戸川沿いに国道14号に出て、千葉駅から東金道路で内陸を走り、九十九里の不動堂海岸まで。





b0040606_21125966.jpg



国道14号の船橋近辺。
まだまだ始まったばかり。







b0040606_21134236.jpg






津田沼あたり。
このあたりは道幅が狭い上、交通量も多いので注意が必要です。





b0040606_21143546.jpg





京葉道路幕張ICとの立体交差を超えると道幅が大きく広がり、俄然走りやすくなります。





b0040606_21154070.jpg




ご覧のように、路肩とは言え車道一車線分の幅がまるまるある感じなので、隣で車が凄いイキオイで追い抜いて行こうが全く恐怖感も無く。






b0040606_21174929.jpg





千葉駅前まで来ました。
ここまででおよそ片道の中間地点。
ここから東金道路に入ります。

東金道路は14号津田沼近辺と同じく、路肩が狭く、なおかつトラックも結構走っているので常に後ろからくる車に注意が必要。
なかなか神経を使うので写真を撮る余裕も無く。

で、しばらく走ったら東金市に入ったところでようやくまた道が開けます。






b0040606_21211782.jpg






圏央道・東金ICとの立体。
ここから海岸まではあと15kmくらいかな?






b0040606_2122742.jpg





途中、東金線の線路を越えたら海岸までまっしぐら。
そしてやっとのこと、九十九里不動堂海岸に到着。
















b0040606_21231481.jpg







来たぜ、九十九里!!(笑)



千葉県をまるまる横断するので結構かかるかなと思ったけど、休憩入れて3時間ちょっとくらい。
私が思ったよりスムーズに走れました。

で、到着したのはちょうどお昼時。
どこかで何か美味いもん食べたい気分。
せっかくなので海のモノを。

と思っていたら、この不動堂海岸の真ん前、もほんっとビーチから50m位のところにこんなお店が。









b0040606_21264777.jpg







漁師料理の店 ばんや



なんでも漁師さん本人が漁ってきたお魚をそのまま食べさせてくれるとか。
こうなったらもぉ、選択の余地なし。(笑)
イキオイお邪魔しましたさ。








b0040606_2129741.jpg






お店の中はこんな感じ。
いかにも勤務中のサラリーマン(?)がお昼にとれたてのお魚料理食べてるって贅沢で羨ましい。

で、私が所望したのは、そのとれたてのイワシ丼。








b0040606_21312014.jpg





イワシの身の光沢の美しさがいかにも新鮮感があって、とても美味しそう。
もちろんお味も言う事なし。脂がのっていて全く申し分なし。
これで税抜850円ですか。ここに住んでたら週イチで食べに来るな、オレ。(笑)


美味しいイワシ丼を堪能し、ちょっと浜辺で休憩して、また来た道を引き返して本日のライド終了。

片道65km、往復130kmジャストのサイクリングでございました。
平地では大概走りに行く荒川や江戸川の河川敷サイクリングロードじゃないのでそれなりに信号にもつかまりますけど、たまには気分を変えたくて走った千葉県横断ロングライドですが、行きついた先の九十九里と美味しいお料理。

これはこれで、ワタシ的にはまた走りたくなるルートでございました。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-08-05 21:44 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

何度かお話していると思いますがワタクシ自宅で数種類のコーヒー豆を飲み比べながら楽しんでいたりしているのですが、今回はちょっとカフェにお邪魔してみました。


伺ったカフェは、こちら。

















b0040606_2214718.jpg






東向島珈琲店



東京都墨田区東向島1-34-7



まぁ自宅近くと言えばそうなのですが、どうやらこちらは結構有名なお店のようでして、一度お邪魔してみたかったのは確か。


珈琲だけでなく、お手製のケーキもなかなかの評判とのこと。
なのでワタシも、コーヒーとケーキを一つ。
















b0040606_2245367.jpg






こちらがそのコーヒー。
確かプラージュブレンドって名前だったかと。
で、右のがレアチーズケーキ。

このケーキがいや、絶品。
濃厚なクリームチーズの味わいとブルーベリーソースの甘みが絶妙。








b0040606_2217084.jpg









コーヒーはと言うと、香りとコクが深くて、それでいてさっぱりしているさすが有名なだけあるなと言った感じです。
豆は自家焙煎しているんでしょうか。木炭か、それとも薪か、何となくほのかに木材燃料の香りを感じたのは気のせいかな?
もしそうだとすると、それは焙煎して間もない新鮮な状態のコーヒーを使っている証拠かと。
その風味もあってこのお店特有の風味を醸し出していると思います。






b0040606_22111053.jpg






b0040606_22112730.jpg





お店の雰囲気も落ち着いていてとても心地いい。

有名だからと言ってブルーボトルみたいにコーヒーの味なんかはっきり言ってどうでもいいような意識高い系客なんかもいないしね。(笑)






b0040606_22131268.jpg






ちなみにその後、もう一度お邪魔してみました。
その時頼んだこれはコーヒームース。
いや、このケーキもお見事♪


というわけで、東向島珈琲店。
噂に違わぬレベルの高いコーヒーとケーキを味わえるワタクシおススメのカフェ認定です。







b0040606_22151623.jpg

[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-08-01 22:17 | Coffee | Trackback | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

今回は、最近買った音楽CDのお話。

それ以前に、「オマエまだ音楽とかダウンロードじゃなくてCD買ってんのか」と思われるかもしれませんが、ほっといてください。(笑)

そもそも今回のはCDで買わないとむしろもったいない。

で、ダレのCDかと言う事なのですが、皆さんご存知でしょうか。

















b0040606_2034526.jpg







婦人倶楽部




なんかイロモノ的な感じするでしょ?
ちなみにメンバーはですが、

佐渡島で生活するごくフツーの主婦4人と、黒子ひとり。

それ以外の素性は全く明かされず、名前も主婦A・B・C・Dとかテキトーにも程がある。(笑)


ところがところが。

ワタシこれ初めて知ったのがYou TubeにあったPVなんですけど。

たらい舟にのって

というなんとものどかなタイトルですが、いざ聞いてみて驚いた。もぉ仰天した。







なにこの超カッコかわいいオシャレなポップ感。




一瞬にしてオレのハートをがっちりキャッチ。
とりえずその衝撃を受けたPVはこちら。


で、すぐさまウェブサイト探してみたら、婦人直売所というショップがありまして、そこでファーストアルバムとか売ってたんですけど、


婦人倶楽部が佐渡から直接商品発送!!


とかもぉわけわかんない。(笑)


というわけで、有無を言わさずポチりまして。
で、届いたのが、こちら。
















b0040606_2015911.jpg







婦人倶楽部1stアルバム・「フジンカラー」









b0040606_2016667.jpg






本当に佐渡から郵送してやがる。
てゆっかこの消印かわいい。

裏のあて名を見ると、
















b0040606_20171683.jpg





佐渡ヶ島 婦人倶楽部

と、もし事情の分からない同居人とかいたら在らぬ嫌疑をかけられそうな手書きの発送元名。(笑)
いやー、この封筒も捨てられないわー。



で、肝心の曲なんですけどね、
先程紹介した「たらい舟に乗って」がなんていうか、ピチカートファイブ的なポップ感。およそたらい舟という佐渡の伝統からは想像もつかないキッチュで、それでいてまとまったメロディーが素晴らしい。

佐藤望(ムッシュレモン)という方がプロデュースしているのですが、私はよく知らないですけどなかなか有名らしいですね、若いのに相当の実力をお持ちのようで。アルバムの中の曲全般に言える事ですが、Cメロで極端な転調を多用していながら全体に上手く纏まっていて、いや、この人天才かも。


「たらい舟に乗って」の他にも、アップテンポなリズムで佐渡島の名物をひたすら羅列する「グルメ紀行」、打ち込みのリズム感がとても気持ちいい「FUJIN CLUB」、まるで一昔前のアイドルソングを練り直したかのような「わたしお嫁に行くわ」、佐渡から東京まで出かけ、都会の雰囲気に戸惑う情景を描いた「東京カラー」。

どれもこれもオシャレで名曲ぞろいだし、何よりフツーの主婦にしては歌の上手さがハンパない。
もう皆さんに是非聞いてもらいたい。そしてアルバム買っていただきたい。もちろん佐渡ヶ島直送で。


というわけで、佐渡ヶ島からやってきた婦人倶楽部のアルバム、フジンカラー。
ちょっとでも興味のある方は、婦人倶楽部のウェブサイト、こちらからどうぞ。











b0040606_20401343.jpg









今、時代は佐渡ヶ島!!(笑)
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-07-26 20:46 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

前回足攣りながらもいろは坂登りましたが、更に足を延ばして奥日光まで。

中禅寺湖沿いを進み、竜頭の滝を越え、戦場ヶ原を過ぎると金精峠ふもとの湯ノ湖という湖に行きつきます。
















b0040606_18414594.jpg




ここからすぐに金精峠の登りが始まるのでまずはここで一休みして足の調子を確認すべく試にちょっと立ち漕ぎ。







やっぱ攣ったまんまだわこれwww




それでも坂道は許してくれません。
ダンシング封印のまま金精峠に挑みます。

が。













b0040606_18474278.jpg







いやー全然許してくれねぇわこれ。(笑)



距離にしてほんの4~5km位だと思いますが、時々10%くらいの勾配はあるわ、平均もきつめだわ、なかなか骨のある山道。
うっかりするとすぐに足攣りがぶり返す恐怖と闘いつつも、何とか登り切りました。









b0040606_1851579.jpg






b0040606_1851267.jpg





b0040606_18514744.jpg





金精峠からの眺めをしばし堪能して、帰りは来た道を引き返すのみ。
いやー、あとは下るだけなんで楽だわー。


山を下って湯ノ湖に再び戻ると、ここでちょっと寄り道。
戦場ヶ原前の脇道を入り、光徳牧場へ向かいます。










b0040606_185598.jpg





脇道を入って1~2km程度なのですが、ココの道がとても走りやすくて特に気持ち良かったです。
で、到着した幸徳牧場ですが、残念ながらレストランは本日休業。

でもその横のアイスクリーム売り場は空いてましたので、せっかくなのでアイスクリームを所望。






b0040606_18572774.jpg






b0040606_18574531.jpg





さすが牧場の手作りアイス。大変美味しゅうございました。
でもできればソフトクリーム的な方が良かったな。。。


少しの間アイスクリームを堪能して、この後はノンストップでいろは坂ふもとに停めた車まで戻りました。
到着した途端、それまで持ちこたえていたお天気がついに雨模様に。
なんかついてるんだかついてないんだか・・・


というわけで、帰路に着いたのですが、結構速い時間での撤収だったので帰りは高速に乗らず下道で帰ろうと言う事になりまして、その途中で遅いお昼ゴハンとなりました。

下今市駅の近くにあります、こんなラーメン屋さんに入ってみました。








b0040606_1932236.jpg





餃子とラーメンの店 八海山




ここで頂いたのが、パーコーメンと餃子。







b0040606_1945638.jpg




やっぱり宇都宮近辺まで来て餃子は外せない。
そして期待を裏切らず、ジューシーでとても美味な餃子。
いや、ラーメンも良かったのですが、それ以上にやっぱり餃子が良かったモノで。


というわけで、美味しい餃子の余韻を楽しみつつ、今回の日光ライド終了となりました。
足攣りというアクシデントで不完全燃焼でしたが、まぁこんな日もあるさ。(笑)
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-07-21 19:11 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
世間では3連休の1日目と言う事らしいですが皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusですこんばんわ。

誰かと一緒に自転車に乗りに出かける時は決まって会社の私設自転車部の面々になるのですが、今回も例に漏れず、そのお話になります。

昨年の10月くらいにも一度走りました、日光いろは坂。
今年も行ってまいりました。

なぜかわけも無くうちのメンバーのヒルクライム基準タイムがいろは坂だったりしまして、ワタクシが去年初めて登ったタイムが30分と36秒。
昨年のタイム短縮は当然のこと、30分を切るべく今年もいろは坂アタックと言う事です。



の前に。
















b0040606_19112470.jpg







Mさんのスペシャライズド・ルーベのホイールがいつの間に・・・




カンパニョーロ・シャマルミレになっとる。








b0040606_19136100.jpg





カーボンハブがステキ。
オイラもFFWDじゃなくてこっちにしとけばよかったかなぁ。(笑)




他人の散財を羨ましがりつつ、スタートです。









b0040606_19144688.jpg







去年一度登ってるから大体のコース取りは覚えているはず。
ムリに頑張ってペースを乱さず落ち着いて走れば30分切りは余裕のはず、だったのですが。
















途中で足攣ったwww





どうにも我慢できず足ついて小休止。











オレ的いろは坂TT終了。(笑)





一応ゴールの明智平でタイム確認しましたが、









b0040606_19211793.jpg






去年より速いワケねぇ。
足さえ攣らなきゃ余裕でタイム更新だったのに。はい、いいわけです。



傷心のまま(笑)、中禅寺湖まで下って記念撮影。











b0040606_1927776.jpg






ここでMさんはご家庭の用事で先に撤収。
ここから先は私とYさんの2人で更に奥日光へ進み、金精峠まで制覇すべく自転車を走らせたわけですが、大丈夫でしょうか。











ワタクシ足攣って立ち漕ぎ封印状態なのですが。(笑)




続く。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-07-16 19:34 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。

先日ですが、昨年も行った神奈川県のヤビツ峠に行ってきました。
今年も富士スバルライン登ろうと思っているのですがその予行練習として。

その日は朝から曇り空でして、それでも天気予報では神奈川地方は夕方までは天気が持ちそうだったので行ってしまえとね。


で、昨年と同じく車で東名高速の秦野中井インターを降りて、近くに車を停めてヤビツ峠をヒルクライムとしゃれ込んだのですがね。

登り始めは確かにまだ雨の降る気配は無く、







b0040606_21334482.jpg





これなら何とかなりそうだ。
いや、10%勾配が何とかなりそうではなく、天気のお話です。(笑)



しかし。
















b0040606_2135528.jpg






やべー、降ってきた。しかも坂きつい。


そして市街地を抜け、山に入ると・・・
















b0040606_21361347.jpg






前見えねぇ。







b0040606_21363484.jpg







なんも見えねぇ。(笑)




それでもあきらめ悪く、とりあえずヤビツ今年も制覇。








b0040606_21373134.jpg







本来ならこのまま裏ヤビツ下って去年と同じくオギノパン行って、ついでにクロワッサン・ゼブラも寄って戻ろうかと思ったのですが、雨がやむ気配も無く、何よりレインジャケット持ってきてなかったので、このままおとなしく来た道戻って撤収しました。

が、

せっかくなので車でゼブラ行ってきましたけどね。






b0040606_2140015.jpg






b0040606_21401566.jpg




相変わらず美味しいコーヒーと美味しいクロワッサンに舌鼓。




b0040606_21405014.jpg






ちなみにオギノパンはおみやげに持ち帰ってきました。






b0040606_21413151.jpg







ものすごく不完全燃焼なヤビツ遠征でしたが、山の天気をナメていたボクが悪いんです。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-07-14 21:45 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

先月のお話になりますが、いつもの勤務先自転車部(?)の面々とサイクリングへ行ってきました。
今回は、裏磐梯です。
















裏磐梯のとあるコンビニからスタート、桧原湖をまるまる一周と秋元湖方面を大きく回って全行程およそ70km、獲得標高100mのまったりライドでございます。











b0040606_21451216.jpg





のっけからとてもまったり。





b0040606_21454328.jpg




しばらくすると桧原湖に到着する直前にこんな建物が。
磐梯山噴火記念館
というらしいですが。



そこからまたしばらく進み、スタートから約20kmの地点で一休み。







b0040606_2152998.jpg




道の駅 裏磐梯



b0040606_21524082.jpg





景色ははっきり言ってあまりよく見えませんが。。。
湖をバックに記念撮影もできないのでそそくさと出発し、途中の湖が良く見える道路脇にて記念撮影。








b0040606_21542576.jpg





その後もまだまだ進みます。




b0040606_21545991.jpg





秋元湖を周遊しているころ、ようやく骨のある山岳コースが姿を現し、えっちらおっちら登った先が今回のルート最高地点。
ここでも記念に一枚ぱちり。










b0040606_2157927.jpg






自転車側溝に落としてますけど。(笑)







b0040606_21575724.jpg







b0040606_21581398.jpg






後は景色を楽しみながら下って今回のサイクリングはちょっとあっさりしたままお開き。


ところで帰り道にこんな所に寄って遅いお昼を頂きました。










b0040606_21595766.jpg







河京 ラーメン館



福島と言えば喜多方ラーメンですからね。

で、ここのおみやげ屋さんに、







b0040606_2212214.jpg





こんな挑戦的な販促POPが。
なんかむかつくな・・・













b0040606_2231595.jpg








とは言え買ったんですけどね。(笑)




確かに大変美味しゅうございました。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-07-08 22:08 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

今月の2日から、自転車好きには見逃せない映画が公開されておりまして。
なので本日、映画館へ足を運んでおりました。
その映画とは、これ。

















b0040606_17405094.jpg






疑惑のチャンピオン



ランス・アームストロングと言う名前を誰でも一度は耳にしたことがあると思います。
自転車の事など興味ない人でも大体知っているツール・ド・フランスという自転車レースの世界一大イベントがあるのですが(ちなみに今現在開催中。)、そのレースを1999年から2005年まで7連覇を果たし、ロードレースファンから神と崇められた彼ですが、その後ドーピングの使用を認めたことによりその記録は剥奪、自転車競技会からも現在は追放されている人物です。


プロ選手となって間もなく癌に侵され、生存確率が僅かなところから奇跡の復活。
そしてツール7連覇までの間に行われた能力向上のためのドーピング、そしてそのドーピング疑惑を追うジャーナリスト。
ランスの現役時代のいわゆる「闇の世界」がとても生々しく描写されており、本当に自転車が好きで、本当にスポーツが好きな人にとっては「もうやめてくれよ。。。」って思うくらいにグロテスクなカネと勝利と名誉の為に魂を売った一人の男の物語です。


昨年末に観た映画、「PANTANI~海賊と呼ばれたサイクリスト~」も、サイクルロードレースに絶えずついて回るドーピングの疑惑がテーマになっていましたが、ドキュメント映画だったあの映画と違って、今回の映画はノンフィクションと言えども作られた脚本なので多少表現が過剰な演出もあると思います。
ですがかつてランスが所属したチームが完全に「彼の為のチーム」だったこと、チームが組織ぐるみでドーピングを行い、巧妙な計画で検査をすり抜けていたこと、絶対無敵の存在に上り詰め、そこからの転落を恐れた挙句、後戻りできなくなったというか、しようと考える事すら無く悪魔に魂を売り続けた描写は秀逸。


実際ランスが活躍した時代、TVで観ていた私にとっても彼は無敵の存在で、憧れであり、神のような人物でした。
そんな彼の走りをリアルタイムで観ていた世代だからこそ、この映画でベン・フォスターが演じるランスの人生の経緯は事実であっても、実際の彼は映画で描かれているドーピングに対して罪悪感を微塵も感じないただの欲望の亡者でなく、実際は少しでも薬物に関して後ろめたさは有りながらもそれを絶つことが出来なかったむしろ一人の弱い人間であってほしい。
もっともどちらにしろ取り返しのつかない事をしていたことには変わりないのですが。


彼が現役だった頃のあのツールでの絶対的強さは観る者に衝撃を与え、その後長い年月を経てドーピングの使用を告白した時は多くの人々を失望させました。
そんなランス・アームストロングと言う人間を知る者、そして自転車を愛する全ての人々に観て頂きたい。

そしてこの映画を観終わった後、おそらく皆さんこう思われるはずです。







スポーツとはまず何よりも、楽しむ事が一番の目的でなければならない。」と。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-07-04 18:23 | Movie | Trackback | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。


昨年末クリスマスくらいの時期に、コイケヤのポテトチップスでこんなの紹介した記憶があります。
















b0040606_22232216.jpg





b0040606_22233613.jpg





ポテトチップス・みかん味といちごのショートケーキ味。


この時もコイケヤの斜め上を行く攻め具合に度肝を抜かれましたが、最近スーパーへ買い物に出かけたらですね、こんなのがありまして。

















b0040606_2225512.jpg








ポテトチップス・トースト味











な ぜ だ !?





新しいフレーバーを開発するのはいい。
それがポテトチップスの味としてかけ離れたものでもその努力は認められるべきだと思います。
しかし、








ポテトチップスにトーストの味を期待している消費者など誰一人としていないのではないか。


と言う疑問は隠せない。



というわけで、食べてみました。(笑)








b0040606_2229880.jpg





見た目はなんとなくうすしお的なあっさり系の印象。
で、お味ですけどね。





トーストと言われればなんとなくそんな感じ。



ですが、何の先入観も無くこれ食べたとするとワタシ個人的にはトーストと言うより、












塩焼き鳥に近い感じがする。





トーストか塩焼き鳥?
解りにくいですよね。
ええ。とってもわかりにくい味わいでした。(笑)


確かに不味くはない。
だが2度目も無い。
おとなしくコンソメ味とか食おうぜ。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-07-02 22:35 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)
はいみなさんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。

先日の横浜サイクリングの続きです。

目的だった横浜中華街の肉まんをゲットする前に、有名な「港の見える丘公園」をちょっと覗いてみたいなと思いまして、中華街からものの2~3分のところですが。

というわけで、港の見える丘公園、
















b0040606_165299.jpg






の直前に立ちはだかる激坂。(笑)




距離は短いけど斜度10%はあるかと。
気を取り直して、港の見える丘公園。
多分初めて行ったと思うのですが、
















b0040606_16534719.jpg







港なんてちょっとしか見えねぇwww



これで名所ですかそうですか。

ひととおり散策した後、お目当ての中華街へ。








b0040606_16551590.jpg





b0040606_16553061.jpg




人多いなオイ。
もちろん自転車は押し歩きで。
ってゆーか中華街にすしざんまいって。。。



b0040606_16562288.jpg




b0040606_16564414.jpg





して、適当な露天で肉まんをゲット。
せっかくなので、「ふかひれ肉まん」をフンパツしました。









b0040606_1658182.jpg






ふかひれが行方不明です。




大変美味しゅうございました。(笑)
肉まんで小腹を満たした後は、ちょっとばかり横浜の街を散策。






b0040606_16595630.jpg





b0040606_1701349.jpg





横浜スタジアム。





b0040606_1705036.jpg




赤レンガ倉庫。
完全観光客気分。




b0040606_1712829.jpg




b0040606_1714470.jpg




とまぁ、ひととおり海沿いを流した後、駅前にも行ってみようと思ったのですが、なんか見つけてその都度自転車停めるのもめんどくさくなったので(笑)、これにて撤収。


帰りも来た道を引き返します。
往復で約100kmくらいならもはやどってことないのですが、横浜までは常に市街地。
体力が持たなくなる以前に復路で結構飽きてきます。(笑)

しかもここまでで肉まんしか食ってないことに気付き、せっかく横浜まで行ったのにお昼ゴハンときたら、







帰り道の品川でラーメン食ってるとかもうねwww





b0040606_1765550.jpg





そんなどうでもいいヒマを持て余した独り者の休日サイクリングでした。
誰か助けてください。(笑)
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-06-29 17:12 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はいみなさんこんにちわjpslotusです久々の昼更新です。


先日、ちょっとわけもなく、











中華街の肉まん食いてぇ。



と思いましてね、行ってきました、横浜まで。











自転車で。(笑)



距離にして片道およそ47km。
ワタシがよく走る江戸川CRの関宿城までとか、荒川沿いに川越までとかと距離的にはさほど変わらず。
ですが横浜までのルートはオール幹線道路なので信号待ちもあるし、車にも気を付けないとだし、同じ距離でも時間は少しかかるかと。

ってゆーか、知らん人からすれば相変わらず自転車で100km走るってのがまずアホかと思われるわけですが。(笑)



というわけで、行ってまいりました。たかが肉まん食う為に。











b0040606_1324193.jpg






これはまだ走り始め。ですが横浜までほぼ全編こんな景色ばかり。(笑)







b0040606_1334589.jpg





スタート10分で荒川越え。






b0040606_1342269.jpg





さっさと隅田川も越えちゃいましょ。




日本橋あたりで国道15号(第一京浜)に合流。ここからひたすら第一京浜を南下すれば、いつかは横浜に辿り着きます。(笑)






b0040606_1365187.jpg






b0040606_1371380.jpg





b0040606_1372825.jpg





日本橋室町の高島屋前と、銀座通り。
今日めちゃめちゃ道路空いてねぇか?







b0040606_1384555.jpg





そうこうしているうちに、箱根駅伝で有名な品川の八ツ山橋交差点まで来ました。
ここまででおよそ1時間くらいだったかと。







b0040606_1310957.jpg




ルートのほぼ中間点になります、京浜急行・立会川駅前。





このパピヨンがナニ屋なのかご存知の方一報ください。(笑)











b0040606_13114779.jpg






えっちらおっちら自転車を進め、多摩川までやってきました。
ここから神奈川県に入ります。とうとう自走で神奈川まで来ちまった。


多摩川を過ぎたらそこは川崎。
ですがわき目も振らず横浜まで一直線です。


そしてついに、横浜到着。









b0040606_1314119.jpg





ここまでで約2時間半くらいでしょうか。
信号にはそれなりにつかまりましたが、追い抜く車にヒヤッとさせられることも無く、平和裏に到着できました。
ただ、第一京浜の新馬場~大森海岸あたりまでは路肩が狭く、特に注意が必要です。


さて、到着した横浜の街、そしてお目当ての中華街肉まんの話は、また次回。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-06-24 13:22 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はいみなさんどうもこんばんわjpslotusです。

自宅で飲むコーヒーのバリエーションを増やしたくて、先日ご紹介しましたやなか珈琲店へ、また行ってまいりました。

コーヒーのバリエーションと言っても自分んチで淹れるわけだから揃えられる種類なんてたかが知れてるし、その中で新しいのと言っても少なくとも基本は抑えとかなくっちゃと思って、トラディショナルな生産国のお豆をひとつ。

















b0040606_22231416.jpg






コロンビア:エルナンデス・モンターナ フルシティロースト




皆さんご存知の通り、コロンビアも有数のコーヒー生産国ですからね、先日買ったブラジルやキリマンジャロなんかと同じくらいコロンビア豆は有名かと。

で、このコーヒーです。












b0040606_22275768.jpg







深めのローストゆえにうっすらと油の染み出た表面が美しい。
もちろん早速飲んでみました。


淹れたての香りはほんのりと甘く、例えば食後のデザートなんかに添える飲み物としてのイメージ。
ですが少し口に含んで味わいを確かめてみると、苦みと程よい酸味がガツッとやってくる、いわばフルボディの濃厚な味わい。
ローストも深めにしたので(当たり前だが)アメリカンには向かないです。フレンチプレスなんかのヨーロッパ的なコーヒーの淹れ方で愉しみたいですね。

ただ、ローストを一段浅めにして苦みを抑えた方が、その分少し酸味と豆本来の甘い香りを味わえたんじゃないかなと思います。
以前、同じコロンビアでもスプレモ・ナリーニョというブランドを試したことがあるのですが、あっちの方が少し酸味があってコクがまろやかだったかな。どちらが上と言うわけではありませんが。

いずれにしても、さすがコーヒー大国コロンビア。
これも自宅にストックする豆として定番にしちゃおうかなといったところです。
大変美味しゅうございました。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-06-21 22:43 | Coffee | Trackback | Comments(0)
はいみなさんこんばんわjpslotusです。
梅雨の晴れ間の真夏日いかがお過ごしでしょうか。

さて、前回の続き、千葉県山間部ラーメンライドです。

養老渓谷を出発し、少しだけ来た道の県道32号・養老渓谷ラインを戻ったら途中の交差点で県道172号線へ入ります。
ちなみに養老渓谷で見かけたマンホール、







b0040606_192647100.jpg




なんかかわいい。(笑)


それはいいとして。
その県道172号、入りたては素晴らしく気持ちのいい道でして。
















b0040606_1851438.jpg




のどかだね~気持ちいいね~♪

なんてのんきな気分がものの5分で吹っ飛びます。
なぜならこの県道172号、大多喜町まで到着する間、延々とゴルフ場の裏ルート。
あっという間に無慈悲な激坂のオンパレードと化しますので。
















b0040606_18541121.jpg






平坦に見えますけど実はすっげー激坂。





b0040606_185515.jpg




下ったと思ったらまた激坂。
















b0040606_1855414.jpg





激坂頂上の藪の切れ目から見えるゴルフ場がわけも無くすっげームカつく。(笑)



そんな激坂を登っては下り、登っては下り・・・
大多喜町まで出たら今度は国道297号線・大多喜海道をしばし進みます。
途中で山内ダム方面の入り口を左折すれば、目指すアリランラーメンまであと少し。
















b0040606_1859187.jpg





こんなところにホントーにラーメン屋なんてあるのかよ・・・
と、不安になり始めたところで、そのラーメン屋が姿をあらわします。
ようやく到着。
















b0040606_190375.jpg






アリランラーメン 八平



千葉県長生郡長南町山内813-2


なかなか趣のある建物だこと。

ところでなぜこのラーメン屋さんが、日本一到達困難なラーメン屋さんと言われるのか。
ここまで今回読んでいただいたら、結構あっさりとご紹介してますけど実は、こんな凄いところにあるという説明が他のサイトにございましたので、文章を抜粋してご紹介いたします。


・最寄りのバス停から徒歩3分だけど、肝心のバスが土日は9時台と17時台の2本
(茂原駅発三川ゆき、上金谷で下車)→ 朝9時に着いたら帰りは夕方5時!

・最寄りのJR駅は茂原駅(約20キロ)。同駅からタクシーで30分ぐらい、運賃約5000円
→往復で1万円かかっちゃう! そのお金でフレンチのコース料理が食べられるよ!

・最寄りの鉄道駅は小湊鉄道上総鶴舞駅。タクシーなどないので徒歩、山越えの10km
→疲れないで歩いた、と仮定しても片道2時間ぐらいかかります。干からびるわ……。

とまあ、公共交通機関で行こうと思うのは大間違い、という秘境なんですね。


どうです、これ読んでるだけでどれほど凄いところなのかご理解いただけると思います。
というわけで、ここへはマイカーかバイク、もしくは私のような物好きローディーくらいでしか到達できないと言う事なんですよ。







が。





到着した時には超満員。


もちろん皆さん車かバイクで。
もちろんお店の前には広大な駐車場。





b0040606_19102781.jpg






順番待ちをしている間、食べ終わった他のお客さんグループが、









「圏央道からもう高速乗っちゃう?」




とかフツーにそんな会話してますけど。(笑)




小一時間ほど待ったでしょうか、ようやく順番がやってまいりました。
















b0040606_19131235.jpg





お店の中はこんな感じ。柱が邪魔ですが。
昭和というか、田舎そのものの雰囲気と言うか、どことなくほっとする店内。
お店に入ってしばらくしても、店員さんオーダーを取りに来ません。

おや?と思って観察していると、ある一つの法則が見えてきました。
お店を切り盛りしているのはその時、女性2人だけ。
一人はラーメンをゆで、もう一人は具材を仕込んでいるかお会計をしている。
一度に何杯かのラーメンを作り、それを配り終えたら、「次のオーダーどうぞー」と、また数人分のオーダーを一気にとる。
そしてまた作り始める。

の繰り返し。

なるほど。
お客さんを待たせることにはなりますが、少ない人数で効率的に提供する為のアイディアですね。
それなら黙ってルールに乗るしかありません、「早くオーダー取れよ!!」なんて我儘なお客さんはこの時誰もいなかったし、みんなリピーターさんなのか、解ったように黙って待ってます。
アリランラーメン暗黙のルールここにあり。

で、いよいよお待ちかねのアリランラーメンです。
















b0040606_19144349.jpg





これ、アリランチャーシューメン。
濃い醤油ベースは一見竹岡式のようですが、ニンニクが効いたとてもパンチのある味わい。
具材はとろっと柔らかいたっぷりのチャーシューに、これまたたっぷりの大切り玉ねぎ、ニラ。
もちろんニンニクもごろっと入ってたりします。








b0040606_19182964.jpg






スープによく絡んだ太めの麺。
ニンニク醤油のパンチの後に、ほんのりと玉ねぎの甘みが残って絶妙な後味。
こんな秘境にありながら客足が途絶えない理由がよくわかります。

とにかく絶品。
到達困難の末に辿り着く味として、実に絶品、こんなところでもまた食べに来たいと思わせるに充分なラーメンです。そう、例え圏央道に乗ってこようが。

そんなアリランラーメンを堪能し、ロングウッドまで残り15kmを消化して今回のライドもお開きとなりました。



あ、最後に行っておきますけど、このアリランラーメン。
カーナビで住所検索して行くとね、







逆に道に迷うから。





どういう事か?

やってみればわかりますよ。
では、幸運を。(笑)
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-06-17 19:38 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はい皆さんいかがお過ごしでしょうかjpslotusです。



千葉県の中央、長南町と言うところの山深い場所に、日本一到達しづらいラーメン屋がある。と言う話を聞いたことがあり前々から是非行ってみたかったのですが、先日休日で予定も無かったので行ってまいりました。そのラーメン屋さんの名は、アリランラーメン八平

とは言え車で直行はもったいない。
せっかくなので車はどこかにおいて自転車で千葉の山間部をぐるっと周遊しつつラーメン食って帰ろうと思ったわけですよ。

というわけで、養老渓谷経由アリランラーメンライドとしゃれ込みました。










スタート地点は、千葉県長生郡長柄町のロングウッドステーション。

このロングウッドステーションですが、現在は大規模なイベントスペースとなっており、様々な催しやロケ、アーティストのPVなんかでも見かけたりする場所です。
でもイベントも何もないときはなんていうか、一言でいうと

廃墟と化した地方のアウトレットモール

みたいなノリ。




b0040606_19232426.jpg




ほらね。(笑)

車なんかとめほーだい。

で、ここからスタート。まずは養老渓谷を目指します。






ちなみにロングウッドステーションの周りは、ダム湖。



b0040606_19275817.jpg




走り始めてしばらくは、ゴルフ場わきとか、そんなところを延々進みます。




b0040606_192968.jpg



この右っかわは思いっきりゴルフ場です。
でも道は悪くないし、車の通りも少ないのでとても走りやすい。



b0040606_19301767.jpg




ゴルフ場が切れたらいきなり竹藪。
そしてまたゴルフ場の繰り返し。
みんなそんなにゴルフしてぇのかよ。(笑)



b0040606_19312630.jpg





ときにはこんな小道も走ります。






b0040606_1932962.jpg





途中でこんなお店見つけたんですけど。

BOOKS & 弁当  としまや。





BOOKS & 弁当。




アバンギャルドすぎる。(笑)

そうこうしているうちに、小湊鉄道の線路に出くわしました。





b0040606_19351625.jpg





のどかだねぇ・・・
なんてのんびり写真撮ってたら、運よく電車がやってきてしまいました。(笑)






b0040606_19362782.jpg





b0040606_19364085.jpg





何分に一本、何時間に一本なのか知りませんが、ガチローカル鉄道なので確かに運は良かった。


そしてまた自転車を走らせます。






b0040606_19375216.jpg





のぼってー。





b0040606_19382076.jpg





くだってー。






b0040606_1940413.jpg



お、なんか渓谷っぽくなってきた。


そしてまたのぼってー、くだってー、くだりかと思ったらまたのぼってー。

を何度となく繰り返した先に、養老渓谷はありました。







b0040606_19401542.jpg






小湊鉄道・養老渓谷駅到着。








b0040606_19421093.jpg







のどかだねぇ。。。


駅前でしばしの休憩の後、ちょっとそこらを散策して、またすぐ自転車を走らせることとしました。




続く。









b0040606_19435693.jpg

[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-06-12 19:46 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
はいどうもみなさんこんばんわjpslotusです。

先日の富士五湖周遊の続きです。
なんだかんだで休憩もしっかり取らず走り続けていたおかげで、気がついたら西湖で撮った写真の次はもう精進湖でした。(笑)









b0040606_204777.jpg





精進湖って多分、富士五湖の中では一番小さいと思うのですが、湖畔にはなぜか西湖や本栖湖よりも旅館・ホテルの数が多い。






b0040606_20513768.jpg




但し廃墟的な香りが漂いまくり。(笑)



精進湖をかるく一周した後、最も西側の本栖湖へ向かいます。





b0040606_20541674.jpg





西湖を抜けてから精進湖経由、本栖湖までの間は国道を通ります。
道は悪くないのですが、トラックの通行も多く注意が必要です。ご通行の際は、お気をつけて。

そして到着した本栖湖ですが、これがもうね、
















b0040606_2111344.jpg







碧い。



これはきれい。




b0040606_21143056.jpg




日が陰ったら陰ったで、色の深さもなかなかのもの。


そんなこんなで富士五湖をぐるっと回り、ひとっ風呂浴びて帰ろうとしたわけですが。










b0040606_212608.jpg





「野天風呂 天水」という露天風呂なんですがね、まさか風呂場にカメラ持ち込むわけにもいかなかったので入り口だけですが。(笑)
なかなか気持ちのいい温泉でございました。


で、メシ食ってお開き。
もちろん河口湖ですから、例のココ。







b0040606_21382628.jpg






甲州ほうとう 小作






b0040606_21402389.jpg






相変わらず、美味しゅうございました。

なんかすっごい駆け足になっちゃいましたが、そんな富士五湖サイクリングでございました。
[PR]
# by jpslotus2000 | 2016-06-09 21:43 | じてんしゃ。 | Trackback | Comments(0)
ブログトップ